マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/18(木) 00:38:56.92 ID:CAP_USER
    独フォルクスワーゲン(VW)グループが17日発表した2017年の世界販売台数は16年比4.3%増の1074万台だった。過去最高を更新した。1035万台を見込むトヨタ自動車を2年連続で上回った。15年に発覚したディーゼル不正問題の影響は残るものの、新興国の成長を取り込み拡大を続ける。

    2年連続世界一かどうかは、三菱自動車をグループに入れ17年1~6月に世界一だった仏ルノー・日産自動車連合の販売実績の判明を待つ必要がある。トヨタとの差は広げた。

     主力のVW乗用車ブランドが4.2%増の623万台と全体をけん引した。多目的スポーツ車(SUV)の「ティグアン」は38%増え、1車種で72万台販売した。高級車ブランド「アウディ」は過去最高を更新したものの0.6%増の187万台と伸び悩んだ。

     地域別では中国が5.1%増の418万台だった。VWの本拠地である欧州(432万台)に一国で迫る。

     課題市場だった米国(5.8%増)、ロシア(14.8%増)、南米(23.7%増)は軒並み好調だった。米国はSUVの新車効果でVW乗用車ブランドの販売が上向いた。ロシアや南米は現地の自動車市場の回復を取り込んだ。

     一方、ドイツは0.4%減だった。排ガス不正に関連したリコールでのブランドイメージ悪化やディーゼル車自体のシェア低下が響いた。ただ、世界全体を見ると影響は限定的といえる。VWのマティアス・ミュラー社長は声明で「顧客の信頼に感謝する」と述べた。

     ミュラー社長は「現在の車種や技術を発展させながら、次世代へ投資する戦略が正しいことが証明された」と強調。20年以降に本格化する電気自動車(EV)や自動運転などでの競争に向けた投資の原資が順調に積み上がっていることを評価した。

     欧州自動車工業会(ACEA)が17日発表した17年の域内主要18カ国の新車販売台数(乗用車)は、16年比2.5%増の1432万3102台だった。4年連続のプラスで1400万台超えはリーマン・ショック前の07年以来だ。

     1国で100万台を超える5カ国では、イタリア(7.9%増)とスペイン(7.7%増)の回復が続く。最大市場のドイツは2.7%増、フランスは4.7%と堅調だった。

     一方、英国は5.7%減と振るわなかった。英自動車工業会(SMMT)は「企業の景況感と消費者の信頼感の悪化が販売台数の低下をもたらした」としている。欧州連合(EU)離脱が影を落とす。

     メーカー別首位はVWで、販売台数は1.2%増だった。2位は独オペルを買収した仏グループPSA(26.6%増)、3位は仏ルノー(5.4%増)と続いた。

     日本勢はハイブリッド車が好調だったトヨタ自動車が10.4%増。シェアは4.3%だった。日産自動車の販売は2.3%増。日本車全体の販売は4.4%増え、シェアは12.7%だった。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25802820X10C18A1TI1000/




    【VWの世界販売台数、17年もトヨタ上回る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/16(火) 10:37:56.90 ID:CAP_USER9
    トヨタが発表した新型アバロン(15日、デトロイト
    no title


    【デトロイト=15日13:05】

    トヨタブランドの最上級セダン「アバロン」の新モデルが披露された。「カムリ」と同じプラットフォームを使う上級モデル。保守的な車かと思いきや米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)が載り、車の中から家のエアコンを操作したり、ネットで買い物ができたりする。アマゾンのAI搭載はトヨタ、レクサスで初めてで「カムリの上級派生車として、色々なチャレンジする役割もある」(トヨタ幹部)という。

    配信1月15日13:05
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2566803014012018000000/



    【【北米自動車ショー】トヨタ、最上級セダン「アバロン」にアマゾンのAI 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/16(火) 16:58:14.14 ID:tpoMReDg0 BE:232392284-PLT
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif 

    ホンダ、新型「アキュラ RDX」のプロトタイプモデルを2018年北米国際自動車ショーで世界初公開

    2018年後半発売予定。2.0リッター直噴VTECターボとクラス初の10速AT採用

     本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、アキュラブランドの新型SUV「RDX」のプロトタイプモデルを
    米デトロイトで開催の2018年北米国際自動車ショー(プレスデー:1月14日~16日、一般公開日:1月20日~28日)で世界初公開した。
    no title

    no title


    新型RDXは、新世代アキュラモデルとして最新のアキュラデザインコンセプトである「Acura Precision Concept(アキュラ プレシジョン コンセプト)」
    「Acura Precision Cockpit(アキュラ プレシジョン コックピット)」を全面的に採用した最初のモデル。

     パワートレーンには、2.0リッターの直噴VTECターボエンジンと、米国エントリープレミアムSUVセグメントとしてクラス初となる10速ATを採用。
    4輪駆動力自在制御システム「SH-AWD(Super Handling All Wheel Drive:スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)」や、
    新開発の専用プラットフォーム、軽量・高剛性ボディなどとの組み合わせにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現した、
    アキュラブランドの新たな時代の始まりを示すモデルになるという。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101321.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516089494/0-


    【ホンダ タイプRのエンジン+10速AT+SH-AWDの新型車を発表!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/16(火) 06:50:18.42 ID:YjcRlvw20 BE:423476805-2BP(3000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    新型スープラ、2018年3月ジュネーブモーターショーでワールドプレミア予定

    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2014/05/supra-ft-1.jpg
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2014/05/supra-ft-1-rear.jpg
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2014/05/supra-ft-1-side.jpg

    次期スープラはトヨタが独自に開発製造するモデルではなく、BMWによるOEM生産モデルとなり、プラットフォームは次期Z4と共用される。

    エンジンはBMW製となり、最高出力340psの3.0L 直6 ターボエンジンがトップグレードに置かれ、この他に2.0L 直4 ターボエンジンが最高出力258psと197psの2タイプが設定される見込みとなっている。トランスミッションはZF製8速ATが採用される。

    https://car-research.jp/tag/supra


    【トヨタ新型スープラ、2018年3月ジュネーブで一般公開へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/16(火) 17:06:09.52 ID:tpoMReDg0 BE:232392284-PLT(12000) 
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
     
    日産自動車は1月15日(現地時間)、3列シートSUVのコンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を2018年デトロイトショーで世界初公開した。

     Xmotionは、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性の1つを示唆したモデル。伝統的な日本の熟練の技と
    最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUVという。

     日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサ氏は「『Xmotion』では、
    ニッサン インテリジェント モビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形と
    どこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の
    要素と鮮やかなコントラストとなっています」とコメントしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101320.html



    【日産がやばすぎるSUVを発表 デザイナー表出ろ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/15(月) 23:17:19.44 ID:+qIwBd8r0 BE:232392284-PLT(12000) 
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif 
     
    レクサス(トヨタ自動車)は1月14日、米国デトロイトで開催されるデトロイトモーターショー(2018年1月14日~1月28日)に
    出展するクロスオーバーのコンセプトカー「LF-1 Limitless」の一部をYouTubeで公開した。

     LF-1 Limitlessは、米国・南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.がデザインを担当。
    新しいラグジュアリーの方向性を表現したフラグシップ・クロスオーバーとの位置づけ

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101033.html
    http://www.autonews.com/apps/pbcsi.dll/galleryimage/CA/20180115/DETROIT_AUTO_SHOW/115009996/PH/0/2/PH-20180115084500.jpg




    【レクサスがフラグシップSUVを世界初公開!!! 】の続きを読む

    このページのトップヘ