マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 19:33:54.36 ID:Ww63DItn9
    1989年に登場した5代目 トヨタ セリカ(T180型)は、コンポーネントを先代から引き継ぎ進化をさせている。四輪駆動のスポーツモデル GT-FOUR のリアデフには、日本車初のトルセンリミテッド・スリップ・デフを装着。さらに1990年、日本車として初めて世界ラリー選手権(WRC)でドライバーズタイトルを獲得した。

    ■骨格を受け継ぎながらも大きく進化

    1989年にフルモデルチェンジした5代目 トヨタ セリカ(T180型)は、4代目から丸みのあるデザインや基本骨格を引き継いでいるが、中身は大きな進化を遂げている。

    サスペンションの剛性を引き上げ、エンジンは2.0L(3S型)へ統一。四輪駆動モデル「GT-FOUR」のリアデフにはトルセンリミテッド・スリップ・デフを装着し走行性能を底上げ。また、ボディをワイド化し、クロスミッションを搭載した「GT-FOURラリー」を設定した。

    1990年、ボディタイプにコンバーチブルを追加し、四輪操舵システムの4WSを搭載したグレードも用意。上級グレードのTYPE-Gには本革シートを装備し、ワイドボディの四輪駆動「GT-FOUR」は、アドバンスを示すAが冠された「GT-FOUR A」となる。また、1991年の小改良では、WRCホモロゲーションモデル「GT-FOUR RC」を5000台限定で生産し、うち1800台が日本で販売された。

    ■強敵ランチアを抑えた歴史的なラリーマシン

    5代目 セリカでもWRCに参戦していたトヨタは、ラリーの世界で圧倒的強さを見せていたランチアを抑え、カルロス・サインツがドライバーズタイトルを獲得。これは、日本車メーカー初のWRCドライバーズタイトル獲得という快挙である。

    また、トヨタ セリカは、1993年にユハ・カンクネンがドライバーズタイトルを獲得、さらに日本車初のマニュファクチャラーズタイトルも獲得した。

    ■スペックや価格

    ◇サイズ
    ・全長:4,420mm(標準車)、4,430mm(ワイドボディ車)4,480mm(コンバーチブル)
    ・全幅:1,690mm(標準車)、1,745mm(ワイドボディ車)
    ・全高:1,295mm~1,305mm

    ◇エンジン
    ・直列4気筒 2.0L ターボ 3S-GTE型
    ・直列4気筒 2.0L 3S-GE型
    ・直列4気筒 2.0L 3S-FE型

    ◇トランスミッション:4速AT/5速MT

    ◇駆動方式:FF/4WD

    ◇販売期間:1989年~1993年

    ◇価格:146万4000円~268万5000円

    5代目 トヨタ セリカ(T180型)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590748434/0-


    【あの強敵ランチアに勝った初の日本車! 世界にトヨタの名を知らしめた5代目 トヨタ セリカ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 19:51:13.75 ID:Ww63DItn9
    本田技研工業は2020年5月29日、ハイブリッドセダン「インサイト」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

    ■新グレード「EX・プライムスタイル」登場

    今回のマイナーチェンジでは、新グレードとして「EX・プライムスタイル」を追加設定した。「EX」グレードをベースに上質感を高めたモデルで、インテリアについてはアイボリー基調のカラーリングで華やかさを表現。エクステリアはスポイラーが省略されたトランクリッドを特徴とし、ボディーカラーには同車専用色の「シルバーミストグリーン・メタリック」も用意している。

    同グレードの専用装備は以下の通り。
    ・専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
    ・スポイラーレストランクリッド
    ・17インチ アルミホイール(グレークリア塗装)
    ・専用インテリア(アイボリー×グリーン)

    一方、既存の上級グレード「EX・ブラックスタイル」についても内外装を変更。専用装備であるアルミホイールのサイズを17インチから18インチに拡大したほか、ステンレス製スポーツペダルを新たに採用した。またボディーカラーに「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」を選択すると、インテリア各部のステッチカラーがボディーカラーに合わせた色となるよう仕様が変更された。

    ラインナップと価格は以下の通り。
    ・LX:335万5000円
    ・EX:356万4000円(レザーシート仕様:372万9000円)
    ・EX・プライムスタイル:368万5000円
    ・EX・ブラックスタイル:372万9000円

    (webCG)

    2020.05.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42787

    インサイト
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590749473/0-

    【「ホンダ・インサイト」がマイナーチェンジ 上質感を高めた新グレードが登場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/27(水) 11:55:37.24 ID:9H1hM+Oa9
     新型コロナウイルスによる影響が明確に出始めた国内の自動車販売。5月11日に発表された4月のデータによれば、登録車の販売は昨年4月に対して25.5%マイナス。全国緊急事態宣言が発令され、外出が盛んでなかった割には善戦しているようにも見えるが、各メーカーが軒並み前年比大幅マイナスと、等しく影響を受けているのは、やはりただごとではない。

    そんな中、普通車の販売で唯一、大幅プラスを記録したブランドがあった。軽自動車が主力のダイハツ工業である。昨年4月に対する伸び率は何と26%。主力の軽自動車が3割近く減ってしまったのを補うにはほど遠いが、十分以上に健闘しているといえよう。
     もちろん、この伸び率の高さにはカラクリがある。昨年11月に投入した小型SUVの新商品「ロッキー」の販売が好調で、その上乗せ効果が大きかったからだ。
     もともとダイハツは普通車の販売台数はごく少ない。ちょっと販売好調ならばすぐに前年比で大幅増になってしまうので、26%増という数字自体を論じることには、さしたる意義はない。それよりも販売実績で興味深いのは、実は絶対的な台数以外の部分にある。
     ダイハツと言えばトヨタ自動車の100%子会社。トヨタグループ内のタスクは軽自動車、 および新興国向けの低コスト小型車作りだ。主力はあくまで軽自動車。普通車はダイハツ 専用商品がなく、たとえばAセグメントベーシックカー「ブーン」はトヨタ「パッソ」、 Aセグメントトールワゴンの「トール」はトヨタ「タンク」「ルーミー」、スバル「ジャスティ」と、OEM供給がなされる。
     ダイハツブランドとOEMブランドで台数が圧倒的に稼げているのは、トヨタブランドでの販売だ。パッソとブーンは台数の比率が10:1以上に開いており、ほとんどトヨタ専用車に近い状況。タンク/ルーミーとトールも良くて5:1、月によってはそれ以下だ。
     ロッキーもトヨタに「ライズ」の名でOEM 供給され、もちろん販売台数はライズのほうが多い。が、ロッキーはこれまでのダイハツ製普通車と異なり、ダイハツブランドでの受注の比率が高かった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2805ef18ebe8a1c4aad5c3513c463d73f13ddba
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590548137/0-


    【コロナ禍で健闘のダイハツ 「ロッキー」販売増が示す新潮流 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/24(日) 11:37:54.59 ID:kg3MsJmN0
    2020発売のトヨタ電気自動車のバッテリーは「10年100万キロ」保証付き

    トヨタブランド初の量産電気自動車について、駆動用バッテリーには「10年」「100万km」の保証を付けることが、レクサスからアナウンスされました
    https://blog.evsmart.net/ev-news/lexus-ux300e-with-10-year-1-million-km-battery-warranty/


    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590287874/0-


    【テスラ「うちのEVバッテリーは24万キロ保証!」 トヨタ「100万キロ」テスラ「え?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 09:32:51.72 ID:CAP_USER
    日産、新型「フェアレディZ」を予告? 公式動画に12車種のシルエットと「Z」の文字
    2020年5月28日

    no title


     日産自動車は5月28日、2019年度決算についてオンライン記者会見を実施。
    その中で今後18か月の間に少なくとも12の新型車を投入する予定であると発表したのは既報のとおり。

     その記者会見のクロージングビデオとして映し出された映像が公開された。
    「NISSAN NEXT: From A to Z」と題されたその動画には12の新型車と思われる車種のシルエットが登場し、
    「A」のアルファベットと共に「アリア」と思われるシルエットが登場すると、
    続いてイニシャルと思われるアルファベットとともに12台のクルマのシルエットが次々と出てくる。
     そして最後に「Z」の文字が登場し、次期フェアレディZと思われるクルマのシルエットが映し出された。

    https://www.youtube.com/watch?v=aiqOLRJi7nU



     映像後半に登場する車名を確認したところ、以下の12車種の名前を確認できた。

     「ARIYA」「ARMADA」「FRONTIER」「KICKS」「NAVARA」「NOTE」「PATHFINDER」「QASHQAI」「ROGUE」「TERRA」「X-TRAIL」「Z」

     もちろん会見の中で語られた12の新型車がこの12車種だとは明言されていないが、今後の日産の動向に期待を抱かずにはいられないだろう。

    no title


    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1255527.html
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1590712371/0-


    【日産、新型「フェアレディZ」を予告? 公式動画に12車種のシルエットと「Z」の文字 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/28(木) 21:56:21.50 ID:tQQoASjl9
    本田技研工業は2020年5月28日、コンパクトミニバン「フリード」をベースとしたコンプリートカー「フリード モデューロX」をマイナーチェンジし、同年5月29日に発売すると発表した。

    ■爽快な走りと快適な乗り心地を追求

    モデューロXは、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが手がけるコンプリートカーであり、シャシーの改良や空力パーツの装着によって運動性能の向上が図られている。フリード モデューロXについては2017年12月に発売されているが、ベースとなるフリードが2019年10月にマイナーチェンジ。今回、あらためて改良後のフリードをベースとしたモデルが販売されることとなった。

    エクステリアでは新設計のフロントエアロバンパーやフロントグリル、専用LEDフォグライトでカタログモデルと差別化。また空力性能を高める3つのエアロフィンを装着することで走行性能のさらなる向上も図っており、ドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地を提供するとしている。

    一方、インテリアではシートをプライムスムースとスエード調表皮のコンビタイプとすることで質感を向上させるとともに、体の滑りを抑制。ブラック基調のインテリアカラーによる特別感の演出も図っている。

    これらを含む、フリード モデューロXの主な専用装備は以下の通り。
    ・専用フロントグリル
    ・専用フロントエアロバンパー
    ・専用サスペンション
    ・専用15インチアルミホイール
    ・専用サイドロアースカート
    ・専用リアロアースカート
    ・専用LEDフォグライト
    ・専用フロントビームライト
    ・専用リアエンブレム(Modulo X)
    ・専用ドアミラー(クリスタルブラックパール)
    ・専用ブラック コンビシート (プライムスムース×スエード調/「Modulo X」ロゴ入り)
    ・専用本革巻きステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
    ・専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/「Modulo X」アルミ製エンブレム付き)など

    価格は以下の通り。
    ・モデューロX Honda SENSING(6人乗り):295万0200円
    ・モデューロX Honda SENSING(7人乗り):297万2200円
    ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り):325万6000円
    ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):327万8000円

    また上記の各仕様に、23万5400円高で9インチプレミアムインターナビ装着車(VXM-207VFNi<Gathers/専用オープニング画面>+ドライブレコーダー<フロント用/DRH-204VD 32GB キット>)も設定している。(webCG)

    2020.05.28
    https://www.webcg.net/articles/-/42785

    フリード モデューロX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590670581/0-


    【「ホンダ・フリード モデューロX」の改良モデルが登場 走りを高めた純正コンプリートカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/27(水) 19:40:40.688 ID:iIwvjTqa0
    ワーゲンバスはさすがに古いから
    最近の車でオススメある?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1590576040/0-


    【ワーゲンバスみたいな車に乗りたいんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/28(木) 02:18:04.02 ID:CfBL1/tT0
    やっぱりN-BOXか?
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590599884/0-

    01742ed6001s



    【軽自動車を買おうと思うんやがN-BOX タント ワゴンR ムーヴでどれがええんや?】の続きを読む

    このページのトップヘ