マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/18(月) 13:40:40.58 ID:CAP_USER
    《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ アクア 次期型 予想CG
    no title

    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/03/18/320255/1396672.html

    トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』次期型に関する情報を入手した。日産『ノートe-POWER』にその牙城を脅かされたアクアだが、初のフルモデルチェンジでその差をつき離すことはできるのか。進化のポイントに注目だ。

    アクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開された『FT-CH』が起源となっている。その後2011年1月には『プリウスC コンセプト』へ進化し、2011年11月にアクアとして発表、発売された。登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど人気モデルの地位を確立した。2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われているが、デビューから7年以上が経過し、ついに第二世代へバトンタッチされる。

    次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。5ナンバーのため全長は1.7mをキープするが、居住空間がアップするとみられる。エクステリアデザインは、2013年の東京モーターショーで公開された『Premiアクア』がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感を実現する。

    (参考画像)トヨタ自動車東日本のPremi AQUA
    https://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1397071.jpg

    次期型アクアに期待されるのはやはり燃費だろう。現行モデル同様にハイブリッド専用モデルとなり、パワーユニットには1.5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載。燃費は現行モデル38km/リットルはもちろん、プリウスの40.8km/リットルも超える43km/リットルから45km/リットル程度が予想される。また同ブランドの次世代4WD「E-Four」の設定が予想される。

    安全技術では、「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」、「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」など最新世代の「トヨタセーフティセンス」を装備するはずだ。

    Spyder7スクープ班では早速、次期型予想CGを制作した。トヨタのCセグの流れを汲んだデザインを盛り込み、かつサイドのキャラクターラインで立体的なシルエットを表現した。また、タイヤハウスを取り巻くラインでワイド感もアピール。フロントも大口径のグリルに存在感を持たせたシャープかつ大型二連のヘッドライトを装備。さらにコーナーエアインテークから中央につながる羽型のデザインバーもポイントだ。

    ワールドプレミアは2019年12月か。秋の東京モーターショー2019でのお披露目も期待できそうだ。

    ◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
    http://spyder7.com/

    2019年3月18日(月)08時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/18/320255.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1552872196/0-

    【トヨタ アクア ついに初のフルモデルチェンジへ、新型は2019年12月デビューか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/17(日) 15:49:14.07 ID:NzMJQaE+0
    どんだけ貧相なってるんや
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1552805354/0-




    31d0646250ba2a3fc00747bb01ef907c_s


    【軽自動車ばかり走ってる日本の道路ってヤバイよな? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/17(日) 10:30:35.36 ID:nFrmJltM0 BE:837857943-PLT(16930)
    ホンダは3月14日、『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)が、オーストラリアのニューサウスウェールズ州警察に配備された、と発表した。

    シビックタイプRには、新開発の2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力320ps、最大トルク40.8kgmを引き出し、
    0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

    シビックタイプR のニューサウスウェールズ州警察への配備は、「Eyewatch」プログラムの一環だ。2012年に開始されたこのプログラムは、
    ソーシャルメディアを介して、地元のコミュニティと警察を結び付けるのが目的。同警察の公式Facebookページには、100万人以上が登録。
    犯罪の情報や危険情報、防犯に関する情報、行方不明者の情報などを配信している。警察に質問すれば、回答やアドバイスを受けることも可能だ。

    ニューサウスウェールズ州警察に配備されたシビックタイプRは、このEyewatchプログラムのさらなる認知度向上が狙い。シビックタイプRは、
    学校や地域のイベントなどに参加する予定だ。シビックタイプRが地域社会をより安全にするための活動に積極的な役割を果たす、としている。

    https://response.jp/article/2019/03/16/320223.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1552786235/0-

    【ホンダ シビックタイプR オーストラリア警察に配備 日本の白黒パンダのクラウンよりずっといい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/16(土) 07:09:08.971 ID:ZPi2na84d
    no title

    2015年式、4.8万km、354万円
    お買い得じゃないか?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552687748/0-

    【ホンダのレジェンドの中古お買い得すぎwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/15(金) 20:30:59.703 ID:CN7guLSr0
    悩む
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552649459/0-


    Mazda_Roadster_ND001s


    【ロードスターって車はマニュアルのほうがいい? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/16(土) 02:00:38.109 ID:2GTyMEMM0
    とにかく遅い
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552669238/0-

    JMN18_Suzuki_Jimny_XG01sss


    【新型ジムニー買って半年ほど過ぎたが言うほどいい車じゃない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/16(土) 03:58:59.826 ID:Vfo0HfLoa
    安くないと意味ないし…
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552676339/0-

    001 (1)


    【中古の軽自動車なにがいいかな? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/15(金) 15:26:35.17 ID:CAP_USER
    no title

    トヨタMR2(1984)
    no title

    日産フェアレディZ(1989)
    no title

    ホンダ・シティ・カブリオレ(1984)
    no title

    スバル・アルシオーネ(1989)
    no title

    スバル・レガシィ・ツーリングワゴン(1990)
    no title

    トヨタ・カリーナED(1985)
    no title

    レクサスLS400(1990)(日本ではセルシオとして販売)

    トヨタ、日産、ホンダ、SUBARU(スバル)の4社は、4月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2019」にて、「百花繚乱80's」をテーマとした共同展示を行うと発表した。

    1980年代は、日本メーカーの独創性と品質への情熱が欧米メーカーに追いつき、さまざまな技術や新車型が開花していった極めて重要な時期。「百花繚乱80's」のテーマの元、その時代を彩った、各社の代表的なクルマ7台を展示する。

    トヨタは、「ピラーレス4ドアハードトップ」と低い車高によるスポーティかつクリーンなスタイルで4ドアの新しい市場を開拓した『カリーナED』、国産初の量産ミッドシップ『MR2』、優れた走行性能と圧倒的な静粛性でその後の高級車開発にも大きな影響を与えたレクサス『LS400』を展示する。

    スバルは、世界トップレベルの空力性能を誇った水平対向6気筒搭載の高速AWDツアラー『アルシオーネ』、セダン同様の運動性能とワゴンの実用性を兼ね備え、ワゴンブームのきっかけとなった『レガシィ・ツーリングワゴン』を出展する。

    日産は、Zの伝統と革新を体現し、当時の最新技術を数多く搭載した『フェアレディZ(Z32型)』を、ホンダは、「トールボーイスタイル」の先駆けとなった『シティ』のオープンモデル「シティ・カブリオレ」を展示する。

    20192019年3月15日(金)14時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/15/320181.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1552631195/0-

    【「百花繚乱80's」トヨタ・日産・ホンダ・スバルが共同展示へ…オートモビルカウンシル2019】の続きを読む

    このページのトップヘ