マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/15(木) 18:50:19.53 ID:l9Xo1bQ40● BE:844481327-PLT(13345)
    中国の自動車産業は「厳しい冬」に見舞われている。今年7月末で、中国国内の自動車総販売台数が13カ月連続で減少している。
    このほど、中国の自動車メーカー大手20社の負債総額は2018年に1兆元(約15兆600億円)を上回り、過去最高水準となったことが明らかになった。

    中国紙・証券日報は13日、この上場20社の過去3年間の負債状況を報道した。これによると、2016年に8098億元(約12兆1976億円)、2017年に1兆1127億元(約16兆7600億円)、2018年には1兆1570億元(約17兆4300億円)に膨らんだ。

    20社のなかでは、上海汽車、比亜迪(BYD)、長城汽車の負債総額が最も多い。それぞれ4980億元(約7兆5011億円)、1339億元(約2兆168億円)、591億元(約8902億円)の債務を抱えているという。
    また、負債率でみると、天津一汽夏利汽車、金杯客車と金龍汽車が最も高く、それぞれ64%、69%、53%となっている。

    報道は、中国自動車業界のトップメーカーである上海汽車が抱える深刻な負債状況に焦点を当てた。2018年、上海汽車の負債総額は前年比で1割増えた。同社の負債額は20社全体の43%を占めた。
    買掛金や流動負債などの増加が負債の拡大につながったという。また、同社の自動車販売も低迷している。
    昨年の販売台数は前年比でわずか1.75%増の705万台となった。伸び率としては、2008年以来の最低水準だ。

    一方、中国の新エネルギー車(NEV)市場の不振も目立っている。

    中国汽車工業協会(CAAM)は12日、7月のNEV販売台数は前年比4.7%減の8万台と発表した。6月は80%増の15万2000台だった。

    CAAMは、中国当局のNEV購入支援政策の縮小と国際原油価格の下落が、NEV車への需要低迷の主因だとの見方を示した。今年のNEV車販売見通しを事前の160万台から150万台に下方修正した。

    https://www.epochtimes.jp/p/2019/08/45931.html
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1565862619/0-

    【中国自動車大手メーカー20社の負債が過去最高の17兆円に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/13(火) 19:11:39.03 ID:l6A5gYsV0
    メーカー「若者の車離れ」
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1565691099/0-

    SUBARU_WRX_STI_001ss


    【メーカー「若者の車離れ」ワイ「2LハイターボのMTを300万で出したらどうだろう?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/07(水) 20:03:01.69 ID:1eDv0WUE9
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080701025&g=eco

    トヨタ自動車は7日、高級車ブランド「レクサス」の2019年上半期(1~6月)の世界販売台数が
    前年同期比10%増の36万0045台に上り、上半期として過去最高になったと発表した。
    18年10月に全面改良したセダン「ES」や同11月に発売した小型SUV(スポーツ用多目的車)
    「UX」が好調だった。地域別では中国がけん引した。
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565175781/0-


    Lexus-ux001s



    【トヨタ「レクサス」の世界販売台数が過去最高。今年上半期10%増。中国けん引 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/10(土) 21:14:50.74 ID:TuwE4QTg9
    ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」を設定。同年8月20日に発売すると発表した。

    今回のカマロ スタイリングスポーツエディションは、パワフルな6.2リッターV8モデル「カマロSS」がベースの限定車。

    ボディーカラーに新色のシャドーグレーメタリックを採用し、レッドアウトラインストライプ付きの5スポークグロスブラックホイールでドレスアップ。ジェットブラックのインテリアには、レカロ製のパフォーマンスシートが組み合わされている。

    価格はベース車から48万6000円アップの729万円。20台限定で販売される。(webCG)

    2019.08.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41336

    カマロ STYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565439290/0-


    【シャドーグレーメタリックのカラーが決め手 特別な「シボレー カマロ」が20台限定で登場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/10(土) 21:20:52.81 ID:TuwE4QTg9
    ポルシェジャパンは2019年8月8日、特別仕様車「718ケイマンGTS/718ボクスターGTS×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー」をポルシェセンター青山で、「911カレラGTS/911カレラGTSカブリオレ×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー」をポルシェセンター名古屋で発売すると発表した。

    ■ボディーカラーに懐かしの「マリタイムブルー」を採用

    今回の特別仕様車は、いずれも国内のポルシェセンターで対応している特別カスタマイズサービス、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーの手によるもので、カタログモデルにはない内外装の仕様が特徴となっている。

    ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーとは、ボディーカラーやインテリア、パフォーマンスに関する部分まで、細やかな顧客のリクエストに対応する特別カスタマイズサービスである。特にポルシェセンター青山とポルシェセンター名古屋は、本国エクスクルーシブマニュファクチャー部門のトレーニングを受けたコンサルタントが対応しており、本国からエクスクルーシブマニュファクチャーパートナーに選ばれている。

    4台の特別仕様車のうち、ポルシェセンター青山で販売される718ケイマンGTS/718ボクスターGTS×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーは、ボディーカラーに1991年から1993年にかけて製造された「911」(タイプ964)や、「968」「928」に設定のあった「マリタイムブルー」を採用したものである。

    一方、ポルシェセンター名古屋で販売される911カレラGTS/911カレラGTSカブリオレ×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーは、エクステリアではボディーカラーをマリタイムブルーとするとともに、カーボンファイバー製のスポーツデザインドアミラーやサテングロスブラック仕上げのセンターロック式20インチアルミホイール、ハイグロスブラックのスポーツエキゾーストシステムを採用。ブラックで統一したインテリアには、ホワイトでペイントしたスポーツクロノパッケージのストップウオッチや、オリジナルのイルミネーションを施したステンレスドアエントリーガード、センター部やステッチをグラファイトブルーとしたシートなどを装備している。

    販売台数はいずれも1台のみ。718ケイマンGTS/718ボクスターGTS×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーは2019年8月25日に、911カレラGTS/911カレラGTSカブリオレ×ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーは同年9月11日に発売される。

    価格は以下の通り。

    ・718ケイマンGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:1455万3000円
    ・718ボクスターGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:1514万3000円
    ・911カレラGTS ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:2265万3000円
    ・911カレラGTSカブリオレ ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャー:2511万6000円

    (webCG)

    2019.08.08
    https://www.webcg.net/articles/-/41338

    ボディーカラーに「マリタイムブルー」が採用された「ポルシェ911」(タイプ964)
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1565439652/0-

    【「ポルシェ911」と「718ケイマン/ボクスター」に限定モデル 懐かしの青いボディーカラーが特徴 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/10(土) 10:47:49.21 ID:1HoUnYft0 BE:123322212-PLT(13121)
     低廉なイメージがある軽自動車の価格が上昇している。総務省の小売物価統計調査によると、今年7月時点の平均価格は142万3765円で、
    10年前の2009年(104万4750円)に比べ36.3%高い。高齢者の運転ミスによる事故が問題となる中、自動ブレーキなど安全装備が充実し
    コスト増となったのが影響している。性能に比べ割安として足元の販売は好調だが、上昇基調が続けば車離れが拡大する可能性がある。

     調査は生活に重要な商品の価格を全国規模で毎月調べており、自動車は販売台数の多い複数車種を基に平均価格を算出した。
    軽自動車の価格は09年以降、ほぼ一貫して上昇している。
    https://this.kiji.is/532714075923924065?c=39546741839462401
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1565401669/0-

    Daihatsu_Tanto_Custom_RS_001sss



    【軽自動車の価格、10年前より36%高くなる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/06(火) 12:47:15.37 0
    2位は14801台でデイズ
    4位まで軽自動車で5位がノート7位がセレナと登録車では日産が上位を占める
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1565063235/0-

    01742ed6001s


    【ホンダ N-BOXが24049台売れて安定の新車販売台数トップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/08(木) 20:35:21.36 ID:T88J+bb+0 BE:123322212-PLT(13121)
    ホンダはハイブリッド車(HV)の主力セダン「アコード」の生産を国内からタイに切り替える。電動車の生産に優遇措置があるタイに移管し、投資効率を高める。
    世界の自動車大手は業績が軒並み悪化し、投資の選択と集中を急いでいる。アジア新興国でも環境車の需要が増える中、
    アジアが小型車にとどまらずHVなど環境対応車の製造拠点として存在感を高めている。

    三菱自動車も2021年にタイでプラグインハイブリッド車(PH…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48368130Y9A800C1MM8000/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1565264121/0-

    【ホンダ「今度から、アコードはタイ製になります」】の続きを読む

    このページのトップヘ