マイカー速報

自動車関連の、車まとめ情報を配信しています!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/29(月) 18:27:34.54 ID:Nt2sYN4s0● BE:423476805-2BP(4000)
    現行プリウス(ZVW50系)は2015年に発売された4代目モデルである。
    2021年6月には一部改良が実施される予定であるが、その内容はボディカラー、オプションなどを対象にした小変更に留まる見込み。
    このタイミングで大掛かりな改良が実施されると、次期モデル投入時期の先延ばしが懸念されるところであるが、「2022年後半から2023年前半」が想定されるフルモデルチェンジに向けての開発は順調に進められていると考えられる。

    https://car-research.jp/prius/fmc-4.html
    (写真は現行プリウスPHV)no title


    開発中の5代目プリウスは、プラグインハイブリッド(PHV)の本格的な普及が大きなテーマとなっている。
    トヨタのハイブリッドパワートレインは、最小クラスとしてヤリスの1.5L(M15A-FXE)があり、このプリウスの1.8L(2ZR-FXE)、その上に2.0L(M20A-FXS)がある。
    なかでも1.5Lと2.0Lは、ダイナミックフォースエンジンと呼ばれる新世代パワートレインである。
    プリウスシリーズにも、いずれ2.0Lが搭載されるのでは、という予想もあったが、1.8Lをベースとしたシステムは次期型でも継続される見込み。
    ダイナミックフォース世代に準じた改良は盛り込まれるだろうが、それよりも注目したいのがバッテリー容量が増やされたプラグインハイブリッド(PHV)がメインになるということである。

    プリウスPHVは3代目モデルから、少量生産がスタートした。
    4代目モデルでは、さらなる普及を目指し専用ボディが与えられ、大幅に生産台数が増やされたが、それでも販売実績としては全体の一割程度という状況である。
    次期型5代目ではPHVがメイングレードとなり、販売の主役を担うことになる。

    プラットフォームについては次期型もTNGA(GA-C)が継続採用となる。
    開発コストは抑えられるものの、ホイールベース延長などを含めた新設計となる。
    エクステリアでは、「プリウスらしさ」として定着したワンモーションフォルムは踏襲しつつも、近年のデザイントレンドに従い、全高を抑えたスポーティーなスタイルとなる見込み。
    ただし、ワンモーションフォルムで低い全高を設定すると、後席居住性が悪化しやすいというデメリットがあった。
    これは、かつてホンダ2代目インサイトが3代目プリウスとの販売競争で敗退した理由の一つでもあり、次期プリウスでは、このあたりをどうまとめてくるのかも注目したい。
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1617010054/0-


    【プリウス次期型はプラグインHV普及車、フルモデルチェンジ開発中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/22(月) 17:42:26.53 ID:QpxrijUP0 BE:422186189-PLT(12015)
    ■今後はApple CarPlayとAndroid Autoに対応した無線接続ディスプレイを搭載

    カーナビ専用機の大転換 CD/DVDプレーヤーも消滅

    日本車の新車では今後、カーナビが消滅することになりそうだ。正確に言えば、
    カーナビの機能は残るが、新車では旧来のようなカーナビ専用機器は消滅する運命にある。

    そう言い切れる理由は、日本市場で軽自動車以外の乗用車(登録車)で新車販売約5割
    という圧倒的シェアを誇るトヨタが、新車組み込み型の「ディスプレイオーディオ」を、
    国内販売モデルのほぼすべてで標準装備することを決めたからだ。

    「ディスプレイオーディオ」とはその名のとおり、オーディオ機能を持つディズプレイ(画面)
    だけの状態。パソコンやスマホのように、最低限の機能はあるが、ユーザーの好みに
    合わせてアプリやサービスなどを購入してカスタマイズする、という考え方だ。

    カーナビやオーディオの専用ディスプレイ化は、ダイムラー(メルセデス)やマツダですでに
    量産されているが、ディスプレイだけの「素の状態でも売る」というトヨタ方式は珍しい。
    また、「ディスプレイオーディオ」にはCD/DVDプレーヤーはない。

    導入は2019年9月に発表された新型「カローラ」がキックオフとなり、今後はマイナーチェンジや
    フルモデルチェンジのタイミングで各モデルに標準装備される。
    https://toyokeizai.net/articles/amp/307770?display=b&_event=read-body
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1616402546/0-


    【トヨタ、カーナビ全廃を決定、今後はスマホ画面を映す無線ディスプレイを搭載、メッセージはAIが音読】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/19(金) 09:44:06.06 ID:EyJMt7WA0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタの新しいSUV、カローラクロスが発売される見込みとなっている。
    昨年2020年7月にタイで発表された新型車で、現在は台湾でも販売されている。
    その後、中日新聞が国内発売について報じたことで、日本市場への導入が待望されている。

    カローラクロスの日本発売の時期としては、2021年の秋頃が想定される。

    https://car-research.jp/corolla/cross.html

    カローラクロスはモデルネームが示す通り、カローラをベースとしたクロスオーバーSUVである。
    カローラシリーズは2018年のフルモデルチェンジで12代目への切り替えが進められ、これまでに5ドアハッチバックのスポーツ、ワゴンボディのツーリング、セダンとラインナップを揃えてきた。
    これまでの3モデルは、フロント部分を中心に基本的には共通デザインが採用されてきたが、カローラクロスはこれらとは異なる独立したSUVデザインが与えられる。

    SUVということで、カローラシリーズの中でも上級の扱いとなるだろう。

    no title


    パワートレインに関しては、通常ガソリンエンジンモデルは設定されず、ハイブリッド専用車となる可能性が高い。
    現行カローラツーリングのハイブリッドモデルを参考にすると、1.8Lエンジン + モーターのシステムが流用され、駆動方式は2WDと電気式4WDのE-Fourの設定が想定される。

    燃費性能はWLTCモードで25km/h程度となりそう。
    これはカローラツーリング ハイブリッド WxB 2WDモデルが25.6km/L、CH-R ハイブリッド2WDモデルが25.8km/Lを達成していることなどからも想定される。

    カローラクロスの車両価格はエントリーグレードで消費税込み270万円台が予想される。
    これについてもカローラツーリング ハイブリッド WxBが279万9500円、CH-R ハイブリッドが274万5000円という現行モデルの価格が参考になる。
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1616114646/0-


    【【トヨタ】カローラクロス発売日2021年秋頃想定、価格、燃費】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/21(日) 15:10:30.69 ID:/3HjaTra0
    マジでよくない?
    マツダよりいい
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1616307030/0-


    【ホンダの新型ヴェゼルがかっこよすぎて購入決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/20(土) 21:09:12.72 ID:5gw292H29
    BMWグループ(BMW Group)は3月17日、フルEVの世界販売台数を増やし、今後10年間で累計1000万台を達成する目標を発表した。

    BMWグループは現在、フルEVとして、BMW『i3』、MINI『ハッチバック』のEV「クーパー SE」、BMW『iX3』の3車種を用意している。
    2021年には、新型フルEVとして、『iX』と『i4』が追加される予定だ。

    BMWグループの2020年の電動車両(EVおよびプラグインハイブリッド車)の世界新車販売は過去最高の19万2646台。
    前年比は31.8%増とプラスを維持した。2020年の電動車の世界新車販売のうち、ピュアEVは前年比13%増。
    PHVは、前年比がおよそ40%増と伸びた。欧州では、新車販売に占める電動車の割合は、15%に到達している。

    BMWグループは2023年までに、全世界のフルEVのラインナップを約12車種に拡大する計画。
    2030年には、全世界の新車販売台数の少なくとも50%をフルEVにすることを目指す。

    BMWグループは、将来、多くのセグメントがフルEVのみになる可能性がある。
    BMWグループは、フルEVに対する需要が伸びると、フルEV市場における高いシェアを獲得することが可能になる、としている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6aff1f634848cdda49f170bb04992198b6ba6b82

    BMW iX と i4
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1616242152/0-

    【BMWグループ、今後10年でEVを累計1000万台販売へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/17(水) 14:05:15.53 ID:CAP_USER
    no title

    ホンダN-BOXカスタム

    ホンダアクセスは、自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1000人に対し、クルマ選びに関する調査を実施。次のクルマは「軽自動車」を考えているユーザーが多いことがわかった。

    □次回購入は「軽自動車」
    調査結果によると、自家用車(最も頻繁に運転するクルマ)のボディタイプは「軽自動車」(37.6%)が最も高く、次いで「コンパクトカー」(19.7%)、「ミニバン」(15.1%)、「セダン」「SUV」(いずれも8.2%)の順。その用途については、「買い物」(53.0%)が最も高く、以降、「通勤」(31.4%)、「家族の送迎」(8.1%)が続いた。

    現在のクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したか聞いたところ、「日々の買い物で使う」(62.2%)がトップ。以降、「家族で乗る」(39.3%)、「ひとりで乗る」(35.3%)、「旅行に行く」(33.2%)、「ドライブを楽しむ」(29.7%)が続いた。次にクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したいか聞いたところ、こちらも「日々の買い物で使う」(51.8%)がトップ。次いで、「家族で乗る」(34.5%)、「旅行に行く」(32.4%)、「ドライブを楽しむ」(30.7%)、「ひとりで乗る」(24.7%)となった。

    現在のクルマを購入した際の重視点については、「価格」(60.9%)が最も高く、次いで、「ボディのタイプ」(46.4%)、「運転のしやすさ」(46.2%)、「燃費の良さ」(43.3%)、「乗り心地」(35.0%)となった。次にクルマを購入する際も「価格」(59.7%)がトップだったが、2位には「燃費の良さ」(51.5%)が浮上。以下、「運転のしやすさ」(49.4%)、「ボディのタイプ」(42.2%)、「安全性能」(41.1%)が続いた。

    次に乗りたいと思うクルマのボディタイプは「軽自動車」(39.1%)がトップ。以下、「コンパクトカー」(33.2%)、「ミニバン」(19.5%)、「SUV」(17.9%)、「ハッチバック」(11.7%)となった。また、最近1年間で評価が一段と高まったクルマのボディタイプも「軽自動車」(27.6%)がトップ。次いで、「コンパクトカー」(19.4%)、「SUV」(13.8%)、「ミニバン」(11.3%)、「セダン」(6.0%)となった。

    現在乗っているクルマの購入価格については、「100万円~150万円未満」(17.5%)や「150万円~200万円未満」(18.9%)、「200万円~250万円未満」(15.1%)に回答が集まり、購入価格の平均は209万円。次回購入時の予算については、「200万円~250万円未満」(20.4%)に多くの回答が集まったほか、「100万円~150万円未満」(14.0%)や「150万円~200万円未満」(18.3%)にも回答がみられ、購入予算の平均は228万円だった。

    □北海道・東北では「リモコンスターター」が人気
    新車購入時に付けたい装備については、「カーナビ」(67.0%)が最も高く、次いで、「ドライブレコーダー」(65.3%)、「ETC」(59.6%)、「バックモニター」(52.3%)、「USBチャージャー」(20.3%)となった。居住エリア別にみると、北海道・東北では「リモコンエンジンスターター」(36.2%)が他のエリアと比べて突出。東海では「ドライブレコーダー」(70.7%)、近畿では「ETC」(68.9%)と「カメラ式のルームミラー」(23.6%)、九州・沖縄では「高音質スピーカー」(18.1%)が他のエリアと比べて高くなった。

    クルマ購入時の試乗については65.2%が「する」と回答。居住エリア別にみると、関東(72.2%)と近畿(70.9%)では7割を超え、北陸・甲信越(51.4%)では約半数となり、地域差が大きいようだ。試乗時のチェックポイントは「乗り心地」(70.9%)が最も高く、次いで、「前方の視界・見切りのよさ」(52.8%)、「後方の視界・バックのしやすさ」(39.4%)。以降、「乗り降りのしやすさ」(36.7%)、「小回り」(35.9%)が続いた。

    >>2 へ続く

    2021年3月17日(水)08時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2021/03/17/344030.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1615957515/0-


    【次回購入は「軽自動車」、ここ1年でユーザー評価が上昇 ホンダアクセス調べ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/15(月) 03:00:43.42 ID:770bYlx19
    no title

    no title

    no title


    ソニーは、開発中のコンセプトEVモデル『VISION-S』について、国内初となる試作車両の一般公開を3月28日、東京の二子玉川ライズ(東京都世田谷区)にて行うと発表した。

    全文はリンク先で
    https://response.jp/article/2021/03/09/343811.html

    【ソニー VISION-Sプロトタイプ、国内初の一般公開 3月28日 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/17(水) 22:16:07.71 ID:QwJpMhGS0● BE:928139305-2BP(2000)
    no title

    no title

    no title

    no title



    トヨタは、新型「アイゴXプロローグ」を
    2021年3月17日に世界初公開しました。
    シャープなヘッドライトが特徴的なデザインですが、
    いったいどんなモデルなのでしょうか。

    今回発表された新型アイゴXプロローグは、
    トヨタの欧州向けコンパクトカーである「アイゴ」の
    新型モデルのデザインを示唆するコンセプトモデルとして登場しました。

    デザインはトヨタの欧州デザイン拠点であるEDスクエア(ED2)が担当し、
    近未来的かつアクティブなエクステリアに仕立てられています。

    新型コロナ禍ということもあり、リモートワークも組み合わされて
    デザインされたという新型アイゴXプロローグは、
    新しくクサビをモチーフとしたルーフラインを採用。
    前後のフェンダーは大胆に張り出したデザインで、
    踏ん張り感を演出しています。

    ボディカラーは、唐辛子をモチーフとした「スパークリングチリレッド」を採用。
    “スパイシーさ”を表現するためにブルーメタリックフレークを塗料に
    混ぜることで、まばゆい輝きを放つレッドを実現しました。

    EDスクエアのイアン・カルタビアーノ氏は、新型アイゴXプロローグの
    デザインについて「(限られた人でなく)誰もが格好いいクルマに乗る
    べきだと思いますが、新型アイゴXプロローグを見ていると、
    EDスクエアのチームがそれを可能とするクルマを生み出したことを
    とても誇りに思います。

    新型アイゴXプロローグがこのセグメントに革命を起こしてくれることを
    期待しています」とコメントしています
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e95b2ed7b8a7eabc33954be2e4326a2997e4c651
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1615986967/0-

    【トヨタ自動車 新型「アイゴ X プロローグ」を初公開!!】の続きを読む

    このページのトップヘ