マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/12(金) 22:41:43.70 ID:CAP_USER
    no title

    no title


    安かろう悪かろう――。そんなイメージが付いて回る中国製品。自動車もその一つだった。しかし、そんな”常識”が変わりつつある。

    「外資への出資規制を秩序立てて緩和する」。中国工業情報化省は4月25日、外資企業の自動車生産に関する規制緩和について初めて公式に言及し、業界に衝撃が走った。

    中国で外資企業が自動車を生産するには、中国企業と合弁会社を設立しなければならないうえ、外資企業の出資比率が50%を超えてはならないという規制が設けられている。
    そのため、トヨタ自動車は第一汽車や広州汽車と、独フォルクスワーゲン(VW)は上海汽車や第一汽車と、といった具合に、外資各社は中国企業と合弁生産を行っている。

    中国政府は「2025年には複数の中国現地ブランドが世界の自動車メーカーのトップ10に入る」というシナリオを描いており、広州汽車もこの流れに乗って、海外進出を急いでいる。

    中国の自動車市場は2016年、前年比14%増の2800万台と米国の1.6倍の世界最大市場に成長した。その中で、現地ブランドのシェアは年々高まっている。2016年の中国系のシェアは43.2%とこの3年で2.9%高まったのに対し、日系は15.5%と同0.9%シェアを落とした(乗用車販売ベース、マークラインズ調べ)。

    さらに、日系勢は欧米勢との競争でも苦戦を強いられている。2016年の中国販売はホンダが129万台で、トヨタが121万台と、VWの398万台や米ゼネラル・モーターズ(GM)の387万台の半分にも達していない。

    広州汽車の曽会長は日系のシェアが中国で低いことに関して、「VWの車種が豊富なのに対し、日系勢は中国での車種展開が保守的。中国人ニーズに合わせた車種を拡充すれば、シェアを巻き返せるだけの実力は持っている」との見解を語る。

    中国自動車工業会は今後の販売台数について、2017年に前期比6%増の2965万台を、2020年までに3000万台超を計画している。日系メーカーにとっては、米国や国内市場が成熟期に入っている以上、膨張が続く中国市場で1%でもシェアを失うことは手痛いはずだ。

    劣勢に立つ日系メーカーは、中国での軌道修正が求められそうだ。

    ※一部引用
    http://toyokeizai.net/articles/-/171350

    【トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ 日系メーカーは中国でシェア低下が続く 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/13(火) 22:20:58.23 ID:CAP_USER
    no title

    no title


    フィスカーが新型EVスポーツカーとなる「Eモーション」の詳細を公開しました。
    まさに次世代カーという風貌の1台ですが、最大の注目点はわずか9分で160km走行分の充電を完了する充電速度。
    これはテスラモデルを超える数値であり、話題を集めています。

    フィスカー「Eモーション」の詳細を公開

    フィスカー社が新型EVスポーツカー「Eモーション」の詳細を明らかにしました。

    滑らかなショルダーラインからスピード感と先進的な印象を受ける「Eモーション」はブーメラン型のヘッドライトやグリル形状など独特なフロントマスクが特徴的。
    素材にカーボンファイバーやアルミを使用したことで超軽量ボディが実現されています。
    象徴的なフロント部分は最適なエアロダイナミクスを発生させるほか、特許を取得した正面衝突構造により安全性も高い次元で追求され、機能性にも優れています。

    わずか9分で160km分の充電を完了

    グラフェンスーパーキャパシタを使用するパワートレインは高機能で、一回の充電での航続距離は640km以上。
    最高速は260km/hまでに達します。ウルトラチャージャーを利用すれば、わずか9分で160km走行可能分を充電できるとのことで、この点は競合車となる「テスラ」と比べても大きなアドバンテージとなります。

    そのほか先進運転支援システムADASや360度の視界を確保する2代のカメラなどを備え、次世代カーを思わせる充実の先進装備を備えています。

    フィスカー社は「Eモーション」の予約を6月30日から開始するとのことで、値段はテスラ「モデルS P100D」とほぼ同じ12万9900ドル(約1420万円)に設定されます。

    https://carnny.jp/5094

    【フィスカー新型「Eモーション」の詳細を公開!9分の充電で160km走行】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/12(月) 19:18:25.26 ID:7212tVq/0 
    【Honda Meeting 2017】新型「シビック」をベースに8速DCT化した「Dynamic Study」や新型「シビック タイプR」インプレッション

    no title

    no title

    no title

    no title


     自律自動運転技術やクラリティ3兄弟以外にも、「Honda Meeting 2017」では要素技術の発表があった。その1つが、まもなく登場する新型「シビック」(10代目)をベースに、パワートレーンを変更して走行性能を向上させた「Dynamic Study」モデルだ。

     搭載するエンジンは新型シビックに搭載される直列4気筒 1.5リッターターボとほぼ同じ(スペックは多少なりとも向上か?)だが、トランスミッションを市販予定モデルのCVTから8速DCTへと換装した点が大きく違う。
    ちなみにこの組み合わせは、現在、中国市場で販売されているアキュラ「CDX」と同じパワートレーン形式で、日本市場向けに発売される新型シビックには現時点で導入の予定はないようだ。
    no title


     この「Dynamic Study」に搭載される8速DCTはホンダ内製で、2014年10月に論文でも発表済み。トルクコンバーターを採用したことで力強くスムーズな発進加速性能と、
    各ギヤ段のギヤ比が近い(クロスさせた)8速化によって途切れることのない加速特性を両立させている。また、ワイドレシオ化やフリクションの低減によって、
    同クラスの対応トルク容量をもつ5速ATに対してサイズは同等としながら、15%程度の動力性能向上と8%程度の燃費数値向上を達成。ギヤ構造は、
    1速&2速&後退ギヤ、3速&4速、5速&6速、7速と8速の各ギヤセットでドリブンギヤを共有する。

    no title

    no title


    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1064712.html

    【ホンダが走行性能を向上させる「Dynamic Study」モデルを世界初公開!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/13(火) 14:23:06.650 ID:XkMnhCdp0
    国産車とはかけ離れた洗練されたデザイン
    車種別でも統一感のあるフロントフェイス
    アテンザとかcxシリーズかっこよすぎやろ
    1280px-Mazda3_CX-3

    【なんでマツダって嫌われてんの?デザインとか国産車最強じゃね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/14(水) 00:16:24.475 ID:xYoNlr020
    あと初めてディーラー行くから交渉術を教えてくれ
    Toyota_MARK_X_500jpg

    【新車でマークX買おうと思ってるけどどう思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/11(日) 21:42:56.79 ID:HessgeGJ
    教えてくれ
    697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s

    【自動運転のデメリットってなんなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/13(火) 11:40:34.67 ID:ThxgWk7h0 BE:367865142-2BP(3341)
    RVブームを盛り上げた名車がトヨタ ハイラックス

    2004年に国内販売が終わって、海外専売ブランドに切り替わったハイラックスが13年ぶりに帰ってくる。

    三菱がトライトンの輸入販売を中止した現在、国内唯一のヘビーデューティピックアップとして、市場のニーズに応える。

    海外生産のタイから帰国するハイラックスの詳細を見てみよう。

    トヨタ店には、ランドクルーザー、同プラド、FJクルーザーといった、ヘビーデューティSUVも揃っているが、

    過去にはハイラックスサーフがラインナップされていた。

    いまでは海外専売車となってしまったが、かつては同ピックアップとともに、トヨタ店の商品ラインナップに顔を連ね、RVブームの立役者となった。

    http://getnews.jp/archives/1780045
    no title

    【トヨタ ハイラックス13年ぶりに国内復活 ただしダブルキャブの4WDモデルのみ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/13(火) 17:57:08.48 ID:CAP_USER9
    6/13(火) 17:20配信 TopNews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170613-00000005-fliv-moto
    13日(火)、『第101回インディアナポリス500(インディ500)』で日本人初優勝という歴史的快挙を達成した佐藤琢磨
    (アンドレッティ・オートスポーツ)が、ホンダのウェルカムプラザ青山で行われた凱旋記者会見に臨んだ。

    ■佐藤琢磨「感謝しかない」
    多くの報道陣の前に登場した佐藤琢磨は、これまでのレース人生を静かに語り始め、ジュニア時代からF1、
    インディ参戦、そしてインディ500で優勝するまで、ホンダをはじめ多くのスポンサーの支援、
    そしてファンのサポートがあったといい「感謝しかない」と語った。

    ■NSXをプレゼント
    ホンダの八郷社長からは、「感動をありがとう」と感謝の気持ちとともに佐藤琢磨も開発に携わった
    「NSX」が“副賞”としてプレゼントされるというサプライズがあった。その場で白いミニカーのNSXが
    手渡されると「みなさん、ご安心ください。本物のNSXをプレゼントします」と報道陣に語り、
    その瞬間、佐藤琢磨は思わずガッツポーズで満面の笑みを浮かべた。

    画像
    no title

    【【インディ500】ホンダ、佐藤琢磨にNSX贈呈 日本人初優勝の快挙を称える】の続きを読む

    このページのトップヘ