マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/06(金) 03:01:39.17 ID:CAP_USER
    2017年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数で、首位はホンダの軽自動車「エヌボックス」で、前年同期比10・6%増の9万4601台だった。

     軽は全面改良や一部改良した車種の売れ行きが好調で、上位10車種のうち6車種を占めた。

     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日に発表した。

     2位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」で42・4%減の7万8707台、3位は日産自動車の小型車「ノート」で68・5%増の6万8441台だった。

     三菱自動車から供給を受ける日産の軽「デイズ」は、前年に三菱自の燃費データ不正問題で一時販売を停止した反動で、2・4倍の6万7262台と大幅に回復し、4位に食い込んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00050068-yom-bus_all
    【新車販売 プリウスが40%減 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/05(木) 19:55:31.11 ID:bMQ8pkTg0 
    プーチン大統領:テスラ車もいいが、天然ガス車はもっと環境に優しい

    ロシアのプーチン大統領は4日、モスクワで開催のエネルギー問題に関する会議の場で、米テスラの電気自動車
    (EV)を購入したいと思うかと問われると、「もちろん」と返答した。

      米国と日本のメーカーの製品を見学したプーチン大統領は「軽く、速く、効率の良い」EVを気に入ったと語った。
    ただ、EV自体は環境に優しいが、充電するための電力供給には石炭など化石燃料が利用されていると指摘し、
    「天然ガスのような燃料で走る車が、結局はEVよりも環境にずっと優しいとわれわれが考える理由はそこにある」
    と述べた。

      世界有数の天然ガス生産国であるロシアでは、多くの人が天然ガス自動車を運転している。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-05/OXBSJX6TTDS001
    【プーチン大統領「天然ガス車のほうが、電気自動車より環境に優しいと思う」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/05(木) 14:16:23.83 ID:CAP_USER9
    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した平成29年度上期(4~9月)の
    車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽「N-BOX」が前年同期比10・6%増の9万4601台で首位だった。

    9月の全面改良が販売台数押し上げに貢献したもようだ。
    軽はベスト10のうち6車種を占め、人気ぶりを見せつけた。

    2位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」で、7万8707台。
    ただ、27年12月の全面改良による効果や、
    29年2月に家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の「プリウスPHV」を
    投入した影響で13万6616台を販売した前年同期と比べると、42・4%減だった。

    3位は日産自動車の「ノート」で、68・5%増の6万8441台。

    一方で、三菱自動車の燃費不正問題の影響で昨年、
    販売を一時停止した日産の軽「デイズ」は約2・4倍の6万7262台に膨らみ、4位につけた。

    5位はダイハツ工業の軽「ムーヴ」で、68・6%増の6万7021台。

    http://www.sankei.com/economy/news/171005/ecn1710050016-n1.html
    https://mainichi.jp/articles/20171005/k00/00e/020/273000c

    【ホンダ「N-BOX」が首位、2017年度上半期車名別新車販売台数 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/03(火) 22:53:18.68 ID:TaMw3Z8T0 
     皮肉なことにというべきか、提携解消が正式に発表されたシンガポールGP以降、マクラーレン・ホンダが好調である。
    予選では2戦続けて2台揃ってトップ10内の速さを見せ、レースではストフェル・バンドーンが続けて7位入賞を果たした。  

    https://news.biglobe.ne.jp/sports/1003/ats_171003_5805666230.html
    【マクラーレン・ホンダの決別が決まってから、PUトラブルがなくなった 誰かが足を引っ張ってた 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/04(水) 17:00:00.81 ID:OEOM3O+w0
    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    大手自動車メーカーの「ホンダ」は、国内工場の稼働率が低迷するなか、埼玉県狭山市の狭山工場での生産を、同じ埼玉県にある寄居町の寄居工場に4年後の2021年度をめどに集約すると発表しました。

    これに伴って狭山工場は閉鎖するとしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/k10011167481000.html
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171004/K10011167481_1710041631_1710041632_01_02.jpg
    no title

    【ホンダ、稼働率低迷で狭山工場を閉鎖へ 50年以上の歴史に幕 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/04(水) 23:09:31.67 ID:CAP_USER9
    全面刷新し、2018年夏に発売を予定しているトヨタ 新型クラウン
    no title


    新型クラウンは「走行性能の追求」と「コネクティッド技術」の両輪で開発

    トヨタは、1955年に初代が誕生して以来、日本車で最も伝統ある最上級セダン「クラウン」を、7年ぶりにフルモデルチェンジする。

    トヨタ新型「クラウン(15代目)」を写真で見る【画像11枚】

    15代目となる新型クラウンは、クラウン初となるTNGAの採用により、3代続いたプラットフォームを一新するなど、クルマをゼロから開発。

    ドイツのニュルブルクリンクサーキットで走行テストを実施するなど、意のままに操れるハンドリング性能に加え、低速域から高速域、荒れた路面など、あらゆる状況においても目線のブレない走行安定性を実現するという。

    さらに新型クラウンでは、車載通信機の全車標準装備により、IoT社会への対応や、ビッグデータ活用によるカーライフサポートの充実化など、コネクティッド技術の革新的進化も注目される。
    .
    ■新型クラウンの主要諸元

    新型クラウンは、2017年10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第45回東京モーターショー2017において「クラウン コンセプト」として初披露される。

    配信10/4(水) 13:30配信
    オートックワン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010003-autoconen-bus_all

    他ソース
    【東京モーターショー2017】トヨタ、クラウン コンセプト を初公開へ…コネクテッド技術も進化
    https://response.jp/article/2017/10/04/300643.html

    「CROWN Concept」
    no title

    no title

    no title

    【15代目 トヨタがクラウンを7年ぶりにフルモデルチェンジ コネクテッド技術進化 「クラウン コンセプト」モーターショーで初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/03(火) 23:30:45.40 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171003/k10011166731000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

    三菱自動車工業は、インドネシアの工場で新たに生産された新車の出荷を記念する式典を開き、今後インドネシアだけではなく東南アジア各国に出荷し、経済成長を続ける市場の開拓にさらに力を入れる方針です。
    三菱自動車は3日、インドネシアの首都ジャカルタ近郊の工場で、新たに製造された新車の出荷を記念する式典を開きました。

    出荷されたのは家族向けで、インドネシアで人気のあるSUV=多目的スポーツ車の特徴を取り入れた7人乗りの小型ミニバン「エクスパンダー」です。インドネシアの工場では、このミニバンを最大で年間8万台製造することが可能で、今後インドネシア国内だけでなく、フィリピンなど経済成長が続くほかの東南アジアの国にも出荷されることになっています。

    式典のあとの記者会見で、三菱自動車のトレバー・マンCOO=最高執行責任者は「インドネシアは鍵となる国だが、フィリピンやタイといった国での可能性についても重要視している」と述べ、市場の開拓にさらに力を入れる方針を明らかにしました。

    東南アジアの市場では、トヨタ自動車やホンダなどがすでに同じような家族向けの7人乗りの車種を販売し人気を集めていてメーカー各社の競争が加速しています。

    10月3日 20時26分

    no title

    【三菱自動車 インドネシアで新車出荷を記念する式典 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/04(水) 14:46:36.74 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車は4日、乗用車「SAI(サイ)」「レクサスHS250h」が走行不能になる恐れがあるとして、2009年6月~10年12月製造の計5万5628台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。「走行できない」「エンジンがかからない」など156件のトラブルが報告されている。
     国交省によると、対象の車は変速機のモーターの部品が摩耗し、ショートする可能性がある。北米に輸出した約2万台にも同じ不具合があり、トヨタは現地の法令に合わせた措置を取る。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100400700&g=soc
    【トヨタ5万台リコール=「レクサス」走行不能恐れ 】の続きを読む

    このページのトップヘ