マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 13:41:35.56 ID:CAP_USER9
    新型「N-BOX」の先行情報を更新
    2017.6.9
    この秋に登場する新型「N-BOX」はHonda SENSINGをすべてのタイプに標準装備。さらに広い室内空間を存分に使いきる革新のシートを開発しました。

    no title
    http://www.honda.co.jp/Nbox/new/

    【【ホンダ】新型「N-BOX」 フルモデルチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 13:34:46.27 ID:eYp/jtDL0 
    マクラーレンとホンダが決別するとの憶測が強まっている。

    ホンダが2015年にF1復帰して以降、ワークスパートナーとしてエンジン供給を受ける名門マクラーレンは低迷を続けている。

    そのため、今年はプレシーズンテストからマクラーレンがホンダとの契約を解消して、2018年にメルセデスのエンジンを買うとの報道が絶えない。

    マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは、ホンダへの忍耐が“限界に近づいている”と述べており、今後90日、すなわち9月にはホンダとの今後について検討することを示唆している。

    だが、それはもう少し早い時期に訪れることになるかもしれない。

    AS は、マクラーレンのザク・ブラウンとエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)は、夏休み前のF1ハンガリーGPまでにすでに競争的になっていることを期待しており、夏休み明けのF1ベルギーGP(8月23日決勝)での結果でホンダとの将来が決定すると報じている。

    「夏休み後の最初のグランプリ(ベルギー)が、ブラウンとブーリエの限界だ」

    「最終期限はスパだ。彼らがベルギーできちんとしたレベルに到達し、楽にQ3に進出し、トップ3と戦うことができなければ、マクラーレンはすでに開始していたメルセデスとの交渉を再開することを決断するだろう」

    https://f1-gate.com/mclaren/f1_36936.html
    racetrack-153686_960_720

    【マクラーレン、ホンダに最後通告? F1ベルギーGPで判断との報道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 10:03:50.57 ID:Aae7j07Q0 
    トヨタ自動車は、クロスオーバーSUV『ハリアー』をマイナーチェンジし、6月8日より販売を開始した。

    今回のマイナーチェンジでは、『クラウンアスリート』やレクサス『NX』『IS』『RX』などが採用する2リットル直噴ターボエンジンを新たに搭載。
    最高出力231psを発生するとともに、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを実現する。
    またトランスミッションには6スーパーECTを搭載するとともにシーケンシャルシフトマチックを採用し、素早い変速とスムーズな
    加速を実現している。フロント・リヤにはパフォーマンスダンパーを搭載し、ロール剛性を上げることで、高速走行時における優れた
    直進安定性や操縦安定性を確保。走行制御モードスイッチにスポーツモードを追加し、より力強い加速感とスポーティ感あふれるハンドリングを両立した。

    価格は294万9480円から495万3960円。

    https://response.jp/article/2017/06/08/295870.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【トヨタ ハリアー 改良新型】2リットル直噴ターボ搭載、安全性能も強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 03:03:13.03 ID:7C13cjw30
    それ買うから

    Suzuki_WagonR_Stingray_L_MH35S

    【軽自動車で1番かっこいい車教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/08(木) 19:20:08.33 ID:CAP_USER9
     ホンダの八郷はちごう隆弘社長は読売新聞などの取材に応じ、人が運転に関与しない、ほぼ完全な自動運転の車について
    「2025年頃をめどに技術的な確立を目指す」と述べ、開発を加速する方針を明らかにした。

     開発時期の目標を具体化したのは、日本メーカーでは初めて。八郷氏は「ターゲットを定めないと、研究開発でやるべきことが
    不明確になる」と狙いを語った。

     自動運転を巡り、アクセルやブレーキ、ハンドルの複数の操作を自動化する技術が実用化されている。
    完全な自動運転には高度な人工知能(AI)などの開発も必要で、ホンダは米IT大手グーグルとの共同研究など他社との連携も始めた。

     完全な自動運転の実用化には、事故発生時の責任の所在を明確にする法整備なども必要で、八郷氏は「インフラ(社会基盤)や
    法律の整備など我々にできないところもある」と指摘した。

     読売新聞
     http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170608-OYT1T50112.html
    697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s

    【ほぼ完全自動運転、ホンダ「2025年頃めど」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/08(木) 13:42:20.50 ID:CAP_USER
    no title

    日産自動車は8日、高速道路の1車線内で自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円~。プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を加速させる。

     プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30~100キロ)を上限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線中央を走行し続けることができる。

     このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉ができる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援システムの性能も高めた。

     発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔を見せた。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170608/bsa1706081256006-n1.htm

    【日産、エクストレイルに自動運転機能を搭載 セレナに続き2車種目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/08(木) 20:29:09.90 ID:xnhxTQ0r0 
    本田技研工業は、栃木県にある本田技術研究所四輪R&Dセンターで「ホンダミーティング2017」を開催した。

    no title


    イベントの冒頭で、本田技研工業の社長である八郷隆弘氏が今後のホンダの方向性について語った。
    ホンダはさらなる安全を目指すため、今秋発売予定の新型N-BOXを皮切りに、今後発売する新型モデル全車にHonda SENSING(ホンダセンシング)を標準装備すると発表した。
    さらに、ホンダの新しいデザインの方向性を示す次期(新型)アコードを秋のモーターショーで披露するともコメントした。

    【今後のホンダの方向性】
    ■四輪車の「デザイン」と「走り」
    デザイン:新たなホンダのデザインの方向性を秋のオートショーで公開
    走り:ホンダが目指す進化した「ドライバーが意のままに運転できる走り」の技術を開発中

    ■電動化技術の導入強化
    ・2030年に四輪車グローバル販売台数の3分の2を電動化することを目指す
    ・ハイブリッドシステムをベースとする、ホンダ 独自の高効率なプラグインハイブリッド システムを採用したモデルを今後の開発の中心とする

    ■先進安全技術導入への取り組み
    <Honda SENSINGのさらなる普及>
    ・日本では、新型N-BOX以降、軽自動車を含めた全ての新型モデルで標準装備する

    <自動運転技術の開発>
    ・自動運転技術を通じて『すべての人に交通事故ゼロと自由な移動の喜びを提供する』ことを目指す

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00010009-autoconen-ind

    【ホンダが今後の新型車の戦略を発表!!!すげぇ!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/07(水) 18:35:04.14 ID:CAP_USER9
    アウディ、最高出力540PSのV10エンジンを搭載したオープントップモデルの新型「R8 スパイダー」 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1063833.html
     アウディ ジャパンは、フラグシップスポーツモデルの新型「R8 スパイダー」を全国26店舗のAudi Sport店で6月6日に発売した。価格は2618万円で、ステアリング位置は左右から選べる。

    モデル エンジン 変速機 駆動方式 価格
    R8 スパイダー V型10気筒DOHC 5.2リッター 7速Sトロニック 4WD 26,180,000円
    no title

    【アウディ、最高出力540PSのV10エンジンを搭載したオープントップモデルの新型「R8 スパイダー」】の続きを読む

    このページのトップヘ