マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ac 470790




    1: 2017/04/29(土) 08:57:44.98 ID:dUR9FwEW0
    車通勤買ってくれンゴ

    【(ぼやき)ワイ自動車ディーラー、GWにもかかわらず出勤……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    honda-350


    1: 2017/04/28(金) 16:51:17.73 ID:CAP_USER
    本田技研工業およびホンダエアクラフトカンパニーが開発した超軽量ジェット機「ホンダジェット」は、世界で初めて自動車メーカーが開発・商用化に成功した飛行機として世界に名を馳せている。中国メディアの今日頭条は24日付で、ホンダジェットの美しい機影およびその機内の写真を掲載し、「ホンダは本当に空を飛んだ」と絶賛する記事を掲載した。

     2016年に中国自動車市場に投入された新型シビックは非常に好調な販売を記録したが、記事は「ホンダジェットは空のシビックと呼ぶのに相応しい」と称賛し、消費者の心を強く捉える非常に魅力的な小型ビジネスジェットだと称賛した。

     また、その魅力について具体的に説明、例えばエンジンを主翼上面に配置するOTWEM(Over the Wing Engine Mount)という方式を採用していること、また主翼と機首部分に自然層流、つまりNFL(Natural Laminar Flow)技術を採用していることを紹介した。

     さらにホンダジェットは同クラスの小型ビジネスジェットのなかで最高速度となる約782km/h、最高高度4万3000フィートの記録を有しており、また同クラス小型ビジネスジェットと比べて17%の燃費向上を実現していると紹介、それゆえに最大航続距離は2265kmにも及ぶと説明し、初めてジェット機を商用化したばかりだというのに、その性能やすでに世界トップクラスであると指摘した。
     
     ホンダによれば、OTWEMはホンダの特許取得技術であり、高速飛行時の造波抵抗を低減させる作用がある、またNFLを取り入れた機体は空気抵抗を大幅に低減させる先進的空力設計となっていると紹介している。ホンダの偉業に対し、中国ネットユーザーたちから「ホンダスピリット」に感銘を受けたコメントがずらりと並び、「万能のホンダに造れないものは人類が思いつかないものだけだ」、「さすが技術狂のホンダだ」など称賛の意見が寄せられた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    no title

    http://news.searchina.net/id/1634738?page=1

    【【ホンダ】中国人も「ホンダスピリット」に感銘、ホンダジェットに「ホンダは本当に空を飛んだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    matsuda350



    1: 2017/04/29(土) 09:09:47.49 ID:2kj8Onnw0 
    自動車メーカー、マツダのことし3月期の決算は、円高の影響で輸出による収益が悪化したことなどから、5年ぶりに減収減益となりました。
    28日マツダが発表したことし3月までの1年間のグループ全体の決算は、売り上げが前の年度より5.6%減って3兆2143億円、本業のもうけを示す営業利益は44.6%減って1256億円と5年ぶりに減収減益となりました。

    これは、日本国内やアメリカでの販売が減ったことや、円高が進み輸出による収益が悪化したためで、国内で生産した車の8割を海外に輸出する体制が影響した形です。
    マツダは、来年3月期の業績の見通しについては、アメリカなどの先進国を中心に販売の伸びが見込めるとして増収増益を予想しています。

    ただ、アメリカのトランプ政権がNAFTA=北米自由貿易協定の再交渉を進める方針のため、メキシコをアメリカ向けの輸出拠点にしているマツダの経営に影響を与える可能性があります。
    これについて小飼雅道社長は記者会見で「トランプ政権の政策をきめ細かく注視して対応していく」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010965561000.html

    【【マツダ】決算発表! 売上げ5.6%減 営業利益は44.6%減】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    subar350


    1: 2017/04/28(金) 16:33:17.92 ID:QjflJvyg0 
    SUBARU(スバル)は4月27日、2017年3月および2016年度(2016年4月~2017年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

    3月の世界生産台数は前年同月比17.1%増の10万5204台、単月の過去最高記録で8か月連続プラスとなった。

    国内生産は同0.7%増の6万7606台と2月新記録を達成し、3か月ぶりのプラス。
    『レガシィ/アウトバック』などの減少を『フォレスター』などの増加がカバーした。
    海外生産は旧カムリ製造ラインでのスバル車の生産開始に加え、新型『インプレッサ』の生産開始が寄与し、同65.8%増の3万3084台。
    すべての月を通じて過去最高を記録し10か月連続のプラスとなった。

    国内販売は同23.4%増の2万3273台で、6か月連続のプラス。
    登録車は同27.7%増の1万8496台で3か月連続のプラス。
    インプレッサなどが好調だった。
    軽自動車は『ステラ』『プレオ』などが前年割れとなったが、新型車『シフォン』が好調で、同9.2%増の4777台で3か月ぶりのプラスとなった。

    輸出は同8.7%減の4万9480台で、3か月連続のマイナス。
    北米や中国向けが減少した。

    (後略)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000016-rps-bus_all

    【アウトバック20万キロ超えたんで買い換えようと思う! おすすめ教えて!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    honda-350




    1: 2017/04/29(土) 09:29:58.72 ID:2kj8Onnw0 
    2017年6月発売予定のフィット公開。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/pomu_channel/status/858038876966965248

    【【ホンダ】新型フィットの画像が流出 かっこよすぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/16(日) 22:36:16.624 ID:plOc3uTu0
    5年落ち5万kmだけど周りからの羨望の目がすごい
    合コンでも車で盛り上がれた
    200万円で新車で軽自動車とかマジ損しすぎwwww



    bm70

    【BMW3シリーズ中古で200万円で買ったら持てすぎワロタw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/26(水) 04:44:19.40 ID:qjWprkKE0
    なんでや

    demi588

    【デミオとかいう不人気車種wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 017/04/26(水) 21:00:15.50 ID:PXMsa9ao0 
    no title

    no title

    no title


    1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」が復活する可能性があることが分かった。

    プレリュードは、1982年に2代目が発売されると人気が爆発。当時国産車では珍しいワイド&ローボディに、スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトが女性にも受け、最強デートカーと言わしめた。

    その後、斬新な「4WS」(4輪操舵システム)を装備した3代目、スポーツクーペに成長した4代目、夜空を眺めるカップルにはかかせない、サンルーフが復活した5代目が2001年に生産終了するまで、実に23年間もホンダを支えた人気車種だった。

    その伝説のデートカーの後継モデルをCGで予想してみた。

    低く長いフロントノーズを残し、NSXの意匠を継ぐフロントマスクに宝石のように美しいジュエルアイLEDヘッドライト、スピード感あふれるプレスライン、エアインテークを装備したグラマラスなリアフェンダー、
    Aピラーからリアへ流れるような美しいルーフラインを描いた。これならば女子受けも間違いない。

    パワートレインは、2リットル直列4気筒T-TEC TURBOガソリンエンジンで、最高馬力はライバルのトヨタ「86」を凌駕する240ps程度と予想する。

    目指す世界デビューは2019年、東京モーターショーか。

    https://response.jp/article/2017/04/26/294031.html

    【【ホンダ】「プレリュード」復活か】の続きを読む

    このページのトップヘ