マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/23(木) 10:35:19.94 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKCQ3PLRKCQULFA004.html

     ホンダはミニバン「オデッセイ」を一部改良して発売した。衝突軽減ブレーキといった安全運転支援システムを全タイプに標準装備。フロントバンパーのデザインも変え、「力強い印象にした」という。ハイブリッド車(排気量2.0リットル)は消費税込み375万円から、ガソリン車(同2.4リットル)は298万円から。販売計画は月1500台。

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511400919/0-

    【ホンダ、オデッセイを一部改良し発売 「力強い印象に」(298万円~) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/23(木) 07:35:54.77 ID:Bgse2Z0A0 BE:232392284-PLT
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは11月17日、新型『アコード』の高性能グレード、「2.0T」を11月20日に発売すると発表した。

    新型アコードの2.0Tグレードには、新型『シビック・タイプR』用エンジンと設計の多くの部分を共有しているエンジンを搭載。
    直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」エンジンには、高効率な低慣性ターボ、可変バルブタイミング、
    高精度の直接燃料噴射などの新技術を採用。最大出力252hp、最大トルク37.7kgmを引き出す。

    一方、新型シビック・タイプR用エンジンは、北米仕様の場合、最大出力306hp。両エンジンには、最大出力に54hpの開きがある。
    アメリカンホンダによると、新型アコードの2.0Tには、新型シビック・タイプR向けよりも小型かつ低抵抗のターボチャージャーを採用。
    これにより、低回転域でのレスポンスを向上させているという。

    この2.0リットルターボエンジンと組み合せられるのが、新開発の10速ATと6速MT。アメリカンホンダによると、10速ATはセグメント初。
    なお、新型アコードの2.0Tの価格は、3万0310ドル(約340万円)と公表された。
    アメリカンホンダは、「2.0Tは史上最強、ファントゥドライブ、そして洗練されたアコード」と自信を示している。

    https://response.jp/article/2017/11/20/302743.html
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511390154/0-

    【ホンダ新型アコード タイプRのエンジンに10速ATを搭載 価格は340万円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/22(水) 23:18:12.006 ID:qWxyt9YI0
    軽自動車の2倍ぐらいあるベンツやBMWばっかり走ってる東京の街で社員に死ぬ確率が高い軽自動車に乗せるとかとんでもないブラック…
    1280px-Daihatsu_Hijet-Cargo_S210V_1

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1511360292/0-

    【社用車が軽の企業とかって絶対ブラックだろ…… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/22(水) 14:24:05.34 0
    by カーグラフィック


    【松任谷正隆「若者は古い車が似合う。ぶつけても直して乗り続けるべき」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/22(水) 18:46:06.588 ID:CwCHg+s+0
    左電気自動車
    右ガソリン車
    no title



    【【悲報】ガソリン車さん、電気自動車に勝てる要素なくなるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/22(水) 16:40:13.75 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車の運転支援システム「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が2018年に第2世代に進化することが分かった。
    現行の上位モデルと同じ、単眼カメラとミリ波レーダーの組み合わせを選択する。検知対象として、夜間の歩行者との衝突回避や、ステアリング・ブレーキ・アクセルを自動で制御する機能などを追加する計画。

    新世代の投入で衝突回避の性能を一気に引き上げる。
    トヨタは、2… ※続く

    配信2017/11/21 6:30
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23542740W7A111C1000000/


    【トヨタの運転支援技術(トヨタセーフティセンス)が第2世代へ ステアリング・ブレーキ・アクセルを自動で制御 他社戦略に影響も 】の続きを読む

    このページのトップヘ