マイカー速報

自動車関連の、車まとめ情報を配信しています!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/10(水) 23:54:35.67 ID:mZwIawuz0● BE:123322212-PLT(14121)
    業績が低迷し、ヨーロッパで新型車の投入を凍結していた三菱自動車工業は、提携先のフランスのルノーから車の提供を受け、現地で販売することになりました。
    急速に進む電動化に対応してハイブリッド車などを販売するとみられます。

    発表によりますと、三菱自動車は、提携しているフランスのルノーからヨーロッパ市場向けに車の提供を受け、2023年をめどに自社ブランドとして販売することを決めました。

    提供を受けるのは2車種で、現地の環境規制に対応するためハイブリッド技術を搭載した電動車になるとみられます。

    業績が低迷する三菱自動車は、成長が見込める東南アジアの市場に経営資源を集中するため、ヨーロッパでは去年7月以降、新型車の投入を凍結しています。

    ヨーロッパでは、脱炭素社会の実現を掲げて国やメーカーがEV=電気自動車の普及に力を入れていて、三菱自動車としても、連合を組むルノーや
    日産自動車との協力関係を生かしながら車の電動化の流れに対応するねらいです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210310/k10012908431000.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1615388075/0-


    【三菱自動車「ルノーの車を三菱ブランドに変えて販売するわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/10(水) 02:52:21.74 ID:GbFc8Ofz0● BE:789862737-2BP(2000)
    ビル・ゲイツが電気自動車が気候変動への答えではないと言う理由

    Tech > Why Bill Gates Says Electric Vehicles Aren't The Answer To Climate Change

    画像
    no title


    マイクロソフトの共同創業者ビル・ゲイツ氏は先日のインタビューで、テスラなどの電気自動車が気候変動の解決策の一部に過ぎないと考えている理由を説明した。ゲイツはクラブハウスでジャーナリストのアンドリュー・ロス・ソーキンと話していて、彼が運転する車を含むトピックをカバーしていた。 彼はNetflixで何を見てきた, そしてなぜ彼はiPhoneではなく、Android携帯電話を使用しています。
    しかし、議論の多くは、彼の新刊『気候災害を回避する方法』で取り上げられているトピックに関係していました。

    彼が注目してきた主な分野の一つが気候変動であり、彼の本は、気候変動がもたらす課題を明確に示すとともに、「気候の大惨事を回避するために、世界が温室効果ガスの排出量をゼロにするための計画」を提示することを目的としています。ソーキンはクラブハウスのインタビューの機会を利用して、主要なポイントのいくつかについて深く語ってくれました。

    気候変動に関する問題の複雑さを説明するために、ゲイツ氏は言いました。"科学、経済学、モデル、気象などがあるので、理解するには多元論的にならざるを得ません。要するに、年間510億トンのCO2排出量が発生しており、最悪の被害を最小限に抑えるためにはゼロにする必要がある、とゲイツ氏は述べています。ゲイツ氏は、我々はセメントや鉄鋼のような分野に深く投資していません。これらの分野では、世界中のすべての乗用車よりもはるかに多くのCO2排出量が発生しています。

    同氏は、気候変動に取り組むためには多くのアプローチが必要であることを明確にし、特に原子力エネルギーはグリッドの脱炭素化に不可欠であると主張した。
    現在の米国の再生可能エネルギー発電量が約6%(世界的にはそれ以下)であることを指摘し、その量を必要とされる効果に間に合わせて80%にするためには、「これまでに達成したピーク時の3倍以上の建設率を意味する」と説明しました。

    ゲイツ氏は続けて、原子力であれば必要な量のクリーンなエネルギーを生産できるだけでなく、"事故の少なさを考慮しても、圧倒的に安全なのです。"しかし、彼は現世代の原子炉は今後の技術ではないと感じていることにも注意します。
    彼は次のように説明します。"原発は複雑で高価です。そして、その安全性は運転者が正しいことをするかどうかにかかっており、圧力を保持しない次世代、第4世代の原子炉が必要です。物理学的に放射性物質が敷地内から出ていかない、水の代わりに液体金属ナトリウムを冷却に使用した原子炉が必要だと言います。

    米紙SCREENRANT 2021/3/9 ソース英語 " Why Bill Gates Says Electric Vehicles Aren't The Answer To Climate Change "
    https://screenrant.com/bill-gates-climate-change-near-term-reductions-nuclear-energy/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1615312341/0-


    【ビル・ゲイツ「電気自動車(EV)は環境保護の答えにならない。来る気候災害は解決できない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/04(木) 13:06:38.21 0
    レクサスが初のEVである「UX300e」の発売を開始した。
    2月から順次予約の受け付けをはじめた。
    レクサス初のEVであり、それはトヨタとしても初めてのEVである。

    「UX300e」に搭載されるリチウムイオンバッテリーは総電力54.4kWh。
    駆動用モーターの最高出力は150kWであり、300Nmの最大トルクを発生させる。
    WLTCモードの航続距離は367kmに達する。

    しかも、充電能力も優秀であり、50kWの急速充電約80分で、
    空のバッテリーが満充電になる計算である。
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1614830798/0-

    【トヨタ初のEV車予約開始。充電時間80分、走行距離367km。価格は580万円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/04(木) 22:00:13.91 ID:iodMMnwWM
    車の事はサッパリわからんがどうやらワイはセダンという車が好きみたいや
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614862813/0-

    Toyota_CAMRY_GL001s
    【こどおじやがトヨタのカムリかってええか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/05(金) 21:59:20.438 ID:MClckIjP0
    トヨタ「みんなアルファード買うの」
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614949160/0-

    Toyota_Crown0111ss

    【トヨタ「クラウンが売れないの!!なんでみんなクラウン買ってくれないの??」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/06(土) 01:33:21.415 ID:NXK3B7ur0
    RX-7FD3S
    MAZDA3
    マーチK12
    キューブZ11
    シルビアS13
    Z32
    シビックEG
    CITYターボⅡ
    S2000
    ジムニーSJ30

    こなんなとこ?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614962001/0-


    【日本車傑作デザインベスト10】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/05(金) 11:56:19.110 ID:RCXEw94Dd
    トヨタ車の中で1番カッコよい
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614912979/0-


    【GRヤリスとかいうクソかっこいい車欲しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/02(火) 22:17:46.84 ID:ZWdH0kIQ0
    うおおおおおおおおおおおお
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1614691066/0-


    【【朗報】フォルクスワーゲンのtype2バス,無茶苦茶かっこよくなって新登場】の続きを読む

    このページのトップヘ