マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/06(木) 22:03:37.33 ID:gr3CIqv00 BE:837857943-PLT(16930)

    日産自動車の米国部門は12月5日、『GT-R』(Nissan GT-R)の2019年モデルを発表した。

    2019年モデルでは、「ピュア」、「プレミアム」、「トラックエディション」、「NISMO(ニスモ)」の4グレードをラインナップした。
    全車にLEDデイタイムランニングライト付きのLEDヘッドライト、Appleの「CarPlay」やナビゲーションシステムを含む「日産コネクト」、
    レザー&スウェード製のフロントスポーツシートが標準装備されている。

    日産コネクトは、8インチのディスプレイを核にした最新システムで、ナビゲーションやオーディオの操作が、音声認識で可能に。スマートフォンなどの
    操作もブルートゥースにより、ハンズフリーで行える。

    3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力565hp、最大トルク64.6kgmを発生する。NISMOでは、最大出力が600hp、
    最大トルクが66.5kgmに引き上げられる。

    2019年モデルのGT-Rの米国ベース価格は、9万9990ドル(約1130万円)。10万ドルを切るベース価格を維持している。

    https://response.jp/article/2018/12/06/316929.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544101417

    【日産 GT-R に2019年モデル公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/07(金) 21:38:01.82 ID:CAP_USER9
    日産自動車は2018年12月7日、「日産GT-R50 by Italdesign」の市販モデルのデザインを公開し、あわせて同車の受注を開始した。生産台数はすでに発表されているように50台の限定となり、2019年から2020年にかけて納車する。

    GT-R50 by Italdesignは、日産「GT-R」は2019年に、イタルデザインが2018年に生誕50周年を迎えることを記念し、「GT-R NISMO」をベースに共同開発されたモデル。開発と設計、製造はイタルデザインが、内外装のデザインは日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当した。

    プロトタイプモデルのボディーカラーは特別なグレー塗装仕上げにゴールドのアクセントが用いられていたが、実際の限定生産モデルではボディーカラーのほか、インテリアカラーもユーザーが好みの色を選択することができる。価格は90万ユーロ(約1億1700万円)からとなり、この金額にオプションは含まれていない。(webCG)

    2018.12.07
    https://www.webcg.net/articles/-/39980

    GT-R50 by Italdesign
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544186281/

    【日産が「GT-R50 by Italdesign」の受注を開始 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/06(木) 00:01:54.57 ID:+WdD9/vZ0
    GT-Rの聖地村山工場も閉鎖した模様
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544022114/0-


    1024px-Nissan_GT-R_MY2017_(1)


    【【悲報】日産自動車さん、GT-R開発者退社と開発チーム解散でモデルチェンジ出来ない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/06(木) 01:00:17.462 ID:xEL9ejUx0
    4ナンバーだから自動車税も5000円
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1544025617/0-

    【スズキ「72万円の激安軽自動車売るわwwwwwwwwwwww」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 14:17:19.21 ID:CAP_USER
    no title

     ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の東京都内でのサービス開始にともない、新たな移動体験を実現する取り組み「PROJECT MOV」を発表。その第1弾として、乗車料金が無料になる「0円タクシー」の走行を同日に開始した。まずは、都内で50台のタクシーから開始する。

     0円タクシーは、契約スポンサーとMOVの広告宣伝費によって、乗客の利用料金を無料にするサービス。スポンサーは配車できるタクシーの車体ラッピングや、車内での自社商品・サービスの宣伝を通じて、認知獲得や購買に繋げられるとしている。

    no title

     乗客は無料でタクシーに乗れるだけでなく、スポンサーの新商品や新サービスをいち早く体験できるというメリットがある。一方のタクシー事業者も、新規ユーザーの獲得や、スポンサーからの新たな収益モデルの構築につながると同社では説明する。

     初回のスポンサーは、日清食品の「日清のどん兵衛」で、車内に専用のラッピングと内装を施す。また、車内の専用タブレットにプロモーション動画を流すという。ユーザーがMOVアプリを起動すると、周辺を空車で走行中の「0円タクシー」のアイコンが表示され、タクシー会社選択画面から「0円タクシー by 日清のどん兵衛」を選ぶことで利用できる。

     日清食品による0円タクシーの提供期間は12月5日~31日(7~22時)。配車可能エリアは、渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近。運行可能エリアは東京23区全域となる。また、12月26~31日までの期間限定で、乗客は「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がもらえるという。同社では、日清食品に続く第2、第3のスポンサーとも取り組みを進めていきたいとしている。

    no title


    MOV 《モブ》│ タクシー配車アプリ │ 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
    https://m-o-v.jp/

    2018年12月05日 13時07分
    CNET Japan
    https://japan.cnet.com/article/35129662/
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1543987039/0-


    【【タクシー】DeNA、乗車料金が無料になる「0円タクシー」を発表--都内50台から 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 16:04:41.701 ID:LsVilNyf0
    なにある?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1543993481/0-

    0e6af3e7


    【冬の雪道最強の車教えて 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 14:53:17.16 ID:E1nx58T90
    いけるやん!

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543989197/0-


    【【朗報】新型カローラセダン。3ナンバーで 5ナンバー並みの取り回し、若者を意識したデザイン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 15:47:32.92 ID:E9Lm4ErA0 BE:501636691-BRZ(11001)

    独メルセデス・ベンツは12月3日、新型「Bクラス」の価格を発表し、欧州で受注を開始した。
    新型Bクラスは10月に開催されたパリモーターショーで、3代目となる新型が初公開された。
    先に登場したAクラス同様にスタイリングはスポーティさを増し、空力性能の目安となるCd値は0.24と、プリウスと同水準の優れた数値を達成している。

    「ハイ!メルセデス」の掛け声で起動し、音声で車内のさまざまな機能を操作できるマルチメディアシステム「MBUX」も搭載する。
    Aクラス同様に安全装備の充実ぶりは、同クラスの水準を引き上げることになりそう。
    車間距離を自動で維持して走行する機能をはじめ、車線からはみ出しそうになった時に警告に加えてステアリング制御を行う機能、
    後方からの衝突の危険性を検知して警告を行う機能など、上級クラスに匹敵する充実した安全装備を持つ。

    パワートレインは、1.3リッターガソリンターボの「B180」(136hp)および「B200」(163hp)、
    2リッターディーゼルターボの「B200d」(150hp)、「B220d」(190hp)の4グレードを設定する。

    ドイツ現地での車両価格(19%の付加価値税を含む)は、「B180」の31.874,15ユーロ(約408万円)から。発売は2019年2月が予定されている。
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/1/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543992452/0-


    【新型メルセデスBクラスがドイツで受注開始!どうして日本はこういうCOOLな車を作れないんだい?】の続きを読む

    このページのトップヘ