マイカー速報

自動車関連の、車まとめ情報を配信しています!

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/19(月) 20:42:45.77 ID:heHRDHZn9
    トヨタ自動車は2021年7月19日、ハイブリッドカー(HV)の新型「アクア」を発表。同日、販売を開始した。

    ■バッテリーに「バイポーラ型ニッケル水素電池」を採用

    トヨタ・アクアは、車内空間の広さと優れた燃費性能を特徴とするコンパクトなハイブリッド専用車として、2011年に登場。これまでにグローバルで約187万台が販売されてきた(北米仕様の「プリウスc」を含む)。新型はその2代目のモデルにあたり、初代が掲げていた「次の10年を見据えたコンパクトカー」というコンセプトを継承・進化させ、「さらに次の10年を見据えたコンパクトカー」として、毎日楽しく使えることや、安全・安心かつ快適に乗れること、そして高度な環境性能を追求したモデルとなっているという。

    従来型より駆動システムもプラットフォームも刷新しており、特に前者については、ガソリンエンジンに動力分割機構とモーター/ジェネレーターを組み合わせるハイブリッドシステム「THS II」は踏襲しつつ、バッテリーにバイポーラ型ニッケル水素電池を採用した。駆動用車載電池としてはこれが世界初の採用となるバイポーラ型ニッケル水素電池は、高出力であることが特徴で、新型アクアに搭載されるものは従来型のニッケル水素電池の約2倍という出力を実現。アクセル操作に対する応答性の向上や、低速からのリニアでスムーズな加速に寄与している。また電気だけで走行できる速度域を拡大したことで、普段使いの多くのシーンで、エンジンを使わずに走れるようになったという。

    一方、1.5リッターのガソリンエンジンも、“ダイナミックフォースエンジン”と総称される従来型より新しい世代に属する「M15A-FXE」に変更。ハイブリッドシステムもアクア向けに最適化されているという。

    これらの改良や新技術の採用により、新型アクアはFF車で33.6~35.8km/リッター(WLTCモード)という燃費性能を実現。同時にHVらしい軽快な走りも備えているとアピールされる。

    このほかにも、ドライブモードで「POWER+モード」を選択すると回生ブレーキの強さが高まり、ブレーキペダルへの踏みかえ頻度を抑えて運転の負担を軽減する新機能「快感ペダル」を採用。4WD車「E-Four」の設定もトピックで、こちらの燃費は30.0~30.1km/リッターとアナウンスされている。

    一方、車両骨格については剛性の高いTNGA(GA-B)プラットフォームに刷新しており、静粛性の向上と安定感のある走りを追求。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4050×1695×1485(4WD車は1505)mmと、従来モデルから全長・全幅はそのままに全高を高めており、50mm延びた2600mmのホイールベースとも相まって、後席の居住空間や荷室空間の拡大を図っている。

    ■充実した装備のなかには“トヨタ製コンパクト初”のものも

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・B:198万円(FF)/217万8000円(4WD)
    ・X:209万円(FF)/228万8000円(4WD)
    ・G:223万円(FF)/242万8000円(4WD)
    ・Z:240万円(FF)/259万8000円(4WD)

    月間の販売目標台数は9800台。生産はこれまでと同じく、トヨタ自動車東日本の岩手工場で行われる。(webCG)

    2021.07.19
    https://www.webcg.net/articles/-/44838

    アクア
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1626694965/0-

    【トヨタがハイブリッドカーの新型「アクア」を発売 従来モデルから燃費を約20%改善】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/11(日) 16:46:03.94 ID:z4Rno/n00 BE:423476805-2BP(3000)
    スズキの軽自動車、ワゴンRに派生モデルとして「ワゴンRスマイル」が追加発売される見込み。
    その発売日は、当初の6月から8月に延期となっていたが、その実現性も疑わしくなってきた。
    no title


    新型ワゴンRスマイルの発売日は、2021年秋以降に再延期となっている可能性がある。
    自動車向け半導体不足の問題は、スズキの新型車投入時期にも影響を及ぼしている。

    ■ワゴンRスマイルは、後席スライドドアを装備
    ワゴンRスマイルは、ダイハツ・ムーヴキャンバスに直接対抗するモデルとなる。

    スズキがワゴンRをベースに、このようなモデルを開発しているという噂は以前からあったが、「WAGON R SMILE」の商標が2019年12月5日付で出願されたことで、そのモデルネームについても判明しつつあった。

    従来型ワゴンRと新型ワゴンRスマイルの構造的な違いは、後席ドアにある。
    従来型ワゴンRは一般的なヒンジドアを採用しているのに対し、新型ワゴンRスマイルではスライドドアが採用される。

    スライドドア装備車は子育てママから人気が高いものの、軽自動車ではスペーシアのようなスーパーハイトワゴン車において装備されることがほとんどである。
    しかし、ワゴンRのような全高が低めのモデルでもスライドドア車の需要が高いことは、ムーヴキャンバスの販売が好調なことからも明らかであった。

    ■ワゴンRスマイルは女子向けエクステリア
    新型ワゴンRスマイルのエクステリアは、女性ユーザーをターゲットとした可愛らしいデザインとなる見込み。
    デザインコンセプトについても、ムーヴキャンバスを後追いしたものとなりそうだ。

    一方で、スズキはラパンを2021年度内にもフルモデルチェンジ発売させる見込み。
    ラパンは女性ユーザーをターゲットとした軽自動車としては定番モデルである。

    近い将来、スズキのラインアップでは、女子向けの新型軽自動車として2モデルが同時販売されることになる。

    ■新型ワゴンR スマイルが売れる理由、スライドドア軽自動車が人気
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wagon-r/smile.html

    【スズキ新型【ワゴンR スマイル】発売日は2021年秋以降に再延期か、スライドドア装備車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/15(木) 21:58:11.97 ID:fm15/U8z9
    三菱自動車は2021年7月15日、コンパクトSUV「RVR」を一部改良し、販売を開始した。

    今回は主に予防安全装備の充実を図っており、「G」および「ブラックエディション」に、これまでメーカーオプションとしていた後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付き)および後退時車両検知警報システムを標準装備化した。

    また、ブラックエディションが装備するコンビネーションシートの座面および背もたれのスエード調素材にはっ水機能を追加することで汚れにくくしたほか、フロアコンソールボックスの後席側に充電用USBポート(タイプA/C)を追加した(全モデル)。

    ボディーカラーには、パールの白い輝きと金属のような陰影を併せ持つ、三菱独自の高輝度塗装色「ホワイトダイヤモンド」を新規採用している(7万7000円の有償色)。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・M:214万3900円(FF車)/238万4800円(4WD車)
    ・G:236万9400円(FF車)/261万0300円(4WD車)
    ・ブラックエディション:250万3600円(FF車)/274万4500円(4WD車)

    (webCG)

    2021.07.15
    https://www.webcg.net/articles/-/44834

    RVR
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1626353891/0-

    【三菱自動車が「RVR」を一部改良 予防安全装備を強化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/08(木) 20:57:18.39 ID:jgZOyOh60 BE:423476805-2BP(3000)
    ホンダはフリードシリーズの累計販売台数として、2021年6月末時点で100万台を突破したことを発表した。
    no title


    フリードは、2008年5月の発売以来、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディーながらも、広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現した使い勝手の良さが特長のクルマとして登場した。

    現行型は、2016年9月にフルモデルチェンジした2代目モデルで、居住性と使い勝手の進化に加え、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」などを装備する。
    販売期間5年を過ぎようとする中ではあるが、直近の2021年上半期(1~6月)の販売台数でも35,551台の実績を残している。

    ■フリードのフルモデルチェンジは早ければ2022年にも実施される可能性
    さて、国内販売が好調なフリードであるが、次期型3代目に向けたフルモデルチェンジの準備も進められている。
    早ければ2022年にも新型フリードが発売されるだろう。

    ホンダの小型車セグメント」らみでは新世代型への切り替えが進められており、2020年発売の新型フィットを皮切りに、今年2021年に入ってからも新型ヴェゼルが発売されたところである。
    これらの新型車種に採用されたテクノロジーが、次期フリードにも採用されることになる。

    ■次期フリードはL15Z型エンジンを搭載する可能性
    (続きあり)
    https://car-research.jp/freed/fmc-honda.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1625745438/0-

    【【ホンダ】フリード累計販売台数100万台を突破、次期型2022年発売予測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/09(金) 19:55:17.89 ID:WnhKLc2M0 BE:423476805-2BP(3000)
    トヨタのミニバン、ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジが2021年度内、つまり2022年3月までに実施される見通しとなった。
    当初言われていた2021年末の発売は難しそうで、自動車向け半導体不足の問題が新型車投入スケジュールに影響を及ぼしてきている。
    no title


    一方でライバルのホンダ・ステップワゴンは2022年春頃にフルモデルチェンジ発売される見込み。新車投入時期がノア・ヴォクシーと近くなることから、来春はトヨタvsホンダのミニバン戦争が再燃しそうだ。

    ■新型ノア・ヴォクシーはTNGA採用、1.8LハイブリッドはFFとE-Four
    既に多くのトヨタ車種に採用されてきたTNGAプラットフォームであるが、いよいよミニバン車種にも採用されていく段階となった。

    なかでも次期ノア・ヴォクシーに搭載されるハイブリッドシステムには諸説あったが、プリウスと同じ系統である2ZR-FXE型の1.8Lハイブリッドとなる公算が強まっている。
    トヨタの中小型車向けハイブリッドシステムは、いずれは1.5Lと2.0Lのダイナミックフォースエンジンに集約されていくという予想もあったわけだが、これは誤りで1.8Lも残される。
    2009年発売の3代目プリウスからスタートした1.8Lハイブリッドは、まだまだ伸び代があるようで、改善を盛り込んだ上で次期プリウスでも継続採用される見込みとなっている。

    2ZR-FXE型の1.8Lハイブリッドについては、特にノア・ヴォクシーに関して言えば、2015年発売の現行プリウスで実施済みのE-Four対応すら果たしておらず、ハイブリッド車はFFのみのラインアップとなっている。
    次期ノア・ヴォクシーはFFとE-Fourが用意され、ハイブリッドの販売比率、つまり電動化率を高めていくことになる。

    ■フルモデルチェンジ後も低価格モデル、2.0L NA ガソリンエンジン車を設定
    (続きあり)
    https://car-research.jp/noah/voxy-3.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1625828117/0-

    【【トヨタvsホンダ】ミニバン戦争再燃、ノアのフルモデルチェンジは2022年3月】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/07/05(月) 15:39:13.45 ID:GpAiQONO0 BE:423476805-2BP(3000)
    北米スバルは、フルモデルチェンジした新型WRX、2022年モデルのティザー画像を公開した。
    no title


    WRXシリーズは、インプレッサのハイパフォーマンスグレードを起源とする。
    2014年にはインプレッサから独立し、「WRX」をモデルネームとした販売がスタートしたが、これも現在は生産を終えており、2代目となる新型WRXの発売が待望される段階となっている。

    発表されたティザー画像のモデルは、北米で単に「WRX」と呼ばれるもので、日本国内の「WRX S4」に相当する。
    これは2021年秋の日本発売が予想される。
    そして、より高性能なWRX STIについては、今回のタイミングでは市場投入されず、2022年中盤頃の追加発売となりそうである。

    ■新型WRXはSGP採用、2.4L ボクサーターボを搭載
    新型WRXはスバルグローバルプラットフォーム(SGP)が採用される。
    搭載されるエンジンは、FA24F型の2.4L水平対向4気筒ターボとなる見込みで、これは北米向け大型SUVのアセントで既に採用実績がある。
    あるいは、発売が迫る2代目BRZの2.4L NAのターボ版と見ることもできるだろう。
    また、従来型WRX S4に搭載されたFA20F型との比較では、同一ストロークのボアアップ版となる。
    no title


    新型WRXのエクステリアは、2017年の東京モーターショーで公開された「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」がデザインスタディとされる。
    新型WRXのティザー画像からは、クーペ調に仕上げられたルーフライン後半の処理がコンセプトから引き継がれているのがわかる。
    一方で、セダン車として十分な、後席居住性も備えていそうだ。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/wrx/s4-sti.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1625467153/0-

    【【スバル】新型WRXティザーが北米向け公開、日本発売は2021年秋予測】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/06/28(月) 21:34:11.36 ID:dgnnwfoV0 BE:423476805-2BP(3000)
    トヨタ・アクアのフルモデルチェンジ発表、および発売が2021年7月19日に計画されている。
    既にトヨタ系列ディーラーでは、事前予約をスタートさせており、あくまで「仮」ではあるものの車両価格の情報も出回りつつある。
    no title


    グレード構成については、TNGA採用の新世代Bセグメントハッチバックカーとして先に発売されてきたヤリスに準じたもので、「X」「G」「Z」の3グレードが基本となる。

    FFモデルは、Xが209万円、Gが223万円、Zが240万円に設定される。
    E-Fourが採用される4WDモデルは、それぞれにプラス19万8000円で設定される見込みである。

    これらのほか、ビジネス向けの燃費特化グレードとして「B」も設定され、こちらはWLTCモード燃費で35.8km/L。他グレードの燃費は最高34.6km/Lとなる見込みである。

    ■トヨタはアクア、ヤリス、2つの新型コンパクトカーをラインアップ
    TNGA導入のフルモデルチェンジが進行中となっているトヨタのBセグメントカーであるが、これまでスポーツ志向のヤリスが先行して発売され、これに続き、アクアが新型となる。

    2種類の新世代コンパクトカーが併売されることになるが、販売好調なヤリスに対し、居住性重視のアクアがどこまで販売台数を伸ばせるのか。
    トヨタブランド内での販売競争も注目される。
    発売前の現段階では、アクアの月間販売台数として、15000台規模が計画されている。

    ■停止保持機能付きオートクルーズコントロールは未装備か
    居住性が重視される新型アクアは、インパネ周辺にも大きな変更があるようだ。
    シフトレバーは、現行のフロアシフトから、新型ではインパネシフトへの変更が予想される。

    パーキングブレーキも現行のレバー式から、新型では電動式になることが期待されるが、これは足踏み式となりそう。つまり、全車速追従対応のオートクルーズコントロールには、停止保持機能が付かないということになるだろう。
    (続きあり)
    https://car-research.jp/aqua/tnga.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1624883651/0-

    【【トヨタ】アクアがフルモデルチェンジ直前、予約受付中、TNGA採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/06/23(水) 15:14:46.83 ID:6l8L2QhD9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f9d2f0f7432795c534eb89330fcc56fc33d01ed

    岩城滉一さんの愛車
    no title


    軽トラ改造のキャンピングカー「かるキャン・ナゲット」 ベースはスズキ「キャリイ」
    no title



    ホンダが軽トラの生産終了…軽トラの時代は終わった?

    2021年4月、“農道のフェラーリ”の異名を持つホンダの軽トラック「アクティ」が生産終了しました。
    2021年6月現在、国内で生産されている軽トラは、スズキの「キャリイ」とダイハツの「ハイゼット」の2種のみになっています。

    軽トラは価格も安く、積載性に優れることから農業従事者などの根強い需要があるだけでなく、特に地方では手軽な移動手段としても認識されています。
    小さなボディとホイールベースの短さから小回りが利き、狭い道でもすいすい走れるためです。

    生産終了の背景には、第一次産業従事者の減少や、車両への環境・安全性能に対する規制の強化などが挙げられていますが、一方で、軽トラを見直す動きもあります。
    それは、趣味のクルマとしてです。

    例えば俳優の岩城滉一さん。
    2021年5月、自身のYouTubeチャンネルで、スズキ「スーパーキャリイ」のシートを交換する様子を紹介しました。

    岩城さんの軽トラは通常よりもキャビン(室内)が広くなっている仕様です。
    シートをドイツのメーカー「RECARO」のものに交換したほか、荷台に特注のロールバーを装着したり、内装にカーボンラッピングを施したりするなど、思いのままに手を加えています。

    視聴者からは「センス次第でオシャレにできる」「男のロマン。めちゃくちゃかっこいい」などといった声が多数寄せられています。

    軽トラ需要はキャンプ業界にも

    キャンプ業界も軽トラに注目しています。
    軽トラベースのキャンピングカーが2年ほど前から、ジワジワと人気を博しているのです。

    例えば、キャンピングカーの製造などを手掛けるコイズミが販売する「かるキャン・ナゲット」は、中古の軽トラをベースに作られています。広島のカスタムブランド・ドリブンが販売し、様々なアイテムが収納できる「Dプロイボックス」や収納式小型テントが装着。
    「Dプロイボックス」には簡易型のシンクのほか、シャワールームとして使える小型テントも付いています。
    ボックスは着脱式なので、荷台から降ろせば通常通り軽トラックとしても使えます。

    さらに、軽トラを気軽にキャンピングカー化できる「TRAVEL HOUSE」というキャンパーシェルも販売されています。
    キャンパーシェルとは、荷台に載せることでキャンピングカー化できるユニットのことで、「TRAVEL HOUSE」は日本の軽トラ規格に合わせられています。

    キャンプ業界に軽トラが進出している理由のひとつには、ナンバー区分が荷物輸送を目的とした小型自動車に付与される「4ナンバー」であり、自動車税や自動車重量税が一般的な8ナンバー(特殊用途自動車)のキャンピングカーと比べても割安な点が挙げられます。
    加えてコロナ禍、キャンプ需要の高まりもあり、軽トラに白羽の矢が立ったのです。

    かっこよくカスタムもできて、キャンプも可能。
    安くて小回りも利く令和の軽トラは、従来の軽トラのイメージを変えるかもしれません。
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1624428886/0-

    【「軽トラ」が人気のワケ キャンプ業界も注目の万能ぶりと手軽さ 「オシャレ」「男のロマン」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ