マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 22:22:25.658 ID:56vzcefQ0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    イタリア製スポーツカー
    ランボルギーニ派と分かれるな

    【お前らフェラーリって車知ってる?🇮🇹】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 08:11:25.59 ID:0PmLyFjP0
    電気自動車の価格、2025年までにガソリン車と同等に
    バッテリー生産能力は今後4年間で3倍に拡大
    バッテリー価格の下落で電気自動車の販売台数が伸び、
    今後20年のうちに化石燃料で走る従来型自動車を追い越す。
    世界の自動車業界は根底から覆され、石油輸出国は経済的な混乱に陥る。

    リチウムイオン電池への投資急増でテスラや
    日産自動車の生産能力が拡大するほか、
    中国や欧州などの消費者需要も伸び、この予測を後押しするとみている。

    このほかの予測は以下の通り。

    今後わずか8年の間に電気自動車の価格はガソリン車と同等になり、
    2040年までに電気自動車の全世界合計台数は5億3000万台に達する

    2040年には電気自動車の消費電力量は1800テラワット時と、
    世界全体の電力需要の5%を占めるようになる。

    2016年の電気自動車の消費電力量は6テラワット時
    電気自動車用リチウムイオン電池の生産能力は
    現時点で90ギガワット時前後だが、
    2021年までに270ギガワット時に増加する見通し

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-09/OSOGOO6K50XS01

    【トヨタ社長泣く 電気自動車が化石燃料車を追い越す 2040年までに販売逆転】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 06:42:00.396 ID:x5d5XtcF0
    トヨタ
    no title

    日産
    no title

    マツダ
    no title

    【各メーカーの1番かっこいい車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 07:31:23.925 ID:56vzcefQ0
    no title

    no title

    ↑ガヤルド
    no title

    no title

    ↑アヴェンタドール
    no title

    ↑ウラカン
    no title

    ↑カウンタック

    車のかっこ良さの頂点みたいなデザイン

    【お前らランボルギーニっていう車知ってる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 20:16:45.88 ID:CAP_USER9
    【バルセロナ=深尾幸生】独アウディは11日、スペイン・バルセロナで旗艦車種「A8」の発表会を開いた。世界で初めてクルマの運転を人ではなくシステムが担う。2017年秋に発売し、18年から段階的に自動運転機能を使えるようにする。10年前は映画のなかの存在だった技術がいよいよ実用化する。


     発表会には04年公開の映画「アイロボット」に登場した自動運転車「RSQ」が登場。アイロボットは35年が舞台。A8はそれを18年に実現する。ルペルト・シュタートラー社長は「A8で新しい時代に入った」と宣言した。

     A8は世界で初めて「レベル3」の自動運転車だ。すでに市販されている「レベル2」はあくまで人が主体。ハンドル操作や加減速などをシステムが実行するが、運転手は常にハンドルを握っておく必要がある。

     レベル3はシステムが主体となる。全ての操作をシステムが実施し、運転手は運転以外の作業をすることができる。システムが介入を求めたときに初めて運転手はハンドルを握る。

     A8はまずドイツで今秋に発売し、世界に広げる。価格は9万600ユーロ(約1千200万円)からだ。

     ドライバーが操作パネルにある「Audi AI」ボタンを押すと、自動運転モードが起動する。運転はシステムが取り仕切り、運転手はその国の法律が許せば10.1型の大型画面でテレビを見たり、メールをチェックしたりできる。

     6個のカメラや5つのレーダーに加え、市販車に世界で初めて搭載されるというレーザースキャナーが検知する周囲の情報を、車載コンピューターが解析する。スペースを見つけて車線変更や突然の割り込みにもシステムが対応する。

     当面は自動運転機能を使える条件は限られる。中央分離帯のある高速道路を時速60キロメートル以下で走行しているときだけだ。しかも法律で明確に認められているのはドイツだけ。通勤時などのやや渋滞している高速道路が想定されている。
    この条件を外れるとシステムは運転手に手動での運転を促す。駐車場ではスマートフォンによる指示で自動で出し入れする機能も備える。

     レベル3をめぐっては世界の自動車大手が20年ごろの実用化をめざしている。運転手すら不要の「レベル5」などの完全自動運転では米グーグルや米アップルなどIT大手も参入を狙う。

     人が運転しない自動運転技術が標準になれば、「走りの良さ」といった従来の基準での差別化が難しくなることはアウディ自身も認める。外部との接続性能や内装などこれまでと異なる競争軸の重みが増すことになりそうだ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC11H1F_R10C17A7000000/?dg=1&nf=1
    【【自動運転】独アウディ、世界で初めて全ての操作をシステムが実施する「レベル3」の自動運転車を今秋に発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 14:41:29.396 ID:Z3h0kc670
    せやろ?

    【2リッターターボ4WD車の速さと安定感は異常】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 17:33:02.11 ID:llHwOQsV0
    なんで買わないんや
    【日本でフォルクスワーゲンの車ってもっと評価されてもいいよな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/10(月) 21:50:57.45 ID:g6aC3WVk0
    ちな一人目
    【子ども生まれるけどオススメの車ある?】の続きを読む

    このページのトップヘ