マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/06(木) 12:52:07.01 ID:CAP_USER
    平成29年上半期(1~6月)の車名別新車販売台数によると、ホンダの軽自動車「N-BOX」が前年同期比10・7%増の10万6231台となり首位となった。発売から5年経過したものの、広い室内空間が幅広い層から支持された。上位10社中、軽が5車種入り、登録車では環境対応車の食い込みが目立った。

     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

     2位はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」で36・0%減の9万1246台。今年2月に発売したプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」の新型が好調だった。3位は日産自動車の小型車「ノート」で63・3%増の8万4211台。昨年11月に発売したエンジンを発電に使うHVタイプを追加したのが貢献した。

     4位はダイハツ工業の軽「タント」、5位はトヨタが昨年12月に発売した小型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」。6位は日産の軽「デイズ」、7位はダイハツの軽「ムーヴ」、8位はトヨタの小型車「アクア」と続いた。
    http://www.sankei.com/economy/news/170706/ecn1707060016-n1.html

    【新車販売台数、上半期のトップは「N-BOX」 王者「プリウス」抑える 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/06(木) 20:24:04.45 ID:1pqaBOO60 

    ホンダは、5ナンバーセダン『グレイス』をマイナーチェンジ。安全運転支援システム「ホンダ センシング」を採わ用するとともに、外観をよりスポーティにブラッシュアップし、7月7日より販売を開始する。

    新型グレイスは、誤発進抑制機能をはじめとした8つの機能を備えた安全運転支援システム、ホンダセンシングを採用し、安心装備を大幅に充実させた。さらにオートハイビームを新たに採用。
    夜間走行時に専用カメラで対向車や前走車を検知し、ハイ/ロービームを自動で切り換えることで良好な視界を確保する。

    エクステリアでは、力強い印象のフロントグリルやインラインタイプのLEDヘッドライト(ハイブリッドLX/EXに標準装備)を採用。よりスポーティーで洗練されたデザインとした。
    ボディカラーは新色「ブリリアントスポーティブルーメタリック」「ルナシルバーメタリック」を含む全7色を設定した。
    インテリアでは、全グレードでシート表皮を一新し、フロントマップランプやルームランプにLEDを採用するなど、上質さにこだわった装備へ変更した。

    またハイブリッド車は燃費性能をさらに向上させ、34.8km/リットル(JC08モード)を達成。低燃費と走る楽しさを高次元で両立させた。

    価格は176万9040円から256万9320円。

    https://response.jp/article/2017/07/06/297085.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダ新型グレイスきたーーー!5ナンバーでセダン、走りのDCT!!すげぇ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/06(木) 04:34:12.094 ID:yNWQEDkp0
    軽自動車コスパ良すぎるわ

    【バイク買うなら軽自動車買うよなwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/05(水) 20:14:52.19 ID:CAP_USER
    日産自動車は2017年7月5日、同年9月6日に公開する新型電気自動車(EV)「リーフ」に、“自動”駐車システムを搭載すると発表した(図)。

     新型リーフに搭載するシステム「プロパイロットパーキング」は、駐車に必要な全ての操作を“自動”で制御する。国産車では初めての搭載という。

    駐車場で空きスペースを見つけて運転者が専用ボタンを押すと、シフトレバーが「後退」に自動で切り替わる。その後、システムが加減速と操舵を制御し、目的のスペースに駐車する。駐車が終わると、“自動”でパーキングブレーキがかかる仕組みである。

     なお新型リーフには、同社の運転支援システム「プロパイロット」も搭載する。高速道路の単一車線において、車速0~100km/hの範囲内で加減速と操舵を“自動”で制御するものである(関連記事:日産、新型リーフに「プロパイロット」を搭載)。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070508244/
    Nissan_Leaf_001

    【日産、新型「リーフ」に“自動”駐車システムを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/06(木) 09:55:45.98 ID:CAP_USER
    ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは7月5日、ブランド初の市販ピックアップトラック、『Xクラス』を7月18日に初公開すると発表した。

    メルセデスベンツは2016年秋、『コンセプト Xクラス』を発表。Xクラスは、このコンセプトカーの市販版として登場する。

    Xクラスは、メルセデスベンツを擁するダイムラーと、ルノー日産の協力関係を生かして開発が進められてきた。日産の新型『NP300ナバラ』と、車台などの基本構造を共有する。

    Xクラスの生産は、日産NP300ナバラやルノー『アラスカン』とともに、アルゼンチン・コルドバのルノー工場と、スペイン・バルセロナの日産工場で行う計画。設計とデザインは、メルセデスベンツが独自に担当。Xクラスは2017年後半、欧州、オーストラリア、南アフリカ、中南米などの市場に投入される予定。

    Xクラスは、最大積載量が1トンクラスの中型ピックアップトラック。全高はおよそ1900mm。パワートレインに関しては、最上級グレードにV型6気筒ターボディーゼルを設定。駆動方式は、フルタイム4WDの4MATICとの組み合わせになる。
    https://response.jp/article/2017/07/06/297068.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【メルセデス初のピックアップトラック、『Xクラス』 7月18日デビューが決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/02(日) 21:09:45.32 ID:CAP_USER
    世界初の量産車、T型フォードの誕生から110年。燃費や走行性能を競った自動車産業は転換点を迎えた。動力の電気化に続き、人を運転から解放する完全自動運転の技術開発が進む。米グーグル、独フォルクスワーゲンなどが実用化を急ぐ一方、トヨタ自動車は時期を明言していない。米研究開発子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)のギル・プラット最高経営責任者(CEO)に自動運転にどう取り組むのかを聞い…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H18_Z20C17A6EA1000/
    【トヨタ「AIは事故撲滅のため」 完全自動運転には慎重】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/05(水) 19:17:32.57 ID:FkR149SI0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    】ホンダは4日、中国での6月の新車販売台数(小売台数)が前年同月比17.7%増の11万3769台だったと発表した。トヨタ自動車は10%増の10万6900台、マツダは15.1%増の2万3172台だった。
    日系3社はそろって2ケタ増となった。市場全体が弱含みで推移する中、日系各社は得意の小型車が引き続き好調で販売を伸ばした。

     ホンダは小型の主力車「シビック」が2.5倍の1万6195台と最…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    http://www.nikkei.com/article/DGKKASDC04H0U_04072017TI1000/

    【ホンダ、中国でトヨタを圧倒!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/05(水) 23:53:21.49 ID:CAP_USER9
    ガソリン価格、2017年の最安値(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170705-00000412-fnn-bus_all
    フジテレビ系(FNN) 7/5(水) 22:56配信

    資源エネルギー庁が発表した、3日時点のレギュラーガソリン店頭現金小売価格は、前の週に比べ、30銭安い、1リットルあたり130円30銭だった。
    原油価格の下落などを受け、元売り各社が卸価格を引き下げたため、2017年の最安値を付けている。
    軽油も、20銭安い、109円70銭で、ともに4週連続の値下がり。
    灯油は、10銭安い、76円20銭と、11週連続で値下がりした。
    調査を担当した石油情報センターは、「原油価格が上昇しているため、来週は値上がりする」とみている。

    【ガソリン価格、2017年の最安値 リッター130円30銭 来週は値上がりする見通し】の続きを読む

    このページのトップヘ