マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/03(土) 16:34:39.39 ID:ctgOx5az0● BE:423476805-2BP(4000)
    スバルではレガシィのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。
    既にセダンの新型「レガシィ」、クロスオーバーSUVの新型「アウトバック」の生産が開始されている。
    ただし、これは北米向けに販売される車体。
    日本向けには2020年春の発売が予想される。

    新型レガシィシリーズについては、2019年2月に開催されたシカゴオートショーで、市販型車体が公開されていた。
    搭載されるのは、2.4Lの水平対向 4気筒 直噴ターボエンジンとなる。
    トランスミッションはリニアトロニックが継続されるが、変速比幅のワイドレンジ化が盛り込まれる。
    全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」は全車に採用される。
    インテリアでは、11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムが採用される。

    セダンの人気低迷が続く日本市場向けには、次期型からB4が設定されないという心配がある。
    クロスオーバーSUVのアウトバックに販売が絞られる可能性がある。

    https://car-research.jp/subaru/legacy-16.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=qEhsVD10NVo

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564817679/0-


    【新型レガシィ生産開始、日本発売時期、B4廃止アウトバックのみの可能性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/02(金) 02:05:28.42 ID:03zuaiDU0
    15年落ちのムーブ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564679128/0-


    Daihatsu_MOVEL001sss
    【10万の車買おうと思ってるんやがどう思う? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/02(金) 20:06:06.20 ID:wt5ZiSNj0
    b8d35ead001s


    この色がええんや…
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564743966/0-

    【貧乏人ワイ、ホンダのヴェゼルが欲しすぎて咽び泣く 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/01(木) 15:47:31.79 ID:bLgmtAey0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタでは、カローラシリーズのアクシオ後継セダンと、フィールダー後継ツーリングを秋にフルモデルチェンジ発売させる予定で、既に先行予約が受付中。
    欧州仕様は全幅1780mmのワイドボディ設計。これに対し、日本仕様はナローボディの専用デザインで、フェンダーの膨らみが抑えられ全幅1745mmに仕上げられる。
    全長についても欧州仕様の4630mmから短縮される見込み。

    国内向け新型カローラツーリングのエンジンラインナップは、3種類。
    1.2Lターボは、駆動方式FF、トランスミッションは6速MTのみでCVTは無し、WxBのワングレード設定となりそう。車両価格は約241万円が想定される。
    1.8L NAガソリンエンジン搭載車の想定価格は約197万円から。
    1.8Lハイブリッド搭載車の想定価格は約243万円からとなる。
    正式な車両価格は発表日を待つことになる。

    https://car-research.jp/toyota/corolla-sedan-touring.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=HbKvOvTcVQE

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564642051/0-


    【カローラ セダン/ツーリング9月17日正式発表へ、先行予約受付中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/26(金) 21:10:51.71 ID:VZy5H/Ex9
    1992年のF1チャンピオンであるナイジェル・マンセルが、現在のF1ドライバーたちには“本当のF1マシン”でのレースがどういうものかは絶対に分からないと語った。

    マンセルは、F1が最高の時代を迎えていたのは、自分がタイトルを取る前の1980年代だったと考えている。

    イギリス出身のマンセル(65)は、F1統括団体でもあるFIA(国際自動車連盟)の機関誌『Auto(オート)』に次のように語った。

    「もうF1があの時代に戻ることは決してないだろう」

    「あのころのターボマシンを操るのは、人生において最も楽しく、恐ろしいことだったよ」

    「ウィリアムズFW11B(1987年型)と比べられるクルマなど世界中を探してもないよ。本当に、今のドライバーたちは本物のF1マシンがどういう感じなのか決して分からないだろうね」

    「予選では、本当に最大1500馬力を手にしていたんだ。BMWはもっとパワーがあったと言われていたね。そして、ストレートでは6速ギアでホイールスピンが発生していた。175か180mph(時速約280~290km)でね。それはドライバーにとって言葉では言い表せないことさ」

    ホンダのV6ターボエンジンを搭載し、1987年のコンストラクターズタイトルとドライバーズタイトルを獲得したウィリアムズの1987年型車についてそう語ったマンセルは次のように付け加えた。

    「どのコーナーにさしかかったときも、クルマは本当にドライバーを殺そうとしていたよ」

    ちなみに、この年にウィリアムズ・ホンダのネルソン・ピケがドライバーズタイトルを獲得。チームメートを務めていたマンセルはランキング2位で終えている。


    7/26(金) 12:11配信 TopNews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000002-fliv-moto
    画像 ウィリアムズ・ホンダFW11Bでトップを走行する1987年のナイジェル・マンセル
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564143051/0-

    【ナイジェル・マンセル「今のF1ドライバーたちは“本当のF1マシン”を知らない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/29(月) 00:08:16.53 ID:avaG1PYK9
    F1ドイツGP(ホッケンハイムリンク)の決勝レースが、ウェットコンディションの中で行われた。

    ●【予選ハイライト動画】メルセデス勢にレッドブル・ホンダが割って入る フェラーリは悪夢/F1ドイツGP

    大混乱のレースとなったが、優勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、2位ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、3位はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。

    レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは62周目にアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)と接触してしまい、フロントノーズを壊してリタイア。

    トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは6位だった。

    TOP NEWS JP 7/29(月) 0:05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000000-fliv-moto
    IMG_9384




    【レッドブル・ホンダ優勝!2位はフェラーリ、3位トロロッソ・ホンダ!/F1ドイツGP】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/26(金) 08:02:47.676 ID:XqcjeJ9n0FOX
    ディーラー点検でそろそろ夏タイヤ交換したほうがいいねと言われたんで
    検討中
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1564095767/0-


    480fac0235e6e1ec0fe33b122b24c8d4_s

    【軽自動車にスポーツカー向きのタイヤ履くのって無意味? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/28(日) 06:30:33.95 ID:9vCBXG789
    F1ドイツGP(ホッケンハイムリンク)が2日目を迎え、予選が行われた。

    ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。

    メルセデスは母国でモータースポーツ活動125周年、F1参戦200戦目を迎えているが、ハミルトンはまずポールポジションを獲得して華を添えた。

    レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは4番手だった。

    トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが14番手でQ2敗退、アレクサンダー・アルボンは17番手でQ1敗退だった。

    フリー走行まで好調だったフェラーリは、Q1でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がアタックできず、Q3ではシャルル・ルクレール(フェラーリ)が走行できなかった。

    ■【予選順位】F1ドイツGP
    1 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
    2 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
    3 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
    4 ピエール・ガスリー(レッドブル)
    5 キミ・ライコネン(アルファロメオ)
    6 ロマン・グロージャン(ハース)
    7 カルロス・サインツ(マクラーレン)
    8 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
    9 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
    10 シャルル・ルクレール(フェラーリ)
    ■【予選Q2】
    11 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
    12 ケビン・マグヌッセン(ハース)
    13 ダニエル・リカルド(ルノー)
    14 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
    15 ランス・ストロール(レーシングポイント)
    ■【予選Q1】
    16 ランド・ノリス(マクラーレン)
    17 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
    18 ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
    19 ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
    - セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)


    7/27(土) 23:52配信 TopNews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000018-fliv-moto
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564263033/0-


    RB_Formula_One_001s

    【【F1】ドイツGP予選:レッドブル・ホンダ、フェルスタッペンが2番手!フェラーリはトラブルで自滅 】の続きを読む

    このページのトップヘ