マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/11(日) 13:46:13.039 ID:lTwiGr3S0
    あんなの大人の男が乗れんだろ
    ちな都内住みだがら2台持ちなんてできないしする必要もない
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518324373/0-


    1024px-Mini_Cooper_(R56,_Facelift)


    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518324373/0-


    【嫁が次の車はミニがいいと言ってるんだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/11(日) 15:18:54.177 ID:5i9Q6Rm30
    no title

    no title
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518329934/0-

    【セルシオとかいう今でも通用する永遠の名車wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/11(日) 16:30:16.51 ID:AO1zNLTBp
    あと一つは?
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518334216/0-

    wrx-1542113_960_720



    【三大キモオタが乗ってる車「RX-7」「青いWRX」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/11(日) 21:12:02.82 ID:lXnuU+ig0 BE:232392284-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    スーパーカーのランボルギーニからSUV「ウルス」が登場する理由

    ランボルギーニがSUVを発売する。かねてから流れていた噂が真実になった。2月6日、「ウルス」(URUS)と名づけられたSUVが東京で発表されたのだ。
    スーパーカーのランボルギーニがなぜSUVなのか。中身はランボルギーニにふさわしいのか。改めて考えてみた。

    1963年に自動車メーカーとして産声を上げたランボルギーニは当初、V型12気筒エンジンを車体の前に積み、後輪を駆動するラグジュアリークーペも作っていた。
    しかし、同じエンジンをミッドシップ搭載したスーパーカー「ミウラ」や「カウンタック」が高い評価を得ると、以降発表した車種は全て、ミッドシップ2人乗りのスーパーカーになった。

    そのランボルギーニがなぜ、SUVを出したのか。ランボルギーニと同じフォルクスワーゲン・グループに属するポルシェの成功に影響されたことは否定できないだろう。
    見た目は写真でお分かりのように、ランボルギーニのSUVである。とにかくエッジが効いている。インテリアはそれに比べると独自色は薄いが、
    シートのグラフィックなどによって“らしさ”を演出していることが分かる。

    それでいて、現行ランボルギーニとしては唯一となる後席には大人が楽に座れ、後方の荷室にはゴルフバッグが2~3個収まるという。
    スーパーカーでは得られない使い勝手をウルスは実現している。

    https://news.mynavi.jp/article/20180210-urus/
    no title

    no title
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518351122/0-

    【ミドシップの車って走る以外の目的がない純粋さがかっこいいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/12(月) 00:39:50.05 ID:sV1QZKYy0 BE:416336462-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/6931153.gif
    ロシアの分析センター「オートスタート」は、2017年にロシアで最も販売台数が多かった日本車を公表した。
    もっとも人気が高かった日本車は、クロスオーバーSUVタイプのToyotaRav4(トヨタラヴ4)となった。
    昨年、このモデルは、ほぼ3万3000台販売された。
    これに続いたのはトヨタカムリ。このモデルは2017年に2万8000台以上が売れている。
    人気の日本車第三位に入ったのは
    日産エクストレイル(X-Trail)。このモデルは2万台を超える販売台数を実現した。
    その他にも、
    日産キャシュカイ、
    日産ダットサンon-Do、
    マツダCX-5、
    三菱アウトランダー、
    日産アルメーラ、
    日産テラノ、
    トヨタ・ランドクルーザー・プラド
    といった車種がトップテン入りした。
    総じて、トヨタ・ランドクルーザー・プラドを除いたトップテンの車種全ての販売台数は前年に比べて上昇した

    https://jp.sputniknews.com/science/201802114565723/
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518363590/0-

    5_VVT-i_marlingrau-metallic_Vorderansicht


    【ロシアで最も評判のいい日本車10選 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/11(日) 19:13:39.35 ID:TbOC3Yy+0
    ディーラー行ったら軽はターボあった方がええ言われたんやが
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518344019/0-

    Suzuki_ALTO_WORKS_(DBA-HA36S)_front



    【軽自動車にターボって言うほど必要か? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/10(土) 10:51:47.746 ID:oSDRYw4ep
    中古でも可
    車検、燃費、維持費色々考慮して
    安全性はどうでもいい
    中古の軽?いくらぐらい?
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518227507/0-

    777195


    【3年間毎日通勤で50km走るとしたらどんな車がコスパいいんだ? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/09(金) 14:27:36.89 ID:sJzQdRQE0
    トヨタのルーミー
    69馬力、3気筒、1000cc 
    カタログ燃費24、オプション込み込み238万円
    no title
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1518154056/0-

    【ワイ将、ガチのマジでコスパ最強のカッコイイ車を買ってしまう 】の続きを読む

    このページのトップヘ