1: 2021/06/06(日) 21:17:28.17 ID:iMVwlekz0 BE:423476805-2BP(3000)

トヨタのミニバン、ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジが予定されている。
半導体の供給不足による新型車の発売延期が相次いでいるが、早くて今秋、遅くとも2021年度内の実施が見込まれる。
no title


■ヴォクシーとノア、フルモデルチェンジ後も2.0Lガソリン車は継続
次期型ノア・ヴォクシーのパワートレインについて、多くのユーザーにとって気になるのは、ハイブリッド車よりもガソリン車ではないだろうか。
というのも、ノアとヴォクシーの販売台数に占めるハイブリッド車の比率は、現状で3割程度に留まっており、過半数を占めるのが低価格なガソリン車なのである。

こういった販売状況もあり、フルモデルチェンジ後についても2.0Lガソリン車の設定は残される見込み。
ただし現行エンジン3ZR-FAE型のキャリーオーバーではなく、ダイナミックフォースエンジンのM20A-FKS型の搭載が期待される。

次期ノア・ヴォクシーに採用されるGA-Cプラットフォームに限れば、これまでM20A-FKS型を搭載した国内モデルは、レクサスUX200、カローラツーリング "2000リミテッド"といったプレミアム車種に留まっている。

しかしM20A-FKS型がプレミアム車種向けのエンジンかといえば、そうとも言えず、北米ではカローラの通常モデル等にも採用されている。国内でも車体がワンサイズ大きくなるGA-Kプラットフォーム車種では、ハリアーやRAV4のエントリーモデルにも搭載されてきた。
ミニバン車種は、車両重量および空気抵抗が大きく、燃費が悪化しがちである。熱効率40%を誇るM20A-FKS型の採用が望まれるところである。

■新型ノア/ヴォクシーはフルモデルチェンジでTNGAを導入
(続きあり)
https://car-research.jp/noah/voxy-3.html
引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1622981848/0-

☆おすすめ記事☆


5: 2021/06/06(日) 21:20:21.30 ID:b2iSdx6h0
家買ったら駐車場狭くて今乗ってるアルファードだと狭いから次はノアクラスにランクダウンや

8: 2021/06/06(日) 21:21:19.52 ID:FUViKfgR0
現行の特別仕様車を今買うのはアホ?W×Bすこなんだ

9: 2021/06/06(日) 21:22:57.71 ID:4TpmX1Vq0
貧困層用きっしょ

アルファードのが下取り高くて結局お得

14: 2021/06/06(日) 21:26:54.15 ID:0ouv0hcg0
>>9
それを余裕で手に入れられる層はマジですげえ
なんとか乗ってるやつは車が好きなんだろう

11: 2021/06/06(日) 21:23:55.62 ID:NyOO59Q20
もう見込みはいいよ
確定してから教えてくれる?

12: 2021/06/06(日) 21:24:05.35 ID:7Gc/hkFr0
丸く穏やかにしてくれえええええ

17: 2021/06/06(日) 21:36:06.44 ID:Xk4XtGCd0
ハイブリッドの四駆キボンヌ

19: 2021/06/06(日) 21:43:36.98 ID:jyKOT6410
TENGAミニバンてなんだよ

21: 2021/06/06(日) 21:48:51.60 ID:e7QPVPms0
suv買うか迷うけどスライドドアが便利過ぎてワンボックス買ってしまう