マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: SUV・クロカン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/01/16(木) 21:19:07.30 ID:FVnM4ZO09
    マツダは2020年1月16日、クロスオーバーモデル「CX-30」に「スカイアクティブX」搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

    今回、CX-30に新たに設定されたスカイアクティブXは、最高出力180PS/最大トルク224N・mの2リッター直4エンジンと最高出力6.5PS/最大トルク61N・mのモーターで構成されたマツダの新世代ガソリンエンジンで、「ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費・トルク・応答性といった特長を融合した」という同社自慢のパワーユニットである。マイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」との採用とも相まって、「なめらかで気持ちの良い走りと、効率的な燃料消費をサポートする」ともうたわれている。

    同パワーユニットが設定されるのは、「マツダ3」に次いで2車種目となる。

    スカイアクティブX搭載車のラインナップと価格、燃費(WLTCモード)は以下の通り。

    ・Xプロアクティブ(FF/6AT):329万4500円(16.8km/リッター)
    ・Xプロアクティブ(FF/6MT):329万4500円(17.0km/リッター)
    ・Xプロアクティブ(4WD/6AT):353万1000円(15.8km/リッター)
    ・Xプロアクティブ(4WD/6MT):353万1000円(16.4km/リッター)
    ・Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6AT):341万5500円(16.8km/リッター)
    ・Xプロアクティブ ツーリングセレクション(FF/6MT):341万5500円(17.0km/リッター)
    ・Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6AT):365万2000円(15.8km/リッター)
    ・Xプロアクティブ ツーリングセレクション(4WD/6MT):365万2000円(16.4km/リッター)
    ・X Lパッケージ(FF/6AT):347万7100円(16.8km/リッター)
    ・X Lパッケージ(FF/6MT):347万7100円(17.0km/リッター)
    ・X Lパッケージ(4WD/6AT):371万3600円(15.8km/リッター)
    ・X Lパッケージ(4WD/6MT):371万3600円(16.4km/リッター)

    (webCG)

    2020.01.16
    https://www.webcg.net/articles/-/42279

    CX-30
    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1579177147/0-


    【「マツダCX-30」の「スカイアクティブX」搭載モデル販売開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/13(金) 23:53:37.19 ID:QfCJmoVk0● BE:479913954-2BP(2931)
    ソース
    中国で人気のゲレンデ
    no title

    no title

    no title

    no title


    日本でよく見るゲレンデ
    no title


    動画
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1205500159821369349/pu/vid/720x1280/GwsCPGeXWSz9RqCi.mp4


    ブラバス、「究極の」メルセデスベンツ Gクラス をさらに高性能化…エッセンモーターショー2019
    https://s.response.jp/article/2019/12/13/329789.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1576248817/0-

    【中国で大人気のベンツGクラス、日本のよりデカくてカッコよかったw日本負ける 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/28(木) 19:19:15.54 ID:Xhfw2LnC9
    本田技研工業は2019年11月28日、コンパクトSUV「ヴェゼル」をベースとしたコンプリートカー「ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING」「ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING」を発表した。発売は同年11月29日。

    ■“SUV”と“4WD”の第1号

    「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを装着したコンプリートカー。今回デビューした「ヴェゼル モデューロX」はその6車種目にあたるモデルで、モデューロX初のSUVとなる。

    ベースモデルは、1.5リッター直4ターボエンジンを搭載する「ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING」(FF/CVT)と、ハイブリッド車の「ヴェゼル ハイブリッドRS・Honda SENSING」(FF/7AT)および「ヴェゼル ハイブリッドZ・Honda SENSING」(4WD/7AT)。モデューロXとして初めて4WD車がラインナップされるのもトピックだ。

    エクステリアは、専用フロントグリルや専用LEDフォグライトを採用。走行性能を向上させるエアロパーツは、設計者だけでなくデザイナーやテストドライバーを加えた3者が一体となって開発したという。

    一方のインテリアは、モデューロX初の専用フロントスポーツシートが見どころ。サイドや座面を専用形状にすることで、スポーティーかつ上質な乗り心地を提供するだけでなく、ロングドライブにおける乗員の疲労軽減にも貢献するとアピールされる。

    専用サスペンションを採用した足まわりは3車種それぞれに対して最適なセッティングが施されており、エアロパーツと相まってフラットな乗り味を追求した。

    ヴェゼル モデューロXの主な装備は以下の通り。

    【エクステリア】
    ・専用フロントグリル
    ・専用フロントエアロバンパー
    ・専用フロントエアロロアーガーニッシュ
    ・専用LEDフォグライト
    ・専用リアエアロバンパー
    ・専用リアエアロロアーガーニッシュ
    ・専用「Modulo X」エンブレム
    ・専用サスペンション
    ・専用アルミホイール(FF車のサイズは18インチ、4WD車は17インチ)

    【インテリア】 ※専用ブラックインテリア
    ・専用フロントスポーツシート(専用フレーム設計/プライムスムース×ラックススエード表皮/「Modulo X」ロゴ入り/シートヒーター機能付き)
    ・専用リアシート(ウルトラスエード×合成皮革)
    ・専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/アルミ製「Modulo X」エンブレム付き)

    ラインナップと価格は下記の通り。ボディーカラーは「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プラチナホワイト・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「クリスタルブラック・パール」の4色が選べる。
    ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING(FF/CVT):352万8800円
    ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF/7AT):346万7200円
    ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF/7AT):361万7900円

    (webCG)

    2019.11.28
    https://www.webcg.net/articles/-/42012

    ヴェゼル モデューロX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574936355/0-


    【スポーティーさと上質さを追求した「ホンダ・ヴェゼル」のコンプリートカー登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/29(金) 19:33:12.07 ID:8z7lDjRZ0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタから新型クロスオーバーSUV、Tjクルーザーが2020年中盤にも発売される見込みとなっている。
    東京モーターショー2017で出品されたコンセプト段階のTjクルーザーによると、
    ボディサイズは全長4300mm×全幅1775mm×全高1620mm、ホイールベースは2750mmとなる。
    SUVスタイルの外観は迫力を感じさせるものだが、車体サイズは意外にも小さい。
    搭載されるのは、2.0Lクラスのハイブリッドが予想される。

    近年、珍しくなったクロカン風の角張ったエクステリアを採用。
    メーカーは異なるが、2010年まで販売されたホンダ・クロスロードとコンセプトが近い。

    サイドからのアングルでは室内空間を重視した箱型のボディスタイルが特徴的。
    それでもエンジンルームの存在感はしっかり残されており、SUVらしさが残されている。
    これだけのキャビン容積を確保しながらもミニバンらしくないというのは魅力となりそう。

    前方デザインは大型フロントグリルと丸目ヘッドランプユニットによって表情が作られている。
    シンプルながらも、どのモデルにも似せられていない。
    トヨタのファミリーフェイスからも独立した形状となっている。

    インテリア、ダッシュボードは意外にも現代的。
    そんな中、「TOYOTA」の文字が入れられた二本スポークのステアリングホイールが目立っている。

    シートアレンジは、市販型では、どの程度の実現となるか未定であるが、
    運転席を除く全ての座席が折りたたまれ、フラットな床面となる。
    最大で約3mの長尺物の積載に対応する。

    座席は2列5人乗りに加え、3列シート車も用意される可能性が考えられる。
    後席両側スライドドアを装備し、ファミリー層のミニバンニーズにも応える。

    https://car-research.tv/toyota/tj-cruiser.html
    no title

    no title

    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=FLAEsBY_Erk

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1575023592/0-

    【Tjクルーザー2020年中盤発売へ、トヨタのSUV+ミニバン 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/16(土) 09:00:49.88 ID:2jRozvWv0
    エクストレイル→販売低調
    CX-5→販売低調
    ヴェゼル→販売低調

    まともに戦えてるのはスバルくらいだな
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1573862449/0-



    rize001-sss


    【トヨタさん、RAV4&ライズ&C-HR&ハリアーで他メーカーのSUVを駆逐してしまいそう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/12(火) 18:58:04.413 ID:JngP1svDd
    no title

    no title

    やるじゃん
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1573552684/0-

    【トヨタ新作の「RAIZE(ライズ)」が爆売れ間違い無しwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/30(水) 17:14:03.597 ID:WIwLTPja0
       
    全長:3,995mm
    全幅:1,620mm
    全高:1,695mm
    ホイールベース:2,525mm
    ラゲッジスペース:369リットル

    1L直3ターボ
    最高出力:98hp
    最大トルク:140Nm

    no title


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2020 Toyota Raize Is The RAV4's Smaller Sibling, Debuts Next Week | Carscoops
    https://www.carscoops.com/2019/10/2020-toyota-raize-is-the-rav4s-smaller-sibling-debuts-next-week/

    【トヨタ、こういうのでいいんだよを発売   】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/12(土) 20:25:03.737 ID:sOYqX9LJd
    >>2以降で貼る
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1570879503/0-


    【ホンダからかっけぇSUVが発売!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/02(水) 20:12:50.54 ID:9iAX8+n69
    スズキのインド子会社であるマルチ・スズキ・インディアは2019年9月30日(現地時間)、新型の小型SUV「S-PRESSO(エスプレッソ)」を発売した。

    スズキ・エスプレッソは、「エスクード」などに代表されるスズキSUVの流れをくむデザインを採用したコンパクトSUVである。

    ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=3565×1520×1549/1564mm(全高はグレードによって異なる)で、ホイールベースは2380mm。ボディーサイズが示す通り、軽自動車用のKプラットフォームを採用している(軽規格よりはわずかに大きい)。

    パワーユニットは最高出力68PS/5500rpm、最大トルク90N・m/3500rpmの1リッターガソリンエンジン。コンパクトボディーとの組み合わせにより、低燃費と高い走行性能を実現し、2020年4月に導入されるインドの新たな排ガス規制(BS6)に対応した。

    エクステリアは存在感のあるフロントバンパーに台形をモチーフとしたフロントグリルや、ウインカーをつかむように配置したヘッドランプを組み合わせることで力強くタフな印象に。フロントからリアにかけてのデザインイメージを統一することで、どの角度から見てもひと目でエスプレッソと認識できるようにしたという。

    インテリアには丸型のセンターコンソールを採用し、先進性を印象づけるデジタル表示のセンターメーターをレイアウト。室内空間を最大限に確保しながら、大型のスーツケースも収納できる荷室スペースを設けている。

    スズキによれば、2018年のインド乗用車市場は約337万台で、そのうち約6割を全長4m未満のコンパクトカーが占めている。エスプレッソのターゲットである若年層は車両購入に際してデザインを重視する傾向が強く、デザイン性の高いモデルを投入することで、新規需要の獲得を狙うという。

    エスプレッソの生産はマルチ・スズキのマネサール工場が担当。同社のアリーナ店を通じて販売する。(webCG)

    2019.10.01
    https://www.webcg.net/articles/-/41599

    S-PRESSO(エスプレッソ)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1570014770/0-

    【軽のプラットフォームに1リッターエンジンを搭載 スズキの新型SUV「エスプレッソ」登場 インド 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/09/19(木) 14:30:17.999 ID:CAtKHkIl0
    取り敢えず出たら買ってみるわ
    飽きたら乗り換えるけど
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1568871017/0-

    【都会派SUVの元祖、トヨタ ハリアー が7年ぶりモデルチェンジへ…3列7人乗りも登場か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/09/04(水) 21:37:58.91 ID:wsoS58ad9
    スバルは2019年9月3日、「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表した。同年11月8日に販売を開始する。

    今回の改良では、両モデルにスポーティーな内外装デザインを採用したエントリーグレード「B-SPORT」を新たに設定。「リミテッド」グレードに、ブラウンレザーのインテリアを追加した。

    さらに、アウトバックの外装色に「クールグレーカーキ」を追加。四輪駆動制御システム「X-MODE」には、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」と、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを新たに設定した。
    ・ラインナップと価格は以下の通り(消費税10%を含む)。
    ・レガシィ アウトバックB-SPORT:341万円
    ・レガシィ アウトバック リミテッド:363万円
    ・レガシィ アウトバックX-BREAK:346万5000円
    ・レガシィB4 B-SPORT:313万5000円
    ・レガシィB4リミテッド:330万円

    (webCG)

    2019.09.03
    https://www.webcg.net/articles/-/41443

    レガシィ アウトバック
    no title

    no title

    no title

    レガシィB4
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567600678/0-

    【スバルが「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表 スポーティーなエントリーグレード「B-SPORT」を新たに設定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/15(木) 20:12:12.599 ID:SiluQXfr0
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1565867532/0-


    【ホンダフィットさん流行りのお洒落なSUVになるwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/03(土) 16:34:39.39 ID:ctgOx5az0● BE:423476805-2BP(4000)
    スバルではレガシィのフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。
    既にセダンの新型「レガシィ」、クロスオーバーSUVの新型「アウトバック」の生産が開始されている。
    ただし、これは北米向けに販売される車体。
    日本向けには2020年春の発売が予想される。

    新型レガシィシリーズについては、2019年2月に開催されたシカゴオートショーで、市販型車体が公開されていた。
    搭載されるのは、2.4Lの水平対向 4気筒 直噴ターボエンジンとなる。
    トランスミッションはリニアトロニックが継続されるが、変速比幅のワイドレンジ化が盛り込まれる。
    全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」は全車に採用される。
    インテリアでは、11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムが採用される。

    セダンの人気低迷が続く日本市場向けには、次期型からB4が設定されないという心配がある。
    クロスオーバーSUVのアウトバックに販売が絞られる可能性がある。

    https://car-research.jp/subaru/legacy-16.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=qEhsVD10NVo

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564817679/0-


    【新型レガシィ生産開始、日本発売時期、B4廃止アウトバックのみの可能性 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/26(金) 19:53:55.50 ID:x4JFsAlf9
    三菱自動車は2019年7月25日、マイナーチェンジした「パジェロスポーツ」をタイで世界初公開し、同国での販売を開始した。

    同車に関して三菱は、「本格SUV『パジェロ』で培ったオフロード性能と信頼性・耐久性に、乗用車並みの快適性・機能性を融合させたミッドサイズSUV。『ダイナミックシールド』フロントデザインコンセプトを進化させ、洗練された力強いエクステリアとし、上質さと快適性を兼ね備えたインテリアを採用。8インチカラー液晶メーターやスマートフォンでも開閉できるエレクトリックテールゲートなどを装備し、先進性と利便性を高めている」とアピールしている。

    搭載されるエンジンは2.4リッター直4の「MIVECディーゼルターボ」で、8段ATが組み合わされている。

    4WD車には、あらゆる路面状況で最適なトラクション性能と優れたハンドリング性能を両立するという「スーパーセレクト4WD-II」を採用。エンジン、AT、ブレーキを統合制御し、悪路での走破性を向上させるオフロードモードを備えている。

    なお最新型のパジェロスポーツは、タイにおける三菱の生産・販売会社であるミツビシ・モーターズ・タイランドのラムチャバン工場で生産されている。今後、フィリピンやオーストラリアなど約90カ国への導入を計画しているという。(webCG)

    2019.07.25
    https://www.webcg.net/articles/-/41279

    パジェロスポーツ
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564138435/0-


    【三菱が最新型「パジェロスポーツ」を初公開 グローバルモデルとして約90カ国での販売を計画 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/13(土) 22:08:00.12 ID:+dfC4y7Xa
    何で流行ってないのかわからない
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563023280/0-

    _Subaru_XV_(G5X)_2.0i-S001s


    【スバルのXVとかいう車欲しすぎてたまらん 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/08(月) 22:35:06.94 ID:z8ceRdzY0
    これしかなくね
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562592906/0-

    -Honda_VEZEL_TOURING・Honda_SENSING001s


    【ホンダのヴェゼルでもうええか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/06/23(日) 21:30:58.742 ID:V/Zi4p8o0
    やっぱSUVは三菱だは
    https://response.jp/article/2019/06/21/323682.html
    三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月20日、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)の2020年モデルを初公開したと発表した。

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1561293058/0-


    【三菱の新型車カッケェェエエエ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/06/19(水) 16:13:25.02 ID:d2bA5qdS9
    メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりのフルモデルチェンジを遂げたプレミアムSUV、新型『GLE』の注文受付を6月19日より開始する。

    4世代目となる新型GLEは、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新し、最新技術と装備を搭載して生まれ変わった。

    エクステリアは、メルセデスベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」を具現化し、感性と知性が調和した力強い存在感を演出。フロントは、クローム仕上げのアンダーガードと2本のパワードームを備えたボンネットが、SUVとしての存在感とパワーを表現している。

    インテリアは、ラグジュアリーでエレガントなデザインと、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)の高度なデジタル技術が特徴。ダッシュボードには、2画面の12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合した「コックピットディスプレイ」を装備。ドアパネルまで流れるような先進的なデザインを描いている。

    MBUXは、新型の自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム。最大の特長の1つが人工知能(AI)による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備える。ボイスコントロールは「Hi(ハイ), Mercedes(メルセデス)」をキーワードとして起動。インフォテインメント機能(目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロール、 各種ヒーター、照明などにも対応する。

    また、ホイールベースが先代モデル比80mm増となったことで、室内スペースは大幅に拡大。GLE初となる3列目シート(2人掛け)を全モデル標準装備とし、乗車定員は7名となった。2列目は同セグメントSUVとしては世界初となる6ウェイフルパワーシートを全モデルに標準装備。レッグルームも先代比69mm増の1045mmとなり、居住性を高めた。

    運転支援システムは、『Sクラス』と同等の最新世代を全モデルに標準装備する。国内初導入となる機能強化も用意。「アクティブブレーキアシスト (歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとするときに、対向車線を直進してくる車と衝突する危険がある場合、車速10km/h以内であれば自動ブレーキが作動する。

    パワートレインは、最高出力245psを発生する2リットル4気筒および最高出力330psの3リットル6気筒、2種類のクリーンディーゼルターボエンジンに加え、48Vマイルドハイブリッドを採用する3リットル6気筒ガソリンターボエンジン(最高出力367ps)も用意する。48Vマイルドハイブリッドシステムは、エンジンとトランスミッションの間に配置した電気モーター「ISG」と「48V電気システム」により回生ブレーキによる発電を行いリチウムイオンバッテリーに充電。エンジン低回転時にその電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現する。また全モデルで、9G-TRONICオートマチックトランスミッションを採用。エンジン回転数が大幅に低減され、優れたエネルギー効率と快適性を実現する。

    価格は2リットルクリーンディーゼル搭載の「GLE300d 4MATIC」が940万円(消費税10%込・11月以降納車)、3リットルクリーンディーゼルの「GLE400d 4MATIC スポーツ」が1089万円(消費税8%込・8月以降納車)、48Vマイルド搭載の「GLE450 4MATICスポーツ」が1132万円(消費税8%込・6月19日より納車)。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2019年6月19日(水)11時00分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2019/06/19/323586.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1560928405/0-

    【メルセデスベンツ、新型SUV「GLE」発売 3列シートを全モデル標準装備 お値段940万円より 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/06/04(火) 18:46:58.76 ID:5rZVTQDq0
    no title

    速い
    広い
    燃費いい
    カッコイイ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1559641618/0-


    【ホンダのヴェゼルとかいう欠点がないカッコイイ車w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/05/18(土) 23:35:40.04 ID:IMNQAUhe0
    ウインカー流れるんやぞ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1558190140/0-


    IMG_9277



    【トヨタのCH-RってなんJだとボロクソ言われてるけど普通にいい車だよな?】の続きを読む

    このページのトップヘ