マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:イギリス車 > ジャガー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/27(木) 08:14:55.47 ID:CAP_USER9
    初のEV「I―PACE」
    no title


     ジャガー・ランドローバー・ジャパン(東京・品川)は26日、同社初の電気自動車(EV)「I―PACE」の受注を始めたと発表した。航続距離400キロメートル以上を実現した多目的スポーツ車(SUV)で、エンジン機構が不要なEVの利点を生かし、広い収納スペースも確保した。スポーツカー級の加速性能を備え、電動化対応の戦略車として位置付ける。

     全国の正規販売店で受注を始めた。2019年3月から納車を始める。価格は959万円から。

     内燃機関が不要なEVの特長を生かし、車両中央部のトンネル上の突起をなくし、10リットル程度の収納スペースに変えた。後方の収納部も656リットルと十分な広さを保った。

     時速100キロメートルに4.8秒で到達する。モーターの出力は400馬力となり、走行性能はスポーツカー並みに仕立てた。航続距離は400キロ以上で、10時間の普通充電で8割分充電できる。

     自動車業界は自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる次世代技術への対応に追われている。ジャガーは20年までに全ラインアップにオプションとして電動化モデルをそろえる計画だ。

     18年には米グーグル系の自動運転システム開発会社・ウェイモと提携。新型車はウェイモに2年間で2万台供給され、自動運転技術を用いた配車サービスに使われる予定だ。CASE対応の中核となる同車種の投入で、好調な輸入車市場の波に乗る狙いだ。

    2018/9/26 18:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3577822026092018XA0000/
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538003695/0-


    【ジャガーが初のEV投入 航続距離400キロのSUV「I―PACE」 スポーツカー級の加性能 お値段959万円~ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/27(月) 21:27:53.63 ID:y9AqjVkd0 BE:844481327-PLT(12345) 

    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーの日本法人(東京都品川区)は27日、ステーションワゴン「XF スポーツブレイク」を発売したと発表した。

    新開発のエンジンを搭載し、滑らかな走りを実現したほか、大量に荷物を積んでも車が沈まないようにする先進機能を採用した。
    国内で根強い人気を持つステーションワゴン市場を攻略する主力車に育てる方針だ。

    http://www.sankei.com/economy/news/171127/ecn1711270026-n1.html
    no title


    no title

    no title



    【ジャガーが新型ステーションワゴン「XF スポーツブレイク」を発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/18(土) 14:06:18.37 ID:ssnqKpML0
    no title

    no title

    最近
    あれ?ジャガーってかっこいいなって
    思うようになってきた

    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1510981578/0-

    【ジャガーって車どんな人が乗ってるイメージある? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/30(土) 20:23:04.08 ID:CAP_USER
    no title


    ジャガー Fタイプ Rダイナミック コンバーチブル 2018年モデル

    ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、最高出力300psを発揮する2リットル4気筒エンジンを追加してラインアップを拡充させた、スポーツカー『Fタイプ』2018年モデルの受注を9月30日より開始した。

    2018年モデルでは、LEDヘッドランプやフロントバンパーに新デザインを採用し、Fタイプの特徴的なデザインをより際立たせている。また、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートにより、足元のスペースを確保し、8kg以上の軽量化を実現している。

    コネクティビティ機能も強化し、Fタイプでは初となる最新インフォテインメントシステム「インコントロール タッチプロ」を全グレードに標準装備。オプションで通信機能を追加でき、緊急時に車内上部のボタンを押すことでオペレーターと会話ができたり、アプリを介して車両位置情報やトリップデータ、ドアやウィンドウの開閉状況の確認、施錠やエアコンを遠隔で操作できる。さらに、GoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応。GoProで撮影した走行映像と、車両の走行データ(速度、スロットルポジション、ギア選択、制動力、加速度)を記録でき、その映像をスマートフォンにダウンロードし、ソーシャルメディア等で簡単に共有できる。

    エンジンは300ps・400Nmから575ps・700Nmまで6種、ボディタイプはクーペとコンバーチブル、トランスミッションはATとMT、駆動方式は後輪駆動と全輪駆動があり、それぞれ組み合わせ、28機種を展開する。随所に特別なデザインを取り入れ、3リットルV6スーパーチャージャーエンジンの出力を400psにアップさせた「Fタイプ 400スポーツ」(2018年モデルのみの展開)や、特別注文に応じるスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)部門が設計・開発を手掛けた、最上級グレード「Fタイプ SVR」など、ドライビングスタイルや嗜好に合わせた選択肢を用意した。

    価格はクーペが794万円から1787万円、コンバーチブルが959万円から1952万円。

    https://response.jp/article/2017/09/30/300474.html

    【ジャガー Fタイプ、2018年モデル28機種の受注を開始…794万円より】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/08(金) 01:39:49.85 ID:CAP_USER9
    英ジャガーも全車種、電動化へ…2020年以降 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00050095-yom-bus_all
    9/7(木) 22:34配信

     【フランクフルト=戸田雄】英ジャガー・ランドローバーは7日、2020年以降に発売する全ての車種を電動にすると発表した。

     全車種に電気自動車(EV)や、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車などをそろえる。

     18年には同社初の電動スポーツ用多目的車(SUV)を発売する予定だ。スペッツ最高経営責任者(CEO)は「顧客にさらに多くの選択肢を提供する」とコメントした。

     欧州では自動車の排ガスによる大気汚染が深刻になっており、英国とフランスは40年までにガソリン車やディーゼル車を禁止する方針を打ち出している。

     スウェーデンのボルボ・カーは19年以降に発売する全車種を電動にすると表明するなど、メーカー側も対応を急いでいる。

    【【英国】2020年以降、全車種を電動化へ…ジャガー・ランドローバー】の続きを読む

    このページのトップヘ