マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > スズキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/13(水) 18:39:11.84 ID:CAP_USER9
    スズキは2017年9月13日、新型「スイフトスポーツ」を同年9月20日に発売すると発表した。

    ■今や希少な"ホットハッチ"が4代目に進化

    コンパクトでリーズナブルながら、スポーツごころあふれるホットハッチとして、コアなファンを持つ通称「スイスポ」ことスイフトスポーツ。新型は2005年に登場した初代から数えて4代目となるが、スズキでは3代目と呼んでいる。古くは「カルタス」の輸出仕様がスイフトの名を冠していたり、逆に初代スイフトが海外では「イグニス」を名乗っていたりしたことなどから、スズキでは軽自動車「Kei」をベースにした初代スイフトを、歴代モデルに含めていないのだ。

    それはともかく、新型スイフトスポーツのコンセプトは"Ultimate Driving Excitement"。開発にあたっては、Bセグメントのホットハッチとしての圧倒的な動力性能と、スイフトのフラッグシップとしてのエキサイティングなハンドリング性能を追求。ドライバーに操る楽しさと感動を与え、五感に響く刺激的なドライビングが楽しめるモデルと主張している。

    ■従来モデルから70kgの軽量化を実現

    走りの基礎となるボディーは、軽量高剛性の新プラットフォームを土台に、軽量で強度の高い超高張力鋼板を先代の約3倍使用し、スポット溶接打点を追加するなどして構成。この剛性を高めつつ軽量化したボディーを筆頭に、エンジンや内外装部品など細部に至るまで最適化し、先代比で70kgもの軽量化を達成。車両重量は6段MT車で970kg、6段AT車で990kgと1t以内におさめている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=3890×1735×1500mm、ホイールベース2450mm。旋回性能を高めるべく前後トレッドをそれぞれ30mm拡大したため、全幅が1.7mを超えてスイフトとしては初の3ナンバーサイズとなった。とはいうものの、実は1735mmという全幅は海外向けのスイフトと同じ。国内向けのノーマルのスイフトのみ、5ナンバーサイズにおさめるためにダウンサイズしているのである。

    拡幅により安定感を増したエクステリアは、逆スラントした大開口のハニカムグリルやルーフエンドリアスポイラー、存在感のあるデュアルエキゾーストパイプなどでスポーティーに装う。インテリアはスポーツドライビングをサポートすべく、メーター、ステアリングホイール、シート、ペダルプレートなどを専用開発。マルチインフォメーションディスプレイには、新たにブースト計と油温計を追加している。

    ■エンジンには1.4リッター直噴ターボを採用

    フロントがマクファーソンストラット/コイル、リアがトーションビーム/コイルのサスペンションは、形式はノーマルと同じだが、ステアリング操作に対する応答性を高めるべく、専用ハブベアリングやトーションビームを採用して車軸支持剛性を強化。さらに専用スタビライザーやコイルスプリング、ブッシュ類などによってロール剛性を最適化。歴代モデルで定評のあるモンロー製ストラット&ショックアブソーバーも引き続き採用している。ブレーキは、フロントに先代より1インチ大径となる16インチのベンチレーテッドディスクを導入して動力性能向上に対応。足元は専用17インチアルミホイールに専用開発された195/45R17タイヤを履く。

    エンジンは1.4リッター直4直噴ターボのK14C型ブースタージェット。すでに「エスクード1.4ターボ」に積まれているユニットをベースに専用チューニングを施したもので、最高出力140ps/5500rpm、最大トルク230Nm/2500-3500rpmを発生。いずれも先代の自然吸気1.6リッターを上回り、0-100km/h発進加速は先代よりMT車で約20%、AT(先代はCVT)車で約25%向上しているという。いっぽう燃料消費はJC08モードで16.0km/リッター(6MT)と、先代(14.8km/リッター)より低減している。なお使用燃料はプレミアムガソリンである。トランスミッションはクロスレシオの6段MTと、先代のCVTに代わって、パドルシフトを備えたトルコン式の6段ATを用意している。駆動方式はFFのみである。

    スズキのフラッグシップとなるだけに、安全運転支援システムもより充実した。セーフティパッケージ装着車には、単眼カメラとレーザーレーダーによる、歩行者の検知も可能な衝突被害軽減ブレーキシステムやアダプティブクルーズコントロール、スズキ車としては初となる車線逸脱抑制機能などで構成されたシステムを搭載する。

    スズキスポーツDNAの結晶とうたう新型スイフトスポーツ。価格はMT車が183万6000円、AT車が190万6200円。それぞれに8万6200円高でセーフティパッケージ装着車が、14万4720円高でセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車が用意される。(文=沼田 亨)

    2017.09.13
    http://www.webcg.net/articles/-/37072

    【スズキが新型「スイフトスポーツ」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/28(月) 15:30:02.12 ID:q3f8pqGn0 
    小型車版は5人の乗車が可能に

    スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する。
    ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切り開いた。
    排気量1000ccクラスの新型車の投入により、注力する国内小型車販売に弾みをつける。

    新型車は軽自動車より排気量が大きい1000ccクラスのエンジンを搭載。マイルドハイブリッド車の設定も検討する。
    デザインはハスラーを踏襲するが、車名は別とする案が有力。小型車の主力工場である相良工場(静岡県牧之原市)で、
    12月に量産開始する計画だ。

    軽自動車の乗車定員が4人であるのに対し、小型車版は5人の乗車が可能になる。エンジン出力が高まり、
    室内空間や荷室も拡大するため、用途がさらに広がりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010002-newswitch-ind
    個性的なデザインで新市場を切り開いた軽自動車「ハスラー」
    no title

    【スズキが「ハスラー」1000cc版を年内投入へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/23(水) 16:18:04.89 ID:CAP_USER9
    2017年8月23日 発売
    107万8920円~119万9880円

    スズキは8月23日、軽乗用車の新型「ワゴンR」の「FA」グレードに5速MT車を設定して発売した。価格は107万8920円~119万9880円。

     FAグレードに設定された5速MT車は、2WD(FF)と4WDを用意。主な専用装備はフロアシフトと手動式パーキングブレーキ、セパレートタイプの
    フロントシート、インパネセンターポケット。ボディカラーは計10色を設定する。

     同社によると、今回の5速MT車の設定は、MT車を必要とするユーザーに向けて追加したものとしている。

    no title

    no title

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076831.html

    【スズキ、新型「ワゴンR」の5速MT車を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/15(火) 19:56:08.20 ID:CAP_USER
    no title


    『120kgの軽量化』。その衝撃的なインパクトをもって、新型スイフトが発売されたのは2016年12月。いまから約半年前のことだ。思えば2014年12月に発売されたアルトも先代比60kgの軽量化を実現してデビューした。この軽量化幅は、他メーカーと比べてもちょっと異例。なぜ、スズキだけがこれほどの軽量化を実現できるのか? そして、軽量化のネックはないのか?

    スイフトは1クラス下のライバルより軽い!!
    「スズキさんは凄い」(国産メーカー開発者談)

    他の自動車メーカーからこんなふうに言われるほど、スズキの軽量化は圧倒的だ。では、実際に数値的にどれくらい凄いのか?

    例えば、スイフトの車重は870kg。同クラスのライバル車の車重(各最軽量グレード)は、それぞれフィット、ノートが1030kg、デミオが1020kg、アクアが1060kgといった具合。

    車重はボディの大きさに比例する。スイフトはフィット、ノートなどより少し全長が短い。それを考慮しても150kg以上の差は驚異的。しかも、スイフトはパッソ(910kg)、マーチ(940kg)など1クラス小型な車より軽いのだがら、いかに飛び抜けているかがわかるというもの。ルノー・トゥインゴなど輸入車の同クラスモデルよりも圧倒的に軽い。

    no title


    【表】国産&輸入コンパクトカーの車重 ※【T】の記載があるものはターボエンジン

    『衝突安全のスバル』に対して『軽さのスズキ』
    「プラットフォームの更新などで得た技術的なゲイン(=利得)を、軽さに使うのか、衝突安全に使うのか、ということだろう」

    「スズキの場合は、そのゲインの多くを軽さに使っている。いっぽう、衝突安全性能に多く使っているのがスバル」

    このように分析するのは、メカニズムに詳しい自動車評論家の鈴木直也氏だ。そして、スズキがライバル車に対して大幅に軽いのは、メーカーとしての考え方や事情も絡んでいるからだという。

    「スズキのメインマーケットはインドなどの新興国市場で、いっぽうスバルのメインマーケットはアメリカ。多くの国産メーカーはスバル同様、先進国市場を重視しなくてはならない」

    「先進国では『衝突安全試験で五つ星を獲りました』ということに意味があるけれど、新興国では『軽くて燃費がいい』ことのほうにより意味がある」

    『最新の技術で得たものを軽さにつぎ込む』。スズキ流のコンセプトが、他社にはない軽さを実現した背景にあるといえるだろう。

    「スイフトの車重は870kgで、初代インサイトの850kg。アルミボディで作られた2シータークーペと遜色ない軽さを、一般的な5ドアハッチバックで実現しているところにスイフトと最近の軽量化技術の凄さを感じる」

    軽量化による"ネガ"はないのか?
    鈴木氏が指摘するとおり、ここ20年間の軽量化技術の進化は凄まじい。高級車なら、カーボンを多用するなどコストをかけた軽量化もできる。それを軽自動車のアルトや大衆車のスイフトで実現できる点こそ、技術発展の凄さを物語っている。

    ただし、気になる点もある。『軽さ重視のコンセプト』だとすれば、犠牲になっているものはないのか? ということだ。前出の鈴木氏は、スイフトに乗って予想外の驚きを持ったという。

    「普通、軽さを優先すると、ボディがペナペナに感じたり、遮音性がイマイチになりがち。でも、スイフトに乗ると、軽さによる悪影響を驚くほど感じない。ライバルのデミオなどと比べても遜色ないレベル」

    「現行型のスイフトは、今年のカー・オブ・ザ・イヤーに推せる1台だね。軽さを重視したスズキ、骨太なスバルと、さまざまなコンセプトがあることはとてもいいこと」

    最軽量グレードは1.2LのNAエンジンを積むスイフト。1LターボのRStでも930kgという車重を利して軽快に走る

    "最新の技術を最大限軽さに振る"。その思い切りのよさは、他のメーカーには決して真似できない、スズキ独自のコンセプトなのだ。

    https://bestcarweb.jp/archives/29168

    【スイフトは120kg減!! なぜスズキだけ圧倒的に軽量化できるのか? コンセプトは『スバルと対照的』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/25(火) 09:49:07.73 ID:LmFgz/oT0 
    スズキは、9月12日に開幕する「フランクフルトモーターショー」で新型『スイフトスポーツ』を世界初公開すると発表した。

    スイフトスポーツは2005年の初代モデル発売以来、スズキのスポーティなイメージを牽引してきたモデル。
    3代目となる新型スイフトスポーツは、世界中のスポーツドライブファンにさらなる刺激を与えるクルマに進化したという。

    スズキは、9月12日に開催されるフランクフルトモーターショーの記者発表会において、新型スイフトスポーツの詳細を発表する。

    https://response.jp/article/2017/07/24/297783.html
    no title

    【スズキ スイフトスポーツ 新型初公開へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/12(水) 19:21:39.56 ID:CAP_USER9
    スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフルハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

    ■スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

    今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載されるグレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初となる。

    組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モーターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジンを止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのままにフルハイブリッド化をかなえているという。

    また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさらに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現している。

    走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時などでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

    内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

    グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、シフトパドルなどが搭載される。

    価格は以下の通り。

    ・ハイブリッドSL:194万9400円
    ・ハイブリッドSG:166万8600円

    2017.07.12
    http://www.webcg.net/articles/-/36735

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/10(土) 07:36:23.20 ID:+PMc+S6Z0
    買ってから後悔する車ナンバーワン
    24b81583ccc2a33464999b9d301ae2a1_s

    【ハスラーなんて車高上がっただけのワゴンRを180万で買う日本人】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/27(土) 10:56:49.01 ID:CAP_USER9
    ◆17年度全国表彰 デザインを評価

    スズキは二十五日、軽自動車の人気車種「ハスラー」が二〇一七年度全国発明表彰の発明賞を受賞したと発表した。
    外観のデザインと、軽ワゴンにスポーツタイプ多目的車(SUV)の特徴を取り入れた「軽クロスオーバー」の新ジャンルを切り開き、人気を広げている点が評価された。

    公益社団法人・発明協会(東京)が毎年、車や医療機器、電化製品などの優れた技術やアイデアを表彰している。
    最優秀の恩賜発明賞や特別賞(九件)に次ぐ発明賞(十二件)の一つとしてハスラーを選んだ。

    受賞者は、スズキ四輪デザイン部四輪造形課の高山興人(おきと)さん、欧州デザイン分室の長田和洋さん、元デザイン部先行デザイン課の蒲原充(かまはらまこと)さん。
    ハスラーは一四年一月に発売し、デザインや豊富な車体色が好評を得て、今年四月までに国内販売は累計約三十二万台に達している。

    スズキが全国発明表彰を受けるのは、一九九七年に軽自動車「ワゴンR」のデザインで発明賞を受賞して以来、二十年ぶり三回目。六月十二日にホテルオークラ東京で表彰式がある。 (西山輝一)

    スズキ「ハスラー」
    no title


    配信 2017年5月26日
    中日新聞
    http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170526/CK2017052602000067.html

    他ソース
    スズキ「ハスラー」 デザインに発明賞
    http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/363729.html

    【【車】スズキ「ハスラー」 発明賞(デザイン)受賞 ワゴンR以来20年ぶり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/01(月) 11:36:21.06 ID:CAP_USER
    独自の新世代プラットフォームで軽量化と高剛性化を両立

    もともと軽量&ECOが売りの軽自動車やコンパクトカーにおいて、更なる軽量化とECO性能の向上は非常に困難といわれてきました。そんな中でスズキは、
    新型ワゴンRに独自技術を積極的に導入し、軽量&ECOの進化を実現したのです。

    新型ワゴンRは、アルトに続いて新世代プラットフォーム「HEARTET(ハーテクト)」を採用しています。アンダーボディの直線的なフレームを見直し、
    なだらかでシームレスな曲線構造とすることで、高剛性と軽量化を両立。またアッパーボディでは、骨格に超高張力鋼板の利用率を拡大して、ボディ全体で更なる軽量化を実現しました。

    S-エネチャージにEV走行モードを追加したマイルドハイブリッド

    新型ワゴンRで採用されたマイルドハイプリッドは、スズキ独自のS-エネチャージ技術を進化させた仕組みです。
    S-エネチャージは、減速時のエネルギーをISG(モーター機能付き発電機)で回生してバッテリーを充電。その電力を活用して、
    アイドリングストップからのエンジンスタートや電装機器への給電、加速時のエンジンアシストを行っていました。

    パワーユニットは3種類、マイルドハイブリッドではNAとターボの2種を設定

    エンジンは直3NAと直3NAマイルドハイプリッド、そして直3ターボマイルドハイブリッドの3種類で、CVTが組み合わされています。

    吸排気の両側に可変バルブタイミング機構を備えた直3NAエンジンは、アルトにも搭載されており、新型ワゴンRでは実用域を優先したチューンが施されています。
    その結果、52PSのパワーとカタログ燃費26.8km/L(FF)を達成しました。

    直3NAマイルドハイブリッドでは、燃費33.4km/L(FF)を実現。NAエンジンに対して、2割以上の燃費向上を達成しました。
    また直3ターボマイルドハイブリッドは、ターボエンジンがパワーを担うとともに、マイルドハイブリッド効果によって燃費28.4km/Lを実現。
    ターボの活発な走りとNAを上回る燃費を両立させているのです。

    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/3/
    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/2/
    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/

    wagonrst001
    【【スズキ】新型ワゴンRのさらなる軽量&ECOを実現させたスズキの独自技術とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ