マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: ドイツ車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/20(土) 18:18:56.70 ID:VQeArIcK0
    カッコイイからね
    仕方ないね
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540027136/0-


    【フォルクスワーゲンの車乗って日本車見下す奴ww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/15(月) 08:30:24.78 ID:CAP_USER9
    1~9月の市場別実績では、最大市場の中国が5万6254台。前年同期比は4%増と回復した。7月からの輸入車に対する関税の引き下げが、販売を押し上げた。中国を含めたアジア太平洋/アフリカ/中東地域も、4%増の7万7594台と回復する。

    単一市場で、中国に次いだのは米国。1~9月の米国実績は、4万2626台。前年同期比は3%増とプラスを維持する。欧州は6万6551台を販売し、前年同期比は9%増。このうち、地元ドイツは2万4709台で、前年同期比は13%増と2桁増を達成した。

    モデル別では、SUVの『マカン』が6万8050台で、引き続き最量販車に。ただし、改良新型の投入を控えて、前年同期比はマイナス。『カイエン』はマカンに次ぐ4万9715台を売り上げたものの、前年割れ。一方、『パナメーラ』は、前年同期に対して60%の大幅増。『911』シリーズも19%増と伸びる。

    ポルシェの2017年の世界新車販売台数は、24万6375台と過去最高。前年比は4%増と、7年連続で販売記録を更新している。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018年10月15日(月)02時00分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/10/15/315029.html?from=tprt
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1539559824/0-

    【ポルシェ、世界販売が新記録 6%増の19万台 SUV「マカン」6万8千台 「カイエン」4万9千台 2018年1-9月 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/11(木) 10:32:51.41 0
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1539221571/0-



    【ポルシェがワゴン車を発売wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/10(水) 15:38:59.94 ID:55gnrfYb01010
    前スレ立てたもんや
    ¥2,539,000~
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539153539/0-


    【ワイ、初めての新車でゴルフとか言う外車を買う事を決意ww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/07(日) 21:34:56.584 ID:Pp87dWM10
    どっちが格上や?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538915696/0-




    Fit_Hybrid_HYBRID01s


    【わいの車→VWハイアップ 妹の車→フィットハイブリッド 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/07(日) 21:46:00.61 ID:5oPWTGE40● BE:423476805-2BP(4000)

    Bクラスは、販売7年目となる今回のフルモデルチェンジで3代目に切り替わる。
    ホイールベースは先代2700mmから2729mmに拡大され、居住性能が強化される。
    ナビゲーションシステムを含めたインターフェイスは、AクラスからスタートしたMBUXを採用する。
    安全運転支援システムはSクラスから持ってきた最新式となり、同セグメント内においてトップクラスの性能となり、半自動運転に対応する。
    欧州向け発売日は2018年12月3日、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。

    https://car-research.jp/tag/b-class
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538916360/0-


    【メルセデスベンツ新型Bクラスが発表、半自動運転に対応する】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/04(木) 10:28:03.68 ID:fsRTMQYv0● BE:423476805-2BP(4000)

    BMWは新型3シリーズ セダンを開催中のパリモーターショー2018でワールドプレミアさせた。
    今回のフルモデルチェンジで7代目モデルとなる。
    ボディサイズは全長4709mm×全幅1827mm×全高1442mmとなり、先代比で全長+85mm、全幅+16mm大型化された。
    エクステリアではキドニーグリルが大型化され、さらに太いメッキフレームで縁取られることで主張が強くなった。
    新型3シリーズは2019年3月の発売日が予告されている。

    https://car-research.jp/tag/3series
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538616483/0-


    【BMW新型3シリーズを発表、大型化され2019年3月発売予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/01(月) 18:40:32.351 ID:GXWcmMI70
    ぼったくりすぎワロタ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538386832/0-


    【ベンツ最高額(3億円)の車の排気量1600ccwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/28(金) 17:05:42.13 ID:CAP_USER9
    2018年9月28日 16時55分

    アウディによりますと、ドイツにある3つの工場で行っている燃費や排ガスの検査で、国土交通省が定めた速度などの条件を満たしていないにもかかわらず、有効なデータとして記録していたことが社内の調査でわかったということです。

    調査した4年間で、不適切な処理を行っていたのは検査を行った車全体の5%にあたる37台でこうした調査結果を28日、国土交通省に報告したということです。

    会社では、検査の担当者が無効なデータを誤って有効だと記録していたことが原因だとして、今後、検査の条件を満たしているかを自動で判定したり、記録したりするシステムを導入するなど、再発防止に取り組むことにしています。

    燃費や排ガスの検査をめぐっては日産自動車やSUBARU、スズキなどで相次いで不正が明らかになっていますが、海外メーカーで問題が明らかになったのは初めてです。

    燃費や排ガスの検査で不適切な処理を行っていたことについて「アウディ ジャパン」のフィリップ・ノアック社長が記者会見し、「社内の調査で排ガス性能や燃費に影響はないと判明した。すでに再発防止に取り組んでいるが、お客さまをはじめ関係者に心配をかけたことをおわびします」と陳謝しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180928/k10011648071000.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538121942/0-

    audi-151175601s






    【アウディでも燃費や排ガスの不適切検査 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/28(金) 09:13:24.57 ID:0gsIEDRb0● BE:423476805-2BP(4000)

    今年2月に欧州発表された最新型Aクラスが日本市場にも導入される。
    ボディサイズは大型化され、安定感を増した印象。
    メルセデスベンツの新型ヘッドランプも導入され、スポーティさを全面に出したクルマに仕上がった。
    国内仕様のエンジンは1.4L 直4ターボで、最高出力136ps、最大トルク200Nmのスペックとなる。
    従来型のA180は1.6L 直4ターボで122ps/200Nmであったから、新型は排気量をダウンサイズさせながらもパフォーマンスアップすることになる。

    https://car-research.jp/tag/a-class
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538093604/0-

    【メルセデスベンツ新型Aクラスが2018年10月16日に日本発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/26(水) 16:57:41.66 ID:CAP_USER9
    『シロン』の生産が始まって、デリバリーが100台をようやく過ぎたこの段階で、名前の異なるニューモデルが発表されるなど、誰が予想しえたことだろう。

    夏の終わりのビッグイベント、モントレー・カーウィークにおいて、新型ブガッティが登場した。その名は『ディーヴォ(DIVO)』。

    世界限定40台。お値段500万ユーロ(約6.6億円)以上。1500psの8リットルW16クワッドターボエンジンなどナカミはシロン譲りなれど、ドライビングパフォーマンスにまったく異なるキャラクターを与えた、スペシャルモデルである。

    モダン・ブガッティは、その車名に往年のブガッティ・レーサーの名を拝借している。ピエール・ヴェイロン、ルイ・シロンときて、
    今回はアルベルト・ディーヴォというわけだ。そして、その名レーサーの足跡にこそ、ディーヴォの走りのキャラクターのヒミツが隠されていた。
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://response.jp/article/2018/09/26/314354.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537948661/0-


    【新型ブガッティが登場 その名は『ディーヴォ(DIVO)』世界で40台限定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/27(木) 06:03:42.89 ID:+hJQRxXa0
    ちな初めて新車買う
    この金額出す価値あるんか?
    ハイオク車やから死ぬほど悩んでる

    ¥2,539,000~
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537995822/0-


    【ワイ貧乏人、フォルクスワーゲンのゴルフって言う外車を買うか迷う 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/24(月) 04:50:47.25 ID:CAP_USER9
     【フランクフルト=深尾幸生】独ポルシェは23日、ディーゼル車の販売から撤退すると発表した。親会社である独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正以降、ディーゼル車のイメージは悪化している。
    すでに販売を縮小しており、今後はハイブリッド車や電気自動車(EV)に力をいれる。ドイツ勢でディーゼル車からの撤退を表明したのは初めてだ。

     オリバー・ブルーメ社長は声明で「将来はディーゼル車なしでいくという結論に達した」と述べた。ディーゼル車の需要は落ちており2017年のポルシェ全体に占めるディーゼル車のシェアは12%だった。すでに18年2月からディーゼル車をラインアップに含んでいない。

     ポルシェは同じVWグループの独アウディからディーゼルエンジンを購入して多目的スポーツ車(SUV)「カイエン」や「マカン」に搭載してきた。5月には独連邦自動車局から6万台のリコールを命じられるなどVWグループの排ガス不正の影響を受けていた。

     今後の柱と期待するのは電動車だ。22年までに電動化に60億ユーロ(約8千億円)以上を投資する。EVでは第1弾となる「タイカン」を19年に発売する。25年までに販売全体の半分をハイブリッド車かEVとする計画だ。

     ブルーメ社長は同日の独紙ビルト・アム・ゾンタークのインタビューで「これまでもディーゼルエンジンは自社で開発・生産してこなかったが、ポルシェのイメージは悪化した」と述べた。

     ディーゼル車をめぐっては15年のVWの排ガス不正以降、シェア低下がとまらない。ピークの11年には西欧18カ国でディーゼル車のシェアは56%を占めたが、18年4~6月は37%まで減少した。スウェーデンの高級車メーカー、ボルボ・カーが撤退を表明したほか、トヨタ自動車も欧州の乗用車市場で販売を終了する方針を示している。

     都市部で広がるディーゼル車乗り入れ禁止の動きも消費者のディーゼル離れに拍車をかけている。ドイツでは5月に第2の都市ハンブルクが一部の道路で1世代前以前の欧州規制対応車の乗り入れ禁止を始めたほか、シュツットガルトやフランクフルトも続く。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35685560T20C18A9TJC000/
    2018/9/23 17:43
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1537732247/0-

    IMG_8735




    【ポルシェ、ディーゼル車の販売から撤退と発表 EV注力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/22(土) 18:59:42.62 ID:3XfMbf700
    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537610382/0-


    【漢BMW、レクサスを叩きのめすために新型EVでキドニーグリルを一新】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/22(土) 08:05:20.85 ID:JOMai8XA0
    no title

    no title

    608馬力で330km出るらしいわ
    なのに乗り心地良いらしい
    価格は2000万らしい
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537571120/0-


    【BMWアルピナって車カッコよすぎ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/19(水) 07:49:55.183 ID:egwrgvqF0
    くっそかっこいい

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1537310995/0-


    【メルセデス・ベンツがついに本気の車出してきたぞwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/14(金) 13:20:51.77 ID:CAP_USER
     【シリコンバレー=白石武志】独フォルクスワーゲン(VW)は13日、同社の代表的車種である小型車「ビートル」の生産を2019年7月に終えると発表した。ビートルは1930年代のナチスドイツ時代の大衆車構想に源流がある往年の名車。近年は販売が低迷しており、約80年の歴史に幕を閉じることになる。

    no title

    「ビートル」は80年の歴史に幕を下ろす=AP

     ビートルは丸みを帯びた独特のフォルムで「カブトムシ」の愛称でも知られる。現行モデルはメキシコ工場で生産する。

     VWは15年秋に発覚した排ガス不正以降、グループ内の車種の見直しや電動化シフトを進めている。

     北米では、ピックアップトラックや多目的スポーツ車(SUV)など大型車のブームに押されて販売が低迷。米国では今年8月までの累計販売台数は約1万1000台と前年実績を割り込んでいた。

     VW米国法人のハインリッヒ・ウェブケン社長はビートルの今後の生産について「ファミリー層に特化し、電動化を推進する取り組みの中で、直ちに代替計画を立てることはできない」とコメントした。

    2018/9/14 12:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35362030U8A910C1EAF000/

    【VW、「ビートル」生産終了 19年7月で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/05(水) 19:39:05.68 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    アウディ ジャパンは2018年9月5日、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表した。同年10月15日に販売を開始する。

    アウディの技術の粋を集めたフラッグシップモデル「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」をスローガンに掲げるアウディが最新技術を注ぎ込み、常に新しいラグジュアリーサルーン像を提案してきたのが、フラッグシップセダンのA8である。例えば1994年に登場した初代モデルは、量産車として初めてオールアルミボディーの「ASF(アウディスペースフレーム)」を採用。その後も、インフォテインメントシステムの「MMI」や「マトリクスLEDヘッドライト」といった、さまざまな新技術を搭載してきた。

    そのA8が8年ぶりにフルモデルチェンジされ、4代目に生まれ変わった。新型は、アウディの新しいデザインアプローチによってエクステリアを一新するとともに、48V電源とマイルドハイブリッドを用いたパワートレイン、レーザースキャナーを搭載して精度を高めた運転支援システムなどにより、大きな進化を遂げている。

    ボディーサイズは、先代よりも全長が25mm、全高が5mm拡大して、それぞれ5170mm、1470mmとなる一方、全幅は5mm狭い1945mmに。ホイールベースは10mm拡大された3000mmで、ロングホイールベース版の「A8 L」では、全長、ホイールベースとも130mm長くなる。この余裕あるサイズのボディーを軽量化するため、新型にもASFを採用。アルミに加えてカーボンファイバーやマグネシウム、スチールを組み合わせることで標準ホイールベースの「A8 55 TFSIクワトロ」では車両重量を2040kgに抑えるとともに、先代に比べて24%のねじり剛性アップを実現した。

    エクステリアデザインは、2014年に発表されたコンセプトカーの「Audi prologue」に倣い、張りのある大きな面とシャープなエッジ、幅広く直立した新デザインのシングルフレームグリル、シャープな形状のヘッドライトなどによって特徴づけられる。一方、インテリアは水平基調のクリーンなデザインに加えて、スイッチ類を大幅に減らし、上下2つのタッチパネルによってシンプルなデザインと直感的な操作を可能とする「MMIタッチレスポンス」や、フルデジタルメーターの「アウディバーチャルコックピット」を採用することで、先進的なイメージを強めている。

    パワーユニットは、最高出力340ps、最大トルク500Nmの3リッターV6直噴ターボと、同460ps、同660Nmの4リッターV8直噴ツインターボを用意。トランスミッションはいずれも8段ATが組み合わされ、クワトロによって4輪を駆動する。さらに、リチウムイオンバッテリーを用いた48V電源システムと、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)を用いたマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載。減速時のエネルギー回生能力が高まるほか、55~150km/hで走行時にアクセルペダルをオフにするとエンジンを停止してコースティング走行が可能となるなど、燃費向上に寄与する。

    ラインナップと価格は以下の通り。「55」には3リッターV6エンジンが、「60」には4リッターV8エンジンが搭載される。
    A8 55 TFSIクワトロ:1140万円
    A8 60 TFSIクワトロ:1510万円
    A8 L 60 TFSIクワトロ:1640万円
    https://www.webcg.net/articles/-/39403

    【アウディ、フラッグシップセダン「A8」の新型を発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/05(水) 01:05:35.884 ID:jRFGuPn00
    使い道がない
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1536077135/0-


    no title


    【ブガッティ・ヴェイロンとかいう見た目はダサいのに早い車 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/02(日) 20:18:08.837 ID:6mDTI39Y0
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1535887088/0-


    【アルテオンとかいう車かっこよすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ