マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/19(火) 11:28:35.75 ID:CAP_USER9
     ホンダは18日、米国オハイオ州の工場で中型セダン「アコード」の新型の量産を始めたと発表した。同工場には2億6700万ドル(約296億円)を投じて新型の溶接ロボットなどの生産設備を導入した。北米での主力車種「アコード」を5年ぶりに全面刷新するにあたり、効率的な量産体制を整える。新車販売が落ち込む北米市場のテコ入れにつなげる。

     投資額のうち、車体工場には2億2000万ドルを充て、新型の溶接ロボットなどを整備した。エンジン工場には4700万ドルを投じた。新型アコードの量産に伴い工場では新たに300人を雇用する方針だ。

     量産を開始したアコードは10代目となる。以前からデザインを一新したほか、車内でWi―Fiを使えるようにするなど先進装備に対応した。これまでハイブリッド車(HV)は日本から輸出していたが新型はオハイオ州の工場でつくる。ガソリン車は1.5リットルと2リットルの直噴ターボエンジンの2種類を用意した。

    配信2017/9/19 9:54
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H5G_Z10C17A9EAF000/

    【ホンダ、米オハイオ州工場で新型アコード量産開始 300億円投資 新たに300人を雇用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/20(水) 20:13:58.16 ID:CAP_USER9
    ホンダは、トロロッソの方がマクラーレンよりもいいパートナーになるだろうと考えている。

    今季限りでのマクラーレンとの関係終了が発表された先週末のシンガポールにおいて、ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅司は本当であれば来年もマクラーレンと一緒にやりたいと考えていたことを認めている。

    だが、ホンダパワーユニットのパフォーマンスと信頼性の欠如により、マクラーレンとホンダとの間には埋めることができない溝が生まれてしまっていたようだ。

    そのホンダは、来年からはマクラーレンに代わってレッドブルのジュニアチームであるトロロッソにワークスパワーユニットを供給することになる。

    ■トロロッソとの提携をチャンスに

    山本は、マクラーレンとの関係解消は残念ではあるものの、トロロッソと組むことはホンダにとってのチャンスになるとも考えている。

    「今のレギュレーションは2020年まで継続されます。ですからまだ3年もありますし、このテクノロジーにおける我々の改善を示したいと思っています」

    そう語った山本は、次のように付け加えた。

    「まず、トスト氏(トロロッソのチーム代表を務めるフランツ・トスト)は日本のことをよく知っています。彼は日本の文化も理解していますし、いいコミュニケーションが取れています」

    ■トロロッソのうまみを引き出したい

    山本はさらに、組織的に見た場合、マクラーレンよりもトロロッソの方がやりやすいのではないかとの期待も抱いている。

    「マクラーレンと一緒にやっていて、私は彼らが非常に大きな企業であり、非常に組織的であることが分かりました。もちろんそれは非常に強みとなるものです。しかし、同時に彼らは変化への対応が困難なのです」

    「それに比べるとトロロッソはまだ成長途上の組織です」

    「この2チームを料理に例えるならば、マクラーレンは非常に洗練されたフランス料理だと言えるでしょう」

    そう述べた山本は、次のように付け加えた。

    「一方、トロロッソはもっと素朴な、ホームメイドのおいしいシチューのようなものですし、そこに新たな素材を付けたすこともできます。私たちはそれができることを楽しみにしているところです」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000000-fliv-moto
    【【F1】ホンダトロロッソは素朴なシチュー、うまみを引き出したい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/15(金) 16:48:07.64 ID:xqthPsj60 

    世界中の自動車メーカーが電動化車両へ舵を切りつつある中、予告通りホンダはフランクフルトモーターショー
    (プレスデー:9月12日?13日、一般公開日:9月14日?24日)において「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」を世界初公開しました。

    注目は、新開発となるEV専用プラットフォーム。「Honda Urban EV Concept」は、2019年にも欧州で発売するという
    量産EVの将来の技術とデザインの方向性を示すコンセプトという位置づけです。

    「Honda Urban EV Concept」の外観は、「キビキビした走りの楽しさ」と「愛着を感じる、親しみやすさ」をアイコニックに表現。
    ロー&ワイドのシンプルなたたずまいと、欧州向けの「ジャズ(日本名フィット)」よりも100mm短い全長により、都市の移動に最適なコンパクトサイズとしています。

    大型ディスプレイが配置されているインテリアはAIを使った「Honda Automated Network Assistant」により、「人とクルマとの新しい関係性」を提案するとしています。

    さらに、ダッシュボード上のスクリーンには航続可能距離などの走行情報のほか、「Honda Automated Network Assistant」による
    パーソナルコンシェルジュ機能により、ドライバーのライフスタイルや過去の行先、嗜好を学習して状況に応じた提案をするほか、
    ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートまでしてくれるそうです。

    https://clicccar.com/2017/09/13/510349/
    no title

    no title

    no title

    no title

    【市販決定!!ホンダが発表した新型車が最高すぎる!まるで初代シビック!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/15(金) 21:49:29.20 ID:CAP_USER9
    自動車レースの最高峰「F1」でかつて圧倒的な強さを誇り、7年ぶりの復帰が注目された「ホンダ」は、エンジンのパワー不足などでレースでの低迷が続き、イギリスのレーシングチーム「マクラーレン」との提携を今シーズン限りで解消することになりました。

    発表によりますと、ホンダは、自動車レースの最高峰F1でエンジンを供給しているイギリスのレーシングチーム、マクラーレンとの提携を今シーズン限りで解消します。

    ホンダは、2015年からマクラーレンにエンジンの供給を再開し、1980年代の後半から90年代にかけてF1で圧倒的な強さを誇り、黄金時代を築いたチーム「マクラーレン・ホンダ」を復活させました。

    ホンダにとっては7年ぶりのF1への復帰で注目されましたが、エンジンのパワー不足や、相次ぐトラブルなどもあってレースでは低迷を続けたことから、マクラーレン側は別のメーカーとの提携を模索していました。

    マクラーレンとの提携解消を受けて、ホンダは来シーズンからイタリアのレーシングチーム「トロ・ロッソ」にエンジンを供給し、F1への参戦は継続する方針です。

    ホンダの八郷隆弘社長は「志半ばでたもとを分かつのは非常に残念だが、お互いの将来に向けた最善の道として決断した」とコメントしています。

    配信9月15日 21時36分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011141391000.html

    【【F1】ホンダ、 F1でマクラーレンとの提携を解消へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/12(火) 10:02:53.36 0
    試乗してわかった、新型N-BOXの圧倒的な完成度!

    新型N-BOXに試乗したら、完成度の高さに驚いた。軽自動車のトール型ミニバンを買うなら
    N-BOXしかないと思えるほどライバルを徹底的に引き離している。
    「良ければ売れる」という簡単なジャンルの商品じゃないため、
    売れるか売れないか不明ながら、ショッピングリストの筆頭にしたい。

    新型N-BOXで走り出すと「これ、ホンダ車の中で一番バランスいいね!」のレベル。
    大笑いすることに、ホンダの最高級車であるレジェンドより滑らかなほど。
    コーナリングだってレベル高い。静かだし乗り心地良いし、居住空間は広くて快適。
    私のように要求レベルが高い運転手ですら「何の不満もありません」と納得してしまう。
    文頭にも書いた通り軽自動車ではダントツに良い。

    no title

    https://allabout.co.jp/gm/gc/470971/

    【受注3万台もはや日本の車は新型N-BOXという軽自動車でいいだろ、乗用車乗ってる俺も完成度に脱帽したわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/13(水) 06:27:17.51 ID:CAP_USER9
    ホンダは9月12日、『アーバンEVコンセプト』を発表した。実車は9月12日夜、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

    アーバンEVコンセプトは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカー。新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込む。

    全長は、『フィット』よりも約100mm短い。車のフロントには、あいさつや他のドライバーへのアドバイス、充電状況など、多言語でメッセージを表示することができる。

    インテリアは、細いAピラーと、フロント全体を覆うワイドなフロントガラスが特徴。後部ヒンジ式のコーチドアから乗降する。室内には、異なる素材で仕上げられたベンチシートが2脚配置され、乗車定員は4名。ダッシュボードのメイン画面には、バッテリーの残量を含むさまざまな車両情報が表示される。

    http://response.jp/article/2017/09/12/299681.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダ アーバンEVコンセプト 発表…2019年の市販EV示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/11(月) 21:50:11.73 ID:CAP_USER9
    http://jp.reuters.com/article/honda-special-report-idJPKCN1BM0QH

    白水徳彦

    [東京 11日 ロイター] - ホンダ(7267.T)が復活への苦闘を続けている。かつてF1を初めとする数々の自動車レースを制覇し、燃費向上や環境技術でも業界の先頭を走った同社の輝きは、すっかり色あせた感がぬぐえない。

    「世界のホンダ」は再びよみがえることができるのか。危機感を抱く八郷隆弘社長のもと、失われた革新力を取り戻す厳しい挑戦が始まっている。

    <過ぎ去った栄光の時代>

    1988年、三重県鈴鹿サーキットで開かれたF1日本グランプリ。ライバルだったアラン・プロストの追撃を抑え、トップでゴールインしたアイルトン・セナは、勝利のこぶしを突き上げて大観衆の歓声に応えた。後に伝説のレーサーと呼ばれたセナが、ワールドチャンピオンの座を初めて手にした瞬間だった。

    接戦を演じたセナとプロストの車は、ともにホンダ製エンジンを積んだマクラーレン。この年に行われたF1世界選手権で、マクラーレン・ホンダは16戦中15勝という圧倒的な強さを見せつけ、「ドリーム・チーム」の評価を欲しいままにした。

    レーストラックの外でも、ホンダの躍進は続いていた。1970年代、同社が開発したCVCCエンジンは、業界における燃料効率と排ガス浄化の水準を引き上げるきっかけとなった。

    さらに、同社のエンジンがセナに数々の勝利をもたらしていた1980年代、「シビック」と「アコード」の登場は、米国のファミリーセダンのイメージを塗り替えるインパクトをもたらした。1997年にはカリフォルニア州のゼロエミッション基準を満たす電気自動車(EV)の「HONDA EV PLUS」を発表、同社の革新性を世界に印象付けた。

    しかし、鈴鹿サーキットでの勝利から約30年、ホンダの状況は様変わりし、世界企業への原動力となった同社の「革新の歯車」には大きなきしみが生じている。

    自動車レースでは精彩を欠き、マクラーレン・ホンダ勢は今シーズンまだ1勝もしていない。しびれを切らしたマクラーレンは、ホンダとの契約解消を持ち出している。自動車市場では2008年以降、エアバッグの欠陥によるホンダのリコール(回収・無償修理)数は米国で1100万台以上に達した。

    2013年と2014年には、トランスミッションの不具合で「フィット」と「ヴェゼル」のハイブリッド車が相次ぐリコールに追い込まれた。EVの分野では、急成長する米テスラ(TSLA.O)や他社の新車種の後塵を拝している。

    「我々自身が、かつての元気をなくしてしまったのは間違いない」と八郷社長は危機感を隠さない。同氏はロイターとのインタビューで、1950年代後半に同社が発売した「スーパーカブ」を例に挙げ、「人の生活を変え、行動範囲を広げ、人生も変える」商品を生み出す「ホンダらしさ」復活の必要性を強調した。

    技術者がリスクを恐れない「レーシングスピリット」あふれる社風を取り戻し、コスト削減重視に流れがちな社内の圧力から革新勢力を守る──。2015年6月に社長に就任した同氏が目指すのは、こうした企業構造の再構築だ。

    その方策の1つとして八郷氏は、ここ数年間、社内の様々な問題について私的な勉強会を行ってきた技術者やマネジャー、計画担当者たちの集まりを正式な社内組織と認め、少数精鋭の改革部隊を設置した。革新的な製品・技術などを開発するために、米航空機メーカーのロッキード・マーチン(LMT.N) 、米IT企業のアップル(AAPL.O)やグーグル(GOOGL.O)などでも結成されている「スカンク・ワークス」と呼ばれる研究開発チームをモデルにした措置だ。
    (リンク先に続きあり)

    (編集:北松克朗、編集協力:白木真紀、田頭淳子、伊藤恭子、本田ももこ、杉山容俊)

    2017年9月11日 / 10:53 / 3時間前更新

    【ホンダが失った「暴走力」、改革DNAの復活あるか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/11(月) 17:31:15.74 ID:CAP_USER
    ホンダは11日、中国で2018年に発売する電気自動車(EV)を中国のIT(情報技術)大手、東軟集団(ニューソフト)と共同開発すると発表した。バッテリー制御技術や車両データの管理、つながる車(コネクテッドカー)の分野で協力する。中国政府はEVの普及を進めている。ホンダは各種の制御ソフトに強い東軟集団と組み、迅速なEVの市場投入につなげる。

     東軟集団は1991年の創設。中国全土に研究開発の拠点があり、2万人近い社員が働く。ソフトウエアの開発を主力とし、エネルギーや電子、通信など国内外の幅広い企業と取引がある。自動車向けではカーナビゲーションシステムや運転支援につながるソフト開発を得意とする。

     ホンダは18年に発売予定のEVを中国に2つある合弁会社の東風本田汽車(湖北省)、広汽本田汽車(広東省)と現地の研究子会社、本田技研科技を加えた3社で共同開発すると発表した。EVは東風本田と広汽本田の工場で生産し、両社のブランドで発売する。
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11HQ0_R10C17A9EAF000/
    【ホンダ、中国IT大手とEV開発 バッテリー制御など協力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/09(土) 22:28:17.23 ID:ENyxM6oA0 
    ホンダ、自然吸気エンジンに「VTEC」を軽初採用して燃費を27.0km/Lまで高めた新型「N-BOX」
    「鏡面バルブ」を世界初採用。N-BOX カスタムは"流れるウインカー"を軽初搭載
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1076023.html

    【ホンダのVTECってエンジンぶっ壊れたかのような音がヤバイよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/07(木) 06:50:36.68 ID:bK/BEpCK0
    レッドブルのダニエル・リカルドが、マクラーレンはホンダ以外のエンジンであればどのメーカーのものを搭載してもすぐに速さを示すはずだと語った。

    現時点においては、マクラーレンがホンダと今季限りで決別するという方針を固め、来季はルノーからエンジン供給を受けることを目指して水面下で関係者たちによる調整作業が進められていると言われている。

    ■マクラーレンが遅いのはホンダエンジンのせいだけ

    タグ・ホイヤーというブランド名が与えられたルノー製パワーユニットを搭載するマシンで戦っているリカルドは、スペインの『Marca(マルカ)』に次のように語った。

    「残念ながら、ホンダは彼らのエンジンでマクラーレンのクルマを速く走らせることができていない」

    「だから、僕はもし彼ら(マクラーレン)がルノーあるいはどこかほかのエンジンを搭載すればそれだけで今よりも速くなるだろうと思うよ。だって、クルマ自体はすごくよさそうに見えるからね」

    「来年は彼らがもっと強くなるに違いないよ」https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00000000-fliv-moto
    【【遅いのはホンダのせいだけ】 リカルド「ホンダ以外のエンジンならマクラーレンはすぐに速くなる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/03(日) 16:06:48.28 0
    http://toyokeizai.net/articles/-/186782

    ずっと売れている「化け物」のような車

    「N-BOXは新型への切り替え前でも売れ続ける、化け物のような車だ」。
    2代目の開発責任者を務めた白土清成・主任研究員は自らが手掛けた商品をそう評した。

    一般的に自動車は、発売から時間が経つと新型への切り替えを待つ"買い控え"が起こる。
    にもかかわらず、旧型のN-BOXは発売から4年以上が経った2015年、2016年と2年連続で軽乗用車販売1位になった。
    【軽自動車の中でもホンダの「N-BOX」が特に売れ続けているらしい。何がええんやろか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/31(木) 17:18:23.10 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170831/k10011120821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    高齢ドライバーの交通事故が相次ぐ中、ホンダは追突事故を防ぐ自動ブレーキなどを標準装備した新型の軽自動車を発売することになりました。

    ホンダが9月1日発売するのは主力の軽自動車「NーBOX」の新型モデルです。

    高齢ドライバーによる事故が相次ぐ中、新型のモデルでは車の前方にカメラを搭載し、歩行者などにぶつかるおそれがあると自動的にブレーキがかかる機能や、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる急発進を防ぐ機能などが標準装備されています。
    価格は138万円からで、安全機能を搭載したため前のモデルよりも11万円高いということです。

    高齢ドライバーの利用が多いとされる軽自動車をめぐっては、スズキやダイハツなどほかの自動車メーカーでも事故を減らそうと安全機能を拡充する動きが広がっています。
    こうした動きなどに伴って、国の統計によりますと、軽自動車の価格はこの10年ほどの間におよそ3割値上がりしているということです。

    ホンダの寺谷公良執行役員は「多くのユーザーがいる車だからこそ安全システムは必要な装備だと判断した。多くのお客様に受け入れられると期待している」と話しています。

    8月31日 16時45分

    no title

    【自動ブレーキ標準装備の軽自動車「NーBOX」で高齢者事故防止 ホンダ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/31(木) 11:52:27.20 0
    新型N-BOX発表。軽ベストセラーが安全装備充実でさらに隙のない存在に

    ホンダは31日、主力の軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」の新型車を9月1日に発売すると発表した。
    2011年のシリーズ第1弾モデル発売以来、約9割の部品を見直した初の全面改良となる。

    販売計画は月1万5000台。同社の寺谷公良執行役員によると、事前受注は2万5000台を超えているという。
    高級車で導入している安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準搭載した。
    軽では安全装備がオプションになっていたり上級モデルにしか設定がないような例が多いが、N-BOXではすべてに標準装備する。

    【N-BOX G-EX ホンダセンシング】
    エンジン=660cc直列3気筒DOHC
    最高出力=43kW(58ps)/7300rpm
    最大トルク=65Nm(6.6kg-m)/4800rpm
    JC08モード燃費=27.0km/L
    使用燃料=レギュラーガソリン
    車両本体価格=159万6240円

    【N-BOX カスタム G-EXターボ ホンダセンシング】
    エンジン=660cc直列3気筒DOHCターボ
    最高出力=47kW(64ps)/6000rpm
    最大トルク=104Nm(10.6kg-m)/2600rpm
    JC08モード燃費=25.0km/L
    使用燃料=レギュラーガソリン
    車両本体価格=194万9400円

    no title

    no title

    https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20170725-20103290-carview/1/

    【ホンダ、新型N―BOX9月1日発売 月販1.5万台計画 ホンダセンシングを標準搭載で日本の国民車へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/26(土) 12:04:34.50 ID:3CMCENz30 
    no title


    Piece by piece, Honda's oft-rumored secondary sports car is coming into focus. What has been referred to as the Honda S2000 successor,
    or more colloquially as the "baby NSX," has seen two patent filings detailing the exterior and interior design. If the latest patent sheds any additional light, the sports car may also have a targa top.

    Honda moved to patent a targa top design with the United States Patent and Trademark Office, though the patent images seem to depict a Honda S660 kei car.
    Here's where it gets interesting. Obviously, Honda has no plans to bring the little S660 roadster to the United States,
    so this targa top design has been protected for something else entirely?like a proper S2000 successor.

    http://www.motorauthority.com/news/1112333_honda-s2000-successor-may-feature-targa-top#
    https://i1.wp.com/intensive911.com/wp-content/uploads/2015/08/2018-Honda-Baby-NSX-2.jpg?resize=692%2C375

    【ホンダが謎のタルガトップのスポーツカーを特許申請 次期S200か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/25(金) 21:05:49.02 ID:PWLBsHtU0 
    no title


    新NSX イギリスで完売 追加導入に

    ホンダが、新型NSXの英国向け割当て枠を増やす。なぜなら、初回導入された100台が、完売したのだ。
    NSXの英国発売から12カ月。オーダーブックが閉じられたことをうけて、新たに50台を追加導入することが決定した。デリバリー開始は2018年中盤だという。

    英国ホンダによれば、初代ホンダのアイコニックなイメージが、予想を超える需要を支えているという。

    「NSXは、ロードカーとしてエンジニアリングの頂点を極めたモデルです。さらに、1990年からスーパーカーとして親しまれた初代NSXのヘリテージが、
    この国には存在します。こうしたことが、新型の強い需要を生むのでしょう」
    「追加導入枠を得たことで、新型NSXをまだ手に入れていない熱心なファンの皆さんにも、お届けできることになります」

    新型NSXの英国発売価格は、£149,050(2090万円)からとなっている。
    3.5?V6ツインターボエンジンを3基のモーターと組み合わせるNSX。そのシステム最高出力は581ps、最高速度は307km/hに達する。

    https://www.autocar.jp/news/2017/08/25/235166/

    【新型NSXが欧州で爆売れ あまりの人気に急遽追加販売決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ