マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/29(月) 21:59:53.94 ID:GLhC2Qqw9
    ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスは2020年6月26日、「ホンダS2000」用純正アクセサリーパーツの販売を開始した。

    すでに2020年2月20日から予約注文受け付けが始まっているホンダS2000用の純正アクセサリーパーツ。“20年目のマイナーモデルチェンジ”をコンセプトに新開発されたフロントエアロバンパーに加えて、車両販売当時にラインナップされていた純正アクセサリーを一部復刻して販売する。

    今回販売されるアクセサリーパーツは以下の通り。

    【2021年2月19日までの期間限定受注生産商品】

    ・フロントエアロバンパー:9万6800円
    ・トランクスポイラー ダックテールタイプ:4万6200円
    ・リアストレーキ:3万3000円
    ・フロアカーペットマット(ブラックまたはレッド):3万0800円
    ・フットライト:1万3200円
    ・ボディーカバー ハーフタイプ:1万8700円

    【販売個数限定商品】

    ・スポーツサスペンション(1台分セット/500セット限定):17万0500円
    ・オーディオリッド:8800円(2000個限定)

    個数限定商品については、スポーツサスペンションが残りわずか、オーディオリッドはすでに完売しているという。

    20周年記念アクセサリーの開発責任者は、2004年以来のS2000オーナーだ。彼がS2000の発売20周年を迎える前に一念発起。20年分の進化を表現するアクセサリーの開発を当時の役員に直談判したことから、今回のプロジェクトがスタートした。その後は2019年4月に開催したオーナーズイベントで、企画中のフロントエアロバンパーのデザインステッチを公開して意見を聞いたほか、アンケートも実施。これらの意見も参考にして商品ラインナップの検討を進めてきたという。(webCG)

    2020.06.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42942

    ホンダS2000用純正アクセサリーパーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1593435593/0-


    【「ホンダS2000」のデビュー20周年記念アクセサリーの販売がスタート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/27(土) 09:14:09.35 ID:wu2VHXJI0
    36万円だったんたが買いか?
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1593216849/0-

    honda-shatl001s


    【近所の車屋にホンダの大ヒットカー「インサイト」が売っていたんだがなんと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    い1: 2020/06/26(金) 23:29:56.85 ID:/JtIUQLV0
    かっこいい
    no title
    【ホンダ、300万円台で買える滅茶苦茶かっこいい車を出してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/21(日) 13:15:08.36 ID:M+lF2bfO0
    no title

    no title

    no title

    no title


    ホンダは、2020年10月頃にもホンダ初の量産EV(電気自動車)である「ホンダe(イー)」を国内で発売する方向でスケジュール調整を進めている模様だ。

    シンプルかつ、モダンなデザインは早くも高い評価を獲得。
    ドアミラーの代わりにカメラが設置され、空力特性の向上に貢献する、格納式ドアハンドルが用いられるなど、デザインだけで選びたくなる1台に仕上がっている。

    コックピットには、8.8インチのメーターパネルと、2個の12.3インチ画面が並び、インフォテイメントなど、各種情報がワイドに表示される。
    フリックすれば画面ごとに入れ替えることができ、運転席と助手席で異なるアプリを同時に使うことも可能だ。

    停車中は、大画面を生かしてインターネットや映像を見ることもできる。
    「OK!ホンダ」と呼びかけて、パーソナルアシスタントを立ち上げれば、音声で機能を操作したり、知りたい情報を得られる。

    充電ボードは、ノーズ上面に配備。急速充電を使えば、35.5kWhのリチウムイオン電池を30分で80%まで充電できる
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1592712908/0-


    【【朗報】自動車メーカーホンダ、めちゃくちゃカッコいい電気自動車を発売してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/18(木) 00:32:18.287 ID:96wHcLQm0
    no title

    no title

    このゴツさよ
    これならキャンプにも使えるな(´・ω・`)
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592407938/0-


    【ホンダのアコードってこの世代がいっちゃんかっこいいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/20(土) 02:43:56.044 ID:CkC36Bz+a
    めっちゃええやん…
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592588636/0-


    【ホンダのシビックセダンめっちょカッコよくないか…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/18(木) 20:28:47.83 ID:hG54qXuc9
    本田技研工業は2020年6月18日、ミドルサイズSUV「ホンダCR-V」にマイナーチェンジを実施し、同年6月19日に発売すると発表した。

    ■ディテールの変更で内外装の上質感をアップ

    今回のマイナーチェンジでは、シーケンシャルターンシグナルランプやステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーを全車標準装備化。「EX」グレードのシートをファブリックからファブリックとプライムスムースレザーのコンビタイプに変更したほか、「EX・マスターピース」グレードではホイールの意匠を変更するとともに、後部シートヒーターを標準装備とした(5人乗り2列シート仕様のみ)。

    ラインナップについては、ハイブリッドモデルの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更するとともに、新たな最上級グレードとして「EX・ブラックエディション」を設定。黒を基調としたインテリア・エクステリア装飾や、ブラック塗装のアルミホイールなどで、SUVの持つ力強いイメージを強調したモデルとなっている。

    EX・ブラックエディションの専用装備は以下の通り。

    ・専用アルミホイール(ブラッククリア塗装、18 インチ)
    ・専用エンブレム
    ・ダーククロームメッキ仕上げのフロントグリルとフォグランプガーニッシュ、テールゲートガーニッシュ
    ・ブラックのヘッドランプエクステンション
    ・スモークタイプの LED リアコンビネーションランプ
    ・「BLACK EDITION」ロゴ入り本革シート
    ・ピアノブラック調塗装のドアオーナメントパネルとインナードアハンドル
    ・ブラックの木目調パネル
    ・ブラックルーフライニング

    ボディーカラーについては、「ルナシルバー・メタリック」や「ルーセブラック・メタリック」などに代わり、新たに「シーグラスブルー・パール」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」の3色を採用。全6色の構成としている。

    価格は336万1600円から455万8400円。(webCG)

    2020.06.18
    https://www.webcg.net/articles/-/42890

    CR-V
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592479727/0-


    【「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/12(金) 23:53:28.53 ID:0re8j59r0
    no title



    批判多そうだけどなんか好き

    ケバいって感じのカスタムでもないし可愛いし
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591973608/0-


    【ホンダの軽自動車、カスタムしたらカッコいい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/11(木) 21:27:16.23 ID:dh+A6G0j9
    本田技研工業は2020年6月11日、燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の個人向けリースの取り扱いを開始すると発表した。

    クラリティ フューエルセルは2016年3月10日に発売された燃料電池車で、セダンタイプとして世界初の5人乗りを実現。一充填走行距離が約750km(JC08モードでのホンダ計測値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度というガソリン車と変わらない使い勝手やパッケージングがセリングポイントになっている。2016年の発売と同時に自治体・企業向けとなるリースを開始し、2019年12月には一部改良が実施された。

    今回の個人向けリース車両には、ルーフカラーがブラックとなる「プレミアムディープロッソ・パール」と「プラチナホワイト・パール」、「クリスタルブラック・パール」という3種類の外装色が用意されている。

    水素ステーションのある都道府県の一部ディーラー(2020年6月11日時点で35法人)において取り扱いを行う。(webCG)

    2020.06.11
    https://www.webcg.net/articles/-/42867

    クラリティ フューエルセル
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591878436/0-


    【ホンダが「クラリティ フューエルセル」の個人向けリースを開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/07(日) 08:15:04.94 ID:ols8O4UM0
    no title

    no title

    no title

    精悍やん
    Cクラスとか3シリーズよりかっこいいわ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591485304/0-


    【現行ホンダ シビックがカッコ良すぎる……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/09(火) 21:48:49.59 ID:CAP_USER
    no title

    ホンダ・シビック・タイプR 改良新型のリミテッドエディション(北米仕様)

    ホンダのカナダ部門は、改良新型『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)の「リミテッドエディション」限定100台が、予約受注を開始して4分で完売した、と発表した。カナダでは、2020年後半に発売される予定だ。

    リミテッドエディションには、改良新型シビックタイプRのすべてのアップデートに加えて、究極のストリートリーガルサーキットマシンを目指して、専用チューニングが施されている。


    リミテッドエディションのハイライトは、軽量化にある。足回りには、BBS製の軽量鍛造アルミホイールを装着し、バネ下重量を8.2kg低減する。また、防音材を削減し、リアワイパー、トノカバー、リアヒーターダクトなどを廃止した。これにより、12.7kgの軽量化を実現する。

    サスペンションは、ダンパーを専用チューニングした。コントロール性能とフィードバックを引き上げるために、ステアリングにも再チューニングを施している。

    シングルピースのフロントブレーキローターは、耐フェード性を高め、バネ下重量を減らしてブレーキ性能を向上させる目的で、2ピースのローターに変更された。より耐フェード性の高いブレーキパッドも採用した。ブレーキペダルは、ブレーキ作動する前の遊びを、およそ17%減らし、ダイレクト感を高めた。さらに、新しいフロントブレーキシステムにより、バネ下重量が片側1.1kg、合計で2.2kg削減され、乗り心地とハンドリングの両方のパフォーマンスを向上させている。

    過去のタイプRの限定モデルに敬意を表して、改良新型シビックタイプRのリミテッドエディションは、専用ボディカラーのフェニックスイエローで塗装する。さらに、ルーフ、ドアミラーカバー、ボンネットのエアダクトには光沢ブラック塗装を施した。リアハッチには、ダーククローム仕上げのシビックエンブレムが装着されている。

    https://response.jp/imgs/zoom1/1533122.jpg
    ホンダ・シビック・タイプR 改良新型のリミテッドエディション(北米仕様)

    https://response.jp/article/2020/06/09/335417.html
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1591706929/0-


    【ホンダ シビックタイプR 改良新型の軽量仕様、予約開始4分で完売…2020年後半カナダ発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 20:34:18.18 ID:C5D8seUa0 BE:232392284-PLT(12000)
    本田技研工業が北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」は5月29日(現地時間)、新型「TLX」2021年モデルを発表した。
    今秋から米国での販売を開始し、価格は3万ドル半ば~を予定。
    また、2021年春にはハイパフォーマンスバージョンである「TLX Type S」を導入することが予告されており、Type Sの復活は10年ぶりのことになる。
    TLX、TLX Type Sともにトルクベクタリングを実現する「SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を採用する。

     パワートレーンについては、標準仕様となるTLXがVTEC搭載の2.0リッターターボエンジン、TLX Type Sが
    栃木にあるR&Dセンターが開発を主導したV型6気筒3.0リッター直噴ターボエンジンで、いずれもシーケンシャルSportShiftを備えた10速ATを組み合わせる。
    2.0リッターターボは最高出力272HP、最大トルク280lb-ftを発生(3.0リッターターボの出力/トルクについては現時点で不明)。

    SH-AWDも進化した。新型TLXに搭載される第四世代は、リヤのトルク容量を40%増とすることで、フロントからリヤへのトルク伝達の速度を30%向上している。
    新型TLXでは通常走行時、エンジントルクの最大70%をリヤアクスルに伝達し、リヤアクスルは走行状況に応じて、そのトルクの最大100%を左右の後輪に配分することが可能だ。
    なお、SH-AWDは2.0?車にオプション設定、タイプSには標準設定となる。4WDのタイプSは、新型TLXが初めてだ。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1255372.html
    https://motor-fan.jp/article/10014956
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1590752058/0-


    【ホンダ 3LV6ターボAWD10速ATのスーパーセダンを発表! 350万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 19:51:13.75 ID:Ww63DItn9
    本田技研工業は2020年5月29日、ハイブリッドセダン「インサイト」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

    ■新グレード「EX・プライムスタイル」登場

    今回のマイナーチェンジでは、新グレードとして「EX・プライムスタイル」を追加設定した。「EX」グレードをベースに上質感を高めたモデルで、インテリアについてはアイボリー基調のカラーリングで華やかさを表現。エクステリアはスポイラーが省略されたトランクリッドを特徴とし、ボディーカラーには同車専用色の「シルバーミストグリーン・メタリック」も用意している。

    同グレードの専用装備は以下の通り。
    ・専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
    ・スポイラーレストランクリッド
    ・17インチ アルミホイール(グレークリア塗装)
    ・専用インテリア(アイボリー×グリーン)

    一方、既存の上級グレード「EX・ブラックスタイル」についても内外装を変更。専用装備であるアルミホイールのサイズを17インチから18インチに拡大したほか、ステンレス製スポーツペダルを新たに採用した。またボディーカラーに「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」を選択すると、インテリア各部のステッチカラーがボディーカラーに合わせた色となるよう仕様が変更された。

    ラインナップと価格は以下の通り。
    ・LX:335万5000円
    ・EX:356万4000円(レザーシート仕様:372万9000円)
    ・EX・プライムスタイル:368万5000円
    ・EX・ブラックスタイル:372万9000円

    (webCG)

    2020.05.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42787

    インサイト
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590749473/0-

    【「ホンダ・インサイト」がマイナーチェンジ 上質感を高めた新グレードが登場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/28(木) 21:56:21.50 ID:tQQoASjl9
    本田技研工業は2020年5月28日、コンパクトミニバン「フリード」をベースとしたコンプリートカー「フリード モデューロX」をマイナーチェンジし、同年5月29日に発売すると発表した。

    ■爽快な走りと快適な乗り心地を追求

    モデューロXは、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが手がけるコンプリートカーであり、シャシーの改良や空力パーツの装着によって運動性能の向上が図られている。フリード モデューロXについては2017年12月に発売されているが、ベースとなるフリードが2019年10月にマイナーチェンジ。今回、あらためて改良後のフリードをベースとしたモデルが販売されることとなった。

    エクステリアでは新設計のフロントエアロバンパーやフロントグリル、専用LEDフォグライトでカタログモデルと差別化。また空力性能を高める3つのエアロフィンを装着することで走行性能のさらなる向上も図っており、ドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地を提供するとしている。

    一方、インテリアではシートをプライムスムースとスエード調表皮のコンビタイプとすることで質感を向上させるとともに、体の滑りを抑制。ブラック基調のインテリアカラーによる特別感の演出も図っている。

    これらを含む、フリード モデューロXの主な専用装備は以下の通り。
    ・専用フロントグリル
    ・専用フロントエアロバンパー
    ・専用サスペンション
    ・専用15インチアルミホイール
    ・専用サイドロアースカート
    ・専用リアロアースカート
    ・専用LEDフォグライト
    ・専用フロントビームライト
    ・専用リアエンブレム(Modulo X)
    ・専用ドアミラー(クリスタルブラックパール)
    ・専用ブラック コンビシート (プライムスムース×スエード調/「Modulo X」ロゴ入り)
    ・専用本革巻きステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
    ・専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/「Modulo X」アルミ製エンブレム付き)など

    価格は以下の通り。
    ・モデューロX Honda SENSING(6人乗り):295万0200円
    ・モデューロX Honda SENSING(7人乗り):297万2200円
    ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り):325万6000円
    ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):327万8000円

    また上記の各仕様に、23万5400円高で9インチプレミアムインターナビ装着車(VXM-207VFNi<Gathers/専用オープニング画面>+ドライブレコーダー<フロント用/DRH-204VD 32GB キット>)も設定している。(webCG)

    2020.05.28
    https://www.webcg.net/articles/-/42785

    フリード モデューロX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590670581/0-


    【「ホンダ・フリード モデューロX」の改良モデルが登場 走りを高めた純正コンプリートカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/21(木) 20:59:01.19 ID:Q0jzGJPe9
    1991年にフルモデルチェンジしたホンダ シビック。5代目 EG型は「スポーツシビック」の名で親しまれた。この世代から4ドアセダンモデルには「シビックフェリオ」の名称が与えられている。ストロークに余裕を持たせ、四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用した足まわりは、愛称の通りスポーティーな走行を実現した。

    ■低燃費VTEC初搭載のスポーツハッチ5代目 シビック

    5代目となったホンダ シビックは、4代目と同様に四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備。ストロークを大きくとったサスペンションは、高いスピードで荒れた路面を走行しても、路面を離さないスポーティーな走行を実現していたことから「スポーツシビック」の名が与えられた。

    エンジンは、170馬力を発生させる1600cc DOHC VTECエンジンや燃費重視の1500cc SOHC VTEC-Eなど多数のエンジンを用意。リーンバーン(希薄燃焼)エンジンの「VTEC-E」は、5代目 シビックで初めて搭載された。ちなみに、VTEC-Eエンジンを搭載したシビックの燃費は最高30.42km/lを記録し、ギネス世界記録に認定されている。

    コンパクトな5ナンバー枠サイズの5代目 シビックは、上下分割のバックドアを持つ3ドアハッチバック、2ドアクーペ、4ドアセダン(フェリオ)をラインナップ。1995年まで製造販売され、6代目へフルモデルチェンジした。

    ■刺激的な超高回転エンジン

    最上級モデルに搭載される1.6リッターDOHC VTECエンジンは、最高出力の170馬力を7,800rpmという超高回転で発生。さらに、乗りやすさに重要な最大トルクは、コチラも高回転の7,300rpmで16.0kgmであり、低回転から最大トルクを発生する現代の車とは大きな違いがある。

    しかし、軽量コンパクトで、価格も比較的安価であったことから、当時の走り好きな若者を中心に人気となり、車高をギリギリまで落としたカスタムシビックが多く見かけられた。

    また、JTCC(日本ツーリングカー選手権)やシビックワンメイクレースなど、モータースポーツのベース車両としても活躍した。

    ■スペックや価格

    ◇サイズ:全長×全幅×全高=4,070mm×1,695mm×1,350mm

    ◇エンジン

    ・直列4気筒 1300cc SOHC D13B型
    ・直列4気筒 1500cc SOHC D15B型
    ・直列4気筒 1500cc SOHC VTEC-E D15B型
    ・直列4気筒 1500cc SOHC VTEC D15B型
    ・直列4気筒 1600cc DOHC VTEC B16A型

    ◇ボディタイプ:2ドアクーペ/3ドアハッチバック/4ドアセダン(フェリオ)

    ◇駆動方式:前輪駆動

    ◇トランスミッション:4速AT/5速MT

    ◇価格:92万8000円~188万1000円(1991年式ハッチバック)

    2020/05/17
    https://autoc-one.jp/honda/civic/special-5007289/

    5代目 シビック EG型
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590062341/0-


    【【懐古】オシャレで速いホットハッチ! テンロク最強と言われた5代目 ホンダ シビック EG型】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/22(金) 01:48:29.94 ID:r9c/umV/0
    ホンダホンダホンダホンダ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590079709/0-

    cr-v001s





    【宝くじ当たったら中古でホンダ・シティ買いたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/23(土) 04:49:55.71 ID:PGyesVJ3p
    2020年夏にホンダの3車種が生産終了

     ホンダ「シビックセダン」が2020年8月、「グレイス」は同年7月に相次いで生産終了することが明らかになりました。

     ホンダのセダンラインナップが一気に2車種減るほか、「ジェイド」も7月に生産終了となります。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5361c13c3eaabb1f9d25847c309744e4ffb840eb
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1590176995/0-

    hondasivic001s




    【【悲報】ホンダ「シビックセダン」復活からわずか3年で幕! グレイス、ジェイドも販売終了へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/04/20(月) 21:27:19.63 ID:ZiGGUNq69
    1987年から1991年にかけて製造販売され、バブル期のデートカーとしてヒットした3代目 ホンダ プレリュード(BA 4/5/7型)。バブル経済真っ只中に開発・販売されたことから、贅沢な機構が数多く搭載。スペシャリティFFクーペとして一世を風靡した。

    ■進化したコンパクトデートカー3代目 ホンダ プレリュード

    1987年にフルモデルチェンジされた3代目 ホンダ プレリュードは、ホンダらしい低いエンジンフードとリトラクタブルヘッドライトを採用。さらに、低く伸びやかなスタイルと横方向への広がりを感じさせるワイド&ローなスタイリングで、5ナンバーボディとは思えない存在感が大きな特徴だ。

    オシャレなクルマを持っていることが、モテル男のステータスとされていた当時。スタイリッシュなスタイリングと、豪華で最新の装備を搭載した3代目プレリュードは、まさしく若者たちの憧れだった。

    また、翌年に登場する日産 シルビア(S13型)と共に、デートにピッタリなコンパクトスペシャリティクーペというジャンルを牽引したモデルでもある。

    ■世界初4WSシステムを採用したFFスペシャリティカー

    搭載されるエンジンは、直列4気筒2000cc DOHC B20A型。2代目に搭載していたB20A型エンジンに比べ、18度後傾して搭載されたことや各部のブラッシュアップによって、最高出力145馬力を6000rpmで発生し、ホンダらしい吹け上がりの良いエンジンへと進化させている。

    バブル期真っ只中に登場した3代目プレリュードは、四輪ダブルウィッシュボーンサスペンションの採用や、量産車世界初の四輪操舵システム(4WS)を搭載したことでも話題となった。

    当時のCMで後輪が操舵する様子を強調するほど、4WSはまさに3代目プレリュードの目玉システム。ただ、現在のように速度やヨーモーメントを感知して作動する高度な電子制御ではなく、特に低速時の挙動にはやや慣れが必要であった。

    ■スペックや価格

    ◇サイズ:全長×全幅×全高=4,460mm×1,695mm×1,295mm

    ◇エンジン

    ・直列4気筒 DOHC 2000cc B20A型

    ・直列4気筒 DOHC 2100cc B21A型(北米仕様、特別仕様車「Si States(BA7)」)

    ◇トランスミッション:5速MT/4速AT

    ◇新車販売価格:222万5000円(2.0Si)

    2020/04/15
    https://autoc-one.jp/honda/prelude/special-5006873/

    3代目 ホンダ プレリュード
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://cdn.autoc-one.jp/images/article/202004/14192819948_aee9_o.jpg
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://cdn.autoc-one.jp/images/article/202004/14192820089_0e89_o.jpg
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587385639/0-


    【運転にはちょいとコツが!? 世界初の4WSを搭載した3代目 ホンダ プレリュード】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/04/24(金) 13:57:12.71 ID:X/FOaOEN9
    no title


    日本で水陸両用車といえば、都内をバスで観光した後、そのまま東京湾に突入する水陸両用バス「スカイダック」などが有名です。

    一方、海外では個人で水陸両用車を所有し、マリンアクティビティを楽しむ人たちがいます。

    アメリカのWaterCar社は 2013年から「パンサー」という水陸両用車を発売しています。個人での所有を目的に作られたのですが、なんとその値段は最低グレードでも約17,000,000円(158,000ドル)と超高額。

    ちょっと一般人には手が届きませんが、海外では見た目がジープの「ラングラー」にそっくりなことでも有名なようです。

    no title


    積んでいるのはホンダの3.7L V6 VTECエンジン 陸上で最高速度129 km/hの水陸両用車

    水陸両用車の歴史は意外と古く、1961年に「アンフィカー770」という車が販売されていました。アンフィカー770に搭載されていたエンジンの出力は最大出力で75 psと非力で、車としての評価がイマイチでした。

    そこで、2013年、WaterCar社が車としても満足に乗れる水陸両用車「パンサー」を作り上げました。

    「パンサー」は、陸上では後部に積まれたホンダ製の「3.7L V6 VTECエンジン」によって後輪を駆動させます。また、水上では車体中央下部に取り付けられた「パンサージェット」という自社開発のV6エンジンでスクリューを回転させます。

    このような優れたエンジンを載せることにより、陸上で最高時速129 km/h 、水上で最高時速72 km/hを叩き出しました。このくらいのパワーがあれば陸上でも移動手段として満足に使えますね。

    no title


    今までに100台以上売れている

    海外では今までに100台以上の「パンサー」が売れており、世の中にはたくさんお金持ちがようです。

    現在日本で購入することはできませんが、いつか自分の車で水上を気持ちよく走ってみたいものですね。

    https://nazology.net/archives/57536
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1587704232/0-


    【ジープそっくり!? ホンダのエンジンを載せた水陸両用車「パンサー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/04/06(月) 09:04:14.32 ID:gpWX66uJ9
    先代に当たる3代目モデルまでの累計販売台数は、約269万台。そんな失敗できない大ヒット作であるにもかかわらず、大胆で意欲的なフルモデルチェンジを行ってきたのが、ホンダのコンパクトカー「フィット」です。

    ではなぜ、4代目となる新型は、大胆なまでにキャラクターをシフトしてきたのでしょうか? そこには、多角的に“心地よいクルマ”を作るための、綿密なリサーチと大胆な割り切りがありました。自動車ジャーナリスト・塩見 智さんが深掘りします。

    ■新型フィットはあらゆる角が丸いファニー系

    先頃フルモデルチェンジしたフィットが、「かわいい」「ガラッと変わった」「テレビCMが素敵」と話題だ。販売も好調で、発売から1カ月間で月販目標の3倍となる3万1000台超を受注した。ちなみに、ほぼ同時期に発売されたトヨタ「ヤリス」は、発売から1カ月で約3万7000台を受注と、同様に好調。国内2大メーカーの代表的コンパクトカーがガチンコの販売競争を繰り広げ、市場はちょっとしたコンパクトカー祭りの様相を呈す、はずだったのだが、新型コロナウイルスで…。

    ホンダは国内2工場、トヨタは国内5工場で、それぞれ4月に一定期間、操業を停止する。そもそもユーザーが、クルマを買うために販売店へと足を運べる状況ではない(可能な地域はどんどん行ってください)。世界が未曾有の危機に見舞われ、クルマがどうのこうのという状況ではないが、日常はいつか必ず戻る。そうすればまた、クルマについてこうでもないああでもないと楽しむことができるはず。安易に出掛けられない今は、せめてオンラインでクルマを“読んで”いただきたい。

    さて、フィットに話を戻そう。初めて新型の姿を目にした際、直感的に「いい!」と思った。最初に目についたのは、動物の目のようなヘッドランプと、飛び出した“おでこ”のようなフロント中央部分だ。ふたつの特徴によって、まるで生き物のよう。ペットをかわいいと思うのに似た印象を抱いた。全体に角張っていて、シャープなエッジを多用した3代目とは打って変わって、あらゆる角が丸い。完全にファニー系だ。

    インテリアもガラリと変わった。フロントウインドウ越しの景色が違う。フロントのピラーがすごく細くて視界を邪魔しないのだ。細いフロントピラーの手前には、実際に車体構造を担う太いピラーがあり、それらを両端とするパノラミックな視界が広がる。

    ダッシュボードも平坦なデザインでスッキリ。たいていのクルマの場合、ステアリングホイール奥にあるメーターはカウルで囲まれ、太陽光が射し込みにくくなっているが、新型フィットにはそれもないからダッシュボードが実にフラットだ。メーターの液晶を高輝度タイプにすることでカウルを不要とした。映画館のようで気に入った。

    「面白いクルマなのでは?」と、走らせる前から予感させる。実際の走りがどうかについては他の記事を参照いただきたいが、簡潔にいえば、走りも変わった。乗り心地がソフトで快適になった。往年のフランス車のよう、というのはいい過ぎにしても、その雰囲気がある。

    実際、開発に際して、古いフランス車を研究したそうだ。そして静かでよく走る。それもそのはず。これまで上級車種のみに採用されていたハイブリッドシステムが、フィットにまで“降りてきた”からだ。

    ■初代のヒットの秘密は「期待を超えるクルマを提供できたこと」

    3代目のフィットは、発売当初に変速機の不具合で何度もリコールを重ねたが、それを克服してからはよく売れた。にもかかわらず、新型がここまで大胆に路線変更してきたことには、一体どういう意味が込められているのだろうか? この点について、商品開発責任者である、LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)の田中建樹さんに話をうかがった。

    ――新型フィットは、歴代モデルとは方向性が変わったように見えます。特に、直前の3代目との差は大きい。時代が求めるものが変わったことへの対応なのか、それとも、時代が求めるものを届けられていなかったという反省なのか、どちらなのでしょう?

    田中さん:時代の変化への対応も反省も、ともにありますが、新型は開発初期に「初代がどうしてあれほど世の中に受け入れられたのか?」について考えました。当時の基準で見て、よく走り、燃費がよく、価格が手頃だったこともあるでしょうが、それだけではなく「期待以上の満足感を皆さんに与えたからだ」と分析しました。

    続きはソースで
    https://news.livedoor.com/article/detail/18075332/
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1586131454/0-

    【大胆なキャラ変をしたホンダ「フィット」 背景にリサーチと割り切り】の続きを読む

    このページのトップヘ