マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/16(金) 11:05:58.30 ID:oeLMN3eX0 BE:423476805-2BP(3000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    CR-Vが2年ぶりに国内ラインアップに復活する。
    1.5LのVTEC-TURBOと2.0LのSport Hybrid i-MMDの2種類のパワートレインが設定される見込み。
    3列シート仕様も用意され、日産・エクストレイル、三菱・アウトランダーと直接対抗する。
    他のライバルモデルでは、スバルがフォレスターを今夏にフルモデルチェンジさせるなど、各社がC-DセグメントクロスオーバーSUVを強化してくる。2018年夏はミドルクラスSUVが激戦となりそうだ。

    https://car-research.jp/tag/cr-v
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2018/02/cr-v.jpg
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518746758/0-

    cr-v



    【ホンダ CR-Vが今夏復活、1.5Lターボ&3列シート 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/15(木) 19:14:05.00 ID:Te+n9NAs0 BE:232392284-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    ホンダは、コンパクトSUV『ヴェゼル』をマイナーチェンジし、2月16日より販売を開始する。

    エクステリアでは、フロントのバンパーやグリルのデザインを変更し、インラインタイプのLEDヘッドライトを採用し、先進感と力強さを表現。
    ボディーカラーには、新開発色である「オーロラアメジスト・メタリック」と「シルバーミストグリーン・メタリック」を含む3色を新たに追加するなど、全8色の設定とした。

    インテリアでは、フロントシートの形状を刷新しステッチを変更し、ホールド性と質感を向上。またスマートフォンをUSBで接続し、
    音楽再生や通話、マップアプリの操作などを、ナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した。

    走行面では、ハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-DCD」にきめ細かなチューニングを施すことで、よりスムーズな加速フィールを実現。
    また、ハイブリッドモデルのブレーキペダルにリンク機構を新採用することで踏み込み時のペダルの軌跡を最適化。よりスムーズなブレーキフィールとした。

    さらに安全運転支援システム「ホンダ センシング」の8機能を全タイプに標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、
    ブレーキ、ステアリングの制御技術により、安心・快適な運転や事故回避を支援する。また、自動ブレーキや誤発進抑制機能に加え、
    車線中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS(車線維持支援システム)」や車間距離を適切に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」など、
    快適な運転をサポートする機能も充実させた。

    価格は207万5000円から292万6000円。

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://response.jp/article/2018/02/15/306100.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518689645/0-


    【ホンダ新型ヴェゼルきたきたきたきたー!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/07(水) 21:59:35.441 ID:5lpQwTGL0
    no title

    no title

    デカすぎる
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1518008375/0-

    【ホンダのアコードって車が中々カッコいいんだけど 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/09(金) 12:26:45.54 ID:MHNqFwzA0 BE:423476805-2BP(3000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ホンダの新型軽自動車、N-VANがN-BOXのプラットフォームをベースに開発が進められている。4ナンバーの商用グレードで販売され、これまでのアクティバンを後継する。
    新型N-VANはN-BOXには無かった助手席側センターピラーレス構造が採用され、荷物の積み降ろしのしやすさがメリットとなる。
    同様のセンターピラーレス構造の軽自動車は、ダイハツ・タントが乗用グレードで長年ラインアップしてきた。バモスを後継するN-VANの5ナンバー乗用グレードの追加発売も予想される。

    https://car-research.jp/tag/n-van
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2018/02/acty-van.jpg
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518146805/0-




    【N-VANが8月発売、ホンダの軽自動車もセンターピラーレス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/06(火) 17:47:21.64 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20180206-OYT1T50066.html

    018年2月6日 17時32分

     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した1月の車名別販売台数で、ホンダの軽自動車「エヌボックス」が5か月連続の首位だった。

     エヌボックスは2017年の年間販売台数でもトップで、年明け以降も快走が続いている。

     エヌボックスの販売台数は前年同月比9・5%増の1万9309台だった。2位が日産自動車の軽「デイズ」(1万4843台)、3位は日産の小型車「ノート」(1万2444台)だった。日産車は、資格のない従業員に完成車両の検査をさせていた問題を受け、昨年10月にはトップ10から姿を消したが復調している。

     上位10車種のうち、6車種を軽が占めた。
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1517906841/0-

    IMG_7870



    【ホンダのエヌボックス、5か月連続首位…車名別販売台数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/02(金) 16:10:14.86 ID:CAP_USER9
     ホンダ(7267)は2日、2018年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比62%増の1兆円になる見通しだと発表した。従来予想の5850億円から大幅に上方修正した。上方修正は今期3度目。法人税率引き下げを柱とする米税制改革で税負担が減り、利益を3461億円分押し上げる。円安・ドル高の傾向や好調な自動車の販売動向も反映した。

     通期の想定為替レートは1ドル=110円と、109円の従来想定から円安方向に修正した。売上高は9%増の15兆2000億円、営業利益は8%減の7750億円と、15兆500億円、7450億円からそれぞれ引き上げた。四輪車のグループの販売台数見通しは従来予想の513万台から522万台に引き上げた。二輪車は1918万台から1941万台とした。特にアジア地域で二輪車の販売が好調に推移している。

     同時に発表した2017年4~12月期の連結業績は、純利益が前年同月比83%増の9515億円だった。営業利益は1%増の7067億円、売上高は12%増の11兆4464億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    2018/2/2 15:44
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL02HG9_02022018000000/?n_cid=SNSTW002
    honda-350



    【ホンダ純利益、1兆円に 62%増 従来予想は5850億円 18年3月期 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/22(月) 23:41:14.34 ID:JHWrSL7R0 BE:232392284-PLT(12000) 

    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    アウトバーンの200km/hでも安定! ホンダ・フリード・モデューロX

    no title


     ホンダ車向け純正用品・アクセサリーの開発・販売を手掛けるホンダアクセスが、専用のカスタマイズパーツを開発し、
    車両の生産過程で装着・販売するコンプリートカーブランド「モデューロX」。
    モデューロおよびモデューロXを統括する、ホンダアクセス開発部AD4ブロック主任研究員の福田正剛(ふくだせいこう)さんに聞いた。

    ──今回のフリード・モデューロX以前に発売された初代N-BOXとN-ONE、ステップワゴンのモデューロXに対し、ユーザーからはどのような声が聞かれましたか?

    福田正剛さん(以下 福田さん):先日、実際にご購入いただいたユーザーの方からいろいろお話を伺ったのですが、乗って走ってみて驚き、
    熱烈なファンになったという方が多かったですね。そのなかにはN-BOXモデューロXを購入した女性のタクシードライバーの方がいて、
    複数台所有しているのにN-BOXモデューロXが可愛くてしょうがなくて、カーポートまで作って休日は500kmもドライブしているとのことでした。

    ──フリード・モデューロXに施したチューニングのポイントは?

    福田さん:まず空力に関しては、空気をボディ下面に流し込むよう、バンパーやグリルなどの形状を変更しています。
    ドイツのアウトバーンでテストしたときにバランスが取れていると、200km/h以上で走行しても安定性があり、
    低速でも曲がりやすく、ドライバビリティが良くなるんですね。それで、角をツノのようにして、空気を剥離しやすくしています。
    ハイブリッド車は車重が重いので、直進安定性を重視したセッティングにしています。
    ガソリン車はノーズが軽いですから、軽快感を強調したハンドリングにしました。
    たとえば鹿が急に飛び出してきたとしても、緊急回避しやすいのはこちらですね。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180122-00010002-wcartop-ind
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516632074/0-


    【ホンダ・フリード・モデューロX 200km/hでも安定の走行性能!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/27(土) 22:05:02.97 ID:hlLEua+M0 BE:423476805-2BP(3000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ダイヤモンドペンタゴングリルと呼ばれる特徴的なフロントグリルが、後期型レジェンドのトレードマークとなる。
    ボディサイズは全長5030mm×全幅1890mm×全高1480mm。アキュラフェイス採用によりフロントオーバーハングは伸ばされる。
    このほか、SPORT HYBRID SH-AWDの改良、渋滞運転支援機能のトラフィックジャムアシストも盛り込まれる。
    新型レジェンドの生産は既にスタートしている。

    https://car-research.jp/tag/legend
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2017/11/legend.jpg
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2017/11/legend-face.jpg


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517058302/0-


    【ホンダ新型レジェンドが2月発売、新アキュラ顔採用 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/25(木) 18:43:00.51 ID:gHjR4NwZ0 BE:232392284-PLT(12000) 

    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
     本田技研工業は1月25日、2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定している「VEZEL(ヴェゼル)」に関する情報を同社Webページで先行公開した。

     今回のマイナーモデルチェンジでは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全車に標準装備。
    先進感と力強さを際立たせたエクステリアや上質感と心地よさを追求したインテリアなど、デザインに一層の磨きをかけるとともに、
    ハイブリッドモデルに採用する「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」にきめ細かなチューニングを施し、さらにスムーズな加速フィールを実現したとしている。

     ヴェゼルは、2013年12月にSUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、
    "ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したクルマ"として誕生。2017年12月までに累計30万8000台を販売している。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1102944.html
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516873380/0-


    【ホンダが新型ヴェゼルを発表きたーー!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/26(金) 20:36:21.51 ID:crb2GgBK0 BE:232392284-PLT(12000) 

    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    ホンダの欧州法人、ホンダモーターヨーロッパは、新型『シビック』の2018年モデルを発表した。大幅改良を受けたディーゼルエンジンの搭載がハイライトとなる。

    このディーゼルは、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」。強化ピストンや低フリクションのシリンダーボアを採用するなど、
    大幅な改良を受けた。最大出力は120ps/4000rpm、最大トルクは30.6kgm/2000rpmを引き出す。

    トランスミッションは6速MTを基本に、駆動方式がFF車には9速ATを設定。0~100km/h加速は10.5秒の性能を備える。

    環境性能は、クラストップレベル。欧州複合モード燃費は、セダンが29.4km/リットル、ハッチバックが28.6km/リットル。
    CO2排出量は、セダンが91g/km、ハッチバックが93g/kmと公表されている。

    https://response.jp/article/2018/01/26/305261.html
    no title

    no title


    シビック1.6Lディーゼル
    最大出力:120ps
    最大トルク:30.6kgm
    欧州複合モード燃費:29.4km/リットル
    CO2排出量:91g/km

    アクセラ1.5Lディーゼル
    最大出力:105ps
    最大トルク:27.5kgm
    欧州複合モード燃費:26.3km/リットル
    CO2排出量:99g/km
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516966581/0-


    【ホンダがシビックディーゼルを発表 スペックがやばすぎる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/25(木) 18:46:26.23 ID:gHjR4NwZ0 BE:232392284-PLT(12000) 

    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    「2018年買いたい新車ランキング」が米国で発表され、ホンダの新型オデッセイが1位に輝いた。
    トップ9には同じくホンダのアコードやトヨタのカムリと、日本車が3種ランクイン。
    フォルクスワーゲン・ティグアン、フォード・エクスペディション、ビュイック・アンクレイブなど欧米ブランドも高評価を受けている。

    ランキングはUSAニュースが各車を総体的に評価し、10ポイント満点で順位づけしたもの。
    スマートフォンと車のテレマティクス装置を連動させるシステムや安全・先進運転支援システムを搭載した車が目立つ。

    9位 シボレー・エクイノックス(8.2ポイント) 2.3万ドル~
    8位 フォルクスワーゲン・ティグアン(8.3) 2.5万ドル~
    7位 ビュイック・アンクレイブ (8.4) 3.9万ドル~
    6位 GMCテレイン(8.5) 2.4万ドル~
    5位 ヒュンダイ・ソナタ(8.7)  2.2万ドル~
    4位 トヨタ・カムリ(9.2)カムリ・ハイブリッド (9.0) 2.3万ドル~
    2位 フォード・エクスペディション (9.1) 5.1万ドル~
    2位 ホンダ・アコード(9.1) 2.3万ドル~
    1位 ホンダ・オデッセイ(9.3)  2.9万ドル~

    no title

    https://zuuonline.com/archives/182809
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516873586/0-


    【「2018年買いたい新車ランキング」発表、首位はホンダ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/24(水) 19:14:44.103 ID:n2Jj2OQJM
    1500ccで200psで燃費も20kmでMTでかなりよさげなんだが
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516788884/0-

    【車マニアだけど新型シビック買うべき 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/17(水) 02:05:28.130 ID:MsWlMy5lD
    シビックにしろNSXにしろ存在価値ないですわ(笑)
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516122328/0-

    FoS20162016_0625_151036AA_(27826100631)

    【NAの回転馬力捨てターボに走る今のプライドゼロのホンダって何したいんだ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/16(火) 16:58:14.14 ID:tpoMReDg0 BE:232392284-PLT
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif 

    ホンダ、新型「アキュラ RDX」のプロトタイプモデルを2018年北米国際自動車ショーで世界初公開

    2018年後半発売予定。2.0リッター直噴VTECターボとクラス初の10速AT採用

     本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、アキュラブランドの新型SUV「RDX」のプロトタイプモデルを
    米デトロイトで開催の2018年北米国際自動車ショー(プレスデー:1月14日~16日、一般公開日:1月20日~28日)で世界初公開した。
    no title

    no title


    新型RDXは、新世代アキュラモデルとして最新のアキュラデザインコンセプトである「Acura Precision Concept(アキュラ プレシジョン コンセプト)」
    「Acura Precision Cockpit(アキュラ プレシジョン コックピット)」を全面的に採用した最初のモデル。

     パワートレーンには、2.0リッターの直噴VTECターボエンジンと、米国エントリープレミアムSUVセグメントとしてクラス初となる10速ATを採用。
    4輪駆動力自在制御システム「SH-AWD(Super Handling All Wheel Drive:スーパーハンドリング・オールホイールドライブシステム)」や、
    新開発の専用プラットフォーム、軽量・高剛性ボディなどとの組み合わせにより、力強い加速とリニアなハンドリングを実現した、
    アキュラブランドの新たな時代の始まりを示すモデルになるという。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1101321.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516089494/0-


    【ホンダ タイプRのエンジン+10速AT+SH-AWDの新型車を発表!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/12(金) 21:16:12.09 ID:IVivxeqj0
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    no title


    ホンダアクセスは、2018年1月12日から14日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」に、6台のカスタマイズモデルを出展する。

    初代ホンダ『Z』をヒントに、『CR-Z』をタイムレスなスタイルにリノベーションした2シーターハッチバック『Re:Z』、洗練された車旅を楽しむための『オデッセイ』ベースの
    プレミアムクロスオーバーミニバン「オデッセイ クロスクルーザー」といったスタイリングのカスタマイズを、クルマ先行層へ提案する。

    https://response.jp/article/2017/12/22/304086.html
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515759372/0-

    【ホンダRe:Zがかわいすぎる!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/12(金) 22:36:11.11 ID:IVivxeqj0
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ホンダの米国部門は1月11日、新型『インサイト』プロトタイプのハイブリッドパワートレインを発表した。
    新型インサイトのプロトタイプは、米国で1月15日に開幕するデトロイトモーターショー2018で初公開予定。

    新型インサイトは3世代目。インサイトの名前が、およそ4年ぶりに復活を果たす。
    ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』の上に位置する5名乗りのセダンとなる。

    ハイブリッドパワートレインに関しては、最新の3世代目となるホンダの2モーターハイブリッドシステムを搭載。
    1.5リットル直列4気筒ガソリン「アトキンソンサイクル」エンジンに、2個のモーター、リチウムイオンバッテリーの組み合わせとなる。

    ホンダによると、新型インサイトの米国EPA(環境保護局)予想燃費は、複合モードで21.2km/リットルを超える見通し。
    ホンダは、他の小型ハイブリッド車に対して、競争力ある燃費性能、としている。

    https://response.jp/article/2018/01/12/304600.html
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515764171/0-

    【ホンダ新型インサイトがメルセデスとかよりかっこいい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/12(金) 21:10:00.82 ID:IVivxeqj0

    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    ストリームの後継的なポジションで2015年に登場した、低全高でありながら6人乗り3列シートを備えるジェイド(JADE)。
    今春にマイナーチェンジをひかえたジェイドRSをベースに、フロント、リヤにはブラッククロームガーニッシュ、
    さらに約15mmローダウンするサスペンションなど、Moduloパーツの採用でプレミアムかつスポーティなイメージを高めたカスタマイズを提案する。

    https://carview.yahoo.co.jp/motorshow/tokyo-autosalon/car/3/8201/
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515759000/0-

    【隠れた名車、ホンダ新型ジェイドきたーーー!!2列仕様に!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/12(金) 12:09:10.007 ID:ZTfY6Qtqd
    no title

    どうかな(´・ω・`)
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1515726550/0-


    【車を買おうと思ってるんだけどホンダのシビックハッチバックにしようと思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/10(水) 23:04:47.367 ID:v0UhnsbH0
    他にも広い軽自動車あるし無駄に高いのにれる理由はなんや?
    ホンダは軽自動車屋じゃないのにダイハツスズキを上回ってる
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1515593087/0-

    【ホンダNBOXとか言う軽自動車はなんであんな売れてるの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/08(月) 18:41:56.878 ID:T0teIhdl0
    コペンにすればよかった


    【S660って車を買って後悔してるんだが 】の続きを読む

    このページのトップヘ