マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/17(土) 12:46:37.68 ID:y8fXwHyv0 BE:232392284-PLT(12000)
    アキュラ タイプSコンセプト 発表…高性能仕様が10年ぶり復活へ、2年以内に2車種

    アキュラの高性能仕様「タイプS」が10年ぶりに復活する。ホンダの高級車ブランド、アキュラは、まもなく西海岸で始まるモントレー・カーウィークにおいて、『タイプSコンセプト』を発表する。

    アキュラによるとタイプSコンセプトは、発表予定の2代目『TLXタイプS』のキャラクターに大きな影響を及ぼしているという。
    開発順でいうと、TLXタイプSの予告コンセプトがタイプSコンセプトになるはずだ。アキュラは今後の2年間でタイプSの2車種を投入すると明らかにした。

    タイプSコンセプトは、15日にアキュラのプライベート・レセプションで披露された後、16日に「ザ・クエイル」で一般に公開され、続いて18日にペブルビーチ・コンクール・デレガンスにも展示される。

    https://response.jp/article/2019/08/15/325455.html
    https://www.youtube.com/watch?v=Wmyw7oxIIJc


    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1566013597/0-


    【ホンダ10年ぶりにタイプS復活!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/18(日) 00:02:25.887 ID:A8F0qLeSa
    安定のある走り
    スライド
    ファミリーにおすすめ!
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1566054145/0-

    Honda_ODYSSEY_HYBRID_ABSOLUTE001s


    【オデッセイとかいう隠れた名車 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/14(水) 18:58:40.849 ID:B9Zx9T1P0
    no title

    no title

    no title

    欲しすぎワロタ(´・ω・`)
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1565776720/0-

    【【悲報】ホンダシビックタイプR、かっこよすぎる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/15(木) 20:12:12.599 ID:SiluQXfr0
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1565867532/0-


    【ホンダフィットさん流行りのお洒落なSUVになるwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/06(火) 12:47:15.37 0
    2位は14801台でデイズ
    4位まで軽自動車で5位がノート7位がセレナと登録車では日産が上位を占める
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1565063235/0-

    01742ed6001s


    【ホンダ N-BOXが24049台売れて安定の新車販売台数トップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/08(木) 20:35:21.36 ID:T88J+bb+0 BE:123322212-PLT(13121)
    ホンダはハイブリッド車(HV)の主力セダン「アコード」の生産を国内からタイに切り替える。電動車の生産に優遇措置があるタイに移管し、投資効率を高める。
    世界の自動車大手は業績が軒並み悪化し、投資の選択と集中を急いでいる。アジア新興国でも環境車の需要が増える中、
    アジアが小型車にとどまらずHVなど環境対応車の製造拠点として存在感を高めている。

    三菱自動車も2021年にタイでプラグインハイブリッド車(PH…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48368130Y9A800C1MM8000/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1565264121/0-

    【ホンダ「今度から、アコードはタイ製になります」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/04(日) 20:10:12.23 ID:WTg5QKa20 BE:232392284-PLT(12000)

    ホンダ・新型「シビック(ハッチバック/セダン/タイプR)」が生産拠点移動のため販売終了へ。年明けにはマイナーチェンジでHonda SENSINGも強化

    no title


    以前より、イギリスの欧州連合離脱(通称:ブレグジット)により、EU加盟国への移行が進む中、ホンダのイギリス工場閉鎖も影響して同社主要モデルとなる
    「シビック・ハッチバック(Civic Hatchback)/シビック・セダン(Civic Sedan)/シビック・タイプR(Civic Type R)」が生産終了→生産拠点を移動することが確定しています。

    これについては、ホンダディーラのセールスさんとも話をしていて、次なる生産拠点は日本に移るそうで、
    そのタイミングに合わせてマイナーチェンジも施されるそうです(しかもタイプRにHonda SENSING搭載!)。

    ちなみに、ホンダの公式ホームページでは、上の画像の赤四角ように「まもなく販売終了となります。詳しくは販売会社にお問い合わせください。」と
    赤文字で記載されていますが、厳密にはイギリス工場から割り振られていた日本輸出向けの割当台数4,100台が全て完了するということで、
    次なる日本での生産がスタートする際には新しく年明けより販売をスタートするという意味となるため、
    決して「シビック・タイプR」が販売終了するという意味ではありませんのでご注意を。

    http://creative311.com/?p=69802
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564917012/0-

    【ホンダシビックタイプR 国内生産へ ホンダセンシングも搭載 !!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/03(土) 12:02:49.58 ID:66OgPA1r0 BE:232392284-PLT(12000)
    走りのホンダ復活へ「S2000」以来の後輪駆動 来年発売のEV「ホンダe」から方向性大転換の理由

     ホンダが取り組んでいる技術開発などをメディア関係者にお披露目する「Honda Meeting 2019」が開催され、今後の市販車に搭載される新たな技術を一足お先に目にすることができました。

    「ホンダe」に赤いボディカラーが設定されるのは日本仕様だけ そのなかでも、筆者(工藤貴宏)がとくに気になった展示のひとつが、「Honda e(ホンダ イー)」の実車です。

     ホンダeとは、2020年から発売が予定されているEV(電気自動車)で、すでに2019年春のジュネーブモーターショーでプロトタイプが公開されました。
    全長は4mを下回るコンパクトなサイズで、多くの人から支持を得そうな遊び心のあるデザインも特徴といえるでしょう。

     そんなホンダeですが、まず驚いたのは、会場に展示されていた車両のボディカラーが赤だったことです。
    ジュネーブモーターショーに出展された車両のボディカラーは白、欧州メディア向けのプロトタイプ試乗会ではイエローが使われていますが、赤が公開されたのは今回が初めでした。

     すでに予約受付が開始されている欧州のホンダeの予約専用のウェブサイトを見ると、「プラチナムホワイトパール」や「チャージイエロー」のほか、
    「クリスタルブラック」、「モダンスチールメタリック」、「クリスタルブルーメタリック」が設定されているものの、赤はありません。

     赤は日本仕様の専用色という情報もあり、しかもホンダeによく似合っているので、海外のファンからはうらやましがられることになりそうです。

     さらに室内を見ると、右ハンドルかつウインカーレバーが右に組み込まれ、インパネの一部に漢字の表記もありました。
    ホンダからの正式な発表はありませんが、それらの仕立てから判断すると、日本仕様そのものであることは間違いないでしょう。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190802-10433513-carview/
    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1564801369/0-


    【ホンダe 日本仕様車世界初公開!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/03(土) 23:22:09.91 ID:vudq44jN9
    2019年F1第12戦ハンガリーGP予選は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがF1で自身初のポールポジションを獲得した。
    ホンダ製パワーユニットを搭載しているマシンとしては2006年オーストラリアGP以来13年ぶりのポールポジションとなる。

    ハンガリーGPが行われるハンガロリンクは小回りのサーキットで、回頭性に優れるレッドブルのマシンには適したサーキット。
    スペック3で好調のホンダ製パワーユニットと合わせて、日曜の決勝に向けても期待が高まる。

    予選2番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、3番手にルイス・ハミルトン(メルセデス)。フェルスタッペンは日曜の決勝でメルセデスの2台を後ろに従えてのスタートとなる。チームメイトのピエール・ガスリーは6番手。
    姉妹チームのトロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは12番手、ダニール・クビアトは13番手という結果になっている。

    2019.08.03
    https://www.as-web.jp/f1/509394?all

    写真
    c7616aa001-s

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564842129/0-


    【【F1】<ホンダ>13年ぶり、フェルスタッペンは自身初のポールポジション獲得!/第12戦ハンガリーGP予選 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/08/02(金) 20:06:06.20 ID:wt5ZiSNj0
    b8d35ead001s


    この色がええんや…
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1564743966/0-

    【貧乏人ワイ、ホンダのヴェゼルが欲しすぎて咽び泣く 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/29(月) 00:08:16.53 ID:avaG1PYK9
    F1ドイツGP(ホッケンハイムリンク)の決勝レースが、ウェットコンディションの中で行われた。

    ●【予選ハイライト動画】メルセデス勢にレッドブル・ホンダが割って入る フェラーリは悪夢/F1ドイツGP

    大混乱のレースとなったが、優勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、2位ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、3位はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だった。

    レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは62周目にアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)と接触してしまい、フロントノーズを壊してリタイア。

    トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは6位だった。

    TOP NEWS JP 7/29(月) 0:05
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000000-fliv-moto
    IMG_9384




    【レッドブル・ホンダ優勝!2位はフェラーリ、3位トロロッソ・ホンダ!/F1ドイツGP】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/28(日) 06:30:33.95 ID:9vCBXG789
    F1ドイツGP(ホッケンハイムリンク)が2日目を迎え、予選が行われた。

    ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。

    メルセデスは母国でモータースポーツ活動125周年、F1参戦200戦目を迎えているが、ハミルトンはまずポールポジションを獲得して華を添えた。

    レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは4番手だった。

    トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトが14番手でQ2敗退、アレクサンダー・アルボンは17番手でQ1敗退だった。

    フリー走行まで好調だったフェラーリは、Q1でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がアタックできず、Q3ではシャルル・ルクレール(フェラーリ)が走行できなかった。

    ■【予選順位】F1ドイツGP
    1 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
    2 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
    3 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
    4 ピエール・ガスリー(レッドブル)
    5 キミ・ライコネン(アルファロメオ)
    6 ロマン・グロージャン(ハース)
    7 カルロス・サインツ(マクラーレン)
    8 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
    9 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
    10 シャルル・ルクレール(フェラーリ)
    ■【予選Q2】
    11 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
    12 ケビン・マグヌッセン(ハース)
    13 ダニエル・リカルド(ルノー)
    14 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
    15 ランス・ストロール(レーシングポイント)
    ■【予選Q1】
    16 ランド・ノリス(マクラーレン)
    17 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
    18 ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
    19 ロバート・クビサ(ウィリアムズ)
    - セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)


    7/27(土) 23:52配信 TopNews
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00000018-fliv-moto
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1564263033/0-


    RB_Formula_One_001s

    【【F1】ドイツGP予選:レッドブル・ホンダ、フェルスタッペンが2番手!フェラーリはトラブルで自滅 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/26(金) 17:56:34.42 0
    やっぱ憧れの的?
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1564131394/0-


    Civic_tipeR_001s



    【ホンダのシビックってどんなイメージ? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/25(木) 02:53:53.25 ID:xFXnzAzl0
    ¥1,267,920~1,691,280円

    4ナンバーなので自動車税5000円

    車検は2年→2年→2年
     
    ミッション 6速MT、CVT

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563990833/0-


    【ホンダの軽商用車「N VAN」、車中泊出来るほど広い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/24(水) 18:04:42.79 ID:dVQQeHih0
    N BOXカスタムターボG・EX(4WD)2,080,080円
    【標準装備】
    ・流れるウィンカー
    ・シートヒーター
    ・車内もヘッドライトとフォグランプもLED
    ・ETC内蔵ナビ
    ・チップアップ&ダイブダウン機構付スライドリアシート
    ・充電用USBジャック(急速充電対応タイプ2個付)
    ・パドルシフト
    ・全面エアバッグ
    ・ナノイオン付きエアコン
    ・明日明後日の天気予報標準
    ・ホンダセンシング(衝突軽減ブレーキ)
    ・踏み間違い防止
    ・歩行者探知器&自動車探知器(ぶつかりそうなると自動で避ける)
    ・ルームミラーに画面表示
    ・車線逸脱防止
    ・クルーズコントロール(車線を検知して自動で前の車に付いて行く)
    ・15インチアルミホイールブラック塗装+切削
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1563959082/0-


    【ホンダの軽自動車「N BOX」の208万円グレードの標準装備が凄過ぎる!これもう高級車やろwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/23(火) 00:57:12.12 ID:XdCBZXxE0 BE:232392284-PLT(12000)
    ホンダは、「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」にて新型EV『ホンダe』の最新プロトタイプを初公開、そのスペックを公表したばかりだが、
    そのクーペ版と言えそうな2ドアEVスポーツが開発されている可能性が高いことがわかった。

    ホンダは2017年の東京モーターショーにて、EVクーペ『スポーツEVコンセプト』を発表した。丸眼ヘッドライトにロングノーズ&ショートデッキを
    持つレトロチックな2ドアEVクーペだが、そのデザインを継承するモデルとなりそうで、ホンダはすでに特許画像を申請していることがわかった。

    スクープサイトSpyder7では、その流出画像をベースに市販型予想CGを制作した。

    ヘッドライト、ホイールなど所々のパーツは「ホンダe」と共有する可能性もありそうだ。
    フロントエンドは、グリルデザインをよりスポーツ性を強調させたシャープなデザインとなり、バンパー部分は両端に切れ込みを入れることで立体的な印象に。
    フロント、リアのハウス部分は大胆とも言える大きな膨らみを持つ。スポーツバージョンであるための走りのイメージが強調され、ミッドシップ風ボディスタイルが特許画像からも確認できている。

    スペックは不明だが、「ホンダe」の150psを大きく超える可能性もある。またこのボディスタイルなら、「タイプR」をイメージさせるスポーツモデルが設定される可能性もありそうだ。

    https://response.jp/article/2019/07/22/324675.html
    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1563811032/0-


    【ホンダ新型EVクーペを開発か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/19(金) 19:48:38.62 ID:SqliTd0h9
    本田技研工業は2018年7月18日、軽乗用車の新型「N-WGN」を同年8月9日に発売すると発表した。

    ■参考としたのは同門のベストセラー「N-BOX」

    ホンダによれば、N-WGNの属する軽ハイトワゴンのセグメントは、「N-BOX」が属する軽スーパーハイトワゴンのセグメントと合わせ、軽乗用車全体の約8割を占める重要な市場となっている。そこにあって、N-BOXは軽自動車全体で4年連続第1位、登録車を含めた日本市場全体でも2年連続で1位の販売台数を記録する人気車種となっているが、N-WGNはハイトワゴン市場において、「ダイハツ・ムーヴ」や「スズキ・ワゴンR」といったライバルの後塵(こうじん)を拝していた。

    今回の新型は、そうした現状を打破すべく従来モデルからデザインやパッケージ、プラットフォームを刷新。同門のN-BOXにならい、暮らしの中で快適に使えるクルマを目指して開発がなされたという。

    そのデザインはプレスラインを極力廃したシンプルなもので、標準車では丸目のヘッドランプの上に角型のターンランプを配したフロントデザインや、フロントピラーの延長線上に伸びた斜めのプレスラインなどが、かつての軽商用車「ステップバン」をほうふつとさせる。一方の「N-WGNカスタム」もいたずらに派手さを求めたものではなく、スクエアなフルLED式のヘッドランプやシーケンシャルタイプのウインカーなどにより、シックで未来的なイメージを表現。ともに「暮らしになじむデザイン」というテーマを具現したものとなっている。

    低床化により荷室の利便性を向上

    車両の基本骨格には、現行型N-BOXおよび「N-VAN」に次いで、新世代の軽自動車向けプラットフォームを採用。両車種と同じく、運転席の下に燃料タンクを配置する「センタータンクレイアウト」が特徴となっているが、新型N-WGNではこの利点を最大限に生かすべく、荷室の床面を現行モデルより180mm低床化。開口部の高さも従来モデルより低い約490mmとした。これにより荷物の積み下ろしをしやすくするとともに、荷室を上下に仕切るボードを設けることで、使いやすさを向上させた。また、傘などを収容できる後部座席下の物入れについても、取り外して洗えるようにするなどの改良がなされている。

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    【N-WGN】
    ・G Honda SENSING(FF):127万4400円
    ・G Honda SENSING(4WD):140万5080円
    ・L Honda SENSING(FF):133万9200円
    ・L Honda SENSING(4WD):146万9880円
    ・L・ターボ Honda SENSING(FF):150万1200円
    ・L・ターボ Honda SENSING(4WD):163万1880円

    【N-WGNカスタム】
    ・G Honda SENSING(FF):151万2000円
    ・G Honda SENSING(4WD):164万2680円
    ・L Honda SENSING(FF):158万7600円
    ・L Honda SENSING(4WD):171万8280円
    ・L・ターボ Honda SENSING(FF):166万3200円
    ・L・ターボ Honda SENSING(4WD):179万3880円

    (文=鶴原吉郎<オートインサイト>/写真=webCG/編集=堀田剛資)

    2019.07.18
    https://www.webcg.net/articles/-/41227

    N-WGN
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1563533318/0-

    【「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ より生活に寄り添うクルマに進化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/12(金) 04:39:49.75 ID:4VBl4FwA0
    ¥1,267,920~1,691,280円

    4ナンバーなので自動車税5000円

    車検は2年→2年→2年

    no title


    no title


    no title


    no title


    no title


    no title


    no title


    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562873989/0-

    【ホンダ「N VAN」さん、車中泊どころか家になる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/08(月) 22:35:06.94 ID:z8ceRdzY0
    これしかなくね
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1562592906/0-

    -Honda_VEZEL_TOURING・Honda_SENSING001s


    【ホンダのヴェゼルでもうええか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/07/04(木) 21:43:40.57 ID:Xwa4a2OP0 BE:232392284-PLT(12000)
    全国軽自動車協会連合会は7月4日、2019年上半期(1~6月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表。
    ホンダ『N-BOX』が前年同期比2.9%増の13万1233台で、5年連続のトップとなった。

    2位は前年同様、スズキ『スペーシア』で、同12.6%増の8万9750台と好調をキープ。しかし、首位N-BOXとは4万1483台差と大きく引き離された。

    https://response.jp/article/2019/07/04/324108.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1562244220/0-

    01742ed6001s



    【ホンダ N-BOX、大差で5年連続売上トップ 】の続きを読む

    このページのトップヘ