マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/11(水) 16:33:03.05 ID:TPWd8veb0
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1576049583/0-

    【ホンダの最高級セダン「レジェンド」が月20台しか売れない・・・お値段はリーズナブルな720万円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/14(土) 21:16:25.93 ID:CAP_USER
    ホンダが来年2月に発売を予定する小型車「フィット」の新型モデルの価格が明らかになった。ガソリン車は148万6100円から、ハイブリッド車(HV)は192万6100円から。トヨタ自動車も近く、新型の小型車「ヤリス」(ヴィッツから改名)の価格を明らかにし、同じく来年2月に売り出す。発売前から受注競争が激しくなりそうだ。

     販売店関係者が明らかにした。現行モデルの最も安いグレードと、新型で最も安い「ベーシック」グレードで比べると、ガソリン車は3万円、HVは19万円ほど新型の方が高い。ベーシックでは、安全運転支援機能はオプションとなり、7万円ほどでつけられるという。

     フィットは2018年度に国内で8万台強が売れた主力車種で、ホンダの国内販売では軽自動車の「N―BOX」に次ぐ売れ筋。新型モデルは10~11月の東京モーターショーで世界初公開された。内外装が大幅に変わったほか、視界の良さや座席の座り心地を追求したという。HVには発電用と駆動用のモーターを分けたシステムを採用。モーターが一つのものより、燃費効率が高まるという。

     当初は11月の発売を想定していたが、採用予定だった電子制御パーキングブレーキに不具合が発生し、急きょ別のメーカー製に変更。3カ月遅れの来年2月に発売することになり、ヤリスと発売時期が重なることになった。フィットとヴィッツは00年代の小型車ブームを引っぱった車で、小型車市場が再び活気づきそうだ。
    no title

    https://www.asahi.com/articles/ASMDF6QWFMDFULFA03M.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1576325785/0-

    【ホンダの新型フィット、148万円から 来年2月発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/13(金) 18:34:52.17 ID:Rn04FyhC9
    ホンダは2020年夏をメドに、条件付きで運転を自動化する「レベル3」の自動運転車を発売する。一定の条件下であれば緊急時を除きシステムが運転し、乗車している人は前方を向かずスマートフォンの操作やテレビの視聴などが可能になる。「レベル3」を市販するのは日本の自動車メーカーでは初めてだ。自動運転車は当初の価格が割高になり、量産で下がるかが普及のカギとなる。

    政府は20年に「レベル3」の自動運転を実用目…

    2019/12/13 18:00日本経済新聞 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53328750T11C19A2MM8000/
    honda-350


    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576229692/0-




    【ホンダ、自動運転「レベル3」20年発売へ 日本勢で初 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/05(木) 21:45:56.84 ID:fadtu8Bk9
    本田技研工業は2019年12月5日、ミドシップスポーツカー「NSX」の2020年モデルを発表し、注文受け付けを開始した。2020年4月に発売する。

    2020年モデルではボディーカラーに新色「インディイエロー・パールII」(8万8000円の有償色)を追加設定した。

    インディイエロー・パールIIは、2019年モデルで追加した「サーマルオレンジ・パール」に続く“エキサイティングカラーシリーズ”の第2弾だ。初代NSXの「インディイエロー・パール」にインスピレーションを受けながら、クリアで鮮やかな発色へと時代とともに進化させ、スーパーカーとしてのたたずまいと力強い存在感を表現するとともに、NSXの世界観、またスーパースポーツならではの“観る・所有する”喜びのさらなる醸成を図った外板色だという。

    価格は2420万円。

    なお、NSXの2020年モデルは、千葉県の幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月10日~12日)のホンダブースに展示される予定となっている。(webCG)

    2019.12.05
    https://www.webcg.net/articles/-/42048

    NSX(2020年モデル)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1575549956/0-


    【「ホンダNSX」の2020年モデル登場 東京オートサロン2020】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/28(木) 19:19:15.54 ID:Xhfw2LnC9
    本田技研工業は2019年11月28日、コンパクトSUV「ヴェゼル」をベースとしたコンプリートカー「ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING」「ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING」を発表した。発売は同年11月29日。

    ■“SUV”と“4WD”の第1号

    「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを装着したコンプリートカー。今回デビューした「ヴェゼル モデューロX」はその6車種目にあたるモデルで、モデューロX初のSUVとなる。

    ベースモデルは、1.5リッター直4ターボエンジンを搭載する「ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING」(FF/CVT)と、ハイブリッド車の「ヴェゼル ハイブリッドRS・Honda SENSING」(FF/7AT)および「ヴェゼル ハイブリッドZ・Honda SENSING」(4WD/7AT)。モデューロXとして初めて4WD車がラインナップされるのもトピックだ。

    エクステリアは、専用フロントグリルや専用LEDフォグライトを採用。走行性能を向上させるエアロパーツは、設計者だけでなくデザイナーやテストドライバーを加えた3者が一体となって開発したという。

    一方のインテリアは、モデューロX初の専用フロントスポーツシートが見どころ。サイドや座面を専用形状にすることで、スポーティーかつ上質な乗り心地を提供するだけでなく、ロングドライブにおける乗員の疲労軽減にも貢献するとアピールされる。

    専用サスペンションを採用した足まわりは3車種それぞれに対して最適なセッティングが施されており、エアロパーツと相まってフラットな乗り味を追求した。

    ヴェゼル モデューロXの主な装備は以下の通り。

    【エクステリア】
    ・専用フロントグリル
    ・専用フロントエアロバンパー
    ・専用フロントエアロロアーガーニッシュ
    ・専用LEDフォグライト
    ・専用リアエアロバンパー
    ・専用リアエアロロアーガーニッシュ
    ・専用「Modulo X」エンブレム
    ・専用サスペンション
    ・専用アルミホイール(FF車のサイズは18インチ、4WD車は17インチ)

    【インテリア】 ※専用ブラックインテリア
    ・専用フロントスポーツシート(専用フレーム設計/プライムスムース×ラックススエード表皮/「Modulo X」ロゴ入り/シートヒーター機能付き)
    ・専用リアシート(ウルトラスエード×合成皮革)
    ・専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/アルミ製「Modulo X」エンブレム付き)

    ラインナップと価格は下記の通り。ボディーカラーは「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プラチナホワイト・パール」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」「クリスタルブラック・パール」の4色が選べる。
    ・ヴェゼル ツーリング モデューロX Honda SENSING(FF/CVT):352万8800円
    ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF/7AT):346万7200円
    ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(FF/7AT):361万7900円

    (webCG)

    2019.11.28
    https://www.webcg.net/articles/-/42012

    ヴェゼル モデューロX
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1574936355/0-


    【スポーティーさと上質さを追求した「ホンダ・ヴェゼル」のコンプリートカー登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/24(日) 03:09:30.49 ID:SV9rBPN40
    ミッション 6速MT、CVT
    自動車税 5000円
    車検は4ナンバーなので2年→2年→2年
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
     
    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574532570/0-

    【ホンダの軽自動車「N-VAN」ガチのマジでコスパ最強の家になる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/10(日) 17:50:31.702 ID:shqAFuglr
    この巨体でなんじゃこの加速って感じ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1573375831/0-


    Honda_Elysion011ss



    【ホンダの300馬力のミニバン買ったけど速くて草生える 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/13(水) 22:31:10.14 0
    no title


    3.5リッター V6 9速AT AWD
    最高出力:290hp/6,200rpm
    最大トルク:362Nm/4,500rpm
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1573651870/0-

    【ホンダの新型セダンが超カッコイイと話題に! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/31(木) 23:36:48.50 ID:CAP_USER
    〈ホンダ・フィット新旧比較〉変わった? 変わらない? とりあえず見比べてみる【東京モーターショー2019】|MotorFan[モーターファン]
    https://motor-fan.jp/article/10012024
    2019/10/30 MotorFan編集部

    東京モーターショーでワールドプレミアされた新型ホンダ・フィット。公表されたのは内外装のデザイン、e:HEVの新採用、ホンダセンシングの進化など。一方でパワートレインのスペックやボディサイズといった詳細な数値は明らかにされていない。ここではひとまず、先代フィットとの違いを「見た目に絞って」比べてみたい。
    一見して大きく変わったことがわかるエクステリアデザイン。とくにフロントマスクはまったくの別モノで、先代にあたる三代目フィットは天地方向の短い横長なヘッドランプがシャープでスポーティな雰囲気を演出している。海外、とりわけアセアン市場などで受けそうなデザインだが、やや無表情と言えなくもない。生活感の出やすいモノスペースフォルムながら、この表情のおかげで精悍さを保っており、記者は個人的にはこちらがお気に入りだった。

     一方の新型は、ヘッドランプが天地方向に大型化され、愛らしい表情に変わった。初代や二代目の路線に回帰したとも言えそうで、幅広い顧客層から支持されるだろう。乗り続けることで愛着も湧きそうだ。
    先代フィット
     まず、先代のボディサイズを再確認しておこう。

    全長:3990mm
    全幅:1695mm
    全高:1525mm
    ホイールベース:2530mm
    ※FFモデル

     新型のボディサイズは明らかにされていないが、会場で実車を見た限り、おそらくほとんど変わっていないという印象だ。

     また、フロントマスクをはじめとしたデザインの影響で、エクステリアが大きく変わったようなイメージを抱かされたが、こうして見比べてみるとほとんどシルエットが変わっていないことがわかる。記者には新型の方がボンネットの独立した2BOXスタイルに見えたが、実際には先代と変わらずモノスペース的シルエットを堅守している。

    インパネも大きくデザイン変更されている。

     まず目が行くのはAピラーの形状だ。先代も新型も左右それぞれに前後2本ずつAピラーを持つが、新型は前方のAピラーが細くなっていて、死角が大きく減っている。

     また、ダッシュボードの上端が下げられ、視界はもちろん開放感も向上している。運転席前のメーター類はバイザーレスとなっていて、見た目もスッキリしている。

     さらにサイドブレーキが電気式スイッチに変更されていることにも気づく。サイドブレーキがあったスペースは、大きなトレー状の収納スペースになっている。そして電動パーキングブレーキの採用によって、アダプティブクルーズコントロールが完全停止まで対応していることが予想される。
    先代フィット
     先代もクラス随一のスペースを誇っていて、さらに新型モデルのサイズが推測した通り先代から大きくなっていないとすれば、それほどの拡大は期待できないだろう。

     とはいえ細部の煮詰めによって、数字以上の広々感が生み出されていることは期待していいかもしれない。もちろんモーターショー会場で実際にリヤシートにも座ってみたが、時間が非常に限られていたこともあり「Bセグメントにしてはとても広い!」という、乗らなくたって想像がつきそうなことしかわかりませでした……スミマセン。

     ただしリヤシート足元のフロアの低さを見る限り、ホンダ得意のセンタータンクレイアウトを引き続き採用していることは間違いない。

     新型フィットに関する情報は、今後も少しずつ明らかになっていくことが予想される。その都度、レポートをお届けする予定なのでお楽しみに!

    新型フィット
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    (全文はソースで)
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1572532608/0-

    【〈ホンダ・フィット新旧比較〉変わった? 変わらない? とりあえず見比べてみる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/02(土) 20:53:26.430 ID:/fmX/7RrM
    どっちがいい?

    スイフト
    no title



    フィット
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572695606/0-

    【スズキのスイフトかホンダの新型フィットにするかで迷ってるんだが・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/30(水) 21:18:38.28 ID:sPpudMFa0● BE:423476805-2BP(4000)
    東京モーターショーで発表された新型フィットが話題となっている。
    エクステリアは丸みをつけたラインが多く目立ち、優しさや温かみを感じさせながらも近未来的な印象となった。
    インテリアでは上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発された、新世代のボディースタビライジングシートが目玉となる。
    パワートレインはe:HEVと呼ばれる新開発ハイブリッドの搭載が予告されている。
    内外装に特徴を持たせた5タイプ(BASIC、HOME、NESS、CROSSTAR、LUXE)がラインアップされ、2020年2月の発売予定となる。

    さて、ライバルではトヨタが一足先に新型ヤリスを発表したばかり。ヴィッツ後継に相当するモデルであるが、スポーツイメージを高めてくる。
    新型ヤリスの発売日はフィットとほぼ同じ時期、2020年2月中旬が予告されている。

    https://car-research.jp/honda/fit-15.html
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=TRCCPl_hCeE

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1572437918/0-

    【ホンダ新型フィット発表映像、トヨタ新型ヤリスと高画質動画で比較 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/23(水) 12:17:24.93 0
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1571800644/0-

    【ホンダ新型「FIT」を「第46回東京モーターショー2019」で世界初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/23(水) 20:42:26.92 ID:9zZvs6h60 BE:232392284-PLT(12000)

    【東京モーターショー 2019】世界初公開した新型「フィット」5タイプを横並び展示するホンダブース

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/tokyo2019/1214150.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1571830946/0-

    【ホンダニューフィットのデザインがお世辞抜きで神がかっている 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/23(水) 10:37:05.99 ID:wRsr37h29
     本田技研工業は10月23日、東京 お台場臨海副都心エリアで開催される「第46回 東京モーターショー 2019」(一般公開日:10月25日~11月4日)の会場で、2020年2月発売予定の新型「フィット」を世界初公開した。

     今回のモデルチェンジで4代目となる新型フィットでは、歴代モデルで継承してきた「広い室内空間」「使い勝手のよさ」はそのままに、グローバルで通用する新しい時代のコンパクトカーのスタンダードになることを目指して開発を実施。数値で表わすことができない「感性価値」を追究し、「心地よい視界」「座り心地」「乗り心地」「使い心地」の4点で心地よさを具現化。また、ユーザーのライフスタイルやライフステージごとに選択できるよう、「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「CROSSTAR(クロスター)」「LUXE(リュクス)」の5タイプをラインアップする。

     パワートレーンでは、ハイブリッドシステムに従来の1モーター式に変えて2モーター式を採用。ホンダのコンパクトカーとして初搭載となるこの2モーターハイブリッドシステムには「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称が与えられている。

     全車で標準装備する安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」では、車両前方の状況をワイドに検知する「フロントワイドビューカメラ」を新採用。車両前後に装着する計8個のソナーセンサーと組み合わせて従来機能を拡充することに加え、ホンダ車初となる「近距離衝突軽減ブレーキ」を装備に追加している。

     また、ホンダ車専用となる車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。スマートフォンを使ってエアコンの始動やドアロックの操作、車両の駐車位置などを確認できる「リモート操作」、事故などの緊急時にクルマ自体が緊急サポートセンターに通報を行ない、的確な対応が迅速に可能となる「トラブルサポート」、異常を検知した際にガードマンを派遣できる「Honda ALSOK 駆けつけサービス」といったコネクテッドサービスを提供する「Honda Total Care プレミアム」を新型フィットから展開していく。

    ■新型フィットの主な特長

    「心地よい視界」を実現するため、従来とは異なる断面構造をAピラーに採用。万が一の衝突時にはボディに荷重を伝える構造として、十分な衝突安全性能とワイドで優れた視認性を両立させる。また、インテリアでは直線基調で水平デザインのインパネを採用。車内からワイパーが見えにくいようにして、運転時の心地よい視界を実現する。

    「座り心地」では、上級セダンでの採用も視野に入れて開発した新世代の「ボディースタビライジングシート」をフロントシートに設定。柔らかな座り心地を持ちながら、乗員の体をしっかり保持する面支持構造によってロングドライブでの疲れにくさを実現する。リアシートは従来同等の多彩なシートアレンジを維持しつつ、大人がストレスなく座れる広さと厚さのあるクッションを採用。上級セダン並の快適さを手に入れている。

    「乗り心地」のよさでは、新搭載した2モーターハイブリッドシステムのe:HEVにより、日常シーンの大半で滑らかなモーター走行を実現。優れた環境性能のほか、滑らかな走りと力強い加速で快適な乗り心地を提供する。

    「使い心地」の面では歴代フィット同様の広い室内空間に加え、収納スペースをストレスなく使えるようレイアウト。日常生活からロングドライブまで、移動中に乗員全員が快適に過ごせるようサポートする。

    ■ユーザーライフスタイルやライフステージに合わせて選べる5タイプ

    「BASIC(ベーシック)」はデザイン性と快適性を備えた基本タイプ。柔らかな表情のフロントマスクとシームレスで流れるようなフォルムなどにより、親しみやすさを感じさせるシンプルなデザイン。

    no title

    no title

    no title


    2019年10月23日 09:15
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1213862.html




    【東京モーターショー2019 開幕】新型「フィット」やマツダの新型EV 日産は軽クラスの小型EV「IMk」を世界初公開
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571781276/
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571794625/0-

    【ホンダ、4代目新型「フィット」世界初公開 2モーターハイブリッド「e:HEV」搭載 2020年2月発売予定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/21(月) 17:35:29.349 ID:XI4xCUrGd
    巷に溢れかえってるN-BOXだけは買わないと決めてたのに・・・ビクンビクン
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1571646929/0-


    Honda_N-BOX_CustomGLT01s001s






    【軽自動車のスーパーハイトワコンが欲しいんだが調べれば調べる程N-BOXが有能なのが分かって辛い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/18(金) 19:18:04.22 ID:MeIIe2aV9
    本田技研工業は2019年10月18日、コンパクトミニバン「フリード」および同車の2列5人乗り仕様である「フリード+」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

    ■価格は199万7600円から304万0400円

    既報の通り、今回のマイナーチェンジではクロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」をフリード/フリード+の両車に設定。標準モデルについても、フロントまわりを中心にデザインを変更し、より洗練されたイメージとした。

    装備の拡充も図っており、運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備としたほか、新たに後方誤発進抑制機能を追加。アダプティブクルーズコントロールについては、加減速のフィーリングがよりスムーズになるよう改良を施している。

    また、ガソリン車についてはCVTにブレーキ操作ステップダウンシフト制御を採用。下り坂でもシフトレバーを操作することなく、ブレーキペダルの操作だけでエンジンブレーキを併用したスムーズな減速が行えるようになったという。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    【フリード】
    ・B Honda SENSING(FF/6人乗り):199万7000円
    ・G Honda SENSING(FF/6人乗り):216万0400円
    ・G Honda SENSING(FF/7人乗り):218万2400円
    ・G Honda SENSING(4WD/6人乗り):239万6900円
    ・G Honda SENSING(4WD/7人乗り):241万8900円
    ・クロスターHonda SENSING(FF/6人乗り):238万0400円
    ・クロスターHonda SENSING(4WD/6人乗り):261万6900円
    ・ハイブリッドG Honda SENSING(FF/6人乗り):256万1900円
    ・ハイブリッドG Honda SENSING(FF/7人乗り):258万3900円
    ・ハイブリッドG Honda SENSING(4WD/6人乗り):279万8400円
    ・ハイブリッド クロスターHonda SENSING(FF/6人乗り):278万1900円
    ・ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/6人乗り):301万8400円

    【フリード+】
    ・G Honda SENSING(FF/5人乗り):218万2400円
    ・G Honda SENSING(4WD/5人乗り):241万8900円
    ・クロスターHonda SENSING(FF/5人乗り):240万2400円
    ・クロスターHonda SENSING(4WD/5人乗り):263万8900円
    ・ハイブリッドG Honda SENSING(FF/5人乗り):258万3900円
    ・ハイブリッドG Honda SENSING(4WD/5人乗り):282万0400円
    ・ハイブリッド クロスターHonda SENSING(FF/5人乗り):280万3900円
    ・ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/5人乗り):304万0400円

    (webCG)

    2019.10.18
    https://www.webcg.net/articles/-/41702

    フリード
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1571393884/0-

    【ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/17(木) 11:01:37.95 ID:CAP_USER
    日本の新車市場の約4割を軽自動車が占めるなか、とくに販売首位の「N-BOX」をはじめとしたホンダの軽自動車は、とくに売れ行きが好調です。そんななかホンダの軽自動車ラインナップのなかに2021年で生産を終了するクルマがあるというのですが、いったいどのモデルなのでしょうか。

    ホンダ初の4輪「T360」後継消える
     現在、日本の新車登録台数の約4割は軽自動車という状況です。そのなかでもホンダ「N-BOX」の人気は留まることを知らず、2019年4月から9月の販売台数は2位以下を大きく引き離す13万6047台を記録しています。

     そんななか、2021年で生産終了するホンダの軽自動車があるのですが、いったいどんなモデルなのでしょうか。

    no title


    2021年6月に生産終了する「アクティ・トラック」(写真は特別仕様車)

    TOWN・スピリットカラースタイル)
    ホンダ軽トラ40年に幕 T360から始まった歴代軽トラを画像で見る(23枚)

     2021年6月で生産終了するモデルは、1977年に登場した軽トラック「アクティ・トラック」です。このクルマは、ホンダ初の4輪モデル「T360」や、1967年に発売された「TN360」の後継モデルにあたる軽トラックでもあります。

     ちなみにバンタイプの「アクティ・バン」は2018年に生産終了していますが、後継モデルの「N-VAN」が発売中です。しかし、アクティ・トラックの後継モデルは存在しません。

     つまり、アクティ・トラックの生産終了はホンダの軽トラック市場からの撤退を意味しています。

     生産は、ホンダの軽スポーツ「S660」も造られる、世界でも数少ないミッドシップ専用工場「ホンダオートボディー(旧・八千代工業)四日市製作所」でおこなわれていますが、生産終了後はどのように活用されるのか、そのあたりも気になる所です。

     直近の軽トラック販売台数ランキングを見ると、2019年4月から9月の販売台数は、ダイハツ「ハイゼットトラック」、スズキ「キャリイ」に続く3位ですが、1位・2位とは大きく引き離されているうえに、ハイゼットはトヨタ/スバル、キャリイは日産/マツダ/三菱にOEM供給されており、それらを合算させると、競合車との差は歴然といえます。

     あるホンダ関係者によると「生産終了の理由は収益性が望めないため」だといいますが、ビジネスのためとはいえホンダ4輪の原点を継承するモデルが無くなるのは残念です。

    アクティトラックの特徴でもあったさまざまな「独自設計」とは
     4代目となる現行モデルは、2009年12月に登場しました。

    no title


    ホンダ「アクティ・トラック」(写真は特別仕様車 TOWN・スピリットカラースタイル)

     ほかの軽トラックと同じくキャブオーバータイプを採用していますが、初代から続く「アンダーフロアミッドシップレイアウト(空荷でも走りが安定して静か)」、「荷台までフレーム一体のモノコック構造(安全性を確保)」、「ストラット/ド・ディオン式のサスペンション(積載時も安定した走り)」と、自社開発をおこなっていた時代のスバル「サンバー」とともに独自設計が特徴のモデルです。
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1571277697/0-

    【ホンダが軽の販売好調も軽トラは撤退へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/14(月) 16:28:44.492 ID:FRI9jR0pd
    車買おうと思ってカーセンサー見てるんだけど好みの予算とか走行距離入れると結果がフィットだらけになるんだが
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1571038124/0-
    -Honda_FIT_13G・F001ss


    【ホンダフィットって自動車どうなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/13(日) 01:43:59.45 ID:lickMa199
    イタリアのメディアが、ホンダが2020年にはF1活動予算をさらに増額することになると報じている。

    最近、マックス・フェルスタッペンとその父親であるヨス・フェルスタッペンが、現在のレッドブル・ホンダのパフォーマンスに対する不満を公然と口にするようになってきている。

    フェルスタッペンが現在レッドブルと結んでいる契約は2020年までだが、もし来年もF1タイトルを狙える状態とならなければ2021年にはフェルスタッペンを他チームにとられてしまうリスクもあるというプレッシャーがレッドブル・ホンダ陣営にのしかかりつつある状態だ。

    ■ホンダの2020年のF1予算は167億円?

    こうした中、イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』は、ホンダがフェラーリとメルセデスをとらえるために2020年のF1エンジン開発予算を増額することになると報じている。

    その記事によれば、ホンダではすでに2017年に250人体制だったプロジェクトを今年は450人規模にまで増強しており、さらに2020年にはF1予算を1億4000万ユーロ(約167億円)にまで引き上げることになるとされている。

    レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダとのパートナーシップは非常にうまくいっていると次のように語っている。

    「ホンダに関して素晴らしいのは、彼らがレッドブルとトロロッソだけに完全に集中していることだよ」

    「そこが以前とは大きく異なっていることなんだ。我々の以前のエンジンサプライヤー(ルノー)は、自分たちのファクトリーチームには我々とは違うパートナーの燃料とオイルを使っていたからね」

    「だが、我々はホンダの全ての開発に関与しているし、それには燃料は潤滑油も含まれるんだ。これこそ本当のパートナーシップだよ」

    ■ホンダPU専用新燃料も効果発揮か

    鈴鹿において、レッドブルの燃料パートナーであるエクソンモービルが新F1燃料を投入したが、それがパフォーマンス改善にもポジティブな結果をもたらしていると伝えられている。

    エクソンモービルの技術責任者は、鈴鹿で新たに投入した燃料はこれまでとはまったく異なる新配合のものとなっており、それは「F1ではこれまで一度も使用されたことがないもの」だと語っている。

    10/12(土) 20:14配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000003-fliv-moto

    写真
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570898639/0-


    【【F1】<ホンダ>来シーズンに向けてF1予算を増額との報道!すでに2017年に250人体制だったプロジェクトを今年は450人規模にまで増強】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/12(土) 20:25:03.737 ID:sOYqX9LJd
    >>2以降で貼る
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1570879503/0-


    【ホンダからかっけぇSUVが発売!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ