マイカー速報

自動車関連の、車まとめ情報を配信しています!

    カテゴリ:国産車 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/28(金) 07:59:52.70 ID:zPYKoHvm9
    (2020年5月~6月調査)

    顧客満足度に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワージャパンは、2020年日本自動車初期品質調査を実施。新車購入後2~9ヶ月経過したユーザーを対象に不具合経験を聴取し、自動車の初期品質に関するユーザー評価の結果を発表した。

    J.D. パワー 2020年日本自動車初期品質調査ランキング発表
    ブランドランキング トップ15
    ■1位:ホンダ (51)
    ■2位:日産(53)
    ■3位:ダイハツ(56)
    ■4位:レクサス (60)
    ■5位:マツダ(61)
    ■6位:スズキ(62)/トヨタ(62)
    ■8位:スバル(63)
    ■9位:アウディ(72)
    ■10位:MINI(74)/三菱(74)
    ■12位:ボルボ(99)
    ■13位:メルセデス・ベンツ(103)
    ■14位:BMW(105)
    ■15位:フォルクスワーゲン(107)
    >>0�)内の数値が低いほど品質が高い

    セグメント別:軽自動車 トップ3
    ■1位:ダイハツ ムーヴ キャンパス
    ■2位:ホンダ N-BOX
    ■3位:ダイハツ ミライース
    セグメント別:コンパクト トップ3
    ■1位:ホンダ フィット
    ■2位:スズキ ソリオ
    ■3位:トヨタ パッソ

    セグメント別:ミッドサイズ トップ3
    ■1位:スバル XV
    ■2位:ホンダ シャトル
    ■3位:トヨタ プリウス

    セグメント別:ミニバン トップ3
    ■1位:トヨタ ノア
    ■2位:日産 セレナ
    ■3位:トヨタ ヴォクシー

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e823ce492a4226e1dcf93d9da8d53c428ea019b4
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1598569192/0-

    【新車の格付け、ホンダが初の総合No.1獲得! 2年連続トップのダイハツを抜きトップに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/28(金) 22:30:36.365 ID:HYDo5Z5G0
    no title

    40年前の軽自動車かよ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1598621436/0-


    【495万円するホンダ初の量産型電気自動車がこちらw】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/01(土) 23:00:51.25 ID:XCsvMnOe0
    これは"買い"やね
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1596290451/0-

    bc3fit-sss


    【ホンダのフィットとかいう見た目Z使い勝手Sのクルマwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 23:16:57.80 ID:B5YxnDx80
    ¥1,267,920~1,691,280円
    ミッション 6速MT、CVT
    年間自動車税 ¥5,000
    車検 最初から2年に1度
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダの軽商用車「N VAN」さん、ガチで家として使えるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 21:57:40.52 ID:/CIDZ+589
    本田技研工業は2020年7月31日、同年8月に発売を予定している新型電気自動車(EV)「ホンダe」の情報を、公式ウェブサイトで先行公開した。

    ホンダeは、ホンダが新しい都市型コミューターとして提案するコンパクトなEVであり、2019年3月のジュネーブショーでプロトタイプが、同年9月のフランクフルトショーで市販モデルがお披露目された。

    発表済みの英国仕様の数値を見ると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=3894×1752×1512mm、ホイールベースは2538mm。蓄電量35.5kWのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、およそ210~220kmの一充電走行可能距離を実現している(WLTCモード)。

    ホンダは同車について、「新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインで、力強くクリーンな走りや、取り回しのよさをモーターと後輪駆動で実現した新型EV」と説明。既述の電動パワートレインに加え、2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーンHondaコネクトディスプレイ」や、ドアミラーに代わる「サイドカメラミラーシステム」などといった先進装備も特徴として挙げている。

    また、AI による音声認識と情報提供を行う「Hondaパーソナル アシスタント」を含む、先進のコネクテッド技術を搭載。「お客さまの移動と暮らしをシームレスにつなげる」としている。(webCG)

    2020.07.31
    https://www.webcg.net/articles/-/43083

    ホンダe
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダが新型EV「ホンダe」の情報を先行公開 2020年8月に日本での販売を開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 16:33:56.86 ID:UDJgh9tr9
    7月31日、ホンダは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う生産活動への影響によって発売を延期していた『シビック・タイプR』マイナーチェンジモデルを、2020年10月に発売予定だと発表した。

     2017年に登場した現行型シビックシリーズは今年1月にマイナーチェンジモデルの登場がアナウンスされ、よりスポーティな走りが楽しめる“タイプR”についても、これに合わせて夏頃に改良モデルが登場するとされていた。

     しかし6月、ホンダは新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延し、同社の生産活動に影響を及ぼすことを理由に新型シビック・タイプRの発売は延期に。

     この時点での新しい発売日については決定次第アナウンスをするとのことだったが、7月31日にホンダはリリースを発表し、生産拠点での活動再開に伴い、新型シビック・タイプRは2020年10月に発売を予定していることが明らかとなった。

     また、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースでFF最速タイムとなる2分23秒993を記録した『シビック・タイプR リミテッド・エディション』に関する情報についても、公式ホームページ内で順次案内がされるという。

     リミテッド・エディションは、専用カラーの“サンライトイエローII&ブラック”を設定するほか、BBS製20インチ鍛造アルミホイールやミシュラン製ハイグリップタイヤなどを装備し、国内では200台の限定販売となる予定だ。

     新型シビック・タイプRとリミテッド・エディションの詳細についてはホンダの公式ホームページ(https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/)まで。

    ソース オートスポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86c5b98a0af527c5a1c7268070c14cf4e8617863
    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1596180836/0-

    【ホンダ、発売延期となっていた新型『シビック・タイプR』を10月に発売へ。生産拠点での活動再開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/24(金) 11:56:08.93 ID:lraJ+v5a0
    買うしかないよね
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595559368/0-

    Honda_VEZEL_TOURING001s


    【ホンダのヴェゼルとかいう見た目S、使い勝手Sの車w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/29(月) 21:59:53.94 ID:GLhC2Qqw9
    ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスは2020年6月26日、「ホンダS2000」用純正アクセサリーパーツの販売を開始した。

    すでに2020年2月20日から予約注文受け付けが始まっているホンダS2000用の純正アクセサリーパーツ。“20年目のマイナーモデルチェンジ”をコンセプトに新開発されたフロントエアロバンパーに加えて、車両販売当時にラインナップされていた純正アクセサリーを一部復刻して販売する。

    今回販売されるアクセサリーパーツは以下の通り。

    【2021年2月19日までの期間限定受注生産商品】

    ・フロントエアロバンパー:9万6800円
    ・トランクスポイラー ダックテールタイプ:4万6200円
    ・リアストレーキ:3万3000円
    ・フロアカーペットマット(ブラックまたはレッド):3万0800円
    ・フットライト:1万3200円
    ・ボディーカバー ハーフタイプ:1万8700円

    【販売個数限定商品】

    ・スポーツサスペンション(1台分セット/500セット限定):17万0500円
    ・オーディオリッド:8800円(2000個限定)

    個数限定商品については、スポーツサスペンションが残りわずか、オーディオリッドはすでに完売しているという。

    20周年記念アクセサリーの開発責任者は、2004年以来のS2000オーナーだ。彼がS2000の発売20周年を迎える前に一念発起。20年分の進化を表現するアクセサリーの開発を当時の役員に直談判したことから、今回のプロジェクトがスタートした。その後は2019年4月に開催したオーナーズイベントで、企画中のフロントエアロバンパーのデザインステッチを公開して意見を聞いたほか、アンケートも実施。これらの意見も参考にして商品ラインナップの検討を進めてきたという。(webCG)

    2020.06.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42942

    ホンダS2000用純正アクセサリーパーツ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1593435593/0-


    【「ホンダS2000」のデビュー20周年記念アクセサリーの販売がスタート】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/27(土) 09:14:09.35 ID:wu2VHXJI0
    36万円だったんたが買いか?
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1593216849/0-

    honda-shatl001s


    【近所の車屋にホンダの大ヒットカー「インサイト」が売っていたんだがなんと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    い1: 2020/06/26(金) 23:29:56.85 ID:/JtIUQLV0
    かっこいい
    no title
    【ホンダ、300万円台で買える滅茶苦茶かっこいい車を出してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/21(日) 13:15:08.36 ID:M+lF2bfO0
    no title

    no title

    no title

    no title


    ホンダは、2020年10月頃にもホンダ初の量産EV(電気自動車)である「ホンダe(イー)」を国内で発売する方向でスケジュール調整を進めている模様だ。

    シンプルかつ、モダンなデザインは早くも高い評価を獲得。
    ドアミラーの代わりにカメラが設置され、空力特性の向上に貢献する、格納式ドアハンドルが用いられるなど、デザインだけで選びたくなる1台に仕上がっている。

    コックピットには、8.8インチのメーターパネルと、2個の12.3インチ画面が並び、インフォテイメントなど、各種情報がワイドに表示される。
    フリックすれば画面ごとに入れ替えることができ、運転席と助手席で異なるアプリを同時に使うことも可能だ。

    停車中は、大画面を生かしてインターネットや映像を見ることもできる。
    「OK!ホンダ」と呼びかけて、パーソナルアシスタントを立ち上げれば、音声で機能を操作したり、知りたい情報を得られる。

    充電ボードは、ノーズ上面に配備。急速充電を使えば、35.5kWhのリチウムイオン電池を30分で80%まで充電できる
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1592712908/0-


    【【朗報】自動車メーカーホンダ、めちゃくちゃカッコいい電気自動車を発売してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/18(木) 00:32:18.287 ID:96wHcLQm0
    no title

    no title

    このゴツさよ
    これならキャンプにも使えるな(´・ω・`)
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592407938/0-


    【ホンダのアコードってこの世代がいっちゃんかっこいいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/20(土) 02:43:56.044 ID:CkC36Bz+a
    めっちゃええやん…
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592588636/0-


    【ホンダのシビックセダンめっちょカッコよくないか…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/18(木) 20:28:47.83 ID:hG54qXuc9
    本田技研工業は2020年6月18日、ミドルサイズSUV「ホンダCR-V」にマイナーチェンジを実施し、同年6月19日に発売すると発表した。

    ■ディテールの変更で内外装の上質感をアップ

    今回のマイナーチェンジでは、シーケンシャルターンシグナルランプやステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーを全車標準装備化。「EX」グレードのシートをファブリックからファブリックとプライムスムースレザーのコンビタイプに変更したほか、「EX・マスターピース」グレードではホイールの意匠を変更するとともに、後部シートヒーターを標準装備とした(5人乗り2列シート仕様のみ)。

    ラインナップについては、ハイブリッドモデルの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更するとともに、新たな最上級グレードとして「EX・ブラックエディション」を設定。黒を基調としたインテリア・エクステリア装飾や、ブラック塗装のアルミホイールなどで、SUVの持つ力強いイメージを強調したモデルとなっている。

    EX・ブラックエディションの専用装備は以下の通り。

    ・専用アルミホイール(ブラッククリア塗装、18 インチ)
    ・専用エンブレム
    ・ダーククロームメッキ仕上げのフロントグリルとフォグランプガーニッシュ、テールゲートガーニッシュ
    ・ブラックのヘッドランプエクステンション
    ・スモークタイプの LED リアコンビネーションランプ
    ・「BLACK EDITION」ロゴ入り本革シート
    ・ピアノブラック調塗装のドアオーナメントパネルとインナードアハンドル
    ・ブラックの木目調パネル
    ・ブラックルーフライニング

    ボディーカラーについては、「ルナシルバー・メタリック」や「ルーセブラック・メタリック」などに代わり、新たに「シーグラスブルー・パール」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」の3色を採用。全6色の構成としている。

    価格は336万1600円から455万8400円。(webCG)

    2020.06.18
    https://www.webcg.net/articles/-/42890

    CR-V
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592479727/0-


    【「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/12(金) 23:53:28.53 ID:0re8j59r0
    no title



    批判多そうだけどなんか好き

    ケバいって感じのカスタムでもないし可愛いし
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591973608/0-


    【ホンダの軽自動車、カスタムしたらカッコいい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/11(木) 21:27:16.23 ID:dh+A6G0j9
    本田技研工業は2020年6月11日、燃料電池自動車「ホンダ・クラリティ フューエルセル」の個人向けリースの取り扱いを開始すると発表した。

    クラリティ フューエルセルは2016年3月10日に発売された燃料電池車で、セダンタイプとして世界初の5人乗りを実現。一充填走行距離が約750km(JC08モードでのホンダ計測値)、一回あたりの水素充填時間は3分程度というガソリン車と変わらない使い勝手やパッケージングがセリングポイントになっている。2016年の発売と同時に自治体・企業向けとなるリースを開始し、2019年12月には一部改良が実施された。

    今回の個人向けリース車両には、ルーフカラーがブラックとなる「プレミアムディープロッソ・パール」と「プラチナホワイト・パール」、「クリスタルブラック・パール」という3種類の外装色が用意されている。

    水素ステーションのある都道府県の一部ディーラー(2020年6月11日時点で35法人)において取り扱いを行う。(webCG)

    2020.06.11
    https://www.webcg.net/articles/-/42867

    クラリティ フューエルセル
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591878436/0-


    【ホンダが「クラリティ フューエルセル」の個人向けリースを開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/07(日) 08:15:04.94 ID:ols8O4UM0
    no title

    no title

    no title

    精悍やん
    Cクラスとか3シリーズよりかっこいいわ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591485304/0-


    【現行ホンダ シビックがカッコ良すぎる……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/09(火) 21:48:49.59 ID:CAP_USER
    no title

    ホンダ・シビック・タイプR 改良新型のリミテッドエディション(北米仕様)

    ホンダのカナダ部門は、改良新型『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)の「リミテッドエディション」限定100台が、予約受注を開始して4分で完売した、と発表した。カナダでは、2020年後半に発売される予定だ。

    リミテッドエディションには、改良新型シビックタイプRのすべてのアップデートに加えて、究極のストリートリーガルサーキットマシンを目指して、専用チューニングが施されている。


    リミテッドエディションのハイライトは、軽量化にある。足回りには、BBS製の軽量鍛造アルミホイールを装着し、バネ下重量を8.2kg低減する。また、防音材を削減し、リアワイパー、トノカバー、リアヒーターダクトなどを廃止した。これにより、12.7kgの軽量化を実現する。

    サスペンションは、ダンパーを専用チューニングした。コントロール性能とフィードバックを引き上げるために、ステアリングにも再チューニングを施している。

    シングルピースのフロントブレーキローターは、耐フェード性を高め、バネ下重量を減らしてブレーキ性能を向上させる目的で、2ピースのローターに変更された。より耐フェード性の高いブレーキパッドも採用した。ブレーキペダルは、ブレーキ作動する前の遊びを、およそ17%減らし、ダイレクト感を高めた。さらに、新しいフロントブレーキシステムにより、バネ下重量が片側1.1kg、合計で2.2kg削減され、乗り心地とハンドリングの両方のパフォーマンスを向上させている。

    過去のタイプRの限定モデルに敬意を表して、改良新型シビックタイプRのリミテッドエディションは、専用ボディカラーのフェニックスイエローで塗装する。さらに、ルーフ、ドアミラーカバー、ボンネットのエアダクトには光沢ブラック塗装を施した。リアハッチには、ダーククローム仕上げのシビックエンブレムが装着されている。

    https://response.jp/imgs/zoom1/1533122.jpg
    ホンダ・シビック・タイプR 改良新型のリミテッドエディション(北米仕様)

    https://response.jp/article/2020/06/09/335417.html
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1591706929/0-


    【ホンダ シビックタイプR 改良新型の軽量仕様、予約開始4分で完売…2020年後半カナダ発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 20:34:18.18 ID:C5D8seUa0 BE:232392284-PLT(12000)
    本田技研工業が北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」は5月29日(現地時間)、新型「TLX」2021年モデルを発表した。
    今秋から米国での販売を開始し、価格は3万ドル半ば~を予定。
    また、2021年春にはハイパフォーマンスバージョンである「TLX Type S」を導入することが予告されており、Type Sの復活は10年ぶりのことになる。
    TLX、TLX Type Sともにトルクベクタリングを実現する「SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を採用する。

     パワートレーンについては、標準仕様となるTLXがVTEC搭載の2.0リッターターボエンジン、TLX Type Sが
    栃木にあるR&Dセンターが開発を主導したV型6気筒3.0リッター直噴ターボエンジンで、いずれもシーケンシャルSportShiftを備えた10速ATを組み合わせる。
    2.0リッターターボは最高出力272HP、最大トルク280lb-ftを発生(3.0リッターターボの出力/トルクについては現時点で不明)。

    SH-AWDも進化した。新型TLXに搭載される第四世代は、リヤのトルク容量を40%増とすることで、フロントからリヤへのトルク伝達の速度を30%向上している。
    新型TLXでは通常走行時、エンジントルクの最大70%をリヤアクスルに伝達し、リヤアクスルは走行状況に応じて、そのトルクの最大100%を左右の後輪に配分することが可能だ。
    なお、SH-AWDは2.0?車にオプション設定、タイプSには標準設定となる。4WDのタイプSは、新型TLXが初めてだ。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1255372.html
    https://motor-fan.jp/article/10014956
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1590752058/0-


    【ホンダ 3LV6ターボAWD10速ATのスーパーセダンを発表! 350万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/29(金) 19:51:13.75 ID:Ww63DItn9
    本田技研工業は2020年5月29日、ハイブリッドセダン「インサイト」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

    ■新グレード「EX・プライムスタイル」登場

    今回のマイナーチェンジでは、新グレードとして「EX・プライムスタイル」を追加設定した。「EX」グレードをベースに上質感を高めたモデルで、インテリアについてはアイボリー基調のカラーリングで華やかさを表現。エクステリアはスポイラーが省略されたトランクリッドを特徴とし、ボディーカラーには同車専用色の「シルバーミストグリーン・メタリック」も用意している。

    同グレードの専用装備は以下の通り。
    ・専用フロントグリル(ダーククロームメッキ)
    ・スポイラーレストランクリッド
    ・17インチ アルミホイール(グレークリア塗装)
    ・専用インテリア(アイボリー×グリーン)

    一方、既存の上級グレード「EX・ブラックスタイル」についても内外装を変更。専用装備であるアルミホイールのサイズを17インチから18インチに拡大したほか、ステンレス製スポーツペダルを新たに採用した。またボディーカラーに「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」を選択すると、インテリア各部のステッチカラーがボディーカラーに合わせた色となるよう仕様が変更された。

    ラインナップと価格は以下の通り。
    ・LX:335万5000円
    ・EX:356万4000円(レザーシート仕様:372万9000円)
    ・EX・プライムスタイル:368万5000円
    ・EX・ブラックスタイル:372万9000円

    (webCG)

    2020.05.29
    https://www.webcg.net/articles/-/42787

    インサイト
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590749473/0-

    【「ホンダ・インサイト」がマイナーチェンジ 上質感を高めた新グレードが登場 】の続きを読む

    このページのトップヘ