マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > トヨタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/19(金) 10:19:55.87 ID:qe2Ffm200 BE:487816701-PLT(12060)
    ニューヨークモーターショー2019で初公開された新型『ヤリスハッチバック』は、セダンの『ヤリスiA』に続いて、マツダ『デミオ』ベースのOEM車となる。米国向けのヤリスハッチバックはこれまで、日本と同じ『ヴィッツ』だった。

    no title


    no title


    no title


    https://response.jp/article/2019/04/18/321549.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555636795/0-


    【トヨタ新型ヴィッツ、ポケモンのギャラドスみたいでワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/18(木) 09:42:30.696 ID:obcZbiEO0
    って何?

    ダイハツに丸投げしないで作れば良いのに
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1555548150/0-

    Toyota_Pixis001s


    【トヨタが軽自動車を作らない理由wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/17(水) 01:11:53.52 ID:jgIU5Gsl0● BE:151915507-2BP(2000)
    これわ、かっこいい
    no title



    トヨタが2020年に中国でC-HRのEV版を販売開始へ トヨタも電気自動車開発加速https://kuruma-news.jp/post/140839
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555431113/0-

    【トヨタ、C-HRのEV版を世界初公開。デザイン刷新 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/10(水) 19:07:10.71 ID:nOgcwI/i9
    トヨタ、新型「RAV4」を発売 3年ぶり復活、悪路に強く

     トヨタ自動車は10日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」の
    新型車を発売した。日本で販売しなかった4代目を含めると5代目に
    当たり、国内では3年ぶりの復活となる。力強い印象の外観に仕上げ、
    荒れた路面での走行性能を高めた。30~40代を中心にアウトドアを
    趣味にする活動的な顧客にアピールする。

     車両後部にはゴルフバッグを4個収納でき、スポーツや旅行に幅広く
    使える。排気量2000ccのガソリンエンジン車と、2500ccのエンジンに
    モーターを組み合わせたハイブリッド車(HV)を用意した。


    一般社団法人共同通信社(2019/4/10 17:44)
    https://this.kiji.is/488626070244918369?c=39546741839462401

    トヨタ自動車が発売したSUV「RAV4」の新型車
    =10日午後、愛知県長久手市
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1554890830/0-


    【トヨタ、新型・5代目「RAV4」を発売 3年ぶり復活 2Lガソリンと2.5L・HVの2種がラインアップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/13(土) 11:51:18.55 ID:E6+HxzKy0
    2011年から一度もフルモデルチェンジしてなくてハイブリッド専用車種で高いのに売れてるとかスゲーわ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1555123878/0-



    Toyota_AQUA_S_001s


    【トヨタ「アクア」とか言う車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/13(土) 01:13:56.26 ID:COElnXZw0● BE:151915507-2BP(2000)
    no title

    no title


    LEXUS初のミニバン「LM」発表間近! 1500万円超のロイヤルラウンジがベースなの? 現行型30アルヴェルとの違いは?https://news.nicovideo.jp/watch/nw5132044

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555085636/0-

    【トヨタ、アルファードを元にミニバンレクサスを発売へ お値段1500万円超え 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/12(金) 22:40:52.67 ID:S1zL1Ww50 BE:232392284-PLT(12000)
    これが噂のトヨタ”第3のスポーツモデル”?前後の見分けがかなり難しいデザインイメージの特許を取得

    トヨタの2ドアスポーツクーペモデルといえば、スバルとの共同開発によって実現した「86」と5月17日に発売予定となっているBMWとの共同開発によって誕生する新型「GRスープラ」の2種類となっていますが、
    ここに新たに「MR2」の置き換えモデルとして第3のスポーツモデルが登場予定となっているのですが、日本市場専用のデザインイメージが遂に特許取得されていたことがわかりました。

    no title

    no title

    no title

    http://creative311.com/?p=60719
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1555076452/0-

    【トヨタ次期MR2のデザインが流出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/02(火) 20:11:28.08 ID:WCSDif7n0 BE:232392284-PLT(12000)
    昨日の4月1日、新元号として「令和(れいわ)」が発表され、5月1日より改元を迎えることとなりますが、
    その一方で全国の企業では入社式が行われ、トヨタ自動車(愛知県豊田市の本社)でも新入社員1,500人が入社しました。

    入社式では、トヨタCEOの豊田章男氏が激励の言葉をかけた後、サプライズプレゼントとして5月17日より発表・
    発売スタートする新型「GRスープラ」のエンジン始動並びにエキゾーストサウンドがプレゼントされました。

    入社式に登場した「GRスープラ」は、ボディカラーがプロミネンスレッド、足元には19インチのポリッシュ&
    ブラックペイント仕上げの19インチ鍛造ホイール、そしてレッドのブレンボ製ブレーキキャリパを装備していることから、
    必然的に最上位グレードの”RZ”であることがわかります。
    パワートレインは、排気量3.0L BMW製直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク500Nmを発揮します。

    http://creative311.com/?p=60008
    https://youtu.be/eZe1trfJI4M


    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1554203488/0-

    【トヨタ入社式 社長が自慢のBMWエンジンサウンドを新入社員に公開www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/02(火) 20:24:29.923 ID:WzNHVedr0
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1554204269/0-


    【トヨタめちゃくちゃカッコイイ車を発売する 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/04/02(火) 22:51:41.734 ID:dnaEVNqy0
    あの加速味わうとコンパクトカー乗れねえよ…
    そもそも狭いし
    中古でいいから初年度登録五年以内のやつでいい車種ないかな

    最近の外車のダウンサイジングターボってどうなんだ?
    トルクだけ見たら1.5L切ってるくせに2GRとそんな変わらんが
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1554213101/0-

    -Toyota-blade001s




    【トヨタブレイドマスターから乗り換えるのに相応しい車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/24(日) 22:33:47.70 ID:kXiMafbR0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタは今月開催されたジュネーブモーターショー2019でカローラGRスポーツを発表した。
    (動画はカローラハイブリッド GR スポーツ)
    カローラGRスポーツの欧州向け発売日として、2020年1月が予告された。
    昨年2018年にフルモデルチェンジした新型カローラは、既に欧州ではセダン、ワゴン(ツーリングスポーツ)、ハッチバックの3種類のボディタイプが発売されている。
    カローラGRスポーツは、この中のハッチバックをベース車として開発されたスポーツカスタマイズモデルとなる。
    搭載されるエンジンは1.8L NAと2.0Lハイブリッドが用意される。
    ベース車は日本でカローラスポーツとして販売されるモデルで、GRは日本でもプロモーションに力を入れられているブランドである。
    このカローラGRスポーツが日本発売される可能性は高いのではないか。
    この他トヨタは、カローラ TREKを発表。欧州向け発売日として2019年8月が予告されている。
    https://car-research.jp/tag/corolla
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=ZFe8JGdpsOM

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553434427/0-


    【トヨタ・カローラGRスポーツ動画、GRブランドに新型COROLLA導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/23(土) 02:24:18.00 ID:fJ7cqXVI0
    世界のトヨタとは言え日本はトヨタ一強過ぎるやろ

    2018年ブランド別自動車販売台数

    1位:トヨタ(レクサス除く):150万8547台

    2位:ホンダ:74万7226台

    3位:スズキ:71万4594台

    4位:ダイハツ:64万6781台 

    5位:日産:61万6033台

    6位:マツダ:22万743台

    7位:スバル:14万8453台

    8位:三菱:10万4591台

    9位:メルセデス・ベンツ:6万7554台

    10位:レクサス(トヨタ):5万5096台
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1553275458/0-

    toyoem48-450x300

    【なぜ日本はトヨタの車ばかり売れるのか????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/22(金) 21:16:54.16 ID:bRv/SQkM0● BE:423476805-2BP(4000)
    5代目モデルとなる新型RAV4。日本仕様に用意されるエンジンは2タイプが用意される。
    メインとなる4WD車の価格帯は2.0L NAが283万5000円~334万8000円、2.5Lハイブリッドは345万0600円~381万7800円。
    2WD車はエントリーグレードの「X」だけに用意され、2.0L NAが260万6200円、2.5Lハイブリッドが320万2200円に設定される。
    トヨタのSUVタイプのモデルとしては、C-HRとハリアーの中間にあたるボディサイズ、価格設定となる。
    北米発表で示されたスポーティなフェイスを持った別エクステリア、「アドベンチャー」グレードは2.0L NAモデルのみに設定される。
    2.0LモデルTNGA世代の最新技術、ダイナミックフォースエンジンとダイレクトシフトCVTが採用される。さらに4WD車はダイナミックトルクベクタリングAWDとして、後輪の左右独立制御が加わる。
    https://car-research.jp/tag/rav4
    no title

    https://www.youtube.com/watch?v=qStXZ7aKZvo

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553257014/0-

    【新型RAV4予約受付中、正式発売日は4月10日、2.0L NAと2.5Lハイブリッド 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/22(金) 10:54:07.588 ID:HESFrcZ70
    これは売れる
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1553219647/0-

    【新型ハイエースの若者向け仕様カッコよすぎワロタwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/21(木) 06:49:04.56 ID:J0KYMNbs9
    https://www.afpbb.com/articles/-/3216770?act=all

    トヨタ、英でハイブリッド車生産へ スズキと協業
    2019年3月20日 22:29 
    発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ 日本 アジア・オセアニア ]

    【3月20日 AFP】トヨタ自動車(Toyota Motor)は20日、スズキ(Suzuki Motor)との協業で、英国でハイブリッド車を生産する方針を発表した。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット、Brexit)の先行きが不透明な中、打撃を受けている英自動車業界から歓迎される動きだ。

     トヨタは声明で、ブレグジットを目前に控えた今、「新規顧客向けに増産を目指すことは、英国における生産事業の競争力を可能な限り高く維持するためにわが社が行っている多大なる努力の一例だ」と説明。生産開始は来年末になる見通し。(c)AFP
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553118544/0-

    -Toyota_PRIUS_A_Premium_Touring001s



    【トヨタ、英国でハイブリッド車生産へ スズキと協業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/20(水) 18:40:38.86 ID:ZOuFi3ow9
    トヨタがスズキにHVシステム 新たな協業を検討で合意

     トヨタ自動車とスズキは20日、新たな協業について具体的な
    検討に入ることで合意したと発表した。トヨタがハイブリッド車
    (HV)のシステムをスズキに供給。スズキは日本を含む世界市場で
    生産・販売する一部車種に、トヨタのシステムを今後採用する。


    朝日新聞(2019年3月20日18時08分)
    https://www.asahi.com/articles/ASM3N5V8NM3NOIPE02H.html?iref=comtop_latestnews_01

    日本自動車工業会のパーティーで歓談するトヨタ自動車の豊田章男社長(右)と
    スズキの鈴木修会長=2018年5月、東京都内
    no title

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1553074838/0-


    【トヨタがスズキにHVシステム供給 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/20(水) 20:26:06.82 ID:YYN7/RIV0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタでは2019年春の正式日本発売が予告されている新型GRスープラの先行予約が始まっている。その受注状況が好調であることが発表された。
    新型GRスープラは3タイプのパワートレインが用意される。
    このうち人気となっているのが直6ターボエンジン搭載のグレードRZで、既に半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達しているとのこと。
    搭載されるパワートレインは、いずれもBMWからOEM供給されたものとなる。
    新型GRスープラはBMW Z4とプラットフォーム共用された姉妹モデルの関係にあり、どちらもMagna Steyr社のオーストリアにある工場で生産される。
    https://car-research.jp/tag/supra
    no title

    https://youtu.be/vsoWEFNU6hk

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1553081166/0-

    【トヨタ新型スープラ直6エンジン搭載モデルの受注が好調、予約受付中 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/18(月) 15:31:52.448 ID:ns1II40g0
    no title

    こんなんババアとか乗らなくなるだろ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552890712/0-

    【【悲報】トヨタアクア新型車、オラつく 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/18(月) 13:40:40.58 ID:CAP_USER
    《APOLLO NEWS SERVICE》トヨタ アクア 次期型 予想CG
    no title

    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/03/18/320255/1396672.html

    トヨタの人気ハイブリッド・コンパクト『アクア』次期型に関する情報を入手した。日産『ノートe-POWER』にその牙城を脅かされたアクアだが、初のフルモデルチェンジでその差をつき離すことはできるのか。進化のポイントに注目だ。

    アクアは、2010年のデトロイトモーターショーで公開された『FT-CH』が起源となっている。その後2011年1月には『プリウスC コンセプト』へ進化し、2011年11月にアクアとして発表、発売された。登場以来、燃費や価格、サイズ感など優れた実用性で、新車販売が4年連続で1位に輝くなど人気モデルの地位を確立した。2014年12月、2017年6月と二度のマイナーチェンジが行われているが、デビューから7年以上が経過し、ついに第二世代へバトンタッチされる。

    次期型では、「TNGA」プラットフォームを採用し軽量化。5ナンバーのため全長は1.7mをキープするが、居住空間がアップするとみられる。エクステリアデザインは、2013年の東京モーターショーで公開された『Premiアクア』がベースと予想されており、エッジの効いたスポーティさと高級感を実現する。

    (参考画像)トヨタ自動車東日本のPremi AQUA
    https://response.jp/imgs/p/HyHJUDsvwEJjLfURx1fZfoRN5UBBQkNERUZH/1397071.jpg

    次期型アクアに期待されるのはやはり燃費だろう。現行モデル同様にハイブリッド専用モデルとなり、パワーユニットには1.5リットルNR型エンジン+電気モーターを搭載。燃費は現行モデル38km/リットルはもちろん、プリウスの40.8km/リットルも超える43km/リットルから45km/リットル程度が予想される。また同ブランドの次世代4WD「E-Four」の設定が予想される。

    安全技術では、「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビームシステム」、「レーザーレーダー」「ローンサイドアシスト」など最新世代の「トヨタセーフティセンス」を装備するはずだ。

    Spyder7スクープ班では早速、次期型予想CGを制作した。トヨタのCセグの流れを汲んだデザインを盛り込み、かつサイドのキャラクターラインで立体的なシルエットを表現した。また、タイヤハウスを取り巻くラインでワイド感もアピール。フロントも大口径のグリルに存在感を持たせたシャープかつ大型二連のヘッドライトを装備。さらにコーナーエアインテークから中央につながる羽型のデザインバーもポイントだ。

    ワールドプレミアは2019年12月か。秋の東京モーターショー2019でのお披露目も期待できそうだ。

    ◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
    http://spyder7.com/

    2019年3月18日(月)08時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/18/320255.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1552872196/0-

    【トヨタ アクア ついに初のフルモデルチェンジへ、新型は2019年12月デビューか 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/03/09(土) 10:04:14.010 ID:Ulq/JePT0
    このデザインで中身はスープラ Z4と同じな模様
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1552093454/0-

    【【悲報】スープラの兄弟車ダサすぎるwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ