マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > 日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/20(水) 21:35:32.83 ID:CAP_USER9
    日産自動車が10月2日に売り出す電気自動車(EV)の新型「リーフ」が9月6日の発表以来の約2週間で、月間の販売目標を大きく上回る4千台超の予約を集めている。19日、西川広人社長が明らかにした。

    先代のリーフは累計28万台超と世界で最も売れたEVだが、2016年度の販売は国内で平均月1千台、世界で約4千台で、日産の販売全体の1%にも満たない。新型リーフは、EVで先行した日産がリードを守れるかのカギを握っており、日産は国内では月3千台ほどを売る目標を立てていた。

    EVには、ドイツ勢など海外メーカーも急速に力を入れるようになっている。西川氏はこの日、神奈川県横須賀市の追浜工場でリーフの本格的な生産開始を記念して開かれた式典に参加。「競争も厳しくなるが、EVの世界が広がっていくのは我々の想定した通りで、歓迎だ」と述べた。

    日産はこの式典で、1933年の創業以来、世界生産の累計が1億5千万台に達したと発表した。新興国市場の成長で台数の伸びのペースは上がっている。累計1億台を達成した06年からの11年間でつくった車のうち、8割を海外生産が占めた。(青山直篤)

    日産自動車のEV、新型「リーフ」の本格生産を記念する式典には、西川広人社長(右から2番目)らが参加した=19日午前、神奈川県横須賀市の日産追浜工場
    no title


    配信2017年9月20日10時17分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M4GRDK9MULFA017.html

    【日産新型「リーフ」が予約好調 月間目標大きく上回る4千台超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/17(日) 04:25:37.39 ID:CAP_USER9
    ルノー、日産、三菱自動車、100億ユーロのシナジー創出を目指した新6カ年計画「アライアンス 2022」 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1081253.html
    2022年に完全自動運転車両を展開する計画など
    編集部:北村友里恵2017年9月15日 23:57

     ルノー、日産自動車、三菱自動車工業は9月15日、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6カ年計画「アライアンス 2022」とともに、パートナー企業間における機能統合や協力体制の拡大を象徴する新しいロゴを発表した。なお、同日より新しいWebサイトを開設する。

     この計画では、共通プラットフォームの使用を増やし、4つのプラットフォームで900万台以上の車両を生産。31のエンジンのうち、22を共有するなどパワートレーンの共通化を全販売車両の75%まで拡大させる。

     また、2022年には完全自動運転車両技術を搭載した車両の展開が計画されており、異なるレベルの自動運転技術を40車種に搭載するほか、無人運転車両による配車サービス事業への参画や公共交通およびカーシェアリング向けの車両の提供なども目標とされている。

     そのほかにも、EV(電気自動車)技術の共用や、複数のセグメントに対応する新しいEV共用プラットフォームと共用部品を活用することで、2022年までに12車種のゼロ・エミッションEVを発売するなどの目標が掲げられており、アライアンス 2022によって年間の販売台数は1400万台、売上高の合計は2016年の1800億ドルから30%増加させた2400億ドルを見込むとしている。

     アライアンスの会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏は、「今日はメンバー各社にとって新しいマイルストーンとなります。『アライアンス 2022』では、計画終了時までに年間シナジーを100億ユーロに倍増させることを目指します。この目標に到達するため、ルノー、日産自動車、三菱自動車は共用のプラットフォーム、パワートレーン、次世代の電気自動車、自動運転、コネクテッド技術における協業を加速させます。事業規模全体の拡大もシナジー創出に貢献するでしょう。計画終了時には、年間販売台数は1400万台以上に、売上高は2400億ドルに達すると見込んでいます。本計画は、メンバー3社が成長し利益を伸ばす原動力となります。3つの自立した企業でも、1つの企業のような効率でシナジーの拡大を目指します。1999年以来、アライアンスは2社で成長し、結果を出してきました。『アライアンス 2022』では、3社もしくはそれ以上でも成長し、結果を出せるということを証明します」とコメントしている。


    ロゴ
    no title

    【【画像】新しいロゴ発表 ルノー、日産自動車、三菱の拡大を象徴 「アライアンス 2022」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/15(金) 22:31:42.53 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170915/k10011141281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_024

    日産自動車のゴーン会長は、2022年までにルノーと傘下の三菱自動車工業の3社で、電気自動車を新たに12車種発売すると発表し、プラグインハイブリッド車などを含めるとグループが販売する新車の30%が電動化した車になるという見通しを明らかにしました。

    日産のゴーン会長は15日、パリで記者会見し、ルノーと、去年、傘下におさめた三菱自動車の3社として初めての中期経営計画を発表しました。

    この中で、メーカー各社が開発強化にかじを切る電気自動車について、2022年までに新たに12車種発売するとしています。

    家庭用のコンセントなどから充電できるプラグインハイブリッド車などを含めると、グループが販売する新車の30%が電動化した車になる見通しです。

    一方、2022年にはドライバーがいなくても走行できる完全自動運転の技術も確立し、ことし上半期にグループで初めて世界トップに立った新車の販売台数は1400万台以上にまで増える見込みだということです。

    ゴーン会長は「現在、消費者はまだ幅広い車種を求めているが、厳しい環境規制によって電気自動車へのシフトが進む」と述べました。

    日産は電気自動車の量産化にいちはやく乗り出しましたが、今月、ドイツのフォルクスワーゲンやBMWが相次いで電気自動車を大幅に増やすと発表するなどいわゆる「EVシフト」が急速に進んでいて、メーカーの間で主導権争いが激しくなっています。

    9月15日 19時16分

    no title

    【【電気自動車】日産・ルノー・三菱 3社で12車種の電気自動車発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/06(水) 11:37:43.01 ID:XHH9jdgo0
    日産自動車は6日、2010年の発売以来、初めて全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」を公開した。
    フル充電で走れる航続距離を初代の2倍の400キロへ伸ばし、価格は従来と同水準に抑えた。EVの開発競争が世界的に激しさを増す中、より幅広い普及を目指す。

    日本での発売は10月2日。来年1月以降、米国や欧州など世界60以上の市場で売り出す。

    リーフは17年7月までに世界で約28万台を販売する、最も売れたEV。ただ、航続距離の短さや、電池のコストを反映した価格の高さなどがネックだった。

    価格は三つのグレードで消費税込み315万360円~399万600円。15年に一部改良した航続距離280キロのモデルに比べ、約2万8千~13万5千円安くした。

    http://www.asahi.com/articles/ASK9554GRK95ULFA00T.html
    no title

    no title

    【日産がリーフをフルモデルチェンジ 一回の充電で400キロ走行可能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/01(金) 22:19:19.25 ID:CAP_USER9
    日産、SUVテイストの「ノート」派生モデル「クロスギア」を今秋発売 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078762.html
    ダークメタリックのスタイリングガードやアーチガーニッシュを装着
    編集部:佐久間 秀2017年9月1日 18:17
    no title

    no title


     日産自動車は9月1日、コンパクト5ドアハッチバック車「ノート」に存在感のある内外装を与えてアクティブ感を強調したSUVテイストの派生モデル「クロスギア」を今秋に発売すると発表した。

     ノート クロスギアではダークメタリックのスタイリングガードをフロント、サイド、リアに追加するほか、ルーフ上にルーフモールを装備。足まわりにもダークメタリックホイールアーチガーニッシュやグロスブラック15インチアルミホイールなどを装着し、インテリアでは専用シートクロスを採用。内外装のイメージを大きく変更するモデルとなっている。

    【日産、SUVテイストの「ノート」派生モデル「クロスギア」を今秋発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/18(金) 15:44:36.093 ID:qsp8YghZ0
    https://youtu.be/8OMqWk_3Qa4


    販売台数はアルファードの6分の1
    ヴェルファイアやアルファード連合だと10分の1

    先代より品が出てきたのが裏目に出た?
    俺はアルファードよりエルグランド派なんだが
    【日産自動車「エルグランドが売れねぇ…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/14(月) 12:53:02.48 9
     日産自動車は、車が自動的に故障のリスクや部品交換の必要性を判断し、ドライバーのスマートフォンに通知するサービスを2018年にも始める。

     車が不具合を起こす前に修理などの対応を取りやすくなり、安全性が高まる効果が期待できる。傘下の三菱自動車も将来同様のサービスを行う計画だ。

     エンジンなど車の基幹部品はコンピューターで制御されており、走行状況などから車に異常があるか「自己診断」することができる。診断結果は従来、車を販売店に持ち込まないとわからなかった。日産と三菱自はカーナビなどを通じて車をインターネットにつなぐことで、ドライバーのスマホと日産などのメーカー側に直接情報を伝える仕組みを導入する。一部車種の新車で先行導入し、対象を順次拡大していく。

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170813-OYT1T50122.html
    【【日産・三菱】故障リスクを車が判断、スマホ通知】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/13(日) 19:26:29.13 ID:CAP_USER
    約130年前、ドイツ人ベンツとダイムラーが生み出したエンジン車。不動と思われたその地位がいま、電気自動車(EV)の本格的な挑戦を受けている。自動車産業の勢力図を塗りかえようとする国やメーカーの動きが背景にある。

     7月上旬、神奈川県厚木市にある日産自動車の研究施設に中国の万鋼(ワンカン)科学技術相がいた。約10年にわたって独アウディで働いたEVのプロ。日産のEV開発の動向を視察し、幹部に「中国もハイブリッド車(HV)はめざさない。EVで先に行く」と語った。

     いあわせた日産関係者は「中国も日産と同じ。HVではトヨタが強すぎた。HVは飛び越すのだ」。

     これまで、日米欧の自動車大手を支えた競争力の源泉はエンジンだった。中国など新興国が追いつけない車の心臓部。そこにモーターや電池を組みあわせ、制御するのがHVだ。部品メーカーを巻き込む「擦り合わせ」の結晶で、トヨタ自動車が他社を圧倒する。

     2000年代半ば。日産会長のカルロス・ゴーン氏は賭けにでた。「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」



    続きは会員登録で読めます
    http://www.asahi.com/articles/ASK856J7LK7GULFA026.html

    【EV時代へ賭けた「敗者」 日産・ゴーン会長「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/06(日) 13:11:11.59 ID:9j/4cF980

    実はデザインが2015年にほぼ公開されていた!? 9月6日登場の次期型日産「リーフ」のサイドビューが公開!!

    日産 は2017年9月6日に発表する次期型 「リーフ」 サイドビューのティーザー画像を公開した。

    次期モデルは、現行モデルに比べて、優れた空力性能のエアロダイナミックなスタイルを採用し、EVならではの
    感動的な走りを実現するとのこと。

    また、EVのエネルギー効率や航続距離には、空気抵抗が大きく影響する。そこで次期モデルは、抜群の空力と
    未来を予感させるデザインで、爽快な走りを提供するモデルとなるとのことだ。

    no title

    no title


    ボディサイズが未公表なので、やや不正確だが、現行モデル並べてみた。現行モデルがふくよかな印象だが、
    次期モデルはシャープな印象になっている。

    特にリアのウインドウが現行モデルより前傾したデザインになっているので、よりスポーティーなデザインに
    仕上がっているようだ。

    no title


    どこかで見覚えがあるデザインと思い、東京モーターショー2015に出展されたIDSコンセプトと並べてみた。
    すると、ドアミラー付近の造形、Cピラーの付近の造形、リアコンビネーションランプの形状、ルーフの形状などが
    ほぼ一致する。

    no title


    先日公開された特徴的なグリルのイメージ(左)もIDSコンセプト(右)のものと類似している。
    つまり、2015年当時IDSコンセプトは次期型リーフではないと言われていたが、実は、ほぼリーフのエッセンスが
    ここにあったというわけだ。

    スタイル面が現行リーフのウィークポイントと言われることもあったので、スタイリッシュに仕上げられたという
    次期モデルへの期待は大きい。

    http://jp.autoblog.com/2017/08/05/nisaan-ev-leaf-2017/

    【日産が新型リーフのサイドビューを公開! 秘密のベールが徐々に明らかに!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/04(金) 21:41:41.99 ID:ha54IXq20
    日産自動車が9月6日に発売を予定している新型「リーフ」。新型リーフについては、これまでに予告映像がいくつか公開されていて、高度な運転支援システム「
    プロパイロット」や、アクセルペダルのオン/オフだけで加速のみならず減速感も調整できる「e-ペダル」を搭載することなどが明らかにされている。

    このたび公開された映像は、空力性能の高さを示すもの。形状の工夫などにより車体の周囲を流れる空気をコントロールする技術を採り入れているようだ。

    ダットサン、スカイラインスポーツ、シルビア……日産デザインにときめく

    空力性能は、1充電あたりの航続可能距離や走行時の静粛性に影響を与える要素だけに、EVのリーフにとっては特に重要。
    こうした様々な技術により、高効率が追求された次期リーフ。デビューがますます楽しみになってきhttps://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170804-10270172-carview/?mode=full

    次期リーフの超滑らかなルーフライン
    no title

    【【ダサいデザインも克服?】次期日産リーフ、超高性能な空力動画公開 超流線形なルーフラインで登場へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/20(木) 14:21:00.99 ID:kCueR7CB0 
    日産自動車は7月20日、9月に発表予定の電気自動車(EV)「リーフ」の新型に、アクセルペダルだけで
    発進から停止保持まで行えるワンペダル操作システム「e-Pedal」を搭載すると発表した。
    l_sk_nissan_05

    http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1707/20/l_sk_nissan_05.jpg

    詳細は明らかにしていないが、アクセルペダルを踏むことで発進と加速を、ペダルを離すことで減速、
    停止保持ができるという。停止保持は坂道でも可能という。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/20/news068.html

    【 日産リーフ、ペダルが「1個」に アクセルとブレーキの区別なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/08(土) 13:12:55.78 ID:CAP_USER9
     日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」を一部改良して売り出した。より伸びのある加速感を感じられるよう、走行性能を高めたほか、前後のランプ周辺のデザインを変えて力強い印象を強調。見る角度によって色彩が変わる新色「カーマインレッド」も加えた。消費税込み390万7440円から。

    2017年7月8日11時28分朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK773FZ5K77ULFA00C.html
    no title

    【日産、フェアレディZ一部改良 走行性能アップ、顔つき力強く…新色「カーマインレッド」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/05(水) 20:14:52.19 ID:CAP_USER
    日産自動車は2017年7月5日、同年9月6日に公開する新型電気自動車(EV)「リーフ」に、“自動”駐車システムを搭載すると発表した(図)。

     新型リーフに搭載するシステム「プロパイロットパーキング」は、駐車に必要な全ての操作を“自動”で制御する。国産車では初めての搭載という。

    駐車場で空きスペースを見つけて運転者が専用ボタンを押すと、シフトレバーが「後退」に自動で切り替わる。その後、システムが加減速と操舵を制御し、目的のスペースに駐車する。駐車が終わると、“自動”でパーキングブレーキがかかる仕組みである。

     なお新型リーフには、同社の運転支援システム「プロパイロット」も搭載する。高速道路の単一車線において、車速0~100km/hの範囲内で加減速と操舵を“自動”で制御するものである(関連記事:日産、新型リーフに「プロパイロット」を搭載)。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070508244/
    Nissan_Leaf_001

    【日産、新型「リーフ」に“自動”駐車システムを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/06(木) 03:03:53.79 ID:CAP_USER9
     日産自動車のデザイン責任者に4月就任した、アルフォンソ・アルベイザ専務執行役員(52)が5日、都内で記者会見した。「ありふれたものの中にある『粋(いき)』が日産のデザイン。これからの車にも、日本のDNAをみてもらえるはずだ」と抱負を述べた。

     アルベイザ氏は3月に退任した中村史郎氏の後任。1988年に北米日産に入社し、小型車「キューブ」やスポーツ用多目的車(SUV)「ムラーノ」などのデザインに携わった。日産が電気自動車に注力していることに触れ、「エンジンのない車では、形はもちろん、人びとの車への向き合い方も変わる。デザイナーとしての夢がかき立てられている」と話した。

     前任の中村氏はカルロス・ゴーン会長が99年にいすゞ自動車から引き抜き、日産再建の立役者の1人とされた。ベストドレッサー賞受賞やCM出演で注目された。(青山直篤)
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK7546H6K75ULFA00D.html?iref=sp_new_news_list_n
    no title

    【日産に新デザイン担当 「日本のDNA、粋な車を」…キューブやムラーノなどに携わる】の続きを読む

    このページのトップヘ