マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/09/04(金) 22:58:07.69 ID:M2ghVxmQ9
    スバルは2020年9月4日、クロスオーバーSUV「XV」の大幅改良モデルを発表した。同年10月8日に発売する。

    今回は内外装のブラッシュアップに加えて、足まわりのセッティングやパワートレインの制御を変更するなど、全方位的な進化を遂げている。

    エクステリアではフロントのバンパーとグリル、さらにアルミホイールに新デザインを採用。ボディーカラーには「プラズマイエロー・パール」を新規設定し、スタイリッシュさとSUVらしい力強さを感じられる仕様とした。インテリアでは一部グレードでカラーコーディネートやシート表皮の設定を見直している。

    足まわりにはSUVらしいしなやかさとスポーティーさを高い次元で両立したという改良型のサスペンションを全グレードで採用。さらに、マイルドハイブリッドの「e-BOXER」モデルではドライブモード切り替え機構「SI-DRIVE」と強調するアダプティブ変速制御「e-アクティブシフトコントロール」を採り入れている。

    さらに、見通しの悪い交差点や駐車・発進時にドライバーの視界をサポートする「フロントビューモニター」をオプション設定した。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・1.6i EyeSight:220万円
    ・1.6i-L EyeSight:233万2000円/238万7000円(ルーフレール装着車)
    ・2.0e-L EyeSight:265万1000円/270万6000円(ルーフレール装着車)
    ・2.0e-S EyeSight:287万1000円/292万6000円(ルーフレール装着車)
    ・アドバンス:292万6000円/298万1000円(ルーフレール装着車)

    (webCG)

    2020.09.04
    https://www.webcg.net/articles/-/43291

    XV
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1599227887/0-


    【「スバルXV」の大幅改良モデル登場 フロントマスクが新デザインに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/30(日) 21:26:59.458 ID:ziR9AMSTa
    デザインで迷ってる

    ヴェゼル
    no title


    XV
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1598790419/0-


    【ホンダのヴェゼルとスバルのXVどちらにするかで迷ってるんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/20(木) 22:42:46.42 ID:9Jhwh+4v9
    スバルは2020年8月20日、新型「スバル・レヴォーグ」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。同年10月15に正式に発表される見込み。

    ■適度なサイズと利便性を追求

    レヴォーグは、2014年6月に発売されたスバルのスポーツワゴン。今回の新型は2代目にあたるもので、「新世代の運転支援システムによるすぐれた安全性」と「低重心と新開発のドライブモードが実現するスポーティーな走り」、そして「SUVに負けないワゴンとしての価値」がセリングポイントとされている。

    エクステリアは、2019年の東京モーターショーで披露されたデザインスタディーを踏襲するエッジの効いたデザインで、立体的なフロントグリルやフェンダーが特徴。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4755×1795×1500mmと、先代よりも65mm長く、15mm幅広くなったものの(高さは同一)、駐車場を含め、国内の多くの使用環境で使い勝手のいいサイズにおさめられている。

    上質感と快適性を追求したというインテリアは、カーナビの地図や運転支援システムの情報が表示できる12.3インチフル液晶メーターや、縦型の11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ、センターパッドの小さなDシェイプステアリングホイールなどが特徴的。ホイールベースの延長(2650mm→2670mm)は空間的なゆとりをもたらし、荷室の開口部を拡大して5人乗車時の積載容量を39リッター増しの561リッターとするなど、ユーティリティー性の向上も図られている。

    ■新開発パワートレイン搭載

    新世代のスバルグローバルプラットフォームをベースとするボディーは、主要骨格を強固に結合したうえでパネルを張り合わせる「フルインナーフレーム構造」の採用や、構造用接着剤の適用範囲拡大により、剛性アップを実現(ねじり剛性は先代比で44%向上)。上質なステアフィールを実現する2ピニオン式の電動パワーステアリングの開発や、サスペンションのロングストローク化、空力パーツの適切な配置などにより、スポーティーなレヴォーグにふさわしい走りのよさが追求されている。

    スバル車のキモとなる水平対向エンジンは、従来の1.6リッター4気筒ターボに代えて、その7PS増しとなる最高出力177PSと同50N・m増しの最大トルク300N・mを発生する新開発の1.8リッター4気筒ターボを採用。同じくリニューアルしたCVT「リニアトロニック」と相まって、先代の1.6リッターモデルに勝る16.6km/リッター(JC08モード。WLTCモードでは13.7km/リッター。いずれも社内測定値)の燃費を実現した。

    先代では2リッター4気筒ターボも選べたが、新型は現時点では上記1.8リッターに限定されており、アウトプットを含め、パワートレインは3グレード(ベーシックな「GT」/装備充実の「GT-H」/スポーティーな仕様の「STI Sport」)で共通となっている。駆動方式は全車4WDである。

    STI Sportグレード限定ながら、スバル初のドライブモードセレクトが備わるのもニュース。パワートレインの特性を変化させる「SI-DRIVE」に加えて、パワーステアリングや電子制御ダンパー、4WDシステム、運転支援システム、そしてエアコンの特性を、走行シーンに合わせて変更できる。

    ■「アイサイト」も大幅に強化

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020.08.20
    https://www.webcg.net/articles/-/43201

    レヴォーグ(プロトタイプ)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1597930966/0-


    【スバルが新型「レヴォーグ」の概要を公開 2020年10月15日に正式発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/20(木) 05:51:02.74 ID:CAP_USER
    2020.08.14

    サマリー
    新型スバルBRZ、トヨタ86の情報が届きました。開発車両の姿を捉えた写真から、大型グリルと、新デザインのヘッドライトを確認できます。TNGAプラットフォームになる可能性もレポートされています。




    新型 255psを発揮か

    次世代型スバルBRZのプロトタイプが、スパイカメラマンによって初めてカメラに収められた。
    2021年発表と思われる期待の新型は、今回の写真で、開発初期のスタイリングを確認することができる。

    no title

    新型スバルBRZのプロトタイプ車両。

    今年初めに第1報をお伝えしたとおり、次期型BRZは、255psを発揮するターボ・ユニットを搭載する見込みだ。
    メカニカル面が(そしてきっと外観も)、時期を前後して登場する「次期86」と同一なのは新型でも変わらない。
    ただ、トヨタ版は、地域によっては「GR 86」を名乗る可能性もある。




    アセントの2.4Lターボの可能性も

    撮影された個体は、曲面で構成されたお馴染みのシルエットをまとっていた。
    それでも、フロントグリルが目に見えて大型化し、前後のライトが新デザインになっていることが判断できる。

    no title

    新型スバルBRZのプロトタイプ車両。

    トヨタ-スバルが送り出す新型は、スバル由来の従来型シャシーから、後輪駆動にも対応できるトヨタのTNGAプラットフォームに切り替わると思われる。
    ただ、エンジンはスバルの現行ラインナップから流用される見込みで、北米で展開されるSUV「アセント」の2.4L水平対向4気筒直噴ターボが候補となる可能性が高い。
    現行型では自然吸気ユニットから200psを発生するが、ターボ・エンジンに変更することで255psまでパワーアップするならば、2社がターゲットとするライバルにアルピーヌA110も含まれることになるだろう。

    https://www.autocar.jp/news/2020/08/14/554799/
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1597870262/0-

    【次期スバルBRZ 開発中のプロトタイプを激写 2.4Lターボで、アルピーヌに対抗か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/20(木) 14:33:52.32 ID:d7LHIthK0● BE:439992976-PLT(16000)

    おお…これは売れそう 新型レヴォーグ先行予約開始!! 発表は10/15 全情報を徹底紹介

    2020年8月20日、全国のスバルディーラーで新型レヴォーグの先行予約が開始された。
    このタイミングで各販売店では新型の資料配布を開始。
    スバル公式サイトでも新型の紹介サイトがオープンしている。

    レヴォーグといえば、大ヒット車であり日本におけるワゴンブームの牽引役であったレガシィの実質的な後継車として2014年4月に発表(発売は6月)。
    それから約6年半で、2代目となる新型の登場となる(新型レヴォーグの正式発表は2020年10月15日、発売は11月予定)。

    思い起こせば初代(現行型)レヴォーグ(現在はオーダーストップで在庫販売のみ)が登場してから約6年半、日本の新車市場も大きく状況が変わっている。
    ワゴン車のライバルも変わった。それでもレヴォーグは多くのファンに愛され続けてきたわけだが、ではそのバトンを引き継ぐ新型の「でき」はどうか。
    さらなるヒットは望めるのか。

    スバル渾身のフルモデルチェンジの成果やいかに。


    <画像>
    新型レヴォーグ(プロトタイプ)
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    <つづく>



    https://news.yahoo.co.jp/articles/7efbb97b3a5e02cdd04924ff03b0ab59ee9a6d58
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1597901632/0-


    【質実剛健の塊、スバル新型レヴォーグ先行予約開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/14(金) 07:37:59.11 ID:yXllypaN0
    賛否別れそう
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1597358279/0-


    【スバル新型レヴォーグの内装www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/08/11(火) 12:21:28.047 ID:/lrv6jftM
    燃費も悪い
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1597116088/0-

    subar350


    【スバルは10年前2Lターボで300馬力出せるのにマツダは新型エンジンなのに2.5Lで250馬力w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 13:31:52.992 ID:vHbFe7PP0
    新開発1.8Lターボ パワーと燃費を両立!

    衛生を利用したADAS アイサイトが格段に進化 ほぼ自動運転へ

    フル液晶メーターで高度な情報表示が可能に

    電気制御ダンパー搭載しワンタッチで車の複数の制御を一瞬で変更できる

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1596169912/l50

    【【朗報】スバルの新型レヴォーグ 性能が凄すぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/28(火) 19:40:27.62 ID:a8wPcyfG0
    スバルの公式サイトで、ある異変が起きている。軽を含む市販の全18モデル中、14モデルが「注文受付終了」となっているのだ。

    フルモデルチェンジを控えるレヴォーグや、惜しまれつつ生産を終えるBRZのみならず、人気のフォレスターや軽のステラ、サンバートラックなども含まれているのだから尋常ではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200728-00010005-autoconen-bus_all
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595932827/0-


    【スバル、完全に終わる 18車種中14車種の販売を終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/04(土) 19:54:18.910 ID:+49eYmBa0
    no title



    600馬力以上の馬力出すハイパフォーマンスレーシングカー
    ニュルで6分57秒出す凄さ
    マン島TTレースで有名
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1593860058/0-

    【スバルWRXで本気で速い車作った結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/06(月) 23:17:55.34 ID:9L8MVbic9
    スバルは2020年7月6日、スポーツセダン「WRX S4」の仕様を一部変更し、同年8月20日に発売すると発表した。

    今回はグレード構成を整理して「STI Sport EyeSight」のみの設定としたほか、カタログ燃費の表記をJC08モードからWLTCモード(11.2km/リッター)に変更した。

    また、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナルは同日、WRX S4 STI Sport EyeSightをベースとした特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯」を500台の台数限定で設定した。

    STI製パーツをはじめとする特別装備を採用し、専用チューニングを施すことでSTI Sportの「上質な走りと質感の高さ」を最大限に引き出したとうたわれるWRX S4 STI Sport♯。既報の通り2020年5月26日に先行予約注文受け付けが始まっており、すでに限定台数500台に達したため、注文受け付けは終了している。価格は474万1000円。(webCG)

    2020.07.06
    https://www.webcg.net/articles/-/42979

    WRX S4 STI Sport♯
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1594045075/0-


    【「スバルWRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/23(火) 15:58:14.520 ID:aXTE3WH40
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592895494/0-


    【リークショットされたスバル 新型レヴォーグがカッコよすぎると話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/23(火) 12:35:45.07 ID:407hW0tU9 BE:569940775-2BP(0)
    6/23(火) 11:56
    ロイター

    スバル社長「今期赤字にしない」との意志、経営陣で確認=株主総会
     6月23日、SUBARU(スバル)の中村知美社長は、東京都内で開いた株主総会で、2021年3月期(今期)業績予想を「遅くとも第1・四半期決算までには開示する」との意向を示した。写真は東京モーターショーで昨年10月撮影(2020年 ロイター/SOE ZEYA TUN)
    [東京 23日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>の中村知美社長は23日、東京都内で開いた株主総会で、2021年3月期(今期)業績予想を「遅くとも第1・四半期決算までには開示する」との意向を示した。新型コロナウイルス感染の第2波リスクを含め、市場動向が分からない時期だからこそ、精緻な予測以上に「今はこうしたいのだという経営の意志が大事だ」と指摘。「非常に厳しい状況だが、絶対に赤字にはしないということを全経営陣で確認し合っている」と述べた。

    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200623-00000079-reut-bus_all
    引用元  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1592883345/0-


    【スバル社長「今期赤字にしない」との意志、経営陣で確認】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/19(金) 11:25:09.81 ID:oZWxdPz20
    これが
    no title


    こう
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1592533509/0-


    【スバル・インプレッサ、とてつもない形のレーシングカーが登場予定だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/15(月) 18:47:59.861 ID:mHeQkdIW0
    リーク情報を元に

    衛星を利用した半自動運転+電子制御の可変ダンパー+最新のリーンバーンターボエンジン+フル液晶インパネ(メーターとナビ)

    可変ダンパーはワンタッチで低車高になったりクロスオーバー並の車高まで上げれる
    衛星利用のクルーズコントロールはカーブや料金所になると勝手に減速
    no title


    買わないやついるの?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1592214479/0-


    【新型レヴォーグ、国産トップクラスの性能と装備が確定か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/12(金) 17:24:00.805 ID:6jH1kKNgM
    コンパクトカーとか型落ち中古ドイツ車っていつも必死よな
    Subaru_LEVORG_1.6GT001s


    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1591950240/0-


    【レヴォーグ2.0乗ってるんだがイキってるコンパクトカー颯爽と抜いてくの楽し過ぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/06/12(金) 00:47:36.38 ID:nxMOta6vp
    インプレッサ→CVTのみ
    XV→CVTのみ
    フォレスター→CVTのみ
    レヴォーグ→CVTのみ
    レガシィ→CVTのみ
    WRX S4→CVTのみ


    WRX STI(MT)→販売終了

    no title


    BRZ(AT/MT)→2020年7月頃受注終了

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1591890456/0-


    【【悲報】車メーカーのスバルさん、何故かMT車の販売を終了してしまう……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/26(火) 19:17:56.73 ID:fafxYY6R9
    スバルは2020年5月26日、高性能スポーツセダン「WRX S4」の特別仕様車「STI Sport♯」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。

    ■運動性能をさらに高めた500台限定モデル

    今回の特別仕様車は、専用のサスペンションなどを備えたWRX S4の上級グレード「STI Sport」をベースに、スバルテクニカインターナショナルの用品などを採用することでさらに運動性能を高めた、台数500台の限定モデルである。正式発表は2020年7月6日、発売は同年8月20日の予定で、受注期間は同年10月22日までとなっている。

    エクステリアには、「WRX STI」のコンプリートカー「S208」や特別仕様車「EJ20ファイナルエディション」にも採用される大型フロントアンダースポイラーやエアアウトレットグリル付きリアバンパー、ダークグレーシリカ塗装のフロントグリル、ブラック塗装の18インチアルミホイールなどを装備。ブラックとシルバーのモノトーンでコーディネートされたインテリアでは、レカロ製シートをはじめ、各所の表皮に本革やウルトラスエードを採用している。

    走りに関する部分では、STI製の低圧損エアクリーナーエレメントや低背圧パフォーマンスマフラーの採用によって吸排気抵抗を低減し、加速時のエンジントルクを最大で約10%アップ。CVTオイルクーラーを装備したり、ラジエーターファンを強化タイプとしたりすることで、冷却性能の向上も図っている。

    またボディーには、国内向けのスバル車としては今回が初の純正採用となるSTI製の「フレキシブルドロースティフナー リア」や、「フレキシブルドロースティフナー フロント」「フレキシブルタワーバー フロント」の3点のパーツを追加。操舵応答性とコーナリング時の走行安定性を大幅に向上させたという。

    このほかにも、吸音材や制振剤の追加により、走行中の静粛性を改善。快適性の向上も図っている。

    ボディーカラーは「セラミックホワイト」(特別設定色)と「アイスシルバー・メタリック」「クリスタルブラック・シリカ」「WRブルー・パール」の全4色。価格は474万1000円。

    なお、スバルは上述のWRX S4 STI Sport♯の概要とともに、カタログモデルの年次改良についても発表。カタログ燃費をWLTCモードに対応させるほか、「GT」「GT-S」の2グレードを廃止。今後のラインナップは、STI Sportのみのモノグレード構成となるという。(webCG)

    2020.05.26
    https://www.webcg.net/articles/-/42775

    WRX S4 STI Sport♯
    no title

    低圧損エアクリーナーエレメント
    no title

    低背圧パフォーマンスマフラー
    no title

    CVTオイルクーラー
    no title

    フレキシブルタワーバー フロント
    no title

    フレキシブルドロースティフナー フロント
    no title

    フレキシブルドロースティフナー リア
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1590488276/0-


    【スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/05/09(土) 21:55:27.22 ID:qMWDDivr0
    300万で買える車の中では頭1つ抜けてるね

    Subaru_LEVORG_1.6GT001s


    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1589028927/0-


    【レヴォーグとかいうコスパ最高の車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/29(日) 09:25:24.106 ID:KTrAwASm0
    心はスバルに傾いてるんだけど
    TOYOTA_86001sss


    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1585441524/0-

    【トヨタの86とスバルのBRZならどっちがいいの?】の続きを読む

    このページのトップヘ