マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:国産車 > マツダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/28(水) 16:27:43.95 ID:CAP_USER9
    マツダ 新型「アクセラ」世界初公開! 次世代エンジン「スカイアクティブX」搭載や新“魂動デザイン”を採用
    11/28(水) 12:48配信

    ■新型「マツダ3」をロサンゼルスモーターショー2018で世界初公開

    マツダは発表を予告していた新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」を、
    30日からはじまるロサンゼルスモーターショー2018(一般公開)に先立ち、
    日本時間2018年11月28日に世界初公開しました。

    新型「マツダ3(日本名:アクセラ)」は日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した「魂動デザイン」を採用。
    ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいや
    リフレクションの動きによって、これまで以上に力強く味わい深い生命感がつくり込まれています。

    そのうえで、ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさが追求され、
    「マツダ3」というひとつのネームプレートのもと、まったく異なるふたつの個性がつくられています。

    また、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した、
    新世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Archtecture(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」や、
    幅広い走行シーンで意のままの加減速を可能にする、最新の「SKYACTIV-X」、「SKYACTIV-G」、「SKYACTIV-D」を搭載。

    人間を中心に設計するという思想に基づき、クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させ、
    走る・曲がる・止まるという、クルマの動きが自然に感じられるよう磨き上げられています。

    2003年のデビュー以来、累計販売台数が600万台を超える「マツダ3」は、
    マツダの「走る歓び」を世界中に届けるとともに、マツダの主要な生産拠点において
    生産の中核を担うなど、ブランドとビジネスの両面でマツダをけん引してきたグローバル戦略車となっています。

    代表取締役社長兼CEOの丸本明氏は「本日お披露目した新型『マツダ3』から マツダの新世代商品が始まります。
    クルマを所有する価値を飛躍的に高めたこの新世代商品を通じ、ブランド価値をさらに引き上げていくことで、
    世界中のお客様と強い絆で結ばれたブランドを目指してまいります」と述べました。

    【新型アクセラ(MAZDA3)主要諸元】
    ■ボディタイプ ・セダン ・ハッチバック
    ■乗車定員 ・5 名
    ■ボディサイズ(数値は北米仕様車) [全長×全幅×全高(mm)]
    ・ セダン:4662×1797×1445 ・ ハッチバック:4459×1797×1440
    ■ホイールベース ・2725mm
    ■エンジン
    ・SKYACTIV-G1.5 ・SKYACTIV-G2.0 ・SKYACTIV-G2.5
    ・SKYACTIV-D1.8 ・SKYACTIV-X
    ■トランスミッション
    ・6速オートマチックトランスミッション ・6速マニュアルトランスミッション
    ■フロントサスペンション ・マクファーソンストラット式
    ■リアサスペンション ・トーションビーム式
    ■ステアリング ・ラック&ピニオン式
    ■ブレーキ(前/後) ・ベンチレーテッドディスク/ディスク
    ■タイヤ ・205/60R16 ・215/45R18

    11/28(水) 12:48配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010006-kurumans-bus_all
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543390063/0-


    【マツダ・新型「アクセラ」世界初公開 次世代エンジン「スカイアクティブX」搭載や新“魂動デザイン”を採用 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/18(日) 13:43:25.015 ID:xmSAvYnc0
    トヨタのアクア(ハイブリッド)かマツダのデミオ(ディーゼル)

    どっちがええ?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1542516205/0-

    IMG_8860



    【トヨタかマツダの車買う、どっちがいいと思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/14(水) 09:17:03.79 ID:B/6yipoB0 BE:993788992-PLT(13001)

    マツダのSUVはなぜライバル車より軒並み「安価」なのか
    2018年11月14日 7時0分

    「絶対に忘れてはいけないのは、国内市場ではかつて“マツダ地獄”という負のサイクルがあったこと」

    マツダ地獄とは、新車販売時に大幅値引きすることで中古になった時の下取り価格も大幅に安くなり、
    結局、ユーザーはマツダ車にずっと乗り続けなくてはいけなくなることを指す。

    愛着をもって長く愛車に乗り続ける人は別にして、将来の買い替えを考えたうえでクルマを購入する人は、
    一度マツダ車を買ってしまうと身動きが取れなくなる。メーカーであるマツダにとっても、これではいつまでたってもブランド力は上がらないというわけだ。

    その負のサイクルを断ち切ったのが、2012年に登場したCX-5以降ということになる。
    ライバル車と同じかそれ以上の価格帯だと商談で競合し、従来のように結局、値引きに頼らざるを得なくなる可能性が高い。
    逆にライバル車よりも割安な価格設定をして、充実装備や高品質な割に競合車よりもお値打ち、
    と消費者が受け止めれば値引きは最小限にできるケースが多くなる。

    確かに、初代CX-5の投入を皮切りに、SKYACTIVエンジンと魂動デザインを順次、ほかの車種にも横展開し、
    消費者のマツダ観も明らかに変わっていった。

    最近の事例でいえば、2017年12月に発売したフラッグシップSUVで、3列シート7人乗りの「CX-8」がその代表例だ。
    あるモータージャーナリストは、「知り合いのボルボの技術者が、発売当初のCX-8を見て、
    『高品質のクルマをずいぶん安く売っているんだな』と驚いていた」と話す。丸本氏自身も「他社から安いと言われる」と吐露していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15592111/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542154623/0-

    Mazda_CX-8_XDLPackage01s



    【「トヨタやホンダのライバル車より安いのになぜ売れない・・」マツダが原因と対策を公募 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/12(月) 21:06:29.432 ID:vBzuu3Il0
    2018年11月09日
    マツダ社長「ガソリンエンジンに磨きかける!」
    「EVなどの技術をそこまで使わなくてよい」
    http://newswitch.jp/p/15170

    マツダは電気自動車やハイブリッドではなくガソリンエンジンの追求で勝負をかける。

    マツダこそが正しい王道の道を歩んでいっている。

    ガソリン・ディーゼル、スカイアクティブが世界の最先端。
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1542024389/0-

    IMG_8853




    【マツダ社長「電気自動車ではなく、ガソリン車に磨きをかける」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/27(土) 16:53:47.76 ID:5HYlRk7Td
    9/8に注文書作って手付け払う
    9/21に金払って契約
    10/27時点で音沙汰なし
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540626827/0-

    Mazda_CX-8_XDLPackage01s



    【【悲報】9月に買ったはずのCX-8がまだ納車されない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/20(土) 18:39:59.93 ID:gectzjBld
    cx-5はデブっとしててすき家ない
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1540028399/0-

    1280px-Mazda3_CX-3s



    【マツダのcx-3って見た目だけなら最高の車だよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/18(木) 20:47:42.68 ID:D+ufiO+60● BE:423476805-2BP(4000)

    マツダは新型アクセラを予告するティザー動画を2018年10月17日に公開した。
    予告された通り2018年11月に、新型アクセラとして正式発表される見込み。
    技術面では新開発ガソリンエンジンのSKYACTIV-Xが大きなトピックとなる。
    量産ガソリンエンジンとしては世界初となるHCCI(Homogeneous Charge Compression Ignition)予混合圧縮着火技術が導入され、この新型アクセラから搭載される。
    https://car-research.jp/tag/axela
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539863262/0-



    【マツダ次期アクセラ ティザー動画を公開、2018年11月正式発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/14(日) 20:35:30.29 ID:HUkaZJ1L0● BE:423476805-2BP(4000)

    CX-5にSKYACTIV-G 2.5T搭載モデルがラインアップに加わった。
    マツダは北米向けエンジンとして直4 2.5LガソリンターボのSKYACTIV-G 2.5Tを実用化し、フラグシップSUVのCX-9に搭載してきた。
    日本販売モデルにも導入されることになり、その第一弾が今回のCX-5ということになる。
    さらにSKYACTIV-G 2.5Tは、3列シートSUVのCX-8に採用される計画で、その発売日は2018年10月28日となる見込み。

    https://car-research.jp/tag/cx-5
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539516930/0-


    【マツダ・CX-5に2.5Lガソリンターボエンジン追加、北米CX-9から流用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/14(日) 13:52:34.856 ID:7PKfPOxb0
    車特に詳しくないんだけど見た目格好いいから欲しいんですけど
    no title


    内装
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539492754/0-


    【アテンザって車どう思う?????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/01(月) 02:43:05.98 ID:0HIUp03a0
    アメリカンなスバルより欧州風のマツダの方がスズキから乗り替えても違和感無いよな
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/auto/1538329385/0-


    Mazda_DEMIO_13S_L01s


    【スズキから乗り替えるならスバルよりマツダだよね? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/02(火) 18:19:35.39 ID:kCs05sNt0● BE:844481327-PLT(13345)

    マツダは2日、同社独自のロータリーエンジンを活用し、航続距離を飛躍的に伸ばした電気自動車(EV)を2020年をメドに投入する方針を発表した。
    ロータリーエンジンを搭載したハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車も開発を進める。

    ロータリーエンジンは燃費性能が低く、12年に搭載車「RX-8」の生産を終了した。
    だが、騒音が小さく小型で軽量という特徴がEV搭載に向いており、電動車での活用を進める。
    EVは電池でモーターを動かして走るが、充電への不安などから需要が大きくなっていない。
    このため、電池が切れてもロータリーエンジンで発電し、モーターを動かして走れるようにする。
    藤原清志副社長は「航続距離は電池容量の2倍になるイメージ」と話しており、数百キロは充電しなくても走行できる見通し。

    丸本明社長は「将来的には(発電ではなく)駆動でもロータリーエンジンを使いたい」と強調した。

    https://www.sankei.com/smp/economy/news/181002/ecn1810020031-s1.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538471975/0-


    IMG_8776



    【マツダがロータリーエンジンを搭載した電気自動車を発売へ HVやPHVも開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/27(木) 18:23:28.216 ID:H4h62s0A0
    クールすぎる
    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538040208/0-


    【マツダの車デザインカッコ良すぎるだろ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/26(水) 20:47:43.08 ID:DZ51ffz6a
    なんでやねん
    セダンだからじじいとかいう短絡的な思考はやめろ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537962463/0-

    IMG_8752



    【ワイ「車欲しいな~アテンザいいな~」敵「セダンとかじじいかよw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/22(土) 14:25:41.71 0
    ポンコツ日産車から乗り換えたい…
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1537593941/0-


    【マツダ車ってかっこいいよね 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/06(木) 12:15:22.08 ID:h0nr8zb40● BE:423476805-2BP(4000)

    マツダは次期アクセラの生産を9月下旬にもスタートさせる見込みとなっている。
    従来予想よりも大幅に早く発売されることになりそう。
    前回2017年の東京モーターショーでは、次期アクセラのデザインスタディモデルとして魁(KAI)コンセプトが発表されており、近い将来のフルモデルチェンジが噂されていた。
    パワートレインでは圧縮着火技術を採用した新開発ガソリンエンジン、SKYACTIV-Xが搭載される。
    燃焼がより瞬間的となることで、シャープなレスポンスと高い環境性能が実現する。
    https://car-research.jp/tag/axela
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536203722/0-



    【新型アクセラ2018年9月下旬より量産開始予定、発売は2019年春以降】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/20(月) 10:06:36.70 ID:8gKrtumGd
    マツダの塗装がクッソ綺麗だから惚れた
    特に青
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1534727196/0-


    1280px-Mazda3_CX-3s



    【マツダのcx-3って車ええと思うんやけどお前らの評価聞かせて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/20(月) 12:22:18.373 ID:vfvTzrT4d
    RE雨宮みたいなレシプロエンジンに興味ないって人なら納得なんだけど
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1534735338/0-

    IMG_8620



    【今のマツダ車を選ぶ人ってマツダの何に心打たれたの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/14(火) 16:36:03.90 ID:zhJHfgF70
    謎なんだが
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/auto/1534232163/0-


    1280px-Mazda3_CX-3s



    【ベンツ、BMW、アウディ買わずにマツダ買う奴wwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/09(木) 11:17:04.66 ID:LmC4qopH0● BE:423476805-2BP(4000)

    前回の東京モーターショー2017では、次期アクセラとしての市販が想定されるデザインスタディモデル、魁(KAI)コンセプトが発表されていた。
    その後、開発は進められており、想定される発売時期は2019年の夏-秋ごろ。
    やはり欧州が主力市場と考えられており、遅くとも9月のフランクフルトモーターショーでの市販型の完成車体公開が予想される。
    パワートレインでは新開発のSKYACTIV-Xが搭載される。
    SKYACTIV-Xは排気量2.0Lながらも、予混合圧縮着火技術の採用により2.5Lクラスの出力トルク性能が期待される。
    アクセラではハイパフォーマンスグレードの位置付けとなるだろう。

    https://car-research.jp/tag/axela
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1533781024/0-


    【マツダ・アクセラのフルモデルチェンジは2019年後半、SKYACTIV-X搭載 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/29(日) 13:10:27.79 ID:0kaJjaLkHNIKU
    マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論

    ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。
    “魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。
    同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。

    ─前田さんが考える競争優位なブランドとはどんなものでしょう。

    前田:オンリーワンでないとブランドにはなり得ないじゃないですか。そのメーカーのブランドしか作れないものでなければ価値がない。いま、特にそう思っていますね。
    商品に何かシンボルマークをつけておけばブランド、というのがかつての日本のブランド論でした。
    そうではなく、ブランドは作り手の志の集大成みたいなものなので、どれだけ研ぎ澄まされたものを積み上げてできているかにかかっていて、そこはデザインも一緒なんです。
    一言で言えば、デザインで表現したいのは“オーラ”。パッと見た瞬間、みなさんに「オッ」って思ってもらえるもの、それがブランド表現だと思っています。

    ─クルマの躍動感や生命感、スピード感などを表現するために動物のチーターをモチーフにして、獲物に襲いかかるチーターの姿をシンプルにオブジェにした、“ご神体”がマツダにはあります。
    デザインで迷ったらご神体に立ち返るという、唯一絶対の存在になっているそうですね。

    前田:自分たちの原点を突き詰めた時、動的な感じや生命感が感じられないクルマはマツダのクルマじゃないと結論づけました。
    いまでもその哲学は普遍だと思っていますが、敢えて、形に命を与えるという抽象表現にとどめたんです。
    それまでのマツダは、デザインテーマを具体的に決めていました。こういうキャラクターラインを入れるとかデザイン表現を固定してしまうと、結局はものすごく浅いものになってしまい、クルマの価値が変わっていくと対応できなくなってしまうのです。
    昔から、道具には命が宿ると言われていますが、我々がやっていることはそれと同じ。
    命を与えるということの深さに気づかされて、そこに日本の美意識の原点があるということにも気づきました。そして、生命感の深さをもう少し追い求めているのがいまのステージですね。
    よく若い人たちのクルマ離れが叫ばれていますが、真にカッコいいクルマを見たことがなければ、誰だってクルマへの関心も興味も薄れるでしょう。

    そこで我々が「RX-VISION」や「VISION COUPE」(それぞれ2015年、2017年に発表した「艶」と「凛」をテーマにした次世代デザインのコンセプトモデル)を
    東京モーターショーで見せると、若い人たちがどっと押し寄せて来て、誉め言葉である「やべえ」とか「やばくね、これ」とか言ってくれるわけです(笑い)。あれは心地よかったですね。

    続き
    https://www.news-postseven.com/archives/20180728_728515.html
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1532837427/0-

    IMG_8567







    【マツダ「若者の車離れは真にカッコいいクルマを見たことがないから。うちの車を見てください。」】の続きを読む

    このページのトップヘ