マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:イタリヤ車 > フェラーリ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/20(火) 06:27:32.30 ID:CAP_USER9

     イタリアの高級車メーカー、フェラーリが19日、新型スポーツカー「ポルトフィーノ」を日本で公開した。高額消費が盛り上がる日本だけでなく、世界中で販売好調なフェラーリ。特筆すべきは自動車業界で群を抜く株価のパフォーマンスだ。年間販売9千台以下の小規模メーカーに世界の投資家が熱狂している。

     19日都内で開いた発表会。新型車が姿を現すと会場に拍手がわき起こった。極東・中東エリア統括CEO(最高経営責任者)のディーター・クネヒテル氏は「今後も比類なき存在として君臨していく」と力を込めた。

     ポルトフィーノの価格は2530万円から。1億円超の限定車もあるフェラーリだが、日本自動車輸入組合によると、2017年の日本での販売台数は775台と過去最高だ。その人気は世界中に広がっている。

     2月発表の17年12月期決算は、売上高が前の期比10%増の34億1700万ユーロ(約4500億円)、調整後の営業利益は23%増の7億7500万ユーロだった。富裕層の絶大な支持を得て、この数字をわずか8398台で稼ぎ出した。営業利益を販売台数で割った1台当たり利益は日本円換算で1200万円強と、今期予想ベースで約21万円のトヨタ自動車の50倍を超す。

     18年には史上初めて9千台超を販売する計画。これも売れるから作るのでなく、価値を損ねないようバランスをとった数字だ。この余裕が世界の投資家を引き付ける。

     「RACE」のコードで米株式市場に上場した15年以降、フェラーリ株はほぼ右肩上がりの上昇を続ける。16年末から直近までの2.2倍の上昇率は、独フォルクスワーゲンなどの大手はもちろん、成長株の米テスラ(57%)もはるかにしのぐ。時価総額は日本円換算で2兆6千億円に達し、スズキやSUBARUとほぼ同じ規模だ。

     自動運転、電動化などの競争からある程度距離を置き、コモディティー化の流れとも無縁。むしろ多くのメーカーが変革の波にもまれるなか、変革に媚(こ)びない突き抜けた存在とのイメージが高まっている。新興国を中心に富裕層が増えるのは確実で、伸びしろも大きい。ローランド・ベルガーの貝瀬斉氏は「自動運転などの普及は大衆車には影響するが、乗ること持つことに楽しみがある車は別」と話す。

     その強さを物語る出来事が昨秋にあった。イタリアで開かれた創業70周年イベントの競売で、フェラーリ38台が総額6306万ユーロで落札された。ある自動車ジャーナリストは「同じような車はもう二度と手に入らないとの焦りが価格をつり上げている」と解説する。

     とはいえ、時代の流れは無視できない。1月にはセルジオ・マルキオーネCEOが電気自動車発売の可能性に言及した。念頭にあるのは米テスラが20年に発売する2代目「ロードスター」だ。同氏は「本当の電気スーパーカーを作るとしたらフェラーリが最初」と強調したという。百年に一度といわれる大変革期。フェラーリは「桁違い」であり続けられるか。(河野真央、フランクフルト=深尾幸生)

    2018/2/19 23:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27095740Z10C18A2TI1000/
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1519075652/0-


    Ferrari_Califonia_T_by_Japan_specification



    【フェラーリ、変革に媚びず 1台当たり利益1200万円 (トヨタは21万円) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/05(月) 16:13:27.30 ID:hG+VdW5u0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリは、2017年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は、過去最高の8398台。前年比は4.8%増だった。

    車種別の2017年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比25.1%増と牽引。これは、『GTC4ルッソ』と『812スーパーファスト』投入の効果が大きい。

    『488GTB』や『488スパイダー』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルは、前年並みの販売実績。
    これは、『カリフォルニアT』の生産が終了し、後継車の『ポルトフィーノ』の納車開始が、2018年第2四半期(4~6月)に控えているため。

    市場別の2017年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比4%増。中でも、イタリアやフランス、英国は2桁の伸び。ドイツは、前年比がひと桁台にとどまる。

    南北アメリカは、前年比4.6%増。中国は、ほぼ前年並み。中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比12.3%増と2桁の伸びを達成している。

    フェラーリ世界販売、4.8%増で過去最高に…V12搭載車が牽引 2017年
    https://response.jp/article/2018/02/05/305675.html
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517814807/0-


    【フェラーリの販売台数が過去最高を更新!日本での爆売れが要因か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/25(木) 15:20:12.097 ID:c+XzbHKt0
    どれがいいと思う?
    どれも3000万くらい
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516861212/0-

    【V8のフェラーリかV10のランボルギーニか中古のV12のランボルギーニか悩んでるんだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/27(土) 13:39:54.53 ID:ZgPBPKOl0
    納車楽しみや―
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1517027994/0-

    【大学生ワイ、フェラーリを購入してしまうww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/23(火) 14:45:31.55 ID:0qsjzWbU0
    V8、V10
    フェラーリ
    no title


    ランボルギーニ
    no title


    V12
    フェラーリ
    no title


    ランボルギーニ
    no title



    【お前らフェラーリかランボルギーニ、どっちが好きや? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/17(水) 17:29:14.80 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00458208

     イタリアのスポーツカーメーカー、フェラーリはバッテリー駆動のスーパーカーを製造し、高級電気自動車の分野で米テスラに挑む。最高経営責任者(CEO)のセルジオ・マルキオンネ氏が明らかにした。

     フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)からスピンオフされたフェラーリは、イタリアのデザインと超高速ロードスターを特徴とする他社を寄せ付けないブランド力を損なうことなく、ラインアップを拡充し、販売台数を伸ばしてきた。

     両社を率いるマルキオンネ氏は16日、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで記者団に対し、フェラーリが同社初のスポーツタイプ多目的車(SUV)を2019年の遅い時期か20年に投入する計画も明らかにした。「市場で最速」のSUVとなるという。

     マルキオンネ氏は「電気スーパーカーが製造されるとすれば、フェラーリが一番乗りになる」と言明。「人々はテスラがスーパーカーで成し遂げたことに驚いている。私はイーロン氏がやったことを軽んじるつもりはないが、それは私たち皆ができることだと考える」と語った。

     フェラーリがバッテリー駆動のスーパーカーを投入すれば、イーロン・マスク氏率いるテスラから販売と注目を奪う機会となり得る。テスラは「ロードスター」「モデルS」によってライバル各社よりも先に高級電気自動車市場の定義を確立させた。(ブルームバーグ)

    no title

    no title
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516177754/0-

    【フェラーリ、EVスーパーカー投入へ テスラ「ロードスター」に対抗 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/20(土) 03:18:37.50 ID:eVFRDYYX0
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516385917/0-

    rink1




    【【速報】中古のフェラーリが260万円! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/02(火) 21:35:58.647 ID:1nPTbMOq0
    no title

    no title

    no title

    ポルトフィーノ
    592馬力で最高時速320kmで100kmまで3.5秒で加速する
    4人乗りで上品なフェラーリです
    なお価格は2500万円
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1514896558/0-

    【フェラーリさん安くて実用性の高い車を発売‼ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/29(金) 09:57:39.16 ID:YGv1Tal70
    no title

    F1とかでいくらモータースポーツに功績を残しても
    ネットでは国産至上主義だし外車(特に有名なメーカー)は嫌いって価値観
    があるからやっぱり嫌いな人多そうだな



    【車好きならやっぱりフェラーリに魅力感じる❓ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/19(火) 19:07:30.59 0
    今でもカッチョいいF40
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1513678050/0-

    【一番カッチョいいフェラーリってどれですか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/07(木) 08:32:46.156 ID:KpWnq8Tf0
    no title

    ランボルギー二超えてるじゃん
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1512603166/0-



    【限定32台で3億円のフェラーリがカッコ良すぎワロタ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/18(土) 07:25:01.46 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3151071?act=all

    【11月17日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の元ドライバー、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏が乗っていたフェラーリ(Ferrari)「F2001」が16日、競売大手サザビーズ(Sotheby's)のオークションで近代F1マシンでは史上最高額に上る750万ドル(約8億4000万円)で落札された。

     F1で通算7度の世界制覇を成し遂げたシューマッハ氏が、2001年にステアリングを握っていたこのマシンは、サザビーズのオークション「Contemporary Art Evening Auction」に出品され、当初予想されていた落札価格の400万ドル(約4億5000万円)から500万ドル(約5億6000万円)を大幅に上回った。

     クリスティーズ(Christie's)が前日に開催したオークションでは、イタリア・ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)作とされる絵画「サルバトール・ムンディ(救世主、Salvator Mundi)」が美術品で史上最高額となる4億5030万ドル(約510億円)で競り落とされており、この値段には及ばなかったものの、シューマッハ氏のマシンは今回の競売を大いに盛り上げた。

     サザビーズによると、貴重な自動車が美術オークションに出されるのは初めてのことであり、その決断は評判を呼んでいた。同社の副社長いわく、車高が低くつややかな深紅の車は、これまで美術品として扱われたことはなかったものの、「過去にオークションで落札された中でも最高のレーシングカーだ」としている。

     F1史上最多のGP通算91勝を誇る伝説的ドライバーであるシューマッハ氏は、2013年のスキー事故で頭部に重傷を負って以降、公の場には姿を現していない。(c)AFP

    2017年11月17日 14:24 発信地:ニューヨーク/米国

    米ニューヨークのロックフェラーセンターに展示されている、F1元ドライバー、ミハエル・シューマッハ氏が2001年のモナコGPを制したフェラーリF2001(2017年10月7日撮影、資料写真)。(c)AFP/Jewel SAMAD
    no title



    【ミハエル・シューマッハ氏のフェラーリ、8.4億円で落札 近代F1マシン史上最高 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 16:46:12.612 ID:IoTq7gLk0
    金持ちってすぐ乗り換えてるの?



    【フェラーリとかロースルロイスとか超高級車の中古車って走行距離少ないのばっかだけどなんで? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/26(木) 22:56:21.683 ID:Wy1NHGKg0



    【フェラーリとかいう車のデザインがかっこ良すぎ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/30(土) 20:58:00.02 ID:q6HG+fNp0
    走行中の乗用車から突然、火が出て燃え上がりました。

    路上に止まっている白い乗用車から真っ赤な炎と黒い煙が激しく噴き出しています。
    30日午後2時すぎ、佐賀県のみやき町役場の三根庁舎前で、
    走行中の高級外車「フェラーリ」のエンジン部分から火が出ました。

    消防車3台が消火にあたり、火はすぐに消し止められ、
    運転していた男性にけがはありませんでした。
    警察と消防が出火原因を調べています。
    no title


    以下ソース:テレビ朝日 2017/09/30 17:51
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000111211.html

    【白いフェラーリが走行中に大炎上。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/12(火) 20:08:13.99 ID:vX9/PSCM0 

    この特別な1台は、フェラーリの70周年を記念したイベントにおけるオークションに出展された。2017年9月9日、フェラーリ本社のある中部イタリアはマラネロでのことだ。

    まだ実車がないためオークション会場には画像のみでの出展。
    それに830万ユーロ(約10 億7700万円)の値がついたのである。

    「この取引価格は、21世紀に製造された自動車のオークション最高額記録を塗り替えるものです」とするのは、フェラーリ・ジャパンが用意したプレスリリースだ。

    それまでの最高額はおなじくラ・フェラーリでも、クーペモデルのものだった。イタリア中部地震復興のために行ったチャリティオークションに出展し、700万ドル(約7億5000万円)で落札されている。

    今回の売上金は、恵まれない子供たちの支援を目的に世界120カ国以上で活動している国際機関「セーブ・ザ・チルドレン」に寄付されるそうだ。

    フェラーリの販売が好調という日本。そのなかでもファンの見果てぬ夢ともいえるのが、限定で発売されて即完売したハイブリッドのスーパースポーツ、ラ・フェラーリである。

    ラ・フェラーリは6262ccのV型12気筒エンジンに、F1式のハイブリッドシステムを組み合わせた963馬力。スペシャルなフェラーリのなかでも、とりわけスペシャル度が高い1台である。

    http://www.sankei.com/gqjapan/news/170912/gqj1709120001-n1.html
    no title

    続きます

    【世界で1台のフェラーリ、オークションで10億7700万円の値がつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/10(日) 09:07:15.20 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3142314?cx_position=13

    【9月9日 AFP】イタリアで8日、同国の高級スポーツ車メーカー、フェラーリ(Ferrari)の創立70周年を記念するイベントが行われ、500台の車が参加した。(c)AFP

    2017年9月9日 17:28 発信地:ミラノ/イタリア

    伊ミラノのコルソセンピオーネ通りで、高級スポーツ車メーカー、フェラーリの創立70周年を記念するイベントで、同社の本拠地マラネロへの走行を前に展示されたフェラーリ車(2017年9月8日撮影)。(c)AFP/MIGUEL MEDINA
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【 フェラーリ創立70周年、記念イベントに500台集結】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/02(土) 21:40:06.70 ID:oa0v1QqDd
    若者の車離れとか言われとるけど
    【おまえらってフェラーリ乗りたいと思う????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/29(火) 15:42:08.38 ID:WRApsZkg0
    40年間倉庫に眠ってホコリを被ったままのフェラーリが発見された。そのフェラーリは非常に希少価値のあるもので、
    140万~170万ユーロ(1.8億円~2.2億円)で落札される見通し。

    ホコリを被ったフェラーリは1968年に生産された「365GTB/4 デイトナ」であり、1960年のレーシング大会の成績が
    良くなかったフェラーリが残念な思いを込めて開発したスポーツカーで合計1200台が生産された。
    最高速度は280キロとなっている。

    2億円の価値が付いたのはその希少さ故である。まずこのデイトナはレース仕様のため車体が全てアルミで製造されており、
    数少ない超軽量モデルとなっている。またイタリアの街でも走行することができるプレートがついているのが最大の特徴。

    興味深いのはこの車の所有者であり、フェラーリの創始者であるエンツォ・フェラーリの親友ルチアーノコンテだった。
    しかし彼は1年後に車を売り、所有者が代わり1971年に海を渡って日本に行った。現在の所有者は1980年に購入した日本人。
    購入後に倉庫に放置しておいたおかげでホコリは被っているが状態は非常に良い。

    競売会社であるRMサザビーズの関係者が日本に訪問し車の状態を確認したところ「3万6390kmを走行しており、
    所有者が若干手を加えたがオリジナルの状態のままだ」と説明。

    問題のフェラーリは船で輸送中でミラノに向かっているという。存在が知られると世界中の自動車コレクターから
    問い合わせが殺到している。

    オークションは9月9日に行われる。

    http://gogotsu.com/archives/32657
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【40年間日本の倉庫に放置された激レアなフェラーリがオークションで2億円に 世界中から問い合わせ殺到】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/25(金) 09:56:01.14 ID:CAP_USER9
    http://s.response.jp/article/2017/08/24/298882.html
    フェラーリは8月23日、新型車の『ポルトフィーノ』(Portofino)の概要を明らかにした。実車は9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー2017においてワールドプレミアされる。

    ポルトフィーノは、現行の『カリフォルニアT』の後継モデル。車名のポルトフィーノとは、イタリアの港町で、イタリア屈指の高級リゾート地の名前に由来している。

    フェラーリ初の電動リトラクタブルハードトップを備えたオープンカー、カリフォルニアTの特徴は、ポルトフィーノにも継承。新開発の電動リトラクタブルハードトップは、より低速でも開閉できる軽量設計。また、リトラクタブルハードトップを装備したクーペコンバーチブルでは、異例のツーボックスファストバック構成のアグレッシブなデザインが特徴。ボディサイズは、全長4586mm、全幅1938mm、全高1318mm。

    排気量3855ccの直噴V型8気筒ガソリンターボエンジンは、カリフォルニアT用をベースにしながら、新型ピストンとコンロッドの採用をはじめ、インテークシステムの設計やエンジン制御ソフトウェアの見直しなどを実施。これにより、最大出力600ps/7500rpm、最大トルク77.5kgm/3000~5250rpmを獲得する。カリフォルニアT(最大出力560ps、最大トルク77kgm)比で、パワーは40ps、トルクは0.5kgm高められた。

    動力性能は、0~100km/h加速が3.5秒と、カリフォルニアTの3.6秒から、0.1秒短縮。最高速は316km/hから320km/h以上へ、引き上げられた。パワーアップにもかかわらず、欧州複合モード燃費は9.5km/リットルを維持。CO2排出量は250g/kmから245g/kmへ、引き下げている。

    完全新設計のシャシーは、カリフォルニアTから大幅に軽量化。ボディシェルの全コンポーネントを再設計した結果、軽量化だけでなく、ねじれ剛性もアップした。第3世代の電子リアディファレンシャルの「E-Diff3」は、「F1-Trac」と組み合わせ。フェラーリによると、メカニカルグリップだけでなく、限界域での車両コントロール性も向上させているという。
    no title

    no title

    no title

    no title

    【フェラーリ、ポルトフィーノ 発表へ…カリフォルニアT 後継は600馬力】の続きを読む

    このページのトップヘ