マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:イタリヤ車 > ランボルギーニ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/28(木) 07:35:33.68 ID:baVDkINA0
    no title

    no title

    おっさんにはモテるゾー

    【【悲報】これが女さんが嫌いな高級車ww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/18(金) 06:51:57.97 ID:CAP_USER9
     世界で人気が高まるSUV(スポーツ用多目的車)市場に、アウトドアのイメージとは遠い高級車メーカーが相次いで参入している。

     市街地での高い走行性能や乗り心地を悪路でも損なわない点をアピールしている。

     超高級車の英ロールス・ロイス・モーター・カーズは10日、初のSUV「カリナン」を発表した。全長は5・34メートル、排気量6・75リットルのエンジンを搭載した大型の四輪駆動車だ。会社側は「世界的にSUVに人気が移っている。顧客である富裕層からの要望も多かった」と説明する。価格は受注を始めた英国で税抜き21万ポンド(約3100万円)。日本でも6月に価格を公表した後、受注を始める予定だ。

     スーパーカーで知られる伊ランボルギーニも2017年12月、新型SUV「ウルス」(消費税抜きで約2600万円)を発表した。SUVながら発進から3・6秒で時速100キロ・メートルに到達する。日本でも人気で、「現在注文した場合、納車まで3年待ちの状態」(広報)という。

    http://yomiuri.co.jp/economy/20180517-OYT1T50099.html
    ランボルギーニ
    no title

    ロールス・ロイス
    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526593917/0-
    【ランボルギーニSUV参入、日本で納車3年待ち 2600万円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/30(月) 17:49:16.90 ID:EArN4sH50 BE:422186189-PLT(12015)
    ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOが『トップギア』の取材に応じ、「アヴェンタドール」と「ウラカン」の
    後継モデルにはプラグイン・ハイブリッドのパワートレインが搭載されることを公式に認めた。
    https://jp.autoblog.com/2018/04/29/lamborghini-aventador-huracan-phev-plug-in-hybrid/

    油燃やして、お湯沸かして、タービンまわして、電気作って、延々と運んで、充電池に貯めて、モーター回して車を走らせるEVより、
    油燃やして余剰エネルギーを電気として備蓄するハイブリッド車の方が実はエコじゃないのかっていう。
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525078156/0-

    IMG_8329



    【ランボルギーニ「EVよりE85燃料+ハイブリッド車の方がエコじゃね?」 マジ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/07(水) 09:14:11.58 ID:CAP_USER
    no title

    時速305キロ 市販SUVで最速

     イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは6日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を日本で初公開した。欧州の高級車メーカーが続々と日本市場にSUVを投入する中、スーパーカー並みの走行性能で差別化を図り、販売増に弾みをつける。

     最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を取り入れた。最高速度は時速305キロで市販のSUVの中では最速という。静止状態からわずか3.6秒で時速100キロまで加速できる。

     同社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「日常使いの車として家族や友人と乗ってほしい」と述べ、米国に次いで購入者が多い日本市場での販売増に意欲を示した。受注は既に受け付け、今秋に納車が始まる予定。価格は税別2574万円。
    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180207/bsa1802070500002-n1.htm
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1517962451/0-


    【ランボルギーニ、新型車「ウルス」日本初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/25(木) 15:20:12.097 ID:c+XzbHKt0
    どれがいいと思う?
    どれも3000万くらい
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516861212/0-

    【V8のフェラーリかV10のランボルギーニか中古のV12のランボルギーニか悩んでるんだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/23(火) 23:44:32.093 ID:UeEZRZ/Nd
    嘘だと思ったらマジだった
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516718672/0-

    【アホ「都内にいれば一日に数台ランボルギーニとフェラーリに遭遇する。逆に軽自動車をほとんど見かけない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/23(火) 14:45:31.55 ID:0qsjzWbU0
    V8、V10
    フェラーリ
    no title


    ランボルギーニ
    no title


    V12
    フェラーリ
    no title


    ランボルギーニ
    no title



    【お前らフェラーリかランボルギーニ、どっちが好きや? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/05(火) 16:19:14.03 ID:CAP_USER
    イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニ(Lamborghini)は4日、北部ボローニャ(Bologna)近郊にある本社で、新型のスポーツ用多目的車(SUV)「ウルス(Urus)」を発表した。高級車がひしめき急成長を見せるSUV市場に参入する。

     ランボルギーニが「スーパーSUV」と呼ぶウルスの最高時速は305キロ。静止状態から3.6秒で時速100キロにまで加速でき、時速100キロから停止までに必要な距離はわずか33.7メートルだ。

     ランボルギーニのステファノ・ドメニカーリ(Stefano Domenicali)最高経営責任者(CEO)は、ウルスの製造は「あらゆる面で挑戦だった」と話す。また、研究開発責任者マウリツィオ・レジアーニ(Maurizio Reggiani)氏はウルスについて、「オンロードはもちろん、オフロード、氷上、砂丘など、あらゆる地形で走行可能だ」と話し、最速のSUVになるとアピールした。

     ウルスの欧州での販売価格は税抜き17万1500ユーロ(約2300万円)。
    http://www.afpbb.com/articles/-/3154149
    no title



    【ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス」発表。2300万円、最高時速305キロ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 20:55:38.29 ID:CAP_USER9
    ◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

    ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできる。
    アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露した。
    イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

    この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライトを装備。
    フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体は極めて低い。

    しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
    まだ存在していないからだ。

    ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパーキャパシターを開発する計画だ。
    ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボンファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
    つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

    この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
    カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロチャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

    同社はその上、インホイールモーターも開発する。
    これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

    テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
    生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
    しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

    写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」
    no title


    日刊工業新聞 2017年(平成29年) 11月 13日 月曜日
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113




    【ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露…車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復(写真あり) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/08(水) 20:57:13.13 ID:CAP_USER
    no title

    イタリアのスーパーカーメーカー・ランボルギーニと、世界最先端の名門校の1つであるマサチューセッツ工科大学(MIT)がコラボレーションした電動スーパーカーのコンセプトモデル「テルツォ・ミッレニオ」が発表されました。日本語で「第三の千年紀」を意味する名前がつけられたこのモデルは、カーボンナノチューブ素材を用いることで傷を自己修復する機能を備えると同時に、ボディ全体を充電可能な「スーパーキャパシタ」とすることでバッテリーを不要とし、スーパースポーツに求められる軽量化と省スペース化を実現しようとするものです。

    低く構えたフォルムを持ち、いかにも「スーパーカー」という雰囲気を放つテルツォ・ミッレニオ。従来の内燃機関によるエンジンは搭載せず、4つのタイヤに内蔵されたインホイール・モーターで走るEVのスーパーカーです。
    no title


    横から見ると、ランボルギーニらしさを感じさせながらも別の未来感を放つデザイン。カーボンナノチューブで作られるこのボディは、傷を自己診断して修復する機能を持つうえに、ランボルギーニとMITはこのボディそのものをバッテリーとして使用するビジョンを掲げています。
    no title


    このコンセプトモデルが掲げているターゲットは、「未来のスポーツカー」というもの。世界がEVへとシフトする流れがあるこの時代において、ランボルギーニはEVスーパーカー(スーパーEV)を妥協なく実現するための要素を「エネルギー貯蔵」と「革新素材」という観点から定義しています。

    テルツォ・ミッレニオはボディの素材に最先端素材の1つであるカーボンナノチューブを採用することで、ボディ全体をスーパーキャパシタとして活用。スーパーキャパシタは強い電気エネルギーを一気に充放電できる性能を備えているため、ハイパワーモーターを搭載するスーパーEVに適したエネルギー源といえます。

    EVが抱えている問題の1つ、それは「バッテリーの重量と体積から逃れられない」というもの。2000年代に入ってEVの性能は一気に進化しましたが、「重くて大きなバッテリーを搭載しなければならない」という宿命から逃れることができていません。これは、高エネルギー密度で軽量・小型といわれるリチウムイオンバッテリーであっても避けられない問題で、すでに市販されているEVの多くは数百kgにもなるバッテリーを車体に搭載しています。一例を挙げると、ニッサン・リーフには約300kg、テスラ・モデルSには700kg以上のリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

    重いバッテリーを積むことで、車そのものの走行性能にも大きな影響が現れます。重い車体を動かさなければならないことで、1度の充電で走れる距離を示す「電費」は悪化し、加速やブレーキ、コーナリング時の運動性能にも悪い影響が出ることは避けられません。そのため、バッテリーを車体の床下に敷き詰めるなど、各社がそれぞれ影響を最小限にとどめる工夫をしていますが、物理的に増加した質量をナシにしてしまう方法は、今のところ存在しません。

    ましてや、スーパーカーともなると運動性能をおろそかにすることは不可能。そこで、ランボルギーニとMITは重量と体積のかさむバッテリーを捨て、車体そのものをスーパーキャパシタとすることで、重量と体積の問題を解決することを狙っています。スーパーキャパシタは、電子部品「コンデンサ」の大規模版といえるもので、充電と放電を急速に行える性能を備えています。

    一方のリチウムイオンバッテリーは、スーパーキャパシタに比べると充放電能力が低く、しかも大容量の電流を流した際に発熱が起こります。さらにこの発熱はバッテリー性能の低下を招くと同時に、安全上の問題にもつながるため、たとえ現代で最高の性能を備えているとはしても、高性能EVのエネルギー源としては完璧にはほど遠いと言わざるをえないものとなっています。

    このように、大出力のスーパーEVにピッタリと思えるスーパーキャパシタですが、実際には「蓄電容量が非常に少ない」という大きな問題が存在しています。そのため、たとえハイパワーを発揮できたとしても、その時間は非常に短いものとなってしまいます。

    しかし、ランボルギーニとMITはスーパーキャパシタの将来に前向きな姿勢を見せています。ランボルギーニの研究開発担当取締役であるマウリシオ・レッジアーニ氏は「今の段階では、私たちはとても楽観的に捉えています」と語り、たとえ研究と開発に何年もの時間をかけたとしても、この方向性には進める価値があるという見方を示しています。
    http://gigazine.net/news/20171108-lamborghini-terzo-millennio/

    【【EV】車体そのものに充電することでバッテリーが不要のスーパーEV「テルツォ・ミッレニオ」をランボルギーニとMITがコラボで発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/20(金) 19:13:44.98 ID:V2Oj69B+0 BE:323057825-PLT
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    9月のフランクフルトショーでワールドプレミアされた「アヴェンタドール S ロードスター」が日本でアンベールされました。
    クーペ版の「アヴェンタドール S クーペ」と同様に6.5L V12自然吸気ユニットを搭載し、0-100km/h加速=3.0秒、最高速度=350km/hをマークします。
    価格は4626万7692円。

    今回アンベールされたのは、ランボルギーニ車の日本向け輸出が50周年を迎えたことを記念したワンオフモデル。
    「火」「風」「空」「地」「水」という5つのテーマで専用のグラデーション・カラーリングが施され、それぞれ限定1台だけの日本向け仕様となる
    「ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター 50th アニバーサリー ジャパン」の1台である「水」です。
    お値段は今のところ未公表ながら標準モデルよりはかなり高額とのこと。
    もちろん、すでに5台ともオーナーは決まっているようです。

    ランボルギーニが日本輸出50周年を祝う火・風・空・地・水がテーマの特別車をお披露目
    https://carview.yahoo.co.jp/article/photo/20171020-20103419-carview/?fk=1
    no title

    no title

    no title

    no title




    【ランボルギーニが日本限定車を発表!「火・風・空・地・水」をテーマ。なお、既に売約済み 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/17(日) 21:05:42.316 ID:uUSxUnUz0
    no title

    国産スポーツカ-見た方がテンション上がる車好きが多いイメージ

    【車好きならランボルギ-二見かけたらテンション上がる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/16(土) 09:25:03.153 ID:qVdauooR0
    5分後
    アヴェンタドールが現れる…

    F1なの?
    LFAなんて記憶から飛ぶぐらいの音
    lamborghini-1818728_960_720

    【LFAに遭遇後の俺「車の音はLFAが一番だわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/08(金) 07:44:18.512 ID:QJnLKo5u0
    no title
     
    no title
     
    no title
     
    no title

    no title

    no title

    【ランボルギーニとかいう男の夢を全て叶えるようなデザインの車wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/30(日) 21:59:55.345 ID:EO6YNdsN0
    no title

    例えばお金持ちで複数台車持てるとしたら
    車好きにとってはランボルギーニって無視できない存在だと思うなぁ…

    【車好きにとってはランボルギーニって憧れの存在?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/23(日) 21:12:38.193 ID:2hLrceh60
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    ス-パ-カ-含む2ドアク-ぺの中で
    ランボルギーニのセンスの良さは異常

    【スポーツカ-でランボルギーニよりカッコ良い車あるか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/18(火) 08:51:06.50 ID:CAP_USER9
    趣味を存分に楽しむなら、遊び道具は満載で出かけたいし、だからってクルマの走りだって忘れたくそんなワガママを叶えてくれる粋なクルマを紹介しよう。

    ■ 今時のスーパーカーは遊び道具も運べる!

    スーパーカーといえば走りに特化したマシンを想像するかもしれないが、家族4人が無理なく乗れて、積載性も確保したモデルも存在する。
    ポルシェ『パナメーラ』はゴルフバックを横積みにしても余裕がある広い荷室と圧倒的な速さを両立。
    ターボモデルなら時速100kmまでわずか3.8秒で加速する。

    写真:ポルシェ パナメーラ 価格:1162万円~(ターボ 2377万円~ )
    no title


    スーパーカーの代名詞、フェラーリからはハッチバック『GTC4ルッソ』が登場。
    心臓部は伝統のV12エンジンで、最高速度は時速335kmに達するが、荷室も広く後部座席を前に倒せばサーフボードも余裕で載る。

    写真:フェラーリ GTC4ルッソ 価格:3470万円~
    no title

    no title


    もう一つのイタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニからはなんとSUVが2018年発売予定。
    800馬力のエンジンにフルタイム4WD、ターボやハイブリッドモデルの用意など、様々な展開が予想されている。
    SUVにランボルギーニらしさがどう吹き込まれるか注目だ。

    ランボルギーニ ウルス 予価:2280万円~
    no title


    http://news.livedoor.com/article/detail/13349499/

    【ランボルギーニからSUVが登場 家族にも優しい今時のスーパーカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/15(土) 08:40:55.440 ID:goWGTrzM0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    だから車好きに嫌われてる事が多い印象

    でも正直お金持ってたら欲しいな…
    ランボルギーニ

    【ランボルギーニの車って超絶かっこいいのにミ-ハ-感凄いよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/11(火) 07:31:23.925 ID:56vzcefQ0
    no title

    no title

    ↑ガヤルド
    no title

    no title

    ↑アヴェンタドール
    no title

    ↑ウラカン
    no title

    ↑カウンタック

    車のかっこ良さの頂点みたいなデザイン

    【お前らランボルギーニっていう車知ってる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/27(土) 09:58:45.16 ID:muSJMf/r0
    ワイ「アクセルクイッ」→80km/h

    これが現実
    94d362fbb0dc5c1919b3785bcd8d7662_s

    【底辺軽自動車「ブオオオオオオオオオオオオオオン!!!」→30km/h ワイランボルギーニ「はぁ・・・」 】の続きを読む

    このページのトップヘ