マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: 軽自動車・コンパクトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/16(土) 11:40:35.31 0
    フル装備の軽自動車は捨てがたいよな
    IMG_8440





    【結局、250万の新車の軽自動車と中古の普通車、どっちが買いなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/08(金) 11:16:44.801 ID:MzhFJNVU0
    スマホでも貧乏人用がある時代なのに
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1528424204/0-


    Daihatsu_MiraVan0091






    【低所得者向けの車ってなんでないんだろ? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/07(木) 07:15:14.119 ID:C8qG0LuFd
    マイカーにしようとは思わんけど
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1528323314/0-


    IMG_8421




    【お前ら軽自動車バカにしてるけど言うほど悪くないぞ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/06(水) 00:07:13.36 ID:5Vlmkyn10● BE:324064431-2BP(2000)

    【日本市場】「N-BOX」が首位、トップ4を軽自動車が占める、一部改良した「アクア」が登録車のトップ ほか


    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年4月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。前月2位の日産自動車「ノート」は8位に後退し、1~4位まで軽自動車が占めた。トップ20の軽自動車は8車種となった。

     トヨタ自動車「アクア」がノートや「プリウス」を抑え5位。アクアは、4月3日に一部改良し、2017年10月以来6カ月ぶりに登録車トップになった。一部改良で、安全支援システム「Toyota Safety Sense」に歩行者検知機能を加え、アクセルペダルを踏み間違えた時の衝突を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」をオプションで設定し、安全性を向上した。

     市場全体の登録乗用車の販売台数は19万3585台で、前年比1.2%減。軽4輪乗用車は11万1441台で、同9.9%増となった。 

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528211233/0-



    【日本人、軽自動車しか乗らなくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/01(金) 23:40:29.51 0
    「ナンバーの色分けも廃止しろ」とも言ってるし
    それって結局は軽自動車じゃ無くてもっと大きい車に乗りたいわけで
    本当は普通車に乗りたいんじゃん
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1527864029/0-


    IMG_8392



    【今の軽自動車は最高と言ってる人達が「排気量を800ccにしろ」「横幅10センチ広げろ」とか言ってるんですけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/02(土) 08:30:35.30 ID:jM+5EUEH0 BE:837857943-PLT(16930)

    1)トヨタ・ヴィッツ
     
    2001年以降は、販売面でホンダ・フィットに負けている。とくに後席の居住性や荷室の使い勝手が見劣りした。
    現行型は2010年に発売されたが、先代型に比べて内外装の質感、乗り心地、ノイズが悪化して売れ行きを低迷させた。
    no title

    no title


    2)ホンダ・フィット

    ヴィッツを窮地に負い込んだフィットも、現行型は売れ行きが低調だ。初代と2代目からの脱却を図り、シャープなデザインで先進性を表現したが、
    一般ウケがしにくい。コンパクトカーは法人需要も多く、個性的な造形は敬遠される傾向がある。ハイブリッドのリコールが相次いだことも災いした。
    no title


    3)日産マーチ
     
    現行型はタイで生産される輸入車だが、生産国の問題ではなく、基本的な造形や運転感覚を含めた質感に不満があって売れ行きが伸び悩む。
    丸みのある外観は可愛いともいえるが、デザインが大味で、2/3代目(先代型と先々代型)に比べると明らかに造形のレベルが退化した。
    no title


    4)トヨタ・プリウス
     
    2代目と3代目で、ルーフを後方に向けて下降させるプリウス独自の5ドアハッチバック形状を確立させた。4代目の現行型は
    フロントマスクに個性を持たせたが、デザインが不評で売れ行きが伸び悩む。2015年12月に発売され、2017年(1~12月)の登録台数は、
    対前年比が64.8%であった。
    no title


    5)ホンダ・オデッセイ
     
    現行型はフラットフロア構造と低床設計を両立させ、3列目シートの居住性を大幅に高めた。座った時に膝が持ち上がらず、
    3列目を含めて居住性は国産ミニバンのナンバーワンだ。
    no title


    https://www.webcartop.jp/2018/06/242217
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527895835/0-



    【ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選 1位ヴィッツ 2位フィット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/01(金) 12:22:26.76 ID:CAP_USER9
    本田技研工業は6月1日、軽貨物自動車の新型「N-VAN(エヌ バン)」の車両デザインやグレード展開などを公開した。

      N-VANは全モデルが自家用として登録可能な4ナンバー軽貨物車となり、5ナンバー軽乗用車と比べて軽自動車税の負担が軽減される。また、初回車検と2回目以降の車検の有効期間は共に2年間となる。

     モデル展開は、ベーシックモデルとして“プロの道具としての機能性を追求した”という「G」、“便利な装備を追加し、機能美を磨いた”という「L」を設定。また、「ホンダ スマートキーシステム」などを採用し、仕事とレジャーのどちらでも使える「+STYLE」として、フレンドリーな丸型のフルLEDヘッドライトを採用した「FAN」、スタイリッシュな「COOL」を設定。FANとCOOLにはターボモデルも用意される。なお、G、L、FANはハイルーフで、COOLのみロールーフとなる。

     荷室は、軽バン初の助手席ピラーレス仕様による1580×1230mm(幅×高さ)の助手席側開口部と、1230×1300mm(幅×高さ。+STYLE COOLは高さ1260mm)のテールゲート開口部による“ダブルビッグ大開口”で使い勝手を向上。エンジンをクルマの前方へ配置して床を低くすることで、荷室高1365mm(+STYLE COOLは1260mm)の広い空間を確保するとともに、助手席とリアシートをダイブダウンさせることで最大スペース長2635mm(+STYLE COOLは2560mm)のフラットな荷室とした。これにより、脚立などの長尺物も積みやすくしたほか、段ボール箱71個、ビールケース40個を積載可能。最大積載量は350kg(2名乗車時)となる。

     駆動方式は2WD(FF)と4WDが用意され、トランスミッションはそれぞれにCVTと6速MTを搭載。FANとCOOLに設定されるターボモデルは、2WD(FF)/4WD共にCVTのみとなる。

     ボディカラーはGとLに「タフタホワイトII」「ルナシルバー・メタリック」を採用。+STYLEでは、「プレミアムホワイト・パールII」「シャイニンググレー・メタリック」「クリスタルブラック・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「プレミアムピンク・パール」「ガーデングリーン・メタリック」のほか、FUN専用色の「プレミアムイエロー・パールII」、COOL専用色の「プレミアムベルベットパープル・パール」を設定した。

     インテリアは自然な姿勢を保てるシートや、タフなつくりの棚をイメージさせる収納、傷や汚れが目立ちにくくきれいな状態を保てる内装など、“道具としての使いやすさと、気持ちよく働ける空間を目指した”としている。

     なお、全モデルに「Honda SENSING」を標準装備。「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」「誤発進抑制機能」「歩行者事故低減ステアリング」「先行車発進お知らせ機能」「標識認識機能」「路外逸脱抑制機能」「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」「LKAS(車線維持支援システム)」「後方誤発進抑制機能」「オートハイビーム」を搭載するが、6速MTモデルには誤発進抑制機能、ACC、LKAS、後方誤発進抑制機能が、GとLにはオートハイビームがそれぞれ装備されない。
    .
    Car Watch,編集部:北村友里恵

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    6/1(金) 11:00
    Impress Watch
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000040-impress-ind
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527823346/0-



    【ホンダ、軽貨物車の新型「N-VAN」車両デザイン公開 全モデルが自家用として登録可能な4ナンバー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/27(日) 22:51:24.632 ID:qGookaRt0
    DaihatsuCopen_Activetop

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1527429084/0-


    【軽自動車でマシなのって コペン ジムニー この2台だけだよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/30(水) 10:02:34.34 0
    今時の若い女は車なんて気にしてないと聞いてるけど
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1527642154/0-





    DaihatsuCopen_Activetop



    【デートに軽自動車って本当に駄目なの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/24(木) 21:27:15.99 ID:CAP_USER9
    本田技研工業は2018年5月24日、軽スポーツカー「ホンダS660」をベースとしたコンプリートカー「S660 Modulo X(モデューロX)」を、同年7月6日に発売すると発表した。

    ■開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」

    「モデューロX」は、ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスのカスタマイズパーツを、生産過程で装着して販売するコンプリートカーである。これまで「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」「フリード」に設定されており、今回のS660は第5弾モデルとなる。

    開発コンセプトは「真のスポーツドライビングの喜び」。アルミホイールやサスペンション、空力パーツなどの専用装備を採用することで、意のままに操れる操縦性と上質かつしなやかな乗り味、さらに、所有する喜びを体現した存在感のあるデザインを実現したとされる。

    グリル一体型の専用フロントバンパーは、取り入れた空気を狙った位置へと導くエアガイドフィンを採用するなどして空力性能を追求。全体の空力バランスを整えるため、リアエンドのアクティブスポイラーにはガーニーフラップを装着している。さらに、5段階の減衰力調整機構を備えた専用サスペンションやドリルドタイプのディスクローター、スポーツブレーキパッドを採用し、街なかからワインディングロード、さらにはサーキットまで、場所を選ばずに楽しめる走行性能の高さがうたわれている。

    S660モデューロXの主要装備は以下の通り。

    【エクステリア】
    ・グリル一体型専用フロントバンパー
    ・専用LEDフォグライト
    ・専用カラードドアミラー(ブラック)
    ・ロールトップ(ボルドーレッド)
    ・専用アクティブスポイラー(ガーニーフラップ付き)
    ・リアロアバンパー
    ・専用リアエンブレム
    ・ステルスブラック塗装15インチアルミホイール(フロント)
    ・ステルスブラック塗装16インチアルミホイール(リア)
    ・ホイールナット(ブラック)
    ・専用サスペンション(5段階減衰力調整機構付き)
    ・ディスクローター ドリルドタイプ
    ・スポーツブレーキパッド

    【インテリア】
    ・専用スポーツレザーシート(本革×ラックススエード/ボルドーレッド×ブラック/「Modulo X」ロゴ入り)
    ・専用本革巻きステアリングホイール(ボルドーレッド×ブラック)
    ・専用「Modulo X」ロゴ入りメーター
    ・専用「Modulo X」ロゴ入りアルミ製コンソールプレート
    ・シフトノブ(チタン製)×シフトブーツ(グレーステッチ)【6段MT車】
    ・専用セレクトノブ(本革製/ボルドーレッド×ブラック)【CVT車】
    ・専用サイドブレーキカバー(ボルドーレッド×ブラック)
    ・専用インパネソフトパッド(ボルドーレッド)
    ・専用フロアカーペットマット(デザインタイプ/ボルドーレッド×ブラック/「Moduro X」アルミ製エンブレム付き)

    ボディーカラーはS660モデューロX専用色となる「アラバスターシルバーメタリック」に加えて、「プレミアムスターホワイトパール」「アドミラルグレーメタリック」「フレンチブルーパール」の全4色が設定される。

    価格は6段MT車、CVT車ともに285万0120円。

    ■ルーフキャリアをオプション設定

    なお、S660モデューロXの発売にあわせて、ベースのS660にも一部改良が行われた。

    ボディーカラーには、新色として「フレンチブルーパール」「ブリティッシュグリーンパール」「ナイトブラックホークパール」を追加設定した。

    また、「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を設定することで、カーナビゲーションシステムを利用可能(オプション)としたほか、耐荷重10kgのトップキャリアをオプション設定している。

    価格は6段MT車、CVT車とも「β」が198万0720円、「α」が218万5920円。(webCG)

    2018.05.24
    http://www.webcg.net/articles/-/38837
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527164835/0-



    【“匠の技”を注入! 「ホンダS660モデューロX」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/23(水) 17:54:46.49 ID:7c3KAIjf0 BE:837857943-PLT(16930)

    軽四輪車中古車販売、2.5%増の25万0520台で3か月ぶりのプラス 4月

    全国軽自動車協会連合会は5月23日、4月の軽四輪車中古車販売台数を発表。前年同月比2.5%増の
    25万0520台と3か月ぶりに前年同月実績を上回った。

    ブランド別では、ダイハツが同5.1%増の8万0451台で14か月連続プラス。16か月連続で首位の座を守った。
    2位スズキは同1.1%増の7万6799台で4か月ぶりのプラスだった。そのほか、三菱とスバルを除く国内ブランドすべてが前年同月実績を上回った。

    車種別では、乗用車が同2.9%増の19万8285台で2か月ぶりのプラス、貨物車は同0.8%増の5万2235台で6か月ぶりのプラス。
    このうち、バンが同1.1%増の2万5975台、トラックが同0.5%増の2万6260台、ともに6か月ぶりに前年同月実績を上回った。

    https://response.jp/article/2018/05/23/310010.html
    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527065686/0-



    【軽自動車の中古が売れまくりwそんなので十分だよね!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/19(土) 08:13:45.64 0
    広いしエンジンも問題ないし標準でいろいろ付いてるし明るいしすごいなN-BOX
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1526685225/0-


    0aa51e9a



    【初代日産ノート乗りだけど生まれて初めて欲しいと思えた軽自動車N-BOX】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/16(水) 21:27:41.32 ID:CAP_USER9
    スズキは、広い室内空間を実現するロングキャビンや、軽トラック初の前後誤発進抑制機能を採用した新型『スーパーキャリイ』を5月16日より発売する。

    スーパーキャリイは、標準仕様に比べ、キャビンを後方へ460mm拡大し広い室内空間を実現。運転席はクラストップのリクライニング角度最大40°とシートスライド量180mmを実現し、大柄な人でもゆとりある姿勢で運転ができるほか、仕事の合間の休憩時間も、手足を伸ばしてゆったりと車内でくつろげる。

    座席後方には高さ920mm×横幅1235mm×長さ250mmのシートバックスペースを確保。荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類など、さまざまな収納に活用できる。また全車、標準仕様に比べ120mm高い全高1885mmのハイルーフ仕様とすることで、余裕の頭上高を確保するとともに、ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備する。さらに助手席前倒し機構をクラス初搭載。助手席背面には、外出先でのデスク作業や食事等に活用できるシートバックテーブルを採用する。

    キャビンの延長により、荷台フロアは短くなるところだが、スーパーキャリイは荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用し、長尺物を積載できる荷台フロア長1975mmを確保。脚立や草刈り機、オートブリッジ、コンパネなども積載できる。

    さらに先進安全技術も装備。四輪ABSの標準装備とともに「誤発進抑制機能」「後方誤発進抑制機能」の両方を軽トラックに初採用。また、運転席・助手席SRSエアバッグの標準装備とともに、軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」や、サイドドアビームを左右2本ずつ採用するなど、衝突時の高い安全性も追求している。

    ラインアップは、エアコン、エアバッグなどを装備するベースグレードの「L」、さらにキーレスエントリーやフォグランプを追加した上級グレードの「X」の2種類。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルー、シルバー、アクアメタリックの5色を設定する。価格は97万4160円から133万9200円。

    スズキでは新型スーパーキャリイの発売にあわせて、「キャリイ」にも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を標準装備(KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャル)したほか、メーカーオプション設定車を増やし、安全装備の充実を図った。

    2018年5月16日(水) 17時03分
    https://response.jp/article/2018/05/16/309737.html

    スーパーキャリイ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526473661/0-


    【スズキ、ロングキャビンの新型軽トラ「スーパーキャリイ」を発売 安全装備も充実 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/13(日) 07:19:13.486 ID:kblMAj3b0
    予算は150万くらい
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1526163553/0-

    Suzuki_Alto_Turbo_RS_801



    【軽自動車買いたいんだがオススメ教えてくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/12(土) 23:23:23.26 ID:CAP_USER9
    ■NAでもグイグイ走るモデルも登場してきた!

     軽自動車を購入する際、それもNAとターボエンジンがそろう車種だと、さまざまな思いが渦を巻くはずだ。たとえば、奥さんは価格の安いベーシックなNAで十分。しかしご主人は、いやいや、遠出したり家族みんなで乗ることを考えればターボの余裕が不可欠だ、なんてね。ディーラーに行っても、長く乗り続けるならターボがお薦めですよ……と営業マンが甘い言葉で上級グレード購入を畳みかけてくる?

     そこでまず考えなくてはならないのは、購入費用&諸費用だ。セカンドカー、奥さま専用車としてなるべく安く購入したいなら、それはもうベーシックグレードのNAがいいに決まっている。ただしそれは車両価格が安いから、だけではない。

     たとえば売れに売れているホンダN-BOXを例にあげると、NAモデルのG-ホンダセンシング、G-LホンダセンシングのFFはエコカー減税・取得税40%、重量税50%、軽自動車税25%低減となる。

     一方、G-Lターボホンダセンシング、G-EXターボ ホンダセンシングのFF/4WDはエコカー減税が取得税20%、重量税25%に、軽自動車税軽減なしとなってしまうのだ。しかし、NAがいいかターボがいいかの答えは単純じゃない。NAでも思いのほかしっかり余裕で走ってくれるクルマもあれば、ターボじゃないと動力性能的にちょっとつらいクルマもある。

     NAモデルで価格を抑え、諸費用も押さえつつ、長距離ドライブにも使える下克上的NAモデルの一例が、最新型のホンダN-BOX。実際に東京から軽井沢へと走らせたことがあるが、高速走行はもちろん、碓井軽井沢ICから軽井沢へと続く急こう配の坂道(山道)も2名乗車+宿泊荷物でさえ、苦もなく走ってくれたのだからびっくり。市街地を含むシーンでの走りの上質感、足まわりのしっかり感も軽自動車のクラストップレベルと断言していいほどなのである。

     もちろん4名フル乗車、長距離を走る機会が多く、予算にゆとりがあるならターボになるかもしれない。実燃費にしても、車速が上がるほどパワーやトルクに余裕があるため、アクセルペダルをあまり踏まなくても速度を保ちやすく、NAとの差が縮まる傾向にあるのもその理由。もっともターボの最上級車、先進安全運転支援装備車だと、コンパクトカーより高くなってしまう車種もあり(170万円クラスもある!)、駐車スペースの問題でどうしても軽自動車を選ばざるを得ない人以外にはなかなか薦めづらいのも本当だ。

     しかしながら、せっかく買うならターボが絶対にいい!! と言いたくなる車種もある。例えば三菱ekスペース。NAエンジンにあまり力がなく、両側スライドドアを備えた容量系軽自動車だけに車重がかさむこともあって、街乗りから高速走行、山道に至るまで、ターボの動力性能が欲しくなる1台なのである。

     とはいえ、必要なパワーは人それぞれ。できれば狙いの軽自動車のNA、ターボ両方に試乗して、ライフスタイルに合うか、望む走行性能に達しているかを、カタログのスペックに頼らず実車確認するのが鉄則である。おおまかに言えば、街乗り、ご近所専用車としてならNAの経済性が際立ち、長距離ドライブや、フル乗車、荷物満載のアウトドアなどに出掛ける機会が多く、長く乗り続けるつもりならターボ、またはコンパクトカーへのアップシフトも要考慮、というところだ。

     最後にこれだけは言っておきたいのが、先進安全運転支援装備。もはや軽自動車にも不可欠、というより、軽自動車だからこそ、ぜひとも付けてほしい安全装備であり、NA、ターボのどちらを選ぶにしても、ケチらず装備して(装着車を選んで)、より安全、安心なカーライフを楽しんでいただきたい。つまり、先進安全運転支援装備分まで含めた価格を基準とし、予算と照らし合わせてほしい。

    2018年5月11日 11時40分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/14699359/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526135003/0-

    【軽自動車はターボと自然吸気のどちらのエンジンを選ぶのが正解か 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/11(金) 23:07:16.58 0
    会社の軽自動車乗ってる人は「最初は絶対に軽自動車にしろ」と言ってるんだけど
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1526047636/0-

    mira_993811


    【35歳にして車の免許取ったんだけど最初の車は軽自動車にしたほうが良いの?それとも普通車? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/11(金) 22:45:48.02 0
    いやー余裕余裕
    勝ち組で良かった
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1526046348/0-

    IMG_8360



    【軽自動車税 7200円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/08(火) 07:01:08.235 ID:oUgoOItY0
    Kei←実はこいつの後継車
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1525730468/0-


    IMG_8349


    【ハスラーとかいう当初「ジムニーに手を出す勇気のない腰抜け男」がターゲットだったのにいつのまにか女の乗り物と化してしまった車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/05(土) 20:25:21.22 ID:V3fDyUzX00505
    買って後悔しないか心配や
    我慢して普通の軽にするか迷うンゴ
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1525519521/0-


    1024px-Suzuki_Jimny_XG_JB23W_D9


    【【急募】貧乏人ワイ、高級車買えないから見栄張るために軽自動車のジムニー買うか迷う 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/03(木) 22:35:25.01 0
    免許は取り立て
    軽自動車が車の売り上げで全体の4割売れてるらしいし
    やっぱ新車がいいのか?
    アルトワークスで将来はサーキット走るのも良い気もするんだけど

    アクアはコンパクトだから中途半端な気はするけど安い
    プリウスはアクアの上級車だからワンランク上狙えるかなと

    車に詳しい人だったらどれ選ぶの?
    IMG_8334





    【新車のアルトワークス180万か中古プリウスか中古アクアのどれ買うか迷ってるんだけど】の続きを読む

    このページのトップヘ