マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: 軽自動車・コンパクトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 22:56:05.07 0
    36合板載せられないし商用バンとしては中途半端だと思うのだが
    IMG_0146


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1585662965/0-


    【最近ホンダのN-VANをよく見かけるんだが一体誰が乗ってるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 00:34:07.261 ID:WlG3lyio0
    no title

    見馴れるといいかも
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1585582447/0-


    【新型フィット良い車だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 05:20:30.35 ID:a9bFyujm0● BE:842343564-2BP(2000)
    これ欲しい!シトロエンが「免許不要」の車を発売!

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010002-parkblog-life
    no title


    シトロエンの超小型EV「Ami」。欧州ではクワドリシクルと呼ばれるカテゴリーに分類され、免許がなくても運転できる。写真:シトロエン
    14歳から運転可能な超小型EV「Ami」が、シトロエンから発売された。月額レンタルが19.99ユーロ(約2400円)、カーシェアサービスは1分あたり0.26ユーロ(約30円)という低価格で利用できる。欧州で、クワドリシクル(4輪自転車)と呼ばれるこのようなクルマの普及が進む背景とは。

    【写真】シトロエンの超小型EVが可愛すぎる!

    欧州で普及する「免許不要のクルマ」クワドリシクル

     シトロエンは、Ami(アミ)という超小型EVを発売した。Amiのような超小型EVは、EU加盟国などの欧州諸国において、クワドリシクル(Quadricycle)というカテゴリーに属するクルマになる。日本の軽自動車とは異なる欧州独自のカテゴリーで、都市の渋滞解消や環境問題として2002年頃に登場し、近年ではEV化されているものが多い。

     そしてクワドリシクルは、免許がなくても運転ができる。欧州では講習を受講すれば14歳(一部の国では16歳)からOK。そのためフランスではVSP(voiture sans permis=免許不要のクルマ)とも呼ばれている。
    フランスは2014年の免許制度変更で、クワドリシクルに免許が不要となった。それにより免許取得前の若者が通学する学校の周辺に、クワドリシクルが縦列駐車されている光景がフランスでは日常化しているそうだ。また若者だけでなく免許を返納した高齢者も運転できる。

    都市乗り入れ規制の対象外で、低価格な都市の足

     Amiの車体サイズは全長2.41m、全幅1.39m、全高1.52m、車重はバッテリー込みで485kg。乗員は2名で、64リットルのトランクルームを備える。出力が8.2PS(6kW)、航続距離が約70km。220ボルトによる普通充電は約3時間で完了する。ただし最高速度が時速45kmに制限されているため、高速道路や自動車専用道路などは通行できない。

     このような超小型車が欧州で普及している理由の1つは、普通乗用車で、平日の日中に都市へ乗り入れすることが規制されているからだ(バスやタクシー、居住者は除く)。
    都市の渋滞解消の対策として始まった規制だが、クワドリシクルは対象外となっている。都市を走るクルマが2名以上で乗車している割合は高くない。ならば2名乗車に適したサイズへと小型化すれば、利便性を損なわずに渋滞を緩和できるという考え方だ。

     クワドリシクルの利用を促すために、都市では専用の駐車場や縦列駐車スペースなどが設けられている。狭い路地に縦列駐車をしても超小型車なので、他の通行に迷惑をかける可能性が低いから、このような措置が取られている。車体が小さいことは運転するドライバーにとっても、狭い路地の運転や縦列駐車がしやすいというメリットがある。

     環境問題においてもクワドリシクルは貢献があるとされている。当初はガソリンエンジンを搭載していたが、小排気量だったのでCO2削減につながると考えられていた。近年はEV化することで、CO2削減効果を高めようとしている。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1584217230/0-


     

    【月額レンタル2400円、免許なしでも乗れる電気自動車が登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 15:56:12.39 0
    ホンダ自動車の源流 軽トラックが販売終了
    2019年末、一部のマニアがざわつく発表がホンダからなされた。
    それは、同社の軽トラックである「アクティ・トラック」が2021年6月を持って生産を終了するというものだった。
    現在販売されているアクティ・トラックは2009年に登場したもので、通算4代目となるモデルだが、
    その源流を辿るとホンダ初の4輪自動車である「T360」となるのである。
    T360と言えば働くクルマである軽トラックにもかかわらず、日本で初めてDOHCエンジンを搭載した
    量販車であり、あの幻のスポーツカー、S360と共用する前提で開発されたエンジンを搭載していた
    ホンダの4輪の祖とも言えるモデルであった。
    そんなホンダの自動車の源流とも言える軽トラックが販売終了を迎えるというのは、
    ホンダファンからしてみれば一大事。
    しかも、現在のところ後継車種として新たな軽トラックが登場する予定はないとアナウンスされているから、マニアがざわつくのも致し方ないと言えるだろう。
    なお、アクティにはトラックのほかにワンボックスタイプのアクティ・バンも存在していたが、
    こちらは2018年7月に登場したN-VANに後を託し、一足先にラインナップから姿を消している。
    なぜ、アクティ・トラックは後継車種の予定もなく消滅する運命となってしまったのだろうか?
    新型を開発/生産しても収益性が見込めず?
    ホンダによると、アクティ・トラックが生産を終了し、新型の予定もない理由として
    「新たに設けられる排出ガス規制をクリアしたり、順次装着が義務化される衝突被害軽減ブレーキに
    対応したりするために開発費用をかけても収益性が見込めないため」としている。
    現在、国土交通省が発表している内容では、2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、
    基準を満たした性能を持つ衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化されるとしているが、
    軽トラックに関しては2027年9月以降に義務化とやや後ろ倒しがなされている。

    no title

    no title


    https://news.livedoor.com/article/detail/17967663/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1584255372/0-


    【ホンダが軽トラック販売終了へ「開発費用をかけても収益性が見込めないため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/25(火) 15:00:05.37 ID:CAP_USER

    日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。

    新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。着座時の膝回りスペースも十分に確保。後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。また後席の室内高は1400mm。小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。さらに荷室床面の長さを675mm確保。48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。

    便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。また後席は最大320mmスライド可能。前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。

    新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。軽自動車を超える力強い走りを体感できる。またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。

    先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。

    ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。

    スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。

    ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。

    価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。

    □関連ニュース
    日産 ルークス 新型 AUTECHブランド第5弾、上質なプレミアムスポーティモデル | レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332010.html

    2020年2月25日(火)13時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332008.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1582610405/0-

    【日産 ルークス 新型 大人4人がくつろげる室内空間…3月19日発売、価格は141万5700円より】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/09(日) 13:04:58.77 ID:tEmrktCF

    快適なだと語弊があるので変えました
    Suzuki_ALTO_WORKS001s

    引用元 http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/kcar/1581221098/0-



    【高速道路120km/h走行が余裕な軽自動車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/20(木) 13:36:20.597 ID:tJPWNZwI0
    バカ売れするんだろうな
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1582173380/0-

    03217d42-001ss

    【トヨタのヤリスとか言う車www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/14(金) 18:16:56.92 ID:xoLaoJ7I0St.V
    no title

    乗り心地ええわ

    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1581671816/0-

    【ワイ、ホンダの新型フィットが早速納車されたのでドライブに来た】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/13(木) 03:06:45.51 ID:ekzSQx9l9
    https://jp.reuters.com/article/honda-new-fit-idJPKBN206297


    Reuters
    2020年 2月 13日 12:56 AM JST
    ホンダ、新型「フィット」を14日発売 トヨタ「ヤリス」と小型車対決


    [東京 13日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は14日に小型車「フィット」の4代目となる新型車を日本で発売する。フィットは同社にとって国内最多の保有台数180万台超を誇る最重要車種。今夏には欧州にも投入する世界戦略車だ。先進安全運転支援システムなど機能面のほか、乗り心地など感性的な価値も追求した。既存ユーザーの買い替えを促し、新規顧客の開拓も狙う。

    フィットが属するコンパクトハッチバックは登録車(排気量660cc超)の市場で約4割を占める国内最大のセグメント。競合車となるトヨタ自動車(7203.T)の「ヤリス」の新型車も10日に発売されたばかり。両社を代表する小型車の発売月が重なったことで、対決の注目度が高まっている。

    フィットは2001年の初代発売以来、1月末までの国内累計販売台数は269万台。今回は約7年ぶりの全面改良で、国内販売は月1万台を計画。昨年12月中旬ごろから開始した予約注文は約1万7000台となっている。
    (リンク先に続きあり)


    https://s3.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200212&t=2&i=1489342901&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPEG1B1HQ

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1581530805/0-

    【【ホンダ】新型「フィット」を14日発売 トヨタ「ヤリス」と小型車対決】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/01/11(土) 20:46:45.00 ID:+ri4XtoD9
    本田技研工業は2020年1月10日、軽規格のオープンスポーツカー「S660」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。

    今回のマイナーチェンジでは、「デザインの深化」をコンセプトに内外装を変更した。

    エクステリアでは、フロントピラーをボディーカラーと同色としたほか、新デザインのアルミホイールやフロントグリルを採用。上級グレードの「α」には新たにアクセサリーライトを装備した。また、ヘッドライトのサブリフレクターや、リアコンビネーションランプのインナーレンズの色も変更。ボディーカラーは国内初の新色「アクティブグリーン・パール」を含む、全7色としている。

    一方インテリアでは、ステアリングホイールやシフトノブの表皮にアルカンターラを採用。αではシート表皮のアクセントを変更するとともに、新たにシートヒーターを装備した。

    同時に、ホンダアクセスの手がけるコンプリートカー「モデューロX」にも改良を施しており、エクステリアではブラックスパッタリング仕上げのアルミホイールを採用したほか、ドアミラーカバーの色を「ナイトホークブラック・パール」に変更。インテリアでは専用スポーツレザーシートの意匠を変更するとともに、アルカンターラと本革巻きのコンビステアリングホイールを新採用。サイドブレーキカバーやシフトブーツの素材もアルカンターラとしている。

    価格はαが232万1000円、「β」が203万1700円、モデューロXが304万2600円。(webCG)

    2020.01.10
    https://www.webcg.net/articles/-/42201

    S660 α
    no title

    no title

    no title

    no title

    S660 モデューロX
    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578743205/0-


    【キーワードは「デザインの深化」 ホンダが「S660」をマイナーチェンジ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/16(月) 21:02:03.30 ID:CAP_USER
    no title

    スズキ・スーパーキャリイ(インド仕様)

    スズキのインド子会社のマルチスズキは、同社初の小型商用車の『スーパーキャリイ』(Maruti Suzuki Super Carry)が、発売から3年以内で5万台の販売を達成した、と発表した。

    インド向けのスーパーキャリイには、パワフルな793cc 2気筒ディーゼルターボエンジンを搭載する。広い荷台と取り回ししやすく安定性に優れた車体、長距離運転でも快適な広い室内を備え、商用車としての実用的な使い勝手を高めている。

    スーパーキャリイは、2016年秋の発売から2年で、インド国内販売2万台を達成した。最初の1万台の達成には18か月を要したが、次の1万台の販売は6か月以内に到達した。そこから3万台を上乗せし、5万台を達成するのに要した期間は、およそ1年という人気車種となっている。

    スーパーキャリイは、マルチスズキのハリヤナ州グルガオン工場で生産を行う。インド国内におよそ250拠点のネットワークを擁するマルチスズキの商用車専売ディーラーを通じて、販売されている。

    https://response.jp/article/2019/12/16/329832.html
    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1576497723/0-

    【マルチスズキ初の小型商用車『スーパーキャリイ』、5万台を販売…発売3年以内 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/20(金) 12:41:15.15 ID:Ejill6uc9
    no title


    2020年2月10日 発売
    ヤリス:139万5000円~249万3000円
    ヤリス 車いす収納装置付車:156万9000円~218万3000円(消費税非課税)

    トヨタ自動車は、新型コンパクトカー「ヤリス」を2020年2月10日に発売する。価格は139万5000円~249万3000円。

     日本では1999年1月から「ヴィッツ」の車名で発売され、2回のフルモデルチェンジを経て販売が続けられてきたが、4代目となる新型から海外で使われてきたヤリスに車名を統一する。

     10月16日にモデル概要が世界初公開され、合わせてワークショップのレポート、プロトタイプ車両のサーキット試乗などを誌面掲載して紹介しているように、新型ヤリスではトヨタの新しいクルマづくりの方針「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づいて開発されたコンパクトカー向けの「GA-Bプラットフォーム」を採用している。

    外観デザインは「BOLD(大胆)」「BRISK(活発)」「BOOST(加速)」「BEAUTY(美しさ)」「BULLET(弾丸)」などの頭文字である「B」と、力強く走り出す「ダッシュ」を組み合わせた「B-Dash!」をコンセプトに採用。ヘッドライトのユニット上辺やフロントバンパー中央に立方体を組み合わせたイメージの「キューブパターン」をレイアウトする。

     ボディカラーでは、日本文化の独創性と遊び心を表現する「J-FASCINATING(ジェイ・ファッシネーティング)」をキーワードに新開発した「コーラルクリスタルシャイン」「アイスピンクメタリック」の2色を採用。モノトーンカラー全12色をラインアップするほか、ブラックルーフ4種類、ホワイトルーフ2種類といった2トーンルーフ計6種類が用意されている。


    トヨタ初の「イージーリターンシート」を採用

    「スポルテック・コクーン」をキーワードとしたインテリアでは、「楽しく操る機能部品」と「心地よい素材感に包まれた空間」を対比させたデザインを採用。インパネの高さを抑えて縦横比を横長にしたことで、上級クラスの車内のようにワイドな空間を表現。ステアリング径はφ365mmに小径化し、センターパッドを小型化してメーター類の視認性を向上。メーターはHYBRID X、X、X“B Package”で2眼式のアナログメーターを、その他のグレードでは3つの液晶パネルを組み合わせるデジタルメーターを採用する。

     内装色は「ブラック」が基本となり、HYBRID GとGは「トープ」、HYBRID ZとZは「クレアトープ」も選択可能。シート表皮はHYBRID ZとZは上級ファブリック、その他のグレードはファブリックを採用し、HYBRID GとGには「マルチカラーファブリック」、HYBRID ZとZには「合成皮革+ツィード調ファブリック」をオプション設定している。

     このほか、HYBRID ZとZの運転席にトヨタ初の装備となる「イージーリターンシート」を採用。シートの前後ポジションを一定にキープしつつ、シートベース右側面の専用レバーでロックを解除することにより、シートを最後端までスライド可能。電動パワーシートの一部で採用されている「メモリー機能」をロック機構の工夫で再現するこの装備により乗降性を高めることが可能。乗車後は同じくレバーを引き上げながらシートを前方にスライドさせると、あらかじめ設定していたシートポジションの前後位置で止まる仕組みとなっている。

     HYBRID ZとZ以外のグレードでは、運転席と助手席が車外側に回転&チルトして、スカートや和服を着用している人でも楽に乗り降りできる「ターンチルトシート」をオプション設定している。

    carwatch
    2019年12月20日 00:01
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1225557.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1576813275/0-

    【トヨタ、新型「ヤリス」2020年2月10日発売。139万5000円から 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/12/14(土) 21:16:25.93 ID:CAP_USER
    ホンダが来年2月に発売を予定する小型車「フィット」の新型モデルの価格が明らかになった。ガソリン車は148万6100円から、ハイブリッド車(HV)は192万6100円から。トヨタ自動車も近く、新型の小型車「ヤリス」(ヴィッツから改名)の価格を明らかにし、同じく来年2月に売り出す。発売前から受注競争が激しくなりそうだ。

     販売店関係者が明らかにした。現行モデルの最も安いグレードと、新型で最も安い「ベーシック」グレードで比べると、ガソリン車は3万円、HVは19万円ほど新型の方が高い。ベーシックでは、安全運転支援機能はオプションとなり、7万円ほどでつけられるという。

     フィットは2018年度に国内で8万台強が売れた主力車種で、ホンダの国内販売では軽自動車の「N―BOX」に次ぐ売れ筋。新型モデルは10~11月の東京モーターショーで世界初公開された。内外装が大幅に変わったほか、視界の良さや座席の座り心地を追求したという。HVには発電用と駆動用のモーターを分けたシステムを採用。モーターが一つのものより、燃費効率が高まるという。

     当初は11月の発売を想定していたが、採用予定だった電子制御パーキングブレーキに不具合が発生し、急きょ別のメーカー製に変更。3カ月遅れの来年2月に発売することになり、ヤリスと発売時期が重なることになった。フィットとヴィッツは00年代の小型車ブームを引っぱった車で、小型車市場が再び活気づきそうだ。
    no title

    https://www.asahi.com/articles/ASMDF6QWFMDFULFA03M.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1576325785/0-

    【ホンダの新型フィット、148万円から 来年2月発売 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/29(金) 09:11:51.25 ID:BldfjWi2d
    ウッソだろお前wwwwwwwwww
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574986311/0-


    【最近の軽自動車の剛性がヤバすぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/24(日) 03:09:30.49 ID:SV9rBPN40
    ミッション 6速MT、CVT
    自動車税 5000円
    車検は4ナンバーなので2年→2年→2年
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
     
    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1574532570/0-

    【ホンダの軽自動車「N-VAN」ガチのマジでコスパ最強の家になる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/19(火) 18:39:30.969 ID:TH6Jay+LF
    昔のアトレー 7的な
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1574156370/0-
    Daihatsu_Tanto_Custom_RS_001sss


    【NBOXやタントを伸ばして7人乗りにした車を出せば売れると思うんだがどうだろう???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/11/17(日) 10:30:47.49 ID:/iFX6eBp0
    これもう貧乏人の乗り物ちゃうやろ

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1573954247/0-


    【軽自動車、デザインがかっこ良すぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/31(木) 23:36:48.50 ID:CAP_USER
    〈ホンダ・フィット新旧比較〉変わった? 変わらない? とりあえず見比べてみる【東京モーターショー2019】|MotorFan[モーターファン]
    https://motor-fan.jp/article/10012024
    2019/10/30 MotorFan編集部

    東京モーターショーでワールドプレミアされた新型ホンダ・フィット。公表されたのは内外装のデザイン、e:HEVの新採用、ホンダセンシングの進化など。一方でパワートレインのスペックやボディサイズといった詳細な数値は明らかにされていない。ここではひとまず、先代フィットとの違いを「見た目に絞って」比べてみたい。
    一見して大きく変わったことがわかるエクステリアデザイン。とくにフロントマスクはまったくの別モノで、先代にあたる三代目フィットは天地方向の短い横長なヘッドランプがシャープでスポーティな雰囲気を演出している。海外、とりわけアセアン市場などで受けそうなデザインだが、やや無表情と言えなくもない。生活感の出やすいモノスペースフォルムながら、この表情のおかげで精悍さを保っており、記者は個人的にはこちらがお気に入りだった。

     一方の新型は、ヘッドランプが天地方向に大型化され、愛らしい表情に変わった。初代や二代目の路線に回帰したとも言えそうで、幅広い顧客層から支持されるだろう。乗り続けることで愛着も湧きそうだ。
    先代フィット
     まず、先代のボディサイズを再確認しておこう。

    全長:3990mm
    全幅:1695mm
    全高:1525mm
    ホイールベース:2530mm
    ※FFモデル

     新型のボディサイズは明らかにされていないが、会場で実車を見た限り、おそらくほとんど変わっていないという印象だ。

     また、フロントマスクをはじめとしたデザインの影響で、エクステリアが大きく変わったようなイメージを抱かされたが、こうして見比べてみるとほとんどシルエットが変わっていないことがわかる。記者には新型の方がボンネットの独立した2BOXスタイルに見えたが、実際には先代と変わらずモノスペース的シルエットを堅守している。

    インパネも大きくデザイン変更されている。

     まず目が行くのはAピラーの形状だ。先代も新型も左右それぞれに前後2本ずつAピラーを持つが、新型は前方のAピラーが細くなっていて、死角が大きく減っている。

     また、ダッシュボードの上端が下げられ、視界はもちろん開放感も向上している。運転席前のメーター類はバイザーレスとなっていて、見た目もスッキリしている。

     さらにサイドブレーキが電気式スイッチに変更されていることにも気づく。サイドブレーキがあったスペースは、大きなトレー状の収納スペースになっている。そして電動パーキングブレーキの採用によって、アダプティブクルーズコントロールが完全停止まで対応していることが予想される。
    先代フィット
     先代もクラス随一のスペースを誇っていて、さらに新型モデルのサイズが推測した通り先代から大きくなっていないとすれば、それほどの拡大は期待できないだろう。

     とはいえ細部の煮詰めによって、数字以上の広々感が生み出されていることは期待していいかもしれない。もちろんモーターショー会場で実際にリヤシートにも座ってみたが、時間が非常に限られていたこともあり「Bセグメントにしてはとても広い!」という、乗らなくたって想像がつきそうなことしかわかりませでした……スミマセン。

     ただしリヤシート足元のフロアの低さを見る限り、ホンダ得意のセンタータンクレイアウトを引き続き採用していることは間違いない。

     新型フィットに関する情報は、今後も少しずつ明らかになっていくことが予想される。その都度、レポートをお届けする予定なのでお楽しみに!

    新型フィット
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    (全文はソースで)
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1572532608/0-

    【〈ホンダ・フィット新旧比較〉変わった? 変わらない? とりあえず見比べてみる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/21(月) 17:35:29.349 ID:XI4xCUrGd
    巷に溢れかえってるN-BOXだけは買わないと決めてたのに・・・ビクンビクン
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1571646929/0-


    Honda_N-BOX_CustomGLT01s001s






    【軽自動車のスーパーハイトワコンが欲しいんだが調べれば調べる程N-BOXが有能なのが分かって辛い 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2019/10/18(金) 00:34:31.18 0
    いずれは世界レベルで普及していくだろうな
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1571326471/0-

    01742ed6001s



    【軽自動車という1L以下のエンジンの車を実用レベルまで進化させた日本の技術が凄すぎる 】の続きを読む

    このページのトップヘ