マイカー速報

自動車関連の、車まとめ情報を配信しています!

    カテゴリ: 軽自動車・コンパクトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/17(水) 14:05:15.53 ID:CAP_USER
    no title

    ホンダN-BOXカスタム

    ホンダアクセスは、自家用車を持っている20歳~69歳のドライバー1000人に対し、クルマ選びに関する調査を実施。次のクルマは「軽自動車」を考えているユーザーが多いことがわかった。

    □次回購入は「軽自動車」
    調査結果によると、自家用車(最も頻繁に運転するクルマ)のボディタイプは「軽自動車」(37.6%)が最も高く、次いで「コンパクトカー」(19.7%)、「ミニバン」(15.1%)、「セダン」「SUV」(いずれも8.2%)の順。その用途については、「買い物」(53.0%)が最も高く、以降、「通勤」(31.4%)、「家族の送迎」(8.1%)が続いた。

    現在のクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したか聞いたところ、「日々の買い物で使う」(62.2%)がトップ。以降、「家族で乗る」(39.3%)、「ひとりで乗る」(35.3%)、「旅行に行く」(33.2%)、「ドライブを楽しむ」(29.7%)が続いた。次にクルマを購入する際に、どのようなカーライフを意識したいか聞いたところ、こちらも「日々の買い物で使う」(51.8%)がトップ。次いで、「家族で乗る」(34.5%)、「旅行に行く」(32.4%)、「ドライブを楽しむ」(30.7%)、「ひとりで乗る」(24.7%)となった。

    現在のクルマを購入した際の重視点については、「価格」(60.9%)が最も高く、次いで、「ボディのタイプ」(46.4%)、「運転のしやすさ」(46.2%)、「燃費の良さ」(43.3%)、「乗り心地」(35.0%)となった。次にクルマを購入する際も「価格」(59.7%)がトップだったが、2位には「燃費の良さ」(51.5%)が浮上。以下、「運転のしやすさ」(49.4%)、「ボディのタイプ」(42.2%)、「安全性能」(41.1%)が続いた。

    次に乗りたいと思うクルマのボディタイプは「軽自動車」(39.1%)がトップ。以下、「コンパクトカー」(33.2%)、「ミニバン」(19.5%)、「SUV」(17.9%)、「ハッチバック」(11.7%)となった。また、最近1年間で評価が一段と高まったクルマのボディタイプも「軽自動車」(27.6%)がトップ。次いで、「コンパクトカー」(19.4%)、「SUV」(13.8%)、「ミニバン」(11.3%)、「セダン」(6.0%)となった。

    現在乗っているクルマの購入価格については、「100万円~150万円未満」(17.5%)や「150万円~200万円未満」(18.9%)、「200万円~250万円未満」(15.1%)に回答が集まり、購入価格の平均は209万円。次回購入時の予算については、「200万円~250万円未満」(20.4%)に多くの回答が集まったほか、「100万円~150万円未満」(14.0%)や「150万円~200万円未満」(18.3%)にも回答がみられ、購入予算の平均は228万円だった。

    □北海道・東北では「リモコンスターター」が人気
    新車購入時に付けたい装備については、「カーナビ」(67.0%)が最も高く、次いで、「ドライブレコーダー」(65.3%)、「ETC」(59.6%)、「バックモニター」(52.3%)、「USBチャージャー」(20.3%)となった。居住エリア別にみると、北海道・東北では「リモコンエンジンスターター」(36.2%)が他のエリアと比べて突出。東海では「ドライブレコーダー」(70.7%)、近畿では「ETC」(68.9%)と「カメラ式のルームミラー」(23.6%)、九州・沖縄では「高音質スピーカー」(18.1%)が他のエリアと比べて高くなった。

    クルマ購入時の試乗については65.2%が「する」と回答。居住エリア別にみると、関東(72.2%)と近畿(70.9%)では7割を超え、北陸・甲信越(51.4%)では約半数となり、地域差が大きいようだ。試乗時のチェックポイントは「乗り心地」(70.9%)が最も高く、次いで、「前方の視界・見切りのよさ」(52.8%)、「後方の視界・バックのしやすさ」(39.4%)。以降、「乗り降りのしやすさ」(36.7%)、「小回り」(35.9%)が続いた。

    >>2 へ続く

    2021年3月17日(水)08時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2021/03/17/344030.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1615957515/0-


    【次回購入は「軽自動車」、ここ1年でユーザー評価が上昇 ホンダアクセス調べ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/17(水) 22:16:07.71 ID:QwJpMhGS0● BE:928139305-2BP(2000)
    no title

    no title

    no title

    no title



    トヨタは、新型「アイゴXプロローグ」を
    2021年3月17日に世界初公開しました。
    シャープなヘッドライトが特徴的なデザインですが、
    いったいどんなモデルなのでしょうか。

    今回発表された新型アイゴXプロローグは、
    トヨタの欧州向けコンパクトカーである「アイゴ」の
    新型モデルのデザインを示唆するコンセプトモデルとして登場しました。

    デザインはトヨタの欧州デザイン拠点であるEDスクエア(ED2)が担当し、
    近未来的かつアクティブなエクステリアに仕立てられています。

    新型コロナ禍ということもあり、リモートワークも組み合わされて
    デザインされたという新型アイゴXプロローグは、
    新しくクサビをモチーフとしたルーフラインを採用。
    前後のフェンダーは大胆に張り出したデザインで、
    踏ん張り感を演出しています。

    ボディカラーは、唐辛子をモチーフとした「スパークリングチリレッド」を採用。
    “スパイシーさ”を表現するためにブルーメタリックフレークを塗料に
    混ぜることで、まばゆい輝きを放つレッドを実現しました。

    EDスクエアのイアン・カルタビアーノ氏は、新型アイゴXプロローグの
    デザインについて「(限られた人でなく)誰もが格好いいクルマに乗る
    べきだと思いますが、新型アイゴXプロローグを見ていると、
    EDスクエアのチームがそれを可能とするクルマを生み出したことを
    とても誇りに思います。

    新型アイゴXプロローグがこのセグメントに革命を起こしてくれることを
    期待しています」とコメントしています
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e95b2ed7b8a7eabc33954be2e4326a2997e4c651
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1615986967/0-

    【トヨタ自動車 新型「アイゴ X プロローグ」を初公開!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/05(金) 11:56:19.110 ID:RCXEw94Dd
    トヨタ車の中で1番カッコよい
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614912979/0-


    【GRヤリスとかいうクソかっこいい車欲しい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/04(木) 15:31:07.110 ID:Ka+25kYjd
    なんで?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614839467/0-


    【スイフトスポーツ(車重1トン以下で140馬力出ます・ターボ付きMTです・本体価格180万円です)←こいつを買わない理由www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/03/04(木) 22:09:46.24 ID:Jz/wdOBc0 BE:318771671-2BP(5500)
    https://kuruma-news.jp/post/352308

    6速MT搭載! ホンダ新型「シティハッチバックRS」発表 F1施設活用のエアロがスポーティ!

    新型シティハッチバックRSの外観は、フルLEDヘッドライトやLEDフォグライトなどを採用し先進的な雰囲気であるほか、RSエアロキットとしてフロントバンパーロアメッシュグリルやディフューザー付きリアバンパーなどを装着。

     RSエアロキットの開発にあたっては、ホンダのF1活動にも用いられたHRD Sakura(栃木県)の風洞施設も活用されたといいます。

     内装は赤の差し色も取り入れられてスポーティな雰囲気としたほか、リアシートは「ユーティリティモード」「トールモード」「リフレッシュモード」「ロングモード」と多彩なシートアレンジを実現する「ULTRAシート」を採用しています。

     新型シティハッチバックRSに搭載されるエンジンは最高出力121馬力・最大トルク145Nmを発揮する1.5リッターで、トランスミッションはCVTと6速MTが組み合わされます。
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1614863386/0-


    【ホンダが新型シティハッチバックRSを披露 6速MT仕様も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/02/28(日) 23:34:07.771 ID:eTq9LZoz0
    高級セダンはなんか違くない?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614522847/0-


    【正直温泉地行くなら軽自動車が一番趣あると思うんだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/02/25(木) 20:17:13.079 ID:v3lgbPLh0
    カロスポとフィットだったらハイブリッドの予定
    カロスポは1.8Lなのだけが難点なのよね
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614251833/0-


    【マツダ3 フィット カローラスポーツで悩んでるんだけどどれがいい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/02/24(水) 08:43:10.367 ID:Gmr37dP6M
    13年以上の普通車高すぎ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1614123790/0-


    【税金に屈して軽自動車にしてしまいそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/02/07(日) 00:15:32.33 ID:muG4JzUp9
    現地生産されているメキシコ仕様の「マーチ」

     日産のメキシコ法人は、2021年2月1日にマイナーチェンジした新型「マーチ」を公開しました。メキシコ仕様の新型マーチはアグアスカリエンテス第1工場で同年1月20日に生産開始が発表されており、正式発売は同年3月を予定しています。

    日本とメキシコを含む市場で現行モデルとして販売されている4代目マーチ(K13型)は、日本と英国の拠点で生産されていた3代目(K12型)までの生産体制を改め、メキシコやタイなどへ生産を移管。

     品質を維持しつつ世界各国でリーズナブルな価格で提供できるクルマを目指して開発されました。日本仕様のマーチはタイ生産のモデルで、同国市場でも販売されています。

     ちなみに、欧州市場ではマイクラという名称で販売していましたが、2017年に4代目モデル(K13型)から独立し、K14型へ刷新されています。

     そんななか、メキシコで独自のマイナーチェンジを受けたマーチはフロントフェイスを刷新し、ヘッドライトを従来の丸みを帯びた形状からツリ目の形状へと変更。

     日産の共通フロントデザイン「Vモーショングリル」もメッキ部分が大きくなり、日産車らしさがより強調されたデザインとなっています。

     日本のマーチにはないボディ上下で色が分かれる2トーンカラーも設定され、Aピラー部分から塗り分けられた配色が個性を演出します。

    (略)

    https://kuruma-news.jp/post/342054

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612624532/0-

    【日産、メキシコ生産の新型「マーチ」 発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/02/06(土) 09:26:00.47 ID:JztvIkwl0
    どこ見ても高評価やん
    嘘やろ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1612571160/0-


    SuzukiSWIFT_Sport001s


    【なぁ、スイフトスポーツって何でこんなに話題になってんの? 所詮スズキやろ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/01/31(日) 13:04:19.22 ID:WF5qjCKX0
    これどうすんねん…
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1612065859/0-

    IMG_0879



    【完全にN-BOXメーカーと化したホンダwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/01/24(日) 22:34:36.005 ID:SSNsl19M0
    電子パーキングブレーキ
    スマートキー
    パワースライドドア
    全車速追従クルコン
    レーンキープ
    自動ブレーキ

    これで200万円だからね
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1611495276/0-

    IMG_0871

    【最近の軽自動車凄すぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2021/01/17(日) 09:48:54.76 ID:uFf4b5AA0
    https://youtu.be/nxNswwaqyTc

    no title


    ぐうかっこいい
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1610844534/0-


    【【朗報】ダイハツさん、とんでもない軽自動車を発売してしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/28(月) 17:08:45.597 ID:ZIyZM8Zi0
    これめっちゃいいな
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1609142925/0-


    【代車でホンダのNBOX乗ったんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/31(木) 13:06:11.101 ID:ZyMrsBCR0
    買えよ
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1609387571/0-

    【車オタ「安くてFRでMTのスポーツカー出せ!!」ダイハツ「出したよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/31(木) 09:35:29.006 ID:/KvRfzLc0
    フィット?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1609374929/0-
    bc3fit-sss


    【結局コンパクトカー(軽除く)で最強の車ってどれなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/30(水) 10:45:52.07 0
    2020年12月22日に、新東名高速道路の静岡県内区間(御殿場~浜松いなさジャンクション/140km)において、最高速度が従来の時速100kmから120kmへ引き上げられた。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/78869

    注意したいのは、今の国内における新車販売状況を見ると、軽自動車が36~38%を占めることだ。軽自動車は税金が安い代わりにボディも小さく、全長は3395mm、全幅は1475mmに収まる。エンジン排気量も660ccだ。

    結論を先にいえば、こうした軽自動車は、「高速120km時代」が全国的に本格化したときに、懸念すべき事項がいくつかある。

    軽自動車は新車市場の40%近くを占める人気のカテゴリーだから、競争が激しい。今は室内の広さを競いながら拡大させている。ただし全長と全幅は限られるから、天井を高くしている。全高の上限は2mと余裕があるためだ。

    その結果、今の軽乗用車では、全高を1700mm以上に設定した車種が約50%を占める。絶好調に売れているホンダN-BOX、スズキスペーシア、ダイハツタントなどがこの代表だ。

    またワゴンR、ムーヴ、N-WGNなど、全高が1600~1700mmの車種も、軽乗用車全体の35%前後に達する。つまり軽乗用車の約85%が、全高を1600mm以上に高めた車種で占められる。

    そこで課題になるのが走行安定性だ。N-BOXの場合、全幅は1475mm、全高は1790mmだから、全高は全幅の1.2倍に達する。今の軽自動車はすべて縦長だ。

    この背の高いボディ形状は、高速道路のトンネルを抜けた後など、横風に見舞われると進路を乱しやすい。しかも風による進路の乱れは、速度が上昇するほど大きくなる。街中を時速30kmで走る時は、横風に見舞われても進路はほとんど変わらないが、高速道路では車線を逸脱しそうになってステアリングホイールを強く保持する場面もある。

    このように強風を受けて進路が左右に乱される度合い(横ずれ量)は、速度が高まるほど大きくなるから、時速100kmと120kmでは印象がかなり違う。全幅が狭く背の高い軽自動車は、小型/普通車に比べて横風の影響を受けやすく、なおかつ時速100kmと120kmの差も大きい。

    同様のことが危険を避ける場面にも当てはまる。高速道路を走行中に前方で事故が発生して、急ブレーキを踏みながらステアリング操作で危険を避ける場合、全幅が狭く背の高い軽自動車は不安定になりやすい。
    drive-2341989_960_720

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1609292752/0-

    【N-BOXやタントは要注意、高速道路での時速120km時代の軽自動車選び】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/24(木) 21:48:56.82 ID:SFK33+sP9
    三菱自動車は2020年12月24日、「デリカD:2」の新型を発表し、販売を開始した。

    デリカD:2は三菱がスズキからOEM供給を受けて販売するコンパクトハイトワゴンである。デリカD:2が「スズキ・ソリオ」の、「デリカD:2カスタム」が「ソリオ バンディット」の姉妹車にあたる。

    全長が80mm伸びたボディーサイズ(カスタムは70mm)やそれに伴う荷室空間の拡大、フードの厚みを増して存在感を高めたフロントマスク、アダプティブクルーズコントロールの全車速追従への対応といった特徴は、2020年12月4日に発売された新型ソリオに準じた内容となっている。

    全車とも最高出力91PS/最大トルク118N・mの1.2リッター直4エンジンに同3.1PS/同50N・mのモーターとCVTを組み合わせたマイルドハイブリッドパワートレインを搭載。WLTCモードの燃費値はFF車が22.4km/リッターで4WD車が21.8km/リッター。ソリオとは異なり、純ガソリンエンジンモデルは用意されていない。

    ラインナップと価格は以下の通り。

    【デリカD:2】
    ・ハイブリッドMX:188万3200円(FF車)
    ・ハイブリッドMZ:205万5900円(FF車)
    ・ハイブリッドMZ全方位カメラパッケージ:211万0900円(FF車)/223万6300円(4WD車)
    ・ハイブリッドMZ全方位カメラ付きナビパッケージ:224万2900円(FF車)/236万8300円(4WD車)

    【デリカD:2カスタム】
    ・ハイブリッドMV全方位カメラパッケージ:214万1700円(FF車)/226万7100円(4WD車)
    ・ハイブリッドMV全方位カメラ付きナビパッケージ:227万3700円(FF車)/239万9100円(4WD車)

    (webCG)

    2020.12.24
    https://www.webcg.net/articles/-/43839

    デリカD:2
    no title

    デリカD:2 カスタム
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1608814136/0-


    【三菱が「デリカD:2」をフルモデルチェンジ より存在感を増したデザインに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/26(土) 08:17:59.83 ID:/g8WuDNbd
    えっそれは・・・
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1608938279/0-


    【ダイハツさん、とんでもない車を出展してしまう…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/12/11(金) 22:02:45.37 ID:na/od1et9
    トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2020年12月11日、「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」を発表。同日、販売を開始した。

    トヨタカスタマイジング&ディベロップメントはTRDブランドを介してモータースポーツ活動や、競技用部品の供給に取り組むトヨタ自動車の子会社である。

    今回発表されたヤリス カップカーは、2021年より開催予定のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup」への参加車両として開発されたコンプリート車であり、レース参戦に必要となるロールケージなどの装備を、リーズナブルにパッケージ化しているという。

    ユーザーが気兼ねなく交換できるよう、ホイールやシートなどには廉価仕様の装備を採用。レーシングスピードでの周回走行を可能にするべく、CVT/MTの両仕様に最適化したエンジンオイルクーラーを装備している。また足まわりには、歴代ワンメイクレース用競技車両として初めて、リア側に減衰力調整機構を備えた専用チューニングサスペンションセットを標準装備。ドライバーの走行スタイルに合わせたセットアップを可能としている。

    このほかにも、架装メーカーオプションとして車両情報と走行軌跡を記憶する「トヨタ ガズーレーシング レコーダー」も用意している。

    価格は6段MT仕様が217万1100円、CVT仕様が238万0100円。(webCG)

    2020.12.11
    https://www.webcg.net/articles/-/43785

    ヤリス カップカー
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1607691765/0-

    【「トヨタ・ヤリス」のワンメイクレース用競技車両「ヤリス カップカー」が登場】の続きを読む

    このページのトップヘ