マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: 軽自動車・コンパクトカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/02(火) 16:21:51.98 ID:CAP_USER9.net
    2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本開催を記念した特別仕様のナンバープレートを軽自動車に取り付ける人が爆発的に増えている。 

    軽自動車にも「黄色ナンバー」ではなく、自家用の普通車と同じ「白ナンバー」を着けられるのが人気の理由。 
    4月末までに申し込みがあった3万4134件のうち、78%が軽自動車向けだった。 

    W杯ナンバーは、4月3日に交付を始めた国内初の図柄入り自動車用プレート。右肩に大会ロゴマークがあしらわれている。 
    交付料金は地域により異なり、東京地区は7000円。 
    1000円以上の寄付をすれば左側にラグビーボールの図柄も入る。寄付金は大会時の観客輸送に充てる方針だ。 

    軽自動車の黄色ナンバーをめぐっては「格好良くない」「車体の色と合わない」などの声も上がる中、使用中の車でも番号を変えずに白ナンバーに交換できるという手軽さも受けているようだ。 
    予想を上回る人気ぶりに、国土交通省幹部は歓迎しつつ、「本来の目的は、着けてW杯を応援してもらうことなので…」と複雑な表情を浮かべている。 


    ラグビーW杯開催を記念した図柄入りナンバープレート 
    http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0170502at29_t.jpg 

    配信 (2017/05/02-14:58) 

    時事ドットコム 
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050200670&g=eco
    【【車】「軽に白ナンバー」人気爆発 19年ラグビーW杯仕様 千円以上の寄付でラグビーボール模様も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/01(月) 11:36:21.06 ID:CAP_USER
    独自の新世代プラットフォームで軽量化と高剛性化を両立

    もともと軽量&ECOが売りの軽自動車やコンパクトカーにおいて、更なる軽量化とECO性能の向上は非常に困難といわれてきました。そんな中でスズキは、
    新型ワゴンRに独自技術を積極的に導入し、軽量&ECOの進化を実現したのです。

    新型ワゴンRは、アルトに続いて新世代プラットフォーム「HEARTET(ハーテクト)」を採用しています。アンダーボディの直線的なフレームを見直し、
    なだらかでシームレスな曲線構造とすることで、高剛性と軽量化を両立。またアッパーボディでは、骨格に超高張力鋼板の利用率を拡大して、ボディ全体で更なる軽量化を実現しました。

    S-エネチャージにEV走行モードを追加したマイルドハイブリッド

    新型ワゴンRで採用されたマイルドハイプリッドは、スズキ独自のS-エネチャージ技術を進化させた仕組みです。
    S-エネチャージは、減速時のエネルギーをISG(モーター機能付き発電機)で回生してバッテリーを充電。その電力を活用して、
    アイドリングストップからのエンジンスタートや電装機器への給電、加速時のエンジンアシストを行っていました。

    パワーユニットは3種類、マイルドハイブリッドではNAとターボの2種を設定

    エンジンは直3NAと直3NAマイルドハイプリッド、そして直3ターボマイルドハイブリッドの3種類で、CVTが組み合わされています。

    吸排気の両側に可変バルブタイミング機構を備えた直3NAエンジンは、アルトにも搭載されており、新型ワゴンRでは実用域を優先したチューンが施されています。
    その結果、52PSのパワーとカタログ燃費26.8km/L(FF)を達成しました。

    直3NAマイルドハイブリッドでは、燃費33.4km/L(FF)を実現。NAエンジンに対して、2割以上の燃費向上を達成しました。
    また直3ターボマイルドハイブリッドは、ターボエンジンがパワーを担うとともに、マイルドハイブリッド効果によって燃費28.4km/Lを実現。
    ターボの活発な走りとNAを上回る燃費を両立させているのです。

    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/3/
    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/2/
    https://clicccar.com/2017/04/30/468432/

    wagonrst001
    【【スズキ】新型ワゴンRのさらなる軽量&ECOを実現させたスズキの独自技術とは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/01(月) 19:29:11.363 ID:nCALkvwDp
    遠出しないし軽自動車でいいかななんて思ってる

    001 (1)




    【軽自動車と普通車ならどっちがいい? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2016/07/06(水) 20:19:57.76 ID:VNwHv65I
    煽られたりしない?

    31d0646250ba2a3fc00747bb01ef907c_s


    【【軽自動車】軽自動車って恥ずかしくないの? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/30(日) 14:07:17.02 0
    0142  2017.04.30  13:36
    金持ちって思われてるより貧乏人って思われてる方が
    楽に生きれるで能ある鷹は爪を隠す的なね
    賢い奴がバカなふりしてる方が楽に生きられるのと同じ


    72e30f3bc6e70d9d38f8d7282189ef82_s



    【【軽自動車】軽自動車乗ってる人たちは「わざと貧乏人」に見せて能ある鷹は爪を隠す!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/01(月) 18:37:36.729 ID:F1FE2MoD0
    夜ご飯までにはつきたい


    highway-216090_640

    【明日の夜から軽自動車で600キロ走る予定だけど無謀?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    ac 286631


    1: 2017/03/14(火) 19:33:34.23 ID:pXoe/TBb
    やはり憧れの車だったか?

    【軽乗りが小金を掴むとアルヴェルを買う例が多い……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/19(水) 23:58:32.83 ID:yF4r0WIP
    660ccで車体も小さいのに最高グレードで160万円
    勿論維持費はやすいけどコスパ悪いよね

    72e30f3bc6e70d9d38f8d7282189ef82_s

    【(つぶやき)軽自動車って高いよね!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    honda-350




    1: 2017/04/29(土) 09:29:58.72 ID:2kj8Onnw0 
    2017年6月発売予定のフィット公開。
    no title

    no title

    no title

    https://twitter.com/pomu_channel/status/858038876966965248

    【【ホンダ】新型フィットの画像が流出 かっこよすぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/22(土) 15:19:05.63 ID:FfcUhG6E0 BE:123322212-PLT(13121) 
    「軽自動車の真ん中」が伸びない

    スズキ新型ワゴンRが苦戦している。
    一般社団法人全国軽自動車協会連合会によると、2017年3月の同車販売台数は1万3949台で第6位となり、トップの
    ホンダN-BOXの2万6124台の約半分という厳しい状況だ。ワゴンRは6代目として2月に発売開始したばかりだが、
    一方のN-BOXは今年夏頃にフルモデルチェンジが噂されるモデル末期である。

    ワゴンRといえば、1993年のデビュー以来、軽ワゴン市場をけん引し、2016年末時点での累積販売台数は約440万台、
    このうち約280万台が現時点で保有されているという、軽自動車の王道である。スズキが配布した6代目の広報資料の
    1ページ目にも「軽自動車の真ん中、それがワゴンR」との記載がある。

    その“軽自動車の真ん中”にいま、いったい何が起こっているのか?

    市場の成熟と分散化
    軽自動車市場が変調している。これが、いまワゴンRの販売に影響を与えている最大の原因だ。
    日本国内の全体需要の中で、軽自動車のシェアは“ほぼ半数”に達したが、軽自動車の市場環境自体も成熟してきた。
    ここ数年は、ワゴンRとダイハツムーヴというツートップを母体として、スペーシアとタントというハイト系に派生、
    そこにホンダがN-BOXで一気に攻勢をかけるという市場が形成されてきたが、これが崩れ始めている。

    そのきっかけを作ったのは、ハスラーだ。同車の購入者の平均年齢は30歳代で、ワゴンRの平均年齢である50代半ばから
    一気に若返った。これまで軽自動車に興味のなかった層が、ライフスタイル系の新しい乗り物としてハスラーをフックに
    軽自動車市場に入ってきた。2017年3月のハスラー販売台数は1万240台となり、ワゴンRとの差は少ない。
    これは、ハスラーがワゴンRを“食っている”訳ではなく、ハスラーが軽自動車のイメージを変えた、と捉えるべきだ。

    続きはソースで
    http://autoc-one.jp/suzuki/wagon_r/special-3296731/
    http://fsv-image.autoc-one.jp/images/3296404/001_o.jpg



     
     
    wagonrst001
    【スズキ・新型ワゴンRはなぜ全然売れないの? 販売台数はN-BOXに惨敗…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    jimuni


    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2015/12/04(金) 21:04:32.65 ID:ZZapynxz
    なんなんだよ・・・

    【ジムニーでデート行ったら一日中不満顔された……】の続きを読む

    このページのトップヘ