マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: 自動車ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 13:31:52.992 ID:vHbFe7PP0
    新開発1.8Lターボ パワーと燃費を両立!

    衛生を利用したADAS アイサイトが格段に進化 ほぼ自動運転へ

    フル液晶メーターで高度な情報表示が可能に

    電気制御ダンパー搭載しワンタッチで車の複数の制御を一瞬で変更できる

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1596169912/l50

    【【朗報】スバルの新型レヴォーグ 性能が凄すぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 21:57:40.52 ID:/CIDZ+589
    本田技研工業は2020年7月31日、同年8月に発売を予定している新型電気自動車(EV)「ホンダe」の情報を、公式ウェブサイトで先行公開した。

    ホンダeは、ホンダが新しい都市型コミューターとして提案するコンパクトなEVであり、2019年3月のジュネーブショーでプロトタイプが、同年9月のフランクフルトショーで市販モデルがお披露目された。

    発表済みの英国仕様の数値を見ると、ボディーサイズは全長×全幅×全高=3894×1752×1512mm、ホイールベースは2538mm。蓄電量35.5kWのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、およそ210~220kmの一充電走行可能距離を実現している(WLTCモード)。

    ホンダは同車について、「新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインで、力強くクリーンな走りや、取り回しのよさをモーターと後輪駆動で実現した新型EV」と説明。既述の電動パワートレインに加え、2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーンHondaコネクトディスプレイ」や、ドアミラーに代わる「サイドカメラミラーシステム」などといった先進装備も特徴として挙げている。

    また、AI による音声認識と情報提供を行う「Hondaパーソナル アシスタント」を含む、先進のコネクテッド技術を搭載。「お客さまの移動と暮らしをシームレスにつなげる」としている。(webCG)

    2020.07.31
    https://www.webcg.net/articles/-/43083

    ホンダe
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダが新型EV「ホンダe」の情報を先行公開 2020年8月に日本での販売を開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/31(金) 16:33:56.86 ID:UDJgh9tr9
    7月31日、ホンダは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う生産活動への影響によって発売を延期していた『シビック・タイプR』マイナーチェンジモデルを、2020年10月に発売予定だと発表した。

     2017年に登場した現行型シビックシリーズは今年1月にマイナーチェンジモデルの登場がアナウンスされ、よりスポーティな走りが楽しめる“タイプR”についても、これに合わせて夏頃に改良モデルが登場するとされていた。

     しかし6月、ホンダは新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延し、同社の生産活動に影響を及ぼすことを理由に新型シビック・タイプRの発売は延期に。

     この時点での新しい発売日については決定次第アナウンスをするとのことだったが、7月31日にホンダはリリースを発表し、生産拠点での活動再開に伴い、新型シビック・タイプRは2020年10月に発売を予定していることが明らかとなった。

     また、鈴鹿サーキットの国際レーシングコースでFF最速タイムとなる2分23秒993を記録した『シビック・タイプR リミテッド・エディション』に関する情報についても、公式ホームページ内で順次案内がされるという。

     リミテッド・エディションは、専用カラーの“サンライトイエローII&ブラック”を設定するほか、BBS製20インチ鍛造アルミホイールやミシュラン製ハイグリップタイヤなどを装備し、国内では200台の限定販売となる予定だ。

     新型シビック・タイプRとリミテッド・エディションの詳細についてはホンダの公式ホームページ(https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/new/)まで。

    ソース オートスポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/86c5b98a0af527c5a1c7268070c14cf4e8617863
    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1596180836/0-

    【ホンダ、発売延期となっていた新型『シビック・タイプR』を10月に発売へ。生産拠点での活動再開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/30(木) 17:41:51.53 ID:R9V5GUd19
    トヨタ自動車が2020年上半期(1-6月期)の世界販売台数で独フォルクスワーゲン(VW)を抜きトップに立った。
    19年はトヨタグループとして過去最高の販売台数を記録したものの、VWには及ばず2位だった。
     トヨタの30日の発表によると、子会社のダイハツ工業や日野自動車を含めたグループ全体の1-6月期の世界販売は4年ぶりの前年割れとなる前年同期比22%減の約416万台だった。一方、VWは今月中旬、トラックやバイクを含めた世界販売が同27%減の389万台だったと発表していた。

      VWは16年にトヨタを抜いて初めて年間の販売台数でトップに立って以来、年間で首位の座を維持してきた。
    一方、トヨタは17年と18年は仏ルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンス(3社連合)に2位の座を譲っていたが、
    日産のカルロス・ゴーン元会長の逮捕などによる経営の混乱が続く中、3社連合が販売を落としたこともあって、昨年はトヨタが再び2位に浮上していた。

    ブルームバーグ・インテリジェンスの吉田達生アナリストは、販売台数が多いところと組みたいという会社との事業提携などがしやすくなるなど
    「一番とか数が多いということはそれなりの意味がある」と語った。

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、自動車各社は厳しい事業環境に直面している。
    日産は、今期(21年3月期)の業界全体の世界の自動車需要は前期比16%減の7204万台となると見込んでいる。

    トヨタを含む日系自動車メーカー7社の発表によると、
    販売台数は全社で回復傾向にあるが、6月も5月同様の前年同月比2桁減となっており依然厳しい状況だ。

    吉田氏によると、新型コロナの感染拡大の地域ごとの動向を踏まえると、
    7-12月にVWが販売台数を伸ばして年間販売台数でトヨタを逆転することは考えにくいという。

    しかし「一番大きなワイルドカード」は新型コロナの第2波で、
    例えば米国のようなトヨタにとって大市場である国でロックダウン(都市封鎖)といった措置が取られた場合には、
    同社の分が悪くなる可能性があるとの見方を示した。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-30/QE9HXKDWX2PW01
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1596098511/0-

    toyota-1596082_500

    【トヨタ、コロナ禍にVW抜き世界販売首位に 3年ぶりの年間首位も視野】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/28(火) 19:40:27.62 ID:a8wPcyfG0
    スバルの公式サイトで、ある異変が起きている。軽を含む市販の全18モデル中、14モデルが「注文受付終了」となっているのだ。

    フルモデルチェンジを控えるレヴォーグや、惜しまれつつ生産を終えるBRZのみならず、人気のフォレスターや軽のステラ、サンバートラックなども含まれているのだから尋常ではない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200728-00010005-autoconen-bus_all
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595932827/0-


    【スバル、完全に終わる 18車種中14車種の販売を終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/29(水) 10:48:51.96 ID:h/ui+JyD9
    マツダのベストセラー・クロスオーバーSUV『CX-5』後継モデルの情報を、スクープサイト「Spyder7」が海外エージェントから入手した。情報によると、その車名は『CX-50』となる可能性があるという。最速で2021年内、あるいは2022年初頭の発表と予想される後継モデルの姿にせまる。

    CX-5は、燃焼効率の高い「SKYACTIVエンジン」、および高機能「SKYACTIVシャシー」、軽量高剛性「SKYACTIVボディ」を採用し、2012年に初代が誕生。マツダ再生の立役者となっただけでなく、SKYACTIV-Dエンジンの投入によって日本市場でのクリーンディーゼルエンジン車普及を牽引したエポックメイキングなモデルだ。

    現行型となる第2世代は2017年に発売。マツダのデザイン哲学「魂動」をさらに研ぎ澄ませ、新たな都会的SUV像を作り上げた。そして早くもCX-5に後継モデルが登場することになる。

    マツダは、2019年5月に新たなFRプラットフォームと、直列6気筒エンジンの投入を明らかにしている。縦置きアーキテクチャ、48Vマイルドハイブリッド/プラグインハイブリッドなどDセグメントの「Largeアーキテクチャ」の詳細も語っており、『マツダ6』次期型はこれを採用すると見られている。CX-5後継モデルへの採用もささやかれているが果たして。

    これが事実なら、3.0リットル直列6気筒「SKYATIV-X」+48Vマイルドハイブリッド、そして3.3リットル直列6気筒ディーゼルの「SKYACTIV-D」、2つの直6がトップグレードとして並び立つ。

    以下、最高出力187psを発揮する2.5リットル直列4気筒「SKYACTIV-G」+48Vマイルドハイブリッド、最高出力226psを発揮する2.5リットル直列4気筒ターボチャージャー「SKYACTIV-G」、そして2.2リットル直列4気筒ディーゼル「SKYACTIV-D」がラインアップされるだろう。

    そして気になるのがそのデザインだ。Spyder7が予想CGを作成した。

    次期型では、Aピラー、Cピラーにより傾斜を持たせたクーペスタイルとなり、フロント形状も前衛的なシャープなデザインになる。サイドは前後タイヤハウス周りに切れ込みが入り、アンダースカートの形状と合わせて立体感がさらに強調されるだろう。

    フロントは従来の魂動デザインの延長線上ながら、ヘッドライト上部に大型LEDをビルトイン。アンダー開口部はグリルに合わせて跳ね上がるデザインに、さらに大胆にカットされたデュフューザーが迫力満点のエクステリアを形作るだろう。

    その車名については、前述の通り「CX-50」となる可能性があるという。マツダは欧州特許庁へ「CX-10」から「CX-90」までのネーミングを登録していることが確認されており、このCX-5後継モデルに「CX-50」の名が与えられる可能性は高い。

    マツダ CX-5 後継モデル、CX-50(仮)予想CG
    no title

    マツダ CX-5 の2020年モデル(英国仕様)
    no title


    2020年7月28日(火) レスポンス
    https://response.jp/article/2020/07/28/336930.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1595987331/0-

    【マツダ CX-5 後継モデルは「CX-50」が濃厚? FR&直6エンジン搭載で全面刷新か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/28(火) 01:59:43.79 ID:NjUu56DY0
    ソニー試作EV「VISION-S」公開 一定の自動運転、年度内に公道実験
    2020年7月28日 00時00分
    https://mainichi.jp/articles/20200727/k00/00m/020/206000c

    画像
    no title

    no title

    no title

    【ソニー「片手間で自動車作ってみたら市販のスポーツカー軽く超えたわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/26(日) 20:49:24.424 ID:DttMtze9M
    友達(デブ)がレクサスの変なSUVみたいなやつを絶賛してるんだけどバッチ違いのトヨタ車でしょ?
    引用元  http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1595764164/0-


    【レクサスの車の良いところって何?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/21(火) 21:58:03.31 ID:5g4JePcC9
    日産自動車は2020年7月20日、ピュアEV「リーフNISMO」にマイナーチェンジを実施し、同日、販売を開始した。

    今回発表のリーフNISMOは、同年1月にマイナーチェンジされた「リーフ」のラインナップにおいて、最高出力150PS/最大トルク320N・mの40kWhバッテリーを搭載する「X」グレードをベースに開発。「プロパイロット」を含む運転支援技術の改善や拡充、「NissanConnect」への新サービス・コンテンツの追加、9インチモニター採用の「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」の標準装備化といった変更は、ベースモデルに準じている。

    リーフNISMO専用の改良については、ステアリングのギアレシオを18.3:1から14.9:1に変更し欧州テイストのクイックなハンドリングを実現。サスペンションスプリングやバンプラバー(ウレタン製)などのパーツを専用品としたほか、電子制御ブレーキや「インテリジェントトレースコントロール(IDM)」、「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」などに専用チューニングを施し、スポーツカーを彷彿(ほうふつ)させる走りを実現したという。

    「nismo」と「RECARO」のロゴが入ったレカロ製ヒーター付きスポーツシートも新たにオプション設定されている。

    価格は429万4400円。(文=webCG/写真=花村英典)

    2020.07.20
    https://www.webcg.net/articles/-/43025

    リーフNISMO
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1595336283/0-


    【「日産リーフNISMO」がマイナーチェンジ 足まわりを中心にブラッシュアップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/18(土) 13:28:59.58 ID:mOADwBu0a
    雨だったから車で昼飯買いに行って店出たら止んでたから徒歩で帰ってきてしもうた
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1595046539/0-

    konbini001s


    【ワイニート、車でコンビニに行くも車を忘れて徒歩で帰宅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/17(金) 19:12:30.098 ID:J1jMZjhsa
    まずはインドで発売

    no title

    https://bestcarweb.jp/newcar/174423
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1594980750/0-

    【日産自動車、新型SUV「マグナイト」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/15(水) 15:17:39.63 ID:pliU8e6g9 BE:511393199-PLT(15100)

     日産自動車は7月15日、SUVスタイルの新型EV(電気自動車)「アリア」を世界初公開した。アリアの日本での発売は2021年中頃を予定し、実質購入価格は約500万円からとなる見込みを示した。


     今回の発表では具体的なグレード体系、価格などについては明らかにされなかったが、2WDとともに新電動四輪駆動システム「e-4ORCE」仕様の4WDを設定し、バッテリーはそれぞれに65kWh仕様と90kWh仕様をラインアップすることがアナウンスされた。

     また、先進運転支援システムについては、「プロパイロット」仕様とともにその進化版である高速道路でのハンズオフも可能な「プロパイロット2.0」仕様を用意。日本、北米で設定されるプロパイロット2.0は「スカイライン」に搭載するものからさらに進化し、準天頂衛星システムなどからの高精度測位情報を受信し、自車位置をより高精度に把握することが可能になったという。

    新型アリア主要諸元(日本仕様)
    主要諸元(日本仕様)アリア(2WD)アリア(4WD)
    バッテリー総電力量65kWh90kWh65kWh90kWh
    最高出力160kW178kW250kW290kW
    最大トルク300Nm300Nm560Nm600Nm
    0-100km/h加速(社内測定値)7.5秒7.6秒5.4秒5.1秒
    最高速160km/h160km/h200km/h200km/h
    航続距離(WLTCモードを前提とした社内測定値)最大450km最大610km最大430km最大580km
    全長4595mm
    全幅1850mm
    全高1655mm
    重量(モデル、装備により異なる)1900-2200kg
    ホイールベース2775mm
    荷室寸法466L(2WD)/408L(4WD)
    タイヤ寸法(フロント/リア)235/55R19、255/45R20(グレード別設定)

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    詳細は
    Car Watch 2020年7月15日 14:15
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1265404.html
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1594793859/0-

    【日産、新型EV「アリア」の概要発表 プロパイロット2.0、航続距離最大610km、2021年中頃発売 約500万円~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/06(月) 23:24:40.84 ID:xZWl1Duz0
    マツダ3エロすぎやろ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1594045480/0-



    matuda3-003ss


    【【悲報】「マツダ」、いつの間にか日本車ナンバーワンのカッコよさになってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/04(土) 19:54:18.910 ID:+49eYmBa0
    no title



    600馬力以上の馬力出すハイパフォーマンスレーシングカー
    ニュルで6分57秒出す凄さ
    マン島TTレースで有名
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1593860058/0-

    【スバルWRXで本気で速い車作った結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/05(日) 16:57:33.31 ID:CAP_USER
    業績不振に苦しむ日産自動車が、国内でのブランド再建に向け、試金石となる新型車を投入した。
    6月30日に国内販売が開始されたコンパクトSUV(スポーツ用多目的車)の「キックス」は、5月下旬に新たな中期経営計画「NISSAN NEXT」を発表した後、初の新型車となる。
    日産は今後も新型車を矢継ぎ早に投入して反転攻勢のアクセルを踏む考えだ。

    新型車乏しく株主からは厳しい声

    「これまでモデルチェンジしていないから、そのひずみが出ている。ディーラーの人は『売れる車がないんですよね』と言っている。恥ずかしくないのか」。
    6月29日に開かれた日産の定時株主総会で、ある株主が国内での新車投入の乏しさを痛烈に批判する場面があった。

    この株主が言うように、日産は新型車の投入が少なく、モデルチェンジから長期間経過した「高齢車」が多い。
    軽自動車では2019年から2年連続で新型車を投入したものの、主力の登録車(排気量660CCを超える車)では、2017年10月発売の電気自動車(EV)「リーフ」以降、フルモデルチェンジ(全面改良)の車がない。
    完全な新型車に至っては、今回発売したキックスが2010年12月発売の初代「リーフ」以来、10年ぶりになる。

    日産は2010年代前半以降、カルロス・ゴーン社長(当時)の指揮下で新興国での生産拡大に邁進。インドネシアやブラジル、インドなどに次々と新工場を建設していく一方で、新車開発に振り向けられる投資は絞られた。
    モデルの経年に伴い、デザインや性能が最先端のトレンドから取り残されていって商品力が落ちたことが、近年の販売不振につながった

    それが顕著に表れているのが国内市場だ。2014年に…

    続きはソース元で
    https://toyokeizai.net/articles/-/360760
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1593935853/0-

    Nissan_KICKS_X_Two-Tone001s


    【日産、久々の新型車「キックス」が担う重大使命 "国内軽視"路線から決別、新車攻勢の第1弾】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/11(土) 08:07:23.021 ID:mjJzisde0
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1594422443/0-

    【新型トヨタ86、公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/06(月) 13:27:48.82 ID:ioKBXTAR9
    7/6(月) 13:06
    読売新聞オンライン
     
     6月の車名別の新車販売台数は、ホンダの軽自動車「エヌボックス」が7か月連続で首位だった。

     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日午前に発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で来客が減少したことなどで、エヌボックスの販売台数は前年同月比34・1%減の1万5557台にとどまった。ただ、緊急事態宣言の解除などで減少幅は前月(47・6%)から縮小した。

     2020年上半期(1~6月)の車名別の販売台数も、エヌボックスが首位となった。2位はスズキの「スペーシア」、3位はダイハツ工業の「タント」と、3位までを軽自動車が独占した。4位にトヨタ自動車が昨年11月に発売したスポーツ用多目的車(SUV)「ライズ」が入った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200706-00050145-yom-bus_all
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1594009668/0-

    01742ed6001s


    【ホンダの「エヌボックス」、7か月連続で首位…6月新車販売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/03(金) 19:40:51.321 ID:TjMuNimV0
    no title

    またコンパクトSUVでワロタ

    日産新型コンパクトSUVをチラ見せ! イケメン風なSUVを世界初公開へ
    https://kuruma-news.jp/post/271479
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1593772851/0-


    【【朗報】日産、コンパクトSUVキックスに続いて怒涛の新型車発表!なんと次はwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/04(土) 08:04:43.407 ID:gcqVmE6y0
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1593817483/0-


    【【悲報】軽自動車さん、高すぎるwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/07/04(土) 10:17:05.436 ID:XyPBN4U50
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1593825425/0-


    【新しいF1のメルセデスの車体かっこええwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ