マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:自動車ネタ > EV・ハイブリッドカー・燃費

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/02(日) 14:49:51.87 ID:lMASAHWy0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタは北米向けプリウス2019年モデルを開催中のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアさせた。
    日本仕様は2019年12月17日のマイナーモデルチェンジがスケジュールされている。
    ランプ類のデザインは北米の新型とほぼ同じとなり、後期型プリウスとして認知されることになるだろう。
    この他、FF車の全グレードがリチウムイオンバッテリー採用モデルとなる見込みで、技術的進化も盛り込まれる。

    https://car-research.jp/tag/prius
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543729791/0-


    【プリウス後期型フェイスリスト、LAオートショー発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/30(金) 19:13:16.98 ID:CAP_USER9
    日産自動車は2018年11月30日、東京・銀座の「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」において、電動レーシングカーの新型「リーフNISMO RC」を発表した。

    ■軽量化とパワーアップで動力性能が大幅に向上

    リーフNISMO RCは、日産の電動パワートレイン技術と、同社のモータースポーツ活動を統括するニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)のノウハウをもとに開発されたサーキット専用車である。今回のモデルはその2代目にあたり、前型の2倍以上の最高出力と最大トルクを発生するという。

    駆動方式はツインモーターによる4WDで、シャシーの前後両端に搭載された2つの電動モーターは、合わせて240kW(各120kW)の出力と640Nmのトルクを発生。四輪に伝える駆動力を個別にコントロールし、かつ瞬時に伝えることにより、グリップ力を高め、コース上での素早く効率的な操縦を可能にしたという。

    大容量のリチウムイオンバッテリーについては前型と同じく車体中央に搭載しており、さらに電動モーターとインバーターを前輪・後輪上の最適な位置に配置することで、シャシーの重量バランスを最適化。またバッテリーやインバーターなどには、現行型「日産リーフ」の技術を採用している。

    レーシングモノコック構造のボディーは、サブフレームを含めてすべてカーボンファイバー製となっており、総重量を1220kgに軽減。0-100km/h加速は前型より約50%速い3.4秒を実現している。

    日産は新型「リーフNISMO RC」を6台生産し、フォーミュラE選手権のほか、世界各国で行われる主要なモーターショーやイベントなどで展示するとしている。(webCG)

    2018.11.30
    https://www.webcg.net/articles/-/39934

    リーフNISMO RC
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1543572796/0-


    【日産が新型「リーフNISMO RC」を世界初公開 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/23(金) 16:58:59.72 ID:l4cmAsjY0 BE:232392284-PLT(12000)

    本当に市販化されるのか!ホンダ・レトロEVスタイル「Urban(アーバン)」の開発車両が初めてキャッチ

    昨年のフランクフルトモーターショー2018にて、世界で初めて公開されたレトロEVスタイル・ホンダ「Urban(アーバン) EVコンセプト」。
    この個体が登場したとき、レトロでコミカルなスタイリングに衝撃を受けたことを今でも忘れていませんが、
    まさかこのコンセプトモデルが本当に量産モデルとして登場するとは…これも結構驚きではありますね。
    そんな色んな意味でインパクトを残してくれた「Urban EV」の開発車両が目撃されています。

    なお、この個体は2019年後半に欧州向けに初期ロットモデルが生産される予定ですが、
    発表時期は2019年3月に開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて登場するのでは?と噂されています。
    そして受注時期は、2019年に欧州向けに受注スタートし同年後半に出荷スタート、2020年には日本でも発売予定となっています。

    http://creative311.com/?p=50423
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542959939/0-


    【ホンダ・レトロEVコンセプトが目撃される !! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/22(木) 12:54:51.10 ID:CAP_USER9
    日産、新型リーフの発表会を延期 「諸般の事情」で
    11/22(木) 12:40配信

    日産自動車は22日、主力の電気自動車(EV)、
    リーフの一部改良モデルの発表会を先送りすると発表した。

    「諸般の事情」としているが、代表取締役会長を務めてきた
    カルロス・ゴーン容疑者が金融商品取引法違反容疑で逮捕された影響とみられる。

    「リーフ ハイパフォーマンスモデル」と名付けた改良モデルの発表披露会を28日、
    横浜市の本社ショールームで予定していた。

    改良モデルは、1回の充電で走行できる航続距離が現行の最長400キロから伸びるとみられる。
    発表会は延期するが、まだ公表していない発売スケジュールは変えないという。

    11/22(木) 12:40配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000045-asahi-soci
    昨年発売した日産の電気自動車(EV)「リーフ」の2代目(同社提供)
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542858891/0-

    【日産、電気自動車「リーフ」一部改良モデルの発表会を「諸般の事情」で延期 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/19(月) 16:28:45.03 ID:CAP_USER9
    トヨタは2018年11月19日、商用バン「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、新たにハイブリッドモデルを追加した。また衝突回避支援システムをこれまでの「Toyota Safety Sense C」から、昼間の歩行者検知機能を追加したプリクラッシュセーフティを備える「Toyota Safety Sense」に進化させた。プロボックスは全国のトヨタカローラ店、サクシードは全国のトヨタ店ならびにトヨペット店にて2018年12月3日より発売する。

    今回新たに設定された新型プロボックス ハイブリッド/サクシード ハイブリッドは、1NZ-FXE型1.5リッターガソリンエンジンにTHS IIハイブリッドシステムを組み合わせ、JC08モード燃費27.8km/Lを実現。新しいWLTCモード燃費では22.6km/Lを達成した。なおWLTCモード燃費の各モードについては、市街地モード21.8km/L、郊外モード23.7km/L、高速道路モード22.3km/Lとなっている。

    「平成27年度燃費基準+25%」達成と「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定によりエコカー減税の対象となる。ハイブリッドシステムならではのモーター駆動によるスムーズな発進と加速、あわせて高い静粛性を実現させた。

    このほかハイブリッドモデルでは、オートエアコンやシートヒーター(運転席にオプション)、運転席横のスペースにセンターコンソール小物入れを設定するなど、快適で便利な仕様とした。

    一部改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を全車に標準装備させた。さらに盗難防止用イモビライザーを新たに標準設定するなど、優れた安全・防犯機能を確保した。

    このほか装備面では、USBポートの標準装備化や、マルチホルダーのサイズを拡大しスマートフォンやメモ帳などが楽に置けるよう改善するなど、プロボックス/サクシードを利用するユーザーがより使いやすい運転席周りとした。

    トヨタ 新型プロボックスの価格は1,373,760円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルは1,819,800円~1,965,600円となっている。新型サクシードの価格は1,549,800円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルはプロボックスと同様に1,819,800円~1,965,600円となっている。[価格は全て消費税込み]

    no title

    https://autoc-one.jp/news/5003213/
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542612525/0-


    【トヨタ、商用バン「プロボックス」「サクシード」にハイブリッド追加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/17(土) 22:56:15.21 ID:CAP_USER
    独フォルクスワーゲン(VW)が電気自動車(EV)の会社へ変身すべくアクセルを踏み込んだ。16日、2023年までの5年間でEVなど電動化の分野に300億ユーロ(約3兆8500億円)を投資する計画を発表した。電池の自社生産にも乗り出し、25年までに欧州生産の2割をEVに転換する。VWの賭けは成功するのか。

    「VWをeモビリティーのナンバーワンにする」。ウォルフスブルクの本社で開いた記者会見でヘルベルト・ディース社長は言い切った。「VWはディスラプト(破壊)されるのではなく破壊する側になる」

    19~23年に電動化と自動運転、デジタル化の3分野に440億ユーロ(約5兆6000億円)を投資する。なかでも電動化は約3分の2を占める。これまで3分野への投資計画は5年間で340億ユーロだったが、新しい計画では1年あたりの平均額を約3割積み増す。

    この計画には連結対象ではない中国は含んでいない。中国では同日、19年に電動化などに40億ユーロを投資すると発表。20年までに30車種のEVと充電が可能なプラグインハイブリッド車(PHV)を投入する。

    ドイツでは19年からEVを量産する東部のツウィッカウ工場に加え、独北部エムデン工場を22年にEV専用工場に刷新する。商用車ではハノーバー工場で「ワーゲンバス」の現代版「I.D.BUZZ」を生産する。ディース社長は「25年に欧州生産の17~20%がEVになる」と語った。

    エムデンやハノーバーでのEV転換では、将来性のあるEV生産を任す代わりに、人員の自然減で人件費を減らす「取引」を従業員代表と成立させた。エムデンで生産している中型車「パサート」はチェコの工場に移し全体でコストを下げる。

    長い間、「可能性を検討する」としていた電池の自社生産でも踏み込んだ。最終決定はしていないが、韓国のエネルギー大手SKイノベーションと合弁でセルを生産する可能性が高いという。

    ディース氏は「23年までに年間150ギガワット時の電池容量が必要だが現在欧州の生産能力は20ギガワット時しかない」と指摘し、安定調達の必要性を強調した。

    環境規制に対応するためにEVが必要なのは間違いないが、消費者は受け入れてくれるのか。ディース氏は質問に「いまはまだEVのシェアは小さいが、次の2年間で大きく変わる。消費者はEVにあらがうことが難しくなる」と答えた。

    19年に量産を始めるVWの新しい世代のEV「I.D.」シリーズは満充電での走行距離が最大550キロメートルで価格は現在のディーゼル車と同等になる。「MEB」と呼ぶEV専用の車台をグループ全体で使い、規模の利益を追求する。

    VWの新計画は独ダイムラーや日産・仏ルノー・三菱自動車連合などEVに積極的な他社と比べても突出している。既存車で世界一を争うトヨタ自動車は、充電インフラの不足や電池の劣化などの課題が解決されていないとしてEVには慎重姿勢だ。VWのEVへの傾注は大きなリスクもはらむが、競合他社の戦略に影響を与えそうだ。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37904470X11C18A1EA5000/
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1542462975/0-

    vw-963805_960_720




    【VW、EV会社に変身 5年で3.8兆円投資 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/16(金) 22:47:16.16 ID:7nt0Gy0O0 BE:232392284-PLT(12000)

    中国・広州で16日、「広州国際モーターショー」が始まった。ホンダは初の中国向けEV「VE―1」を初公開し、受注を始めた。
    https://www.asahi.com/articles/ASLCJ4QVQLCJULFA012.html
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1542376036/0-


    【【ホンダ】新型EVを初公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/14(水) 22:33:56.31 ID:CAP_USER9
    かつて市場シェアが60%にも達したドイツのディーゼル車が危機に陥っている。2015年9月にVWグループの排出ガス不正問題が発覚して以降、ディーゼル車の販売比率は徐々に下がっていたが、ここへ来て「ディーゼル車の存亡危機」という状況になっているのだ。

    2018年2月にライプツィヒにある連邦行政裁判所が「国内の各自治体は、大気汚染対策のためにユーロ5以前のディーゼル車の走行を禁止することができる」という判断を示したことを契機に、ハンブルクが5月末に市内の一部(正確にはシュトレーゼマン通りなど2本の道路の約600mの区間)でユーロ5以前のディーゼル乗用車の走行を禁止したほか、シュトゥットガルト市とアーヘン市も2019年1月からユーロ4以前のディーゼル乗用車の市内乗り入れを禁止する事になった。

    これまでドイツの自動車ユーザーは、「走行禁止は限定的だろう」と高をくくっていた。しかし、9月5日にヘッセン州ヴィースバーデンの連邦行政裁判所が、「2019年2月からユーロ4以前のディーゼル車およびユーロ2以前のガソリン車の、フランクフルト市内中心部での走行を禁止する」と発表し、「これはどうやらまずい状況かもしれない!」と、ようやく事の重大さに気付いたのである。

    フランクフルトはドイツで5番目に大きな都市だが、人口は75万人程度でしかない。しかし、欧州中央銀行やドイツ連邦銀行に加えてドイツの主要4銀行が本社を構え、ドイツの証券取引の大部分を担うフランクフルト証券取引所もある。この街は、ドイツ最大の金融都市であり、世界中からビジネスマンが集まるヨーロッパ有数のビジネスの街だ。それだけに「フランクフルトでディーゼル車が走れなくなる」というのは、大きなインパクトがあったのである。

    ドイツでは、2018年1月1日の時点でユーロ4が311万7740台、ユーロ5は565万2568台も存在するディーゼル車の買い取り価格が暴落。オーナーたちは走行禁止に加えて、資産の大幅な目減りに直面する事となった。この状況を受け、ドイツ政府は国内の自動車メーカーに対して、ディーゼル車ユーザーの救済策を提示するよう要請。その一方で政府としては税金を投入する計画はないと表明した。“現状を招いたのは自動車メーカーの責任”と言わんばかりだ。過去に国内の雇用を維持するためにディーゼル車を守り、ハイブリッド車の普及で遅れを取る状況に荷担したドイツ政府としては、いささか無責任にも思える。

    とはいえ、自動車メーカーも顧客離れを食い止めるため、10月2日に買い換えインセンティブの内容を発表した。最新のユーロ6d-TEMPまたはユーロ6cのモデル(ディーゼル、ガソリン、ハイブリッド、プラグイン・ハイブリッド、EVなど)の購入時に、VWグループはユーロ1~4のクルマからの買い換えには約4000ユーロ、ユーロ5からは約5000ユーロの値引きをする。

    メルセデス・ベンツもユーロ4&5のディーゼル車からの買い換えを対象に、2000~1万ユーロの値引きを行う。BMWグループもユーロ4&5のディーゼル車から新車への買い換えに対して6000ユーロ、高年式の中古車への買い換えにも4500ユーロのサポートをする。ただ、どれもNOx濃度が高く、今後ディーゼル車が走行禁止になる可能性が高い14の街とその周辺に重点が置かれている。

    当初は各メーカーともプログラムの書き換えやSCR触媒の追加などで対応するとみられていたが、改修作業はモデル毎に方法が異なり、排ガス試験も必要になるなど時間がかかり、改修コストも1台当たり少なくとも3000ユーロ、最大で8000ユーロほどかかるとの試算もあった事から、買い換えインセンティブ提供に落ち着いたようだ。

    同時にトヨタはハイブリッドへの買い換えに対して最大5000ユーロ、日産はユーロ1~5のディーゼル車からの買い換えに最大5400ユーロ、ルノーもユーロ1~5のディーゼル車からの買い換えに最大1万ユーロのインセンティブを出すと発表。古いディーゼル車オーナーが多いドイツメーカーと、以前からハイブリッドやEVを多くラインアップする国外メーカーによる顧客争奪戦が勃発している。

    ※続きはソースでご覧ください。
    https://carview.yahoo.co.jp/article/column/20181026-20104421-carview/
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1542202436/0-

    IMG_8854



    【【ドイツ】ディーゼル車「走行禁止」拡大で大騒ぎ 買い換えで顧客争奪戦も勃発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/13(火) 05:20:51.44 ID:GT1o3J3k0
    レジェンド
    ¥7,074,000
    no title


    NSX
    ¥23,700,000
    no title


    シビック タイプR
    ¥4,500,360
    no title


    クラリティ FUEL CELL(水素)
    ¥7,672,320
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1542054051/0-


    【ホンダさん、軽に本気出し過ぎた反省に高級車とスポーツカーと水素自動車にも本気出すww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/12(月) 11:21:06.17 ID:uRqnxn6h0
    いやどう考えても普通の収入じゃ買えないだろ…
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541989266/0-
    IMG_8852


    【プリウスとかいう300万超えるのに大衆車扱いされてる車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/06(火) 09:57:16.22 ID:Qqx+36oI0
    SUV唯一のPHVやしプリウスPHVより魅力あるやろ
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541465836/0-


    【「アウトランダーPHEV」とか言う三菱で唯一まともな車ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/03(土) 14:05:09.13 0
    異次元の加速
    坂道でもスイスイ
    エンジンによる騒音や振動は無し

    超高級車並みのこの快適性よ
    1024px-Nissan_Leaf_ZE1_Nissan_Global_Headquarters



    【電気自動車の快適さを一回体感したらもうガソリン車には戻れないよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/01(木) 14:18:25.23 ID:CAP_USER
    no title

    新型「インサイト EX・BLACK STYLE」(ルーセブラック・メタリック)
     本田技研工業は11月1日、新型ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」を2018年内に発売すると発表した。

     独立したトランクを用意するセダンボディが与えられた新型インサイトは、同じくホンダのセダンである「アコード」と「シビック」の中間のポジションをカバーするモデルとなり、ボディサイズは4675×1820×1410mm(全長×全幅×全高)で乗車定員は5人。グレード展開は「LX」「EX」「EX・BLACK STYLE」の3種類となる。

     パワートレーンには、エンジンに直列4気筒DOHC 1.5リッターを使う2モーターの「SPORT HYBRID i-MMD」を採用。エンジンでは最高出力80kW(109PS)/6000rpm、最大トルク134Nm(13.7kgfm)/5000rpm、モーターでは最高出力96kW(131PS)/4000-8000rpm、最大トルク267Nm(27.2kgfm)/0-3000rpmを発生。エンジンとモーターの使い分けを行ない、モーターだけで走行する「EVドライブモード」、エンジンで発電した電気でモーターを駆動させる「ハイブリッドドライブモード」、直結クラッチを使ってエンジンの力で走る「エンジンドライブモード」の3種類を設定。走行状況に応じて自動的に切り替え、シームレスで力強い加速、上質な走りと燃費性能などを実現している。

    no title

    最高出力80kW(109PS)/6000rpm、最大トルク134Nm(13.7kgfm)/5000rpmを発生するエンジン、最高出力96kW(131PS)/4000-8000rpm、最大トルク267Nm(27.2kgfm)/0-3000rpmを発生するモーターを組み合わせて使う「SPORT HYBRID i-MMD」を採用

     外観では、フロントノーズからリアエンドまで連続する伸びやかなラインで「品格を備えたシルエット」を表現し、フルLEDヘッドライトやクロームバーなどを備えるフロントマスクでは、日本仕様専用デザインのフロントグリルを採用。流麗なシルエットによって乗る人の美意識を表現している。このほかに日本仕様向けの装備として、EXとEX・BLACK STYLEでトランクスポイラーが追加されている。

     ボディカラーは「クリスタルブラック・パール」「コスミックブルー・メタリック」「モダンスティール・メタリック」「ルナシルバー・メタリック」「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」「プラチナホワイト・パール(有料色)」に加え、EX・BLACK STYLE専用の「ルーセブラック・メタリック(有料色)」の計7種類を用意する。

    no title

    日本仕様専用デザインとなるフロントグリル
    no title

    インラインタイプのLEDヘッドライトを全車標準装備
    no title

    リアシートを前倒しするトランクスルー機構を備える
    no title

    no title

    前後ライトの発光イメージやデザインで鋭さや知性を表現
    no title

    LXでは16インチ、EXとEX・BLACK STYLEでは17インチのアルミホイールを標準装備
    https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1150/439/009_o.jpg
    EX・BLACK STYLEのインテリア

     車内ではインパネ全体をシンプルな面と線で構成。本革の風合いを表現する「リアルステッチソフトパッド」を贅沢に使い、インパネの局面に合わせて手貼りで高精度に貼り合わせ、触り心地から見た目まで質の高い柔らかさを実現している。
    >>2 へ続く

    関連リンク
    本田技研工業株式会社
    http://www.honda.co.jp/
    新型「インサイト」先行情報サイト
    https://www.honda.co.jp/INSIGHT/new/

    2018年11月1日 11:30
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1150439.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1541049505/0-


    【ホンダ、新型ハイブリッドセダン「インサイト」を2018年内に発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/29(月) 16:50:45.977 ID:VaNgT/1ddNIKU
    no title

    no title


    ええやん
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1540799445/0-


    【ホンダの新型車がえげつねえかっこよさな件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/17(水) 22:37:46.42 0
    今の車がハイオク170円でリッター8km、
    年間3万kmで3750リッター、年間63万7500円

    軽自動車だとレギュラー160円リッター20km、
    年間3万kmで1500リッター、年間24万円

    年間40万円の節約になる
    どう思う
    IMG_8817






    【ガソリンが価格がリッター160円目前だから次の車検で軽自動車にしようと思う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/16(火) 22:07:13.854 ID:G3PjM59hD
    最近でたノートEパワーの四駆のやつどうなんだろ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539695233/0-


    Nissan_Note01s



    【四駆のハイブリッド車でおすすめある? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/13(土) 23:15:02.54 0
    例えばリッター2円安い店でも最大80円しか差がない
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1539440102/0-


    763e45299849e933ae9df3625ad7d8fa_s


    【どうせ満タンでも40リットルしか入らない軽自動車だからガソリン代ケチっても無駄な気がしてきた 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/09(火) 20:17:40.485 ID:eHknFDqs0
    もちろんノンターボ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539083860/0-


    EVERY_JOIN_TURBO01s



    【俺の愛車エブリィが燃費15.6km/Lなのだが異端か? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/04(木) 19:10:56.55 ID:sWptR5dC0 BE:232392284-PLT(12000)

    ホンダは10月4日、2018年冬に発売予定の新型ハイブリッド車『インサイト』をホームページで先行公開した。

    3代目となる新型インサイトは、クルマとしての基本価値を磨き、走り、デザイン、安全性能、すべてにおいて上質を追求したミドルセダンとして登場する。
    パワートレーンは、コンパクトながら2モーターならではの力強く滑らかな加速を実現するハイブリッドシステム
    「スポーツハイブリッド i-MMD」を1.5リットル DOHC i-VTECエンジンと組み合わせ、上質な走りと燃費性能を両立。
    また安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備する。

    日本仕様の装備としては、フロントグリルを専用デザインとしたほか、トランクスポイラーを追加。
    走りの面でも独自のチューニングを施し、国内ユーザーのニーズに応える仕上がりを目指したという。

    ホンダでは今後、ホームページで新型インサイトに関する情報を順次公開していく。

    https://response.jp/article/2018/10/04/314699.html
    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1538647856/0-


    【ホンダ新型インサイト発表!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/06(土) 13:42:13.97 ID:Cb3kOKOz0
    レギュラー160円ってなんなん?

    debbeceed1a9c01546af9886bb999f5e_s





    【【悲報】ガソリン、高すぎる 】の続きを読む

    このページのトップヘ