マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:自動車ネタ > 技術・自動運転・運転支援

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/12(日) 11:53:54.181 ID:yXm3xkwCd
    視線の移動は多いしTHE☆昔の車って感じでダサい
    no title

    no title


    こういうところにないとな
    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1534042434/0-


    【車でこういうナビの位置が許せないんだが分かる奴いる? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/12(日) 13:58:55.43 ID:OMhTIgxt0 BE:232392284-PLT(12000)

    ホンダセンシングを全タイプに標準装備! ドライバー思いの商用車「ホンダN-VAN」が登場

    https://www.webcartop.jp/2018/07/255516
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1534049935/0-

    Honda_N-VAN+STYLECOOL_Honda_SENSING01



    【最近の車のレーンキープアシスト機能 あれ神がかってない? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/21(土) 17:10:07.164 ID:7b58JpG8d
    うむ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1532160607/0-

    87535395981fe3868f47556964d7db16_s



    【トランスミッションがCVTの車って正直ゴミだよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/15(日) 20:48:07.628 ID:voyns6QB0
    ヘッドアップディスプレイな
    目障りじゃね?
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1531655287/0-


    【新車見積もったんだが、フロントガラスに映るディスプレイって要るか?? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/28(木) 19:52:02.16 ID:CAP_USER9
    2018年06月26日

    TOYOTA、新型車カローラ スポーツを発売
    -初代コネクティッドカーとして“新世代ベーシック”カローラ誕生-

    TOYOTAは、新型車カローラ スポーツを全国のトヨタカローラ店を通じて、6月26日に発売しました。また、8月には、インテリジェント マニュアル トランスミッション(iMT)搭載車の発売を予定しています。
    https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/23067384.html
    no title
    半クラッチやギア合わせを気にせずストレスなくマニュアル運転を楽しめる。
    no title



    半クラッチやギア合わせを気にせずストレスなくマニュアル運転を楽しめる。

    iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)国内トヨタ初*1 2018年8月発売予定
    iMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)国内トヨタ初*1 2018年8月発売予定
    ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、iMTがスタンバイ状態になります。この状態でドライバーの変速動作を検出すると、コンピューター制御により、エンジン回転数をクルマが自動的に合わせ(等速シフト)て、スムーズな変速をアシストします。素早いクラッチ操作でもショックが少ないため、ワインディングや登降坂路でスポーティなドライビングが楽しめます。また、SPORTモードへの切り替えなしでも発進アシスト機能が作動。発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することでクラッチのみでの発進操作をよりスムーズに行えるようにしました。

    [MT車に標準装備]
    *1. 2018年6月現在。トヨタ自動車(株)調べ。
    ■写真はG“Z”(MT)。

    https://toyota.jp/corollasport/performance/?padid=ag341_from_corollasport_top_drivingfeel
    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1530183122/0-


    【【エンストしない】カローラ スポーツiMT車は8月発売 半クラッチ不要・自動ブリッピング機能あり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/27(水) 16:58:51.59 ID:CAP_USER9
    https://this.kiji.is/384613450632184929

    三菱自がルノーに技術提供へ
    PHV、新型SUVに搭載
    2018/6/27 16:56
    ©一般社団法人共同通信社

     三菱自動車が、プラグインハイブリッド車(PHV)の技術をフランスの自動車大手ルノーに提供し、2021年にもルノーが新型スポーツタイプ多目的車(SUV)に搭載する見通しであることが27日分かった。

     三菱自は日産自動車の傘下に入ったことに伴い、ルノーを加えた3社で企業連合を形成している。得意とする電動化技術を3社連合で共有し、欧州や中国をはじめ世界の自動車市場で環境規制が強まる動きに対応する。

     三菱自は09年、他社に先駆けて電気自動車(EV)の軽自動車「アイ・ミーブ」を量産。PHV技術ではSUV「アウトランダーPHEV」を展開し、電動化モデルで先行している。
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1530086331/0-

    IMG_8479




    【三菱自動車がルノーに技術提供へ PHV、新型SUVに搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/30(水) 10:19:50.36 ID:s4Omkwgrd
    日産か?
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1527643190/0-


    2014_Subaru_Legacy_with_EyeSight_technology_001



    【自動ブレーキってどこの自動車メーカーのやつが優秀なんや? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/14(月) 14:15:47.165 ID:PiCnb8d10
    採用したやつ完全に頭おかしい


    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1526274947/0-





    【ホンダ車のシフトヤバすぎクソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/14(土) 20:04:59.98 ID:v/gOWo5e0
    ・シリーズ式ハイブリッドを電気自動車とか宣伝するe-power
    ・ホンダのIMMD以下のワンペダル
    ・ただのクルーズコントロールを自動運転と誇大広告
    ・上から見えるバックモニターを自分達しか出来ないような宣伝
    ・PHVすら作れず
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1523709973/0-


    IMG_8282



    【【悲報】日産自動車さん、全く技術力の無いメーカーだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/12(木) 21:36:13.99 0
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1523536573/0-

    IMG_8274



    【国産車で後輪駆動の車種が少ない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/31(土) 08:20:07.67 ID:VIkgFdwea
     
    政府は30日、自動運転中の車の事故について、原則として車の所有者に賠償責任を負わせる方針を決めた。
    一般自動車と同じ扱いとする。外部から車のシステムに侵入するハッキングで事故が発生した場合、
    損害は政府が補償する。自動運転に関する賠償制度の土台が固まり、
    メーカーが過大な責任を負う懸念が薄れたことで、事業化の動きが加速しそうだ。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28805990Q8A330C1MM8000/
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1522452007/0-


    697644af29acf189c4dae7020ecf91da_s


    【日本政府 自動運転車で事故を起こしたら車の所有者に賠償責任と決定 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/26(月) 21:52:18.14 ID:CAP_USER
    トヨタ自動車は、今春以降投入する小型車などに燃費を向上させた排気量2000ccの新型ガソリンエンジンを順次、搭載する。同じく新開発の無段変速機(CVT)と組み合わせ、従来より燃費をガソリン車で約18%、ハイブリッド車(HV)で約9%改善する一方、走行性能も向上させた。二酸化炭素(CO2)削減に向けては、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)といった、走行時に排ガスを全く出さない車種が注目されがちだが、当面は世界中で走る自動車のほとんどはガソリンを中心とするエンジン車だ。それだけにCO2削減に向けて効果が大きいのは、エンジンの性能アップだとの見方が強い。

     最新の排ガス規制クリア

    トヨタが新開発したのは直列4気筒の「ダイナミック・フォース・エンジン2.0リットル」。パワートレーン製品企画部の山形光正チーフエンジニアは、「世界トップレベルの出力と熱効率を高次元で両立した。低回転から高回転まで全域でトルク(車輪を回す力)を向上させ、走りの魅力も感じていただける」と胸を張った。熱効率はエンジン車用で40%、モーターや電池などのハイブリッドシステムと組み合わせるHV用は41%を達成。多くの国・地域の最新の排ガス規制を先行してクリアできる水準という。

    2000ccには、トヨタの主力車である「カローラ」やミニバンの「ノア」「ヴォクシー」などがある。

    CVTとは金属ベルトを使って連続的に変速する変速機の一種で、滑らかな走りを実現できるが、発進時の燃費性能低下が欠点とされてきた。新型では、世界で初めてCVTに「発進用ギア」を採用。時速40キロまでの低速域で、エンジンの動力をタイヤに効率良く伝えられるように機構を改善し、燃費性能を既存のCVTと比べて6%高めた。

     CO2排出量18%削減も

    今回発表されたエンジンやCVTは、部品の共通化などでコスト削減と高い品質を両立させようとするトヨタ独自の開発や生産の手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に基づいてつくられた。エンジンの種類を整理・統合して約4割削減し、構造・要素技術を統一して開発の効率化と生産性の向上を進めている。エンジンやトランスミッション(変速機)などの駆動系を示す「パワートレーン」について、2021年までにTNGAに基づき開発する19機種を導入する計画。TNGAに基づくエンジンなどの主要部品を搭載した車は、日本・米国・欧州・中国の主要市場で販売する新車の2割弱を占めているが、これを23年に8割まで引き上げる。実現すればパワートレーンの寄与分だけで新車平均のCO2排出量を15年比で18%以上削減できるという。

    パワートレーンをめぐっては、HVやEVの台頭など変化が激しいため、トヨタは個々の車両開発と同じく「チーフエンジニア」という責任者を新たに置いて対応を強化した。山形氏は、「従来はいいエンジンといいトランスミッションをつくればいい車を開発できた。しかし昨今は、開発の企画の初期からトータルでバランス良くつくり上げることが商品力強化に欠かせなくなった。各国の規制強化やニーズの多様化に対応していく狙いもある」と説明する。

    トヨタは15年10月に発表した「トヨタ環境チャレンジ2050」で、50年の新車のCO2排出量を10年比で90%削減する目標を掲げた。これを達成するため、30年には新車に占めるHVなどの電動車比率を50%以上にする方針だ。エンジンを使わないEVとFCVの比率は10%以上としているが、逆に言うと30年でも90%近くの新車はエンジンを搭載している計算になる。このため、トヨタは、「実質的なCO2削減には、パワートレーン全体での燃費向上が必要だ」と強調している。(高橋寛次)

    写真:トヨタが投入する「ダイナミック・フォース・エンジン2・0リットル」。
    新型のCVTとの組み合わせで、エンジン車で燃費を18%向上する
    no title

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180326/bsa1803260500005-n1.htm
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1522068738/0-


    【トヨタの新型エンジン、「世界トップレベルの出力と熱効率」を両立 燃費最大18%向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/03(土) 16:49:25.225 ID:3pwv/s0w00303
    欧州、東南アジア 南米 南アジアはMT車が多数派、中国は中間
    bf6c344589696ff13c6f29de0f58cf08_s

    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1520063365/0-

    【AT車王国って世界的に見ても北米や豪州、日韓くらいかな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/16(金) 21:09:48.72 0
    あとは見た目が良くて良いシートが付いてて
    パワーがあって燃費が良ければいいだろ?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1518782988/0-

    3fa6c9277468bd24d1f850536ba82137_s


    【車の装備ってパワステパワーウインドエアコンABSがあれば十分だよな? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/12(月) 14:32:44.00 ID:HHoqWF920 BE:423476805-2BP(3000)

    次期WRX S4に搭載されるエンジンは、新開発1.8L DITとなる。これはスバルが2019年の発売を予告していたユニットであり、次期WRXの発売時期と重なる。

    次期WRX STIについては、EJ20型エンジンは継続採用されず、FA20型DITをベースにしたハイパフォーマンス版の搭載となるだろう。最高出力としては350psクラスが想定される。

    https://car-research.jp/tag/wrx-sti
    https://car-research.jp/wp-content/uploads/2018/02/viziv-performance-sti-concept-face.jpg
    IMG_8121


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518413564/0-


    【スバル次期WRX STIはEJ20エンジン廃止、FA20型DIT高出力版を搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/02/04(日) 00:23:48.29 ID:CAP_USER9
    メルセデスベンツは2月2日、オランダ・アムステルダムにおいて、新型『Aクラス』を発表した。

    現行Aクラスは3世代目モデルで2012年春、ジュネーブモーターショー2012で初公開。初代、2代目から一転し、背の低いハッチバックデザインを採用。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』などの競合車を相手に、販売面で成功を収めてきた。

    そのAクラスが、およそ6年ぶりにフルモデルチェンジし、4世代目モデルが登場。新型は若々しさやダイナミックなキャラクターを維持しながら、上質さや快適さに、いっそうの磨きをかけている。

    新型Aクラスのフロントマスクには、新型『CLSクーペ』など、最近のメルセデスベンツに導入されたデザイン言語を反映。ヘッドライトやテールランプには、最新のLEDテクノロジーを組み込む。空気抵抗を示すCd値は0.25と、エアロダイナミクス性能を追求した。

    新型Aクラスのインテリアには、初めてコックピットの上のカウルを完全に無くしたデザインを導入。また、タービン状の空調吹き出し口や3本スポークのステアリングホイールは、最新メルセデスベンツ車に見られるデザイン。

    また、現行モデルに対して、新型では室内空間を拡大。乗員の肩や肘の周辺、頭上と、すべての部分でスペースを広げた。荷室容量は奥行きを115mm延ばした効果で、現行よりも29リットル増えて370リットルに。リアゲートの開口部も、200mm広がり、積載性を向上させた。

    欧州では発売当初、ガソリンとディーゼルの3種類のエンジンを設定。中でも、ガソリンは、新開発の「M282」型1.4リットル直列4気筒ターボユニットを、「A200」グレードに搭載。現行の1.6リットルから排気量を縮小しながら、最大出力163hp、最大トルク25.5kgmと、11%強化。7速デュアルクラッチトランスミッション車では、気筒休止システムを採用し、燃費性能を高めている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    2018年2月3日(土) 11時51分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/02/03/305628.html



    【【車】メルセデスベンツ Aクラス、新型を発表…4世代目が登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/25(木) 20:29:20.900 ID:ZJhnDiCL0
    あの機能めっちゃ凄すぎ
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516879760/0-


    【スバルのアイサイトってめっちゃ便利だよな? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/27(土) 08:35:14.350 ID:oxM+HJiG0
    ガガガガにならない



    【高級車のABS凄過ぎワロタwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/19(金) 10:26:45.964 ID:9uGGU//u0
    自動ブレーキなど搭載の車 4人に1人が想定外の出来事体験
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180118/k10011293491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    自動ブレーキなどの新しい安全技術を搭載した自動車について利用者にアンケート調査したところ、4人に1人が、突然ブレーキが働くなど想定外の出来事を体験したと答え、国民生活センターは、機能には限界があるとしたうえで「過信せず安全運転を心がけてほしい」と呼びかけています。


    このため、国民生活センターがこうした車を使っている2000人にアンケート調査したところ、運転中に突然装置が働くなど想定外の出来事を体験したと答えた人が491人、全体の24.5%を占めました。

    体験の具体的な内容は、複数回答で、「急に加速した」が18.9%、「急に減速した」が17.7%、「自動ブレーキが予期せず作動した」が14.4%などとなっています。



    危なすぎ
    だいたい自動ブレーキなんか必要なヤツは公道出るなよ
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516325205/0-


    【【悲報】自動車の自動ブレーキ、やっぱり要らないゴミだったwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/13(土) 11:05:51.75 0
     米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。
    特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転の技術を搭載する世界初の量産車になる可能性がある。

    完全な自動運転車の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや日本勢を含む他の自動車メーカーなどとの先陣争いが一段と激化しそうだ。

     新車両「クルーズAV」は、小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースに開発する。ロイター通信によると、GMは11日、この車を走行させる許可を米政府に申請したという。

     GMは昨年11月、運転手が不要な「無人タクシー」を19年に事業化する計画を明らかにしており、当初はクルーズAVを無人タクシーとして使う方針だ。(共同)

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/180113/ecn1801130019-s1.html
    no title
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1515809151/0-

    【アメリカGM「2019年までにハンドルのない全自動運転車を量産する」 】の続きを読む

    このページのトップヘ