マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:自動車ネタ > 技術・自動運転・運転支援・デザイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/19(日) 09:50:15.55 ID:CAP_USER9
    WEB CARTOP2017年11月16日 11時15分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13898487/

    コストの面で得することもある
     ここ数年トヨタ86&BRZ、マツダロードスター、ホンダS660、スズキアルトワークスといったスポーツモデルの登場や、マツダが実用車にもMTを設定していることなどで一時期の絶滅状態ほどではないものの、ATが主流となっている昨今では依然としてMT車は希少、マニアックな存在である。

     最近ではDCTと呼ばれるツインクラッチの登場に加え、オーソドックスなトルコンATやCVTの急速な進歩によりかつてよく言われた「ATは遅い、かったるい」といったことは皆無になり、クラッチとシフト操作の要るMT車の存在意義はもう必要性という意味では非常に薄いと言わざるを得ない。そんな状況下であえてMT車に乗る理由を考えてみたい。

    1)金銭的なメリット
     新車価格ではかつてはMTよりATの方が高かったものだが、今ではMTとATの価格が同じというケースも増えている。しかしその中でもトヨタ86&BRZをはじめ、スポーツモデルを中心にMTのほうが安いというケースも多々あり、MT派には有難い。

    さらにMT車が希少なご時世になってくると、中古車市場ではスポーツモデル以上に普通のクルマのMT車がAT車より高いという現象を見ることもしばしばあり、新車価格から処分する時の査定を差し引きではMT車のほうが得するケースがあるのは嬉しい。

     もっともメンテナンスフリーに近いAT車に対し、MT車は長期間乗るとクラッチ交換の必要があり、その費用を突っ込まれてしまうとMT車が安く付くとも言い切れないのも事実ではあるが・・・・・・。

    (全文は配信先で読んでください)
    audi-1214054_960_720

    引用元:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511052615/0-

    【日本では絶滅危惧種! この時代にあえてMT車に乗るメリット5つ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/17(金) 03:42:46.98 ID:0FdkKOZ20
    今の方がハイブリッドや自動ブレーキもあって面白いし
    デザインも今の方がええやろ



    【車オタ「今の車はつまらない!デザインも昔の方が良い!」←これ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 22:42:16.058 ID:jfrAo/Ru0
    すごい
    no title      リックすると再生します。

    引用元  http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1510580536/0-



    【ボルボの車の自動ブレーキえげつな過ぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 20:55:38.29 ID:CAP_USER9
    ◆ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露 MITと協力

    ランボルギーニの次世代スーパーカーは、車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできる。
    アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露した。
    イタリア語で「第3千年紀」と名付けられたこの車はマサチューセッツ工科大学(MIT)との3年間のパートナーシップにおける1年目の成果だ。

    この車はランボルギーニの伝統に従い、無駄を省いたデザインで、Y型のテールライトを装備。
    フロントガラスは車体上部から運転手の足元ぐらいまであるように見え、車体は極めて低い。

    しかし、この車の最も注目すべき特長は、目で見ることができない。
    まだ存在していないからだ。

    ランボルギーニは、スーパーカーに必要となる強力な電力を高速で供給できるスーパーキャパシターを開発する計画だ。
    ランボルギーニは車体の成型に使われるカーボンファイバーのパネルでスーパーキャパシターを製造する方針であるため、テルツォ・ミッレニオは自らの車体からエネルギーを引き出すことになる。
    つまり、車そのものがバッテリーになるということだ。

    この車はさらに自らの構造の状態を継続的にモニターし、摩耗や損傷を検出できる。
    カーボンファイバー製の車体にある「回復作用を持つ化学物質」を含むマイクロチャンネルは、小さな亀裂を自動的に修復する。

    同社はその上、インホイールモーターも開発する。
    これにより大型エンジンの必要性がなくなる。

    テルツォ・ミッレニオについては、想定価格もタイムラインも示されていない。
    生産モデルが入手可能になるまでは何年もかかるだろう。
    しかし、「値ごろ感」はランボルギーニが目指すコンセプトではないはずだ。

    写真:ランボルギーニの次世代スーパーカー「テルツォ・ミッレニオ」
    no title


    日刊工業新聞 2017年(平成29年) 11月 13日 月曜日
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00450419?twinews=20171113




    【ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカー披露…車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復(写真あり) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/10(金) 00:31:58.01 ID:CAP_USER
    no title

    自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。
    大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わるだろう。
    自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性がある。

    元海兵隊員で、フォード、ゼネラルモーターズ、クライスラー、BMWを渡り歩いてきたボブ・ラッツ(Bob Lutz)氏は、同氏の導きがあれば誰でも素晴らしい自動車を開発し、業界で名を上げられるだろうと言われる自動車開発の神様のような存在で、「カーガイ(車好き)」の異名を持つ。

    ラッツ氏は既にセミリタイアしているが、エキゾチックで大胆な高級スーパーカーを作ることで知られるVLFオートモーティブのデザイナー、ヘンリック・フィスカー(Henrik Fisker)氏とパートナー提携している。自動車業界についても、自身の意見を今もなお忌憚なく発信しており、同氏はイーロン・マスク氏に対する尊敬の念を示す一方で、テスラの事業を批判したこともある。業界の最先端を知る人物だ。

    それだけに「カーガイの中のカーガイ」と呼ばれるラッツ氏の今回の発言が与える影響は測り知れない。同氏は業界に詳しいニュースサイト「Automotive News」に寄稿し、「自動車業界は加速する変化曲線上にある」と主張した。

    「数百年にわたり、人間の主な移動手段は馬だった。そしてここ120年間は自動車だった」とラッツ氏は言う。「そして今、自動車の時代は終わりに近付いている。移動手段は標準化されたモジュールに置き換えられるだろう。最終的には、運転手が指示をする必要のない、完全に自動化されたモジュールになるだろう」

    これは、我々にダッジ・バイパーをもたらしてくれた男の事実上の降伏宣言だ。そしてラッツ氏は、誰よりもこの変化が早く起こると考えている。なぜなら自動運転は、人間という危険なドライバーを排除することで、基本的に交通事故死をゼロにするからだ。20年後にはもはや、我々は自ら運転することを許されないだろう。ハンドルを握ることができるのは、億万長者がビンテージのフェラーリでプライベートのレース用サーキットを走行する時くらいだ。

    自動車愛好家にとって、このような厳しい予言は受け入れ難いだろう。だが、これこそ我らがボブ・ラッツ氏の言葉であり、ラッツ氏は自分の発言を誰よりも理解している。
    この変化は、自動車メーカーやディーラーに打撃を与えるだろうとラッツ氏は言う。代わりに業界を席巻するのは、巨大な自動ポッドモバイル・システムを管理する「ウーバー(Uber)やLyft、FedEx、UPS、アメリカ郵便公社(USPS)、公益事業会社、宅配サービス会社だ」と同氏は言う。アマゾンもその1つだ。

    個人的には、筆者は懐疑的だ。なぜなら、我々の道路を時速160キロメートル以上で移動するポッドモバイル用に再整備する政治的、経済的意思があるとは思えないからだ。だが、ラッツ氏が自動車について語るなら、聞く価値はある。
    https://www.businessinsider.jp/post-106911

    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1510241518/0-


    【20年後に車を所有している人はいない ―― 自動車業界の重鎮が指摘】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/10(金) 03:34:10.08 ID:Jzl264wl0
    【普通車】
    ソリオ:950kg
    スイフト:930kg
    イグニス:880kg

    【軽自動車】
    ジムニー:980kg
    スペーシア:840kg
    ラパン:840kg
    ハスラー:820kg
    ワゴンR:720kg
    アルト:610kg

    【軽商業車】
    エブリィ:840kg
    キャリィ:690kg



    【【悲報】スズキの車、いくら何でも車両重量が軽過ぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/09(木) 19:31:53.27 ID:B/wH9Gwk0
    ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は8月31日、今後販売する全てのBMWモデルにデイタイムランニングライト(DRL)を標準装備すると発表した。

    DRLを標準装備とすることで、エンジンスイッチをオンにした際、常時ヘッドライトのコロナリングが点灯。昼間の走行時の被視認性を高め安全性向上に寄与するとともに、BMWのフロントデザインとして印象的なコロナリングライトを点灯させることで、路上での存在感を高める。

    DRLは欧州で2011年2月からすべての新型車に取り付けが義務化されているが、日本の保安基準に適合しないことから消灯できるポジションランプ扱いとされていた。
    しかし、2016年10月に保安基準改正が行われ、DRLの装着が正式に認可された。
    それを受け、アウディジャパンは2017年8月10日、国内初のDRL全車標準化を発表。今回のBMWはそれに次ぐ、2ブランド目となる。




    【BMW、朝昼でも点灯するライトを日本販売車に標準装備化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/09(木) 11:23:28.95 ID:3js8pN+e0 BE:422186189-PLT(12015) 

    ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット
    (自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスクメルセデス」を間もなく導入する。
    最高デジタル責任者(CDO)のサビーヌ・ショナー氏が7日、リスボンで開催された「ウェブサミット」で発表した。

    アスクメルセデスは当初から複数の市場と言語で利用可能で、今後は世界展開を図るとしたが、
    詳細は明らかにしなかった。顧客は音声による指示やテキストベースのチャットを使い、
    いつでもサポートが受けられる。

    最近の車種に搭載されているアスクメルセデス・アプリ、スマートホン向けのアプリ、
    もしくは自宅に置いているグーグルの「グーグルアシスタント」に話しかけることで質問が可能だという。

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/ai-25.php




    【Google ベンツ発表、ナイト2000みたいに喋る人工知能を搭載 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/08(水) 11:03:24.74 ID:TnKB3yfM0
    no title

    no title

    no title

    趣味悪い説
    どう見ても品良く大人でかっこいい




    【BMWの車のデザインをダサいとか言っちゃう奴… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/05(日) 09:38:57.218 ID:j5KZay0x0
    no title

    少なくともFRの最高のデザイン
    このデザインでランボやフェラーリやゾンダより良い音出せればブランドイメージ向上するだろうな

    【マツダがこの車を発売したらブランドイメージ上がる? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/03(金) 21:16:47.60 ID:iC1wauOJ0 BE:232392284-PLT(12000) 
     ホンダが同社のベストセラーモデルである軽自動車のトールワゴン「N-BOX」の2代目となる新型が、
    JNCAP(国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構「NASVA」による自動車アセスメント
    「Japan New Car Assessment Program」の略称)の2017年度「予防安全性能アセスメント」に
    おいて最高評価となる「予防安全性能評価 ASV++」を獲得したと発表した。
    新型ホンダ「N-BOX」と「N-BOXカスタム」は、今年9月1日から発売されている。

     新型N-BOXは、ホンダの軽乗用車として初めて、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプに標準装備。
    従来の8機能に加え、夜間走行時にハイビームとロービームを自動で切り替えるオートハイビームと、ホンダ初となる後方誤発進抑制機能を装備している。

    ■N-BOXの試験結果は以下のとおり。
    ・被害軽減ブレーキ(対車両)、32点中 32点(満点)
    ・速報被害軽減ブレーキ(対歩行者)、25点中 22.6点
    ・車線逸脱抑制、16点中 16点(満点)
    ・後方視界情報、6点中 6点(満点)

     合計、79.0点中 76.6点

     ※なお、試験車両は「N-BOX G・Honda SENSING」。2017年度予防安全性能アセスメントの軽乗用車において2017年11月1日現在、最高得点となった。

    http://www.zaikei.co.jp/article/20171103/409719.html
    no title

    【ホンダN-BOX 予防安全性能で歴代最高評価 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/04(土) 21:57:27.524 ID:d/O7rWif0
    激強打破もミンティア10粒摂取も効かないから割と本気で顔引っぱたいて無理矢理起こしてるんだけど皆どうしてるん?



    【車運転中どうしてもどうしても眠い時ってどうしてる? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/01(水) 19:03:49.09 ID:CAP_USER
    [アトウォーター(米カリフォルニア州) 31日 ロイター] - 米アルファベット(GOOGL.O)の自動運転車部門、ウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は30日、危険な状況で運転手に操縦を引き継ぐ機能を開発していないと明らかにした。


    ウェイモは2013年に、運転手のいねむりなどを想定した試験を実施したが、警告音を鳴らして運転手に操縦を引き継ぐシステムが安全ではないと判断。それ以降、人間の操縦を必要としない技術に注力することにしたという。

    クラフチック氏はウェイモの試験施設で行われたメディアツアーで、「(車側の)状況認識が失われるため、運転の引き継ぎが難しい」とも話した。

    https://jp.reuters.com/article/alphabet-autos-self-driving-idJPKBN1D13B3



    【グーグル自動運転車、乗員の操縦機能採用せず 安全面に懸念で 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/27(金) 00:39:08.99 ID:TNSCSeL+0

    sssp://img.5ch.net/ico/u_chinsyu.gif
    マツダ、一球入魂が生んだ「夢のエンジン」 限られた資源をバネに

    [広島 26日 ロイター] -

     マツダ(7261.T)が「夢のエンジン」と呼ばれる次世代エンジンの実用化にめどをつけた。
     米ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)など世界的な大手メーカーに先駆けて中堅のマツダが
    なぜ「技術者の夢」を実現できたのか。

     開発チームを率いる人見光夫常務らへの取材から、限られた経営資源の中、内燃機関への
    こだわりを貫いて挑戦を続けた同社の成功の構図が浮かび上がってきた。

    <乏しい研究開発費>
     従来のガソリンエンジンから燃費や動力性能を向上させたマツダの「スカイアクティブX(以下、X)」は、
    ガソリン燃料をディーゼルの燃焼方式である「圧縮着火」で燃やすことができる。
     通常のガソリンエンジンはガソリンと空気の混合気に圧力を加えて点火プラグによる火花で点火して
    燃やすが、新エンジンは混合気を高い圧力と温度で自己着火させる。

     ガソリンの出力の強さとディーゼルの燃費の良さという利点を融合したエンジンで、火花点火では
    燃えないような薄い混合気でもきれいに素早く燃えるため、燃費は従来から最大3割高まる。

     2019年に新エンジンの搭載車を発売する予定で、28日から一般公開となる東京モーターショーで
    新エンジンとそのエンジンの搭載車を世界初披露する。

    つづく
    http://jp.reuters.com/article/mazda-engine-development-idJPKBN1CV1OQ
    no title



    【マツダ、とんでもないエンジンの開発に成功!燃費30%もアップ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/13(金) 19:26:43.71 ID:ACTmleHC0
    手離し65秒で手動運転を義務化

    初の安全基準、19年10月以降

    国土交通省は自動運転車に関する初の安全基準を導入した。
    高速道路などを自動走行する際、ドライバーがハンドルから65秒以上手を離すと手動運転に切り替える仕組みを搭載することを義務付けた。
    2019年10月以降の自動運転機能を備えた新型車が対象。
    現在販売されている車種は21年4月から適用し、中古車は対象外とした。

    高速道の同一車線を自動走行できる機能を備えた車が普及し始めているのを踏まえ、システムを過信した手離し運転による事故防止につなげる狙い。
    統一的な基準を示すことでメーカー側も目指すべき要件が明確になり、技術開発を円滑に進められるようになる。

    https://this.kiji.is/291490589048161377?c=39546741839462401

    自動車も国内メーカーに勝ち目がないので規制するといういつもの負けパターンに入ったもよう
    【【日本&トヨタ完全終了】日本政府、自動車の自動運転を規制へ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/10(火) 22:15:18.31 ID:CAP_USER9
    10/10(火) 19:00配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000116-jij-bus_all

     マツダは10日、新開発の次世代ガソリンエンジンを搭載した試作車を山口県美祢市のテストコースで報道陣に公開した。
    このガソリンエンジンを積んだ車を2019年に発売する。

     公開したのは、小型車「アクセラ」に排気量2000ccの次世代エンジン「スカイアクティブ―X」を搭載した試作車。
    世界で初めて「圧縮着火」と呼ばれる燃焼方式をガソリンで実用化するもので、燃費性能を現行のエンジンに比べ
    20~30%改善させた。低速域から力強く加速するなど動力性能も高い。27日開幕の東京モーターショーで、
    新型エンジンを積んだ小型車を初出展する。

     自動車業界では、電気自動車(EV)を優遇する世界的な環境規制の強化でガソリン車に逆風が吹くが、
    マツダはエンジン技術の改善を続ける方針。エンジン車に加え、電気で走る技術を組み合わせた車を各国の事情に応じて投入し、
    エコカー競争を乗り切る戦略だ。 

    写真は次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブ―X」と小飼雅道社長。
    no title

    【マツダ、次世代ガソリン車を公開 19年発売、燃費2~3割改善 スカイアクティブ―X搭載のアクセラ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/29(金) 10:50:55.05 ID:8QUqREg40 
    トヨタ自動車は、2020年代前半に一般道での自動運転技術を実用化する方針を正式に発表した。

     人工知能(AI)などを活用し、歩行者の有無や信号など周囲の交通状況を把握するほか、
    地図情報と照らし合わせ交通規制に従い、走行する技術などの確立を目指す。

     27日に同社が公表した「自動運転白書」の中で明らかにした。白書ではまず高速道路での
    自動運転を20年に実現する。車の周囲のカメラやレーダーで状況を把握し、自動で
    車線変更したり、先行車との車間距離を保ったりする技術を確立する。20年代前半には歩行者や
    自転車なども検知できるようにする。いずれも緊急時に備えて運転席に人が座ることを前提とする。
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170929-OYT1T50045.html

    【10年後の未来 自動運転車が当たり前に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/28(木) 14:02:42.93 ID:CAP_USER9
    【電子版】アマゾンの会話型AI「アレクサ」、BMW全車種に搭載へ
    2017/9/28 11:00
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00444765?twinews=20170928
    no title


    「アレクサ」の搭載で音声指示によるカーナビ・音楽再生機能が使えるようになる(BMW提供)

    【シリコンバレー時事】米IT大手アマゾン・ドット・コムは27日、同社の会話型人工知能(AI)「アレクサ」を独高級車メーカーBMWと傘下の小型車ブランド「ミニ」の全車種に搭載すると発表した。2018年半ばから米国と英国、ドイツで販売される車に装備される。

     音声による指示でカーナビや音楽再生の機能を使える。自宅の家電がインターネット接続に対応していれば帰宅前に車内から部屋の室温を調節したり、玄関灯をつけたりすることもできる。
    会話型AIは「つながる家電」の中核的役割を担うとされ、自動車メーカーを巻き込んだ主導権争いが激化している。

     一方、アマゾンは14年に初代を投入した会話型AI搭載のスピーカー端末「エコー」を刷新し、10月末に米国で発売すると発表。従来より音質を向上させ、価格は99.9ドル(約1万1000円)に引き下げた。12月にAIスピーカー市場に参入する米アップルに対抗する。

    【【米アマゾン】会話型AI「アレクサ」、BMW全車種に搭載へ…12月にAIスピーカー市場に参入する米アップルに対抗】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/23(土) 19:53:32.36 0
    ステンレスは傷みにくい 塗装が要らないなど美点が多いのに何故自動車業界では普及しないのだろう
    電車は今やほとんどステンレス製だろ

    delorean-dmc-12-1548370_960_720



    【何故ステンレス製ボディの乗用車が出現しないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/20(水) 07:58:11.71 ID:CAP_USER9
    走行中に前輪タイヤの位置を変えられる実験用の「ロボットカー」の説明をする渋谷浩さん=19日午後、奈良市
    no title


    トヨタ自動車の研究員が製作した走行中にドライバーがタイヤの位置を変えられる実験用の「ロボットカー」が、奈良市で開かれた車の走行安全技術に関する国際学会で19日、公開された。

    研究員はトヨタ自動車未来研究部の渋谷浩さん(60)で、2011年に完成させた。渋谷さんによると、国内での公開は初めてという。

    ハンドル部分に設置された12個のボタンを操作することで、前輪タイヤを5センチほど前後左右に動かすことができる。渋谷さんによると、高速走行ではタイヤの前輪と後輪の距離を長くすれば直進での安定性能が増し、カーブでは外側にタイヤを出すと旋回性能が向上する。

    渋谷さんは「タイヤをこれだけ大きく動かせる『ロボットカー』はこれまでなかった。(一般のドライバーに)安心感を与える車ができたら良いという思いからつくった」と話した。

    ロボットカーは実験を目的とした車両で、トヨタ広報によると、今回公開された技術を実用化する計画は今のところないという。

    配信2017.9.19 21:40更新
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/170919/wst1709190074-n1.html

    【走行中にドライバーが、タイヤの位置を変えられる車 トヨタ研究員が奈良で公開 国内初】の続きを読む

    このページのトップヘ