マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: イギリス車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/08(金) 01:39:49.85 ID:CAP_USER9
    英ジャガーも全車種、電動化へ…2020年以降 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170907-00050095-yom-bus_all
    9/7(木) 22:34配信

     【フランクフルト=戸田雄】英ジャガー・ランドローバーは7日、2020年以降に発売する全ての車種を電動にすると発表した。

     全車種に電気自動車(EV)や、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車などをそろえる。

     18年には同社初の電動スポーツ用多目的車(SUV)を発売する予定だ。スペッツ最高経営責任者(CEO)は「顧客にさらに多くの選択肢を提供する」とコメントした。

     欧州では自動車の排ガスによる大気汚染が深刻になっており、英国とフランスは40年までにガソリン車やディーゼル車を禁止する方針を打ち出している。

     スウェーデンのボルボ・カーは19年以降に発売する全車種を電動にすると表明するなど、メーカー側も対応を急いでいる。

    【【英国】2020年以降、全車種を電動化へ…ジャガー・ランドローバー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/31(木) 21:39:29.48 ID:CAP_USER
    no title

    英国のスポーツカーメーカー、アストンマーティンは8月29日、ブランド初のSUVを2019年の後半以降、日本市場に導入する計画を発表した。

    アストンマーティン初のSUVは2015年春、ジュネーブモーターショー2015に出品された『DBXコンセプト』の市販版となる。DBXコンセプトはアストンマーティンが近い将来、高級GTカーセグメント参入の可能性を探る目的で開発。世界中のより多くの顧客に、アストンマーティンブランドをアピールするための1台が、DBXコンセプト。

    2ドアクーペのボディは、フロントにアストンマーティンのアイデンティティのグリルを装着。緩やかな弧を描くルーフは、シルバーで縁取られた。4シーターの室内は、アストンマーティンらしいラグジュアリーさを表現。シートなどには、上質なヌバックレザーがあしらわれた。

    なお、アストンマーティンは、DBXコンセプトの市販版を2ドアではなく、4ドアで市場に投入する計画。英国に建設中の新工場において、生産を行う予定。

    アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは、「世界第2位の高級車市場として、日本向けの製品ポートフォリオを完全に活性化し、拡大することが、将来の計画のカギ」と語っている。
    https://response.jp/article/2017/08/31/299195.html

    【アストンマーティン初のSUV、日本導入へ…2019年後半以降】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/21(月) 19:37:26.42 ID:CAP_USER9
    1956年製のアストン・マーチンDBR1が米カリフォルニア州でオークションにかけられ、英国車としては過去最高となる2255万ドル(約24億6000万円)で落札されたことが21日までに分かった。

    過去最高額はRMサザビーズによるクラシックカーのオークションで記録。電話でオークションに参加した匿名の人物が競り勝ち、落札した。

    これまでの過去最高額は1年前に記録された1955年製のジャガーDタイプの2180万ドルだった。

    サザビーズによれば、今回落札価格の最高を更新したDBR1は、アストン・マーチンの歴史の中でも最も重要なモデルのひとつだという。同車種はこれまでに5台しか製造されておらず、公開の場でオークションにかけられた唯一のものだという。

    DBR1は1956年から59年にかけて、10以上の有名レースに参戦し、優秀な成績を収めてきた。

    車のコンディションは、エンジンの複製も含めて良好だという。オークションにはオリジナルのエンジンも含まれているが出品者はオリジナルのエンジンは「貴重すぎる」として複製と入れ替えたという。

    ソース/CNN
    https://www.cnn.co.jp/business/35106052.html

    画像
    no title

    【【海外】アストン・マーチンDBR1、24億円で落札 英国車の新記録】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/15(木) 22:55:18.24 ID:CAP_USER9
    英マクラーレン、「570S」のオープントップモデル「570S スパイダー」発表。日本での価格は2898万8000円 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1065607.html

    最初の400台はローンチエディションとして生産
    編集部:小林 隆2017年6月15日 22:33

    2017年6月14日(現地時間) 発表
    2898万8000円

     英マクラーレン・オートモーティブは6月14日(現地時間)、「570S クーペ」のオープントップモデル「570S スパイダー」を英国で開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(6月29日~7月2日)で世界初公開すると発表した。同モデルは日本での受注を開始しており、価格は2898万8000円。英国のマクラーレン・プロダクション・センターで手作業で組み立てられるという570S スパイダーの最初の400台は、ローンチエディションモデルとして生産されるとのこと。

     2シーターで後輪駆動の570S スパイダーは、同社のスポーツシリーズにおいてクーペ、GTに続く第3のボディスタイルとなり、「650S スパイダー」「675LT スパイダー」でも採用されるリトラクタブル・ハードトップを装備。ルーフの開閉に必要な時間は15秒としており、40km/hまで操作を行なうことができる。また、リトラクタブル・ハードトップはソフトトップに比べて耐候性に優れ、色あせがしにくくなっており、車両重量はクーペモデルから46kg増にとどまるとしている。

    no title

    no title

    no title


    (全文はソース)

    【英マクラーレン、「570S」のオープントップモデル「570S スパイダー」発表。日本での価格は2898万8000円】の続きを読む

    このページのトップヘ