マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: 国産車

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 22:56:05.07 0
    36合板載せられないし商用バンとしては中途半端だと思うのだが
    IMG_0146


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1585662965/0-


    【最近ホンダのN-VANをよく見かけるんだが一体誰が乗ってるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 00:34:07.261 ID:WlG3lyio0
    no title

    見馴れるといいかも
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1585582447/0-


    【新型フィット良い車だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/26(木) 17:09:20.14 ID:a7npmqm+0
    ヤリス
    no title

    カローラ
    no title

    カローラスポーツ
    no title

    カムリ
    no title

    プリウス
    no title

    プリウスPHV
    no title

    MIRAI(※コンセプトカー)
    no title

    クラウン
    no title

    C-HR
    no title

    RAV4
    no title

    グランエース
    no title

    アルファード&ヴェルファイア
    no title

    シエンタ
    no title

    ノア&ヴォクシー&エスクァイア
    no title

    TOYOTA 86
    no title

    スープラ
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1585210160/0-

    【トヨタさん、ついにカッコイイ車ばかりになるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/29(日) 09:25:24.106 ID:KTrAwASm0
    心はスバルに傾いてるんだけど
    TOYOTA_86001sss


    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1585441524/0-

    【トヨタの86とスバルのBRZならどっちがいいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/23(月) 22:15:17.09 ID:3M6SPJQ+9
    本田技研工業はマイナーチェンジした「シビック ハッチバック」と、6月27日に新作が公開されるアニメ「エヴァンゲリオン」シリーズとコラボレーションし、特設サイトをオープンした。

     今回のコラボプロジェクトは、革新的なスタイリングと個性際立つ走りで、操る喜びの提供を目指すシビックの“立ち止まることなく進化する”というメッセージと、放送開始から25年が経った今も進化し、愛され続けている「エヴァンゲリオン」シリーズと重ねることで、“自分の想いで自由に動きたい、そんな前を向いて進む人たち”へ、新しくなったシビックの魅力を届ける企画。

    特設サイトでは今後『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開に向けて、コラボ動画などのオリジナルコンテンツが順次公開される。また、キャンペーン期間中は、ハッシュタグ「#シン・アオヤマ作戦」「#シン・シビック」と共に、特設サイトを中心にコラボコンテンツが順次公開される予定という。

    解説: シン・◯◯と言ってりゃなんでも庵野風味になるあるある

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242/296/index.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1584969317/0-


    【【衝撃に備えて!】ホンダ、シビックがエヴァとコラボで謎のカウントダウン 3月31日16時に何かが公開される!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/23(月) 22:16:21.57 ID:La8Xu/SR0
    後部座席が広くて、4WDでサスが良いステーションワゴンは無いんか……?

    新車の条件は
    後部座席と荷室が広くて、
    エンジンが大きいもしくは1.5ターボ以上で、
    4wdでサス形式がダブルウィッシュボーンかマルチリンクの
    ステーションワゴンや

    予算は300万位、試乗車落ちでも構わない
    Honda_Avancier_001s



    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1584969381/0-




    【【悲報】後部座席が広い車メーカー、ホンダしか無い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/27(金) 19:27:17.58 ID:Y/C5dfII0
    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1585304837/0-




    【【画像】トヨタ86の後継モデルがこちらwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 11:41:15.89 ID:pzTRK5QI0● BE:969416932-2BP(2000)
    【「時代」を作った始祖にして王者】トヨタプリウス 波乱に満ちた23年の功と罪

    現行モデルの登場以来5年目となった今年に入ってから、若干の失速感は否めないが、ハイブリッドカーのパイオニアであるトヨタ「プリウス」の人気はつねに登録車の月間販売台数ランキングベスト10をキープするなど堅調だ。

    【画像ギャラリー】貴重な当時の写真も公開!! 23年かけて人気車にまで上り詰めたプリウス歴代モデル

     しかし、1997年に初代モデルが登場したプリウスがたどった四世代、23年間の軌跡は決して平坦なものではなかった。

     当記事ではプリウスの歴史を振り返り、プリウスというクルマが残した功罪も考察していく。

    書き手/永田恵一
    写真/TOYOTA

    いかそ

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200315-00010002-bestcar-bus_all
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1584240075/0-


    【「時代」を作った始祖にして王者 トヨタプリウス 波乱に満ちた23年の功と罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/19(木) 16:53:30.41 ID:3bla2aGd0
    【軽自動車】
    ・アルト バン ¥737,000~929,500
    ・キャリイ ¥735,900~1,293,600
    ・エブリィ ¥968,000~1,530,100
    ・アルト ¥863,500~1,290,300
    ・アルトワークス ¥1,537,800~1,686,300
    ・ワゴンR ¥1,098,900~1,544,400
    ・ハスラー ¥1,280,400~1,746,800
    ・スペーシア(カスタム含む) ¥1,298,000~1,943,700
    ・スペーシア ギア ¥1,644,500~1,846,900
    ・ジムニー ¥1,485,000~1,875,500
    ・エブリィワゴン ¥1,507,000~1,870,000

    【普通車】
    ・イグニス ¥1,423,400~1,975,600
    ・スイフト ¥1,375,000~1,977,800
    ・スイフトスポーツ ¥1,870,000~1,941,500
    ・クロスビー ¥1,798,500~2,185,700
    ・ソリオ ¥1,486,100~2,219,800
    ・ソリオ バンディット ¥1,980,000~¥2,208,800
    ・バレーノ ¥1,573,000~1,760,000
    ・エスクード¥2,708,200
    ・SX4 ¥2,180,200~2,400,200
    ・ジムニー シエラ ¥1,793,000~2,057,000
    ・ランディ(OEM) ¥3,154,800~3,447,400
    Suzuki_SWIFT_HYBRID_SG001s


    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1584604410/0-



    【スズキの車、いくらなんでも安過ぎるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 15:56:12.39 0
    ホンダ自動車の源流 軽トラックが販売終了
    2019年末、一部のマニアがざわつく発表がホンダからなされた。
    それは、同社の軽トラックである「アクティ・トラック」が2021年6月を持って生産を終了するというものだった。
    現在販売されているアクティ・トラックは2009年に登場したもので、通算4代目となるモデルだが、
    その源流を辿るとホンダ初の4輪自動車である「T360」となるのである。
    T360と言えば働くクルマである軽トラックにもかかわらず、日本で初めてDOHCエンジンを搭載した
    量販車であり、あの幻のスポーツカー、S360と共用する前提で開発されたエンジンを搭載していた
    ホンダの4輪の祖とも言えるモデルであった。
    そんなホンダの自動車の源流とも言える軽トラックが販売終了を迎えるというのは、
    ホンダファンからしてみれば一大事。
    しかも、現在のところ後継車種として新たな軽トラックが登場する予定はないとアナウンスされているから、マニアがざわつくのも致し方ないと言えるだろう。
    なお、アクティにはトラックのほかにワンボックスタイプのアクティ・バンも存在していたが、
    こちらは2018年7月に登場したN-VANに後を託し、一足先にラインナップから姿を消している。
    なぜ、アクティ・トラックは後継車種の予定もなく消滅する運命となってしまったのだろうか?
    新型を開発/生産しても収益性が見込めず?
    ホンダによると、アクティ・トラックが生産を終了し、新型の予定もない理由として
    「新たに設けられる排出ガス規制をクリアしたり、順次装着が義務化される衝突被害軽減ブレーキに
    対応したりするために開発費用をかけても収益性が見込めないため」としている。
    現在、国土交通省が発表している内容では、2021年11月以降に発売される新型の国産車に関して、
    基準を満たした性能を持つ衝突被害軽減ブレーキの装着が義務化されるとしているが、
    軽トラックに関しては2027年9月以降に義務化とやや後ろ倒しがなされている。

    no title

    no title


    https://news.livedoor.com/article/detail/17967663/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1584255372/0-


    【ホンダが軽トラック販売終了へ「開発費用をかけても収益性が見込めないため」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/08(日) 13:27:43.861 ID:2ZXVFM7U0
    W(8人乗り)214万8000円
    G(8人乗り)179万8000円
    N(5人乗り)154万8000円

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1583641663/0-


    【初代ステップワゴン(1996)の車両本体価格wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/07(土) 19:45:01.41 ID:r5OI39Imd
    ダイハツ TAFT
    ・2020年夏の発売に向けて開発
    ・3395㎜×1475㎜×1630㎜
    ・タイヤサイズ:165/65R15
    ・エンジン:660㏄ターボ

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1583577901/0-


    【武骨なルックスの軽自動車「タフ」新発売!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/08(日) 08:45:06.134 ID:35qAe49T0
    買おうと思うがどうだろうか
    NISSAN_Rasheen001ss


    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1583624706/0-


    【日産ラシーンって車あるけどベッタベタに落としたらかっちょ良さそうだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/01(日) 08:52:07.378 ID:Z8Ub/2qp0
    燃費良くていいって感じか
    Toyota_Aqua001s



    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1583020327/0-


    【車好きから見てアクアってどんな車?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/24(月) 08:54:58.48 ID:3cHukM5Ta
    中古80,000㌔ってやばいかな?
    Suzuki_EVERY_JOIN_TURBO001ss



    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1582502098/0-


    【車中泊用にスズキ・エブリィを買おうと思ってるんやが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/27(木) 10:05:45.802 ID:+mLhE2e60
    お前ら「パワーが~86って名前が~」

    トヨタ「スープラ出したよ」

    お前ら「自社開発してないじゃん」

    トヨタ「GRヤリス出したよ」

    お前ら「ヴィッツなのに高すぎ」




    TOYOTA_86001sss
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1582765545/0-


    【お前ら「最近はFRスポーツカーがないから新車買わない」トヨタ「86出したよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/25(火) 15:00:05.37 ID:CAP_USER

    日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。

    新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。着座時の膝回りスペースも十分に確保。後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。また後席の室内高は1400mm。小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。さらに荷室床面の長さを675mm確保。48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。

    便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。また後席は最大320mmスライド可能。前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。

    新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。軽自動車を超える力強い走りを体感できる。またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。

    先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。

    ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。

    スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。

    ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。

    価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。

    □関連ニュース
    日産 ルークス 新型 AUTECHブランド第5弾、上質なプレミアムスポーティモデル | レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332010.html

    2020年2月25日(火)13時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332008.html
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1582610405/0-

    【日産 ルークス 新型 大人4人がくつろげる室内空間…3月19日発売、価格は141万5700円より】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/13(木) 23:28:32.484 ID:gs2ji6YWM
    遂にきたか

    no title

    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1581604112/0-

    【【画像】三菱自動車が本気を出してきた件www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/16(日) 09:13:48.847 ID:6vGRPjFt0
    イタルデザイン ジウジアーロがデザインしたスーパーキャリィ
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1581812028/0-


    【スズキ「イタリア人有名デザイナーに軽バンデザインしてもらったよ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/12(水) 21:21:26.17 ID:kmIZugjc9
     アストンマーティン・レッドブル・レーシングは2月12日、2020年のF1へ投入する新型マシン『RB16』を公開した。ホンダ製パワーユニットを搭載2年目となる2020年シーズンはマックス・フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボンのふたりを擁して、メルセデス&ルイス・ハミルトンからの王座奪還を狙う。

     2019年にホンダとの共闘を開始したレッドブルF1は、フェルスタッペンがシーズン3勝を挙げてドライバーズランキング3位を獲得。コンストラクターズランキングでもメルセデス、フェラーリに続く3位につけた。

     ドライバーはもちろん、チーム首脳陣からも打倒メルセデスの声が聞かれる2020年シーズンに向けて、チームは両ドライバーを継続起用。新型マシン『RB16』にホンダの2020年型パワーユニット『RA620H』を搭載し、、2013年以来となるワールドチャンピオン獲得に挑む。


    2/12(水) 18:06配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00564200-rcg-moto
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1581510086/0-

    【【初公開】レッドブル・ホンダF1、打倒メルセデスを誓う2020年マシン『RB16』を公開】の続きを読む

    このページのトップヘ