マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:自動車ネタ > 国際・経済・税金・話題・イベント

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/20(月) 01:01:58.29 ID:GL+BTPyJ0 

    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    年に一度、仕事と三世代家族旅行を兼ねてアメリカに3週間ほど行っている。
    滞在先は主にロサンゼルスやラスベガス、サンフランシスコを中心とする西海岸だ。
    アメリカに取材旅行へ出かけるようになって二十数年経っているが、当時から日本車の多さに驚いていた。
    近年はさらに日本車率が高くなっているように思う。

    ■ロサンゼルス郊外のとあるTARGETの駐車場でびっくり

    TARGETとは大きなスーパーマーケットで生鮮食料品以外、家電から飲料、衣類、バッグ、小物、化粧品、ドラッグストアなどが中心のお店だ。
    いつも泊まるホテルの近くにあるので、
    滞在中はたびたび訪れるのだが、こちらの駐車場に停まっている車の車種を改めて確認してみてびっくり…ほとんどが日本車である。
    日本車以外を探す方が難しい。

    写真をご覧いただければわかる通り、日本車以外は10台中1-2台あるかないか?である。
    街を走っていても、視界に入る車がすべて日本車ということも珍しくない。
    やはり、ホンダ、トヨタ、日産が多いが、近年アメリカで爆発的な人気となっているスバルやマツダ、三菱も良く見かける。

    そこで車好きの息子がひとこと

    「日本より日本車が多いじゃん」

    う…、ほ、ほんとだ。確かにそうだ!今までなぜこの事実に気づかなかったんだろう。
    とくに、港区、世田谷区、目黒区、横浜市青葉区など輸入車率が高い地域の紀伊国屋やナショナル麻布マーケット、自由が丘ガーデンなどの高級スーパーの駐車場と比べたら、
    圧倒的にカリフォルニアのスーパーの駐車場の方が日本車率高し!コストコの駐車場でもきっとそうだ。
    トランプ大統領はこの事実を知っているんだろうか?
    以前、トランプ氏は「日本はもっとアメリカ車を買え!」と言っていたけど、アメリカ人でさえ自国の車より日本の車を選んでいるのだ。

    日本より日本っぽい?アメリカで日本車が愛され過ぎる理由
    http://getnavi.jp/vehicles/199796/
    no title



    【【悲報】アメリカ人も日本車しか乗らなくなった 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/18(土) 08:26:12.63 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20171117-OYT1T50050.html

     神奈川県の東名高速道路で6月、車間距離を意図的に詰めるなどの危険な運転行為「あおり運転」をされた末に夫婦が死亡する事故が起き、その危険性がクローズアップされている。

     日本自動車連盟(JAF)の調査では、山形県内のドライバーの48%が「あおられることが(よく・時々)ある」と回答。県警によると、高速道路での通報は今年15件(10月末時点)に上る。重大事故につながる恐れのあるあおり運転への「自衛策」としてドライブレコーダーを買い求める人も急増している。

     あおり運転は▽車間距離を極端に詰める▽猛スピードで追い回す▽ハイビームやパッシング、クラクションで威嚇する▽並走して幅寄せする――などといった行為が該当する。

     JAFが昨年6月に全国約6万4000人を対象に行ったアンケートによると、「後方から他のドライバーにあおられることはあるか」との問いに、県内のドライバーの48・3%が「よくある」「時々ある」と回答した。

     全国の54・5%に比べると低いが、約半数の人が「あおり運転」の被害を経験していることになる。

     県警高速隊は「危険な運転行為をされたり、目撃したりした際には、安全な場所に移動して110番をしてほしい」としたうえで、「あおられた際にはブレーキを踏むなど、相手に挑発ととられるような行動を取らないように」と注意を促している。また、停車している場所まで追いかけられた場合は、「ドアロックをして相手から危害を加えられないようにしてほしい」と呼び掛けている。

              ◇
    車間距離を極端に詰める行為は道路交通法違反に当たる。高速道路では特に危険なため、2009年10月の同法改正で、従来の「5万円以下の罰金」から「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」と罰則が強化された。

     警察庁によると、高速道路での車間距離不保持容疑の摘発件数は昨年、全国で6690件。一方、県内の高速道路では0件だった。

     県警高速隊は摘発がゼロだった要因として、県内の高速道路の大部分が1車線になっている点を挙げる。同隊は「通報を受けて現場へ駆けつけ、該当車を発見しても1車線のため並走できず、(容疑を裏付けるための)客観的な車間距離を証明することが難しい」と明かす。

              ◇

     そうした中、走行中の映像を記録として残せる「ドライブレコーダー」の需要が高まっている。

     山形市南原町の自動車用品店「イエローハット山形中央店」では、東名高速での事故が報道されて以降、ドライブレコーダーの売り上げが昨年同時期の4倍になったという。

     販売価格は5000~2万円台が主で、高画質で録画できるものや、車の後ろに取り付けるカメラがセットになっているものが特に人気。売り場では「入荷待ち」や「完売御礼」の札が掲げられている商品もある。

     レコーダーを求める人の中には「あおり運転をされた」と話す人もおり、客層は20~70歳代と幅広い。同店の担当者は「トラブルになった際に、客観的な証拠を残すことができるドライブレコーダーがあれば、安心して運転に集中できる」と話している。

    no title



    【ドライブレコーダー「入荷待ち」「完売御礼」も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/18(土) 02:06:39.028 ID:bPxsYAVe0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    世界限定500台中古車価格5400万円
    レクサスLFA

    でも買えないらしい
    理由はお察しの通り



    【マツコデラックスが欲しがってる車 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 06:50:25.27 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171113/K10011221391_1711130635_1711130637_01_03.jpg

    大手自動車メーカー、ホンダの生産工場がある埼玉県寄居町で、歴代のホンダ車が町なかをパレードする催しが12日に行われました。

    寄居町では、地元の商工会などが地域の活性化につなげようと、毎年、この時期に歴代のホンダ車を集めたパレードを行っています。

    ことしも、愛好家が所有する昭和40年代から平成4年までに生産されたおよそ50台のホンダ車が集まりました。
    中には、初期のスポーツカー「S600」や、昭和40年代に人気を集めた「N360」などがあります。

    スタートの合図とともに町の中心部から7キロほど先にあるホンダの工場に向けて一斉に走り出し、沿道では家族連れなどが手を振っていました。

    ホンダは埼玉県内にある2つの組み立て工場を集約し、狭山工場での生産を2021年度をめどにすべて寄居工場に移す方針です。

    今回の催しを企画した寄居町商工会の柴崎猛会長は「町を挙げてホンダを応援し、若者の雇用などに結びつけていきたい」と話していました。

    配信11月13日 6時29分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171113/k10011221391000.html


    【歴代のホンダ車がパレード 「S600」「N360」なども/寄居町 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/15(水) 18:28:04.72 ID:CAP_USER9
    スズキ 「スイフト」
    no title


    スズキの小型乗用車『スイフト』が11月15日、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。

    27回目となるRJCカー オブ ザ イヤーの選考は、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって実施。11月1日に「6ベスト」が選出され、その中から11月14日の投票によって2018年次RJCカー オブ ザ イヤーが決定した。

    RJCカー オブ ザ イヤーに選ばれたスイフトは、2004年の発売開始から3代目のモデル。スイフトとして3代連続の受賞となった。スズキ車がRJCカー オブ ザ イヤーを受賞するのは、『ワゴンR』(1993年)、『ワゴンR/ワゴンRスティングレー』(2008年)、『スイフト』(2005年、2010年)、『ハスラー』(2014年)、『アルト』(2015年)に続き、2年ぶり7度目。

    今回、動力性能・操縦性に優れ、高いスポーツ性を持つ6速MTのスイフトスポーツや、独自の機構を持つ廉価なハイブリッドモデルなど、幅広いユーザーニーズに対応した点などが高く評価された。

    スイフトシリーズは2004年の発売以来、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場で高く評価されてきたスズキの主力コンパクトカー。グローバルの累計販売台数は577万台に達している。

    配信2017年11月15日(水) 17時21分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/11/15/302540.html




    【スズキ 「スイフト」、RJCカーオブザイヤー受賞…初代から3代連続 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/14(火) 19:36:47.12 ID:CAP_USER9

    『うんこ漢字ドリル』227万部、「DAZN」(ダ・ゾーン)登録100万人突破、2017年9月のホンダN-BOXの月販台数は2万5173台……と今年もバカスカ売れているものは多い。

    しかしそんなご時世でも売れてないクルマは相変わらず売れてない。本企画では急遽「売れないクルマたち調査委員会」を立ちあげ、月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声に耳を傾けつつ、ところどころで自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に「なぜ売れないのか?」のコメントをもらいつつ、紹介してゆきたい。世はなべて「売れた車はすごい」「メガヒット作の秘密はこれだ!」というニュースばかりが持てはやされますが、売れてなくても言い分はあるし、もちろん魅力もあるのです。
    文:ベストカー編集部、渡辺陽一郎

    ※本文から抜粋して引用しています(全文はソース先をお読み下さい)

    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台
    no title

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台
    no title

    ■レクサスRC F 2017年1月販売台数9台
    https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar-web-production/pass/image_uploads/6781/images/original/RCF.jpg?1510409292
    ■三菱デリカD:3 2017年1月販売台数1台
    https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar-web-production/pass/image_uploads/6782/images/original/%E3%86%E3%99%E3%AA%E3%ABd3.jpg?1510409348
    ■スズキSX4 S CROSS 2017年1月販売台数13台
    no title

    ■スズキエスクード2.4 2017年5月販売台数18台
    no title

    ■ホンダレジェンド 2017年4月販売台数20台
    https://bestcarwebstorage.blob.core.windows.net/bestcar-web-production/pass/image_uploads/6785/images/original/%E3%AC%E3%B7%E3%99%E3%A7%E3%B3%E3%88%E3%99.jpg?1510409502
    ■ホンダNSX 2017年4月販売台数21台
    no title

    ■マツダアクセラハイブリッド 2017年7月販売台数38台
    no title

    ■ホンダジェイド 2017年7月販売台数41台
    no title

    ■トヨタMIRAI 2017年4月販売台数27台
    no title



    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台

    「2010年の発売当初、"スポーツを楽しめるハイブリッド。画期的だ"なんてよく自動車評論家のみなさんに褒められたけど、2~3年経つと"IMAシステムそのものがこのクルマに合わない"などとマイナス面ばかり指摘されて……。憧れのCR-X様にはなれなかったんだな、僕は。はぁ~」

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台

    「ふん、欧州車軍団を買いたければどうぞ。私はGSからの特別な走りのクルマとして誕生したまでで数は追わない主義なんだよ。17台? そんな数なんて気にしないよ。それより仲間のRC Fをごらんよ。月販9台の一桁だよ」

    >>2以降に続く

    ベストカーweb 2017.11.13
    https://bestcarweb.jp/news/entame/2020




    【月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声 11選 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/13(月) 22:14:33.47 ID:qjGGtZYY0 BE:455679766-2BP(2001)
    sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif 

    <車暴走>当て逃げし、商店街など50分間「自暴自棄に」

    13日午後1時50分ごろ、松山市内で「車に当て逃げされた」との110番通報が複数あった。
    逃走車はパトカーなど数十台に追われながら、車の走行が禁止されている市中心部の商店街を走行するなど約50分間走り続けた。
    愛媛県警は道路交通法違反(転回禁止)の疑いで、今治市立花町3の会社員、在間亮平容疑者(41)を現行犯逮捕した。
    「いろいろなストレスがあり自暴自棄になった」と容疑を認めているという。

    県警松山東署によると、午後2時40分ごろ、松山市大手町1の県道の転回禁止区域でUターンした後に車から降りてきた在間容疑者を、
    駆け付けた署員が取り押さえた。逃走中、車は道路を逆走したり、看板などに衝突したりしたほか、自転車に乗った60代女性と接触した。女性は軽傷という。

    後部座席には在間容疑者の母親が乗っていた。同署は、当て逃げや女性へのひき逃げの疑いでも調べる。
    no title

    https://brandnew-s.com/wp-content/uploads/2017/11/ddd.png
    no title



    【【松山暴走】犯人の男(41)「ストレスで自暴自棄に」 後部座席に母親を乗せ50分間のカーチェイス 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/12(日) 12:03:53.67 ID:CAP_USER9
    佐賀広域消防局に入った連絡によりますと、12日午前9時半ごろ、佐賀市富士町にある
    「天山スキー場」の駐車場で行われていた、タイヤを滑らせて車を走らせる「ドリフト競技」の会場で、
    競技中の車が観客に突っ込み、4人が病院に運ばれたということです。
    警察や消防が詳しい状況を調べています。

    以下ソース:NHK 11月12日 11時46分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171112/k10011220791000.html
    sagadorihuto01

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510455833/0-


    【【佐賀】ドリフト競技会場で車が観客に突っ込む 4人搬送 佐賀市 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/09(木) 08:21:05.99 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20171108-OYT1T50138.html
     無資格の従業員に完成車両を検査させた問題を受け、日産自動車とSUBARU(スバル)が、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考対象となることを辞退していたことが8日わかった。

    日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、自動車評論家らが、前年の11月からその年の10月に発表された車から、1年を代表する車を決めて表彰する。両社は無資格検査問題を受け、選考を受けるべきではないと判断した。

     日産は2011年に電気自動車(EV)「リーフ」で、スバルは昨年に主力車「インプレッサ」で受賞していた。過去には、独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人が、排ガス不正問題を受けて15年に辞退した例がある。








    【カー・オブ・ザ・イヤー、日産とスバルが選考辞退 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/10(金) 23:04:16.95 ID:lknA17SW0
    トヨタ、営業利益予想を2兆円に上方修正 18年3月期

    トヨタ自動車は7日、2018年3月期の営業利益が前年より0・3%多い2兆円になるとの見通しを発表した。
    従来予想は7・2%減の1兆8500億円。円安基調や堅調な販売を追い風に、営業減益から営業増益に見直す。営業増益は2年ぶりだ

    営業利益が実際に2兆円に乗れば、過去最高の2兆8539億円だった16年3月期以来となる。
    国内最大の製造業企業であるトヨタが営業増益を視野に入れたことは、日本企業の収益改善を象徴する。
    http://www.asahi.com/articles/ASKC66KW6KC6OIPE038.html

    ほげえええええええええええええええwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




    【【速報】トヨタ、今年度の営業利益 2 兆 円 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/07(火) 21:45:12.10 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) 

    マツダは11月2日、2017年4~9月期(第2四半期)の連結決算を発表した。

    それによると、売上高は1兆6566億円(前年同期比+7.1%)、営業利益は764億円(-13.4%)、
    経常利益は964億円(+16.8%)、四半期純利益は633億円(+12.9%)だった。

    市場別内訳は、国内が9万6000台(+4.0%)、北米が21万9000台(-2.5%)、欧州が13万2000台(-1.6%)、
    中国は14万9000台(+11.9%)、その他地域は18万7000台(-1.9%)だった。

    売上高は円安の影響等により7.1%の増収。営業利益は出荷台数減影響や研究開発費用の
    増加等により13.4%減、2期連続の減益となった。純利益は12.9%の増益となった。

    http://response.jp/article/2017/11/02/302017.html
    【マツダ、2期連続の営業減益 欧米で売れない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/07(火) 21:31:37.11 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) 

     快走を続けてきたSUBARU(スバル)の業績が「内憂外患」に見舞われている。
    6日、2018年3月期の連結純利益が、前期比27%減の2070億円になりそうだと発表した。
    従来予想(19%減の2285億円)よりも悪化する。10月下旬に公表した国内工場での無資格検査の問題の費用が膨らむ。
    主力の米国での新車販売の減速も響く。強みとしてきたブランド力が揺らいでいる。

     売上高は2%増の3兆3800億円、営業利益は7%減の3800億円に下方修正した。従来予想をそれぞれ400億円、300億円下回る。
    午後1時の発表後、スバル株は一時、前週末比4%安まで売られた。

     下方修正の要因は主に2つ。まずは無資格検査の問題の影響だ。
    スバルは無資格検査に伴い、約25万台の車両でリコール(回収・無償修理)を国土交通省に近く届け出る予定。
    初は50億円強の関連費用を見込んでいたが「お客に十分対応したい」(吉永泰之社長)として、2倍の100億円に積み増した。

     稼ぎ頭の米国の新車販売の減速も痛手だ。通期の米国販売台数は横ばいの66万8000台とし、前回計画から約2万台引き下げた。
    好採算の多目的スポーツ車(SUV)がモデル末期に入り、販売が鈍化する。販売競争の激化による販売奨励金の増加も重荷だ。

     米国では新たな課題も見えてきた。スバルの販売網は10月末で631店。店舗をあまり増やさず、ブランド力をテコに店舗当たりの販売台数を伸ばす戦略だ。
    17年は店舗当たりの販売台数が初めて1000台を超える見通しだが、現状の戦略では「限界が近づいている」(外資系証券アナリスト)との指摘もある。

     吉永社長は近年の急成長について、「実力が追い付いていない」と懸念も口にしていた。無資格検査と米国減速という2つの課題に直面し、どうブランドを建て直すかが問われている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23168400W7A101C1TJ2000/



    【スバル 限界か? 経営悪化 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/07(火) 21:18:09.69 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) 

    10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

    1位:N-BOX(ホンダ)2万1234台(52.9%増)
    2位:ムーヴ(ダイハツ)1万3972台(11.8%増)
    3位:タント(ダイハツ)1万0660台(1.0%増)
    4位:アクア(トヨタ)1万0031台(19.6%減)
    5位:プリウス(トヨタ)1万0014台(28.7%減)
    6位:ワゴンR(スズキ)8801台(48.4%増)
    7位:ミラ(ダイハツ)7483台(46.0%増)
    8位:ヴォクシー(トヨタ)7417台(6.5%減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7090台
    10位:フリード(ホンダ)7060台(22.9%減)

    http://response.jp/article/2017/11/07/302181.html
    no title

    【新車販売 ホンダN-BOXが大差圧勝 日産消える・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/06(月) 19:22:05.97 ID:CAP_USER9
    スズキが11月2日、2017年中間決算(4‐9月)における連結業績を発表しました。

    インドにおける新車販売が好調で、円安効果も手伝って2輪事業が2011年以来6年ぶりに黒字化を果たすなど、連結売上高が前年同期比で3,321億円増となる1兆8,311億円(前年同期比+22.2%)となっています。

    内訳は、国内が前年同期比で348億円増となる5,314億円(+7.0%)、海外が同2,973億円増となる1兆2,997億円(+29.7%)と、海外市場が大きく伸びています。同社は前年増となった要因について、国内市場における軽自動車販売増や、海外市場(インド・欧州等)における4輪/2輪車の販売増を挙げています。

    4輪車事業では今年に入って国内発売した「ワゴンR」や「スイフト」など新型車の販売が好調で、2輪事業でも新型スーパースポーツバイク「GSX-R1000」や新興国向けスポーツバイク「GSX-R150」が販売増に貢献。


    また、連結利益についても日本、アジア、欧州での損益改善等により、以下のように伸びが目立っており、上半期(4‐9月)の連結業績は売上高、各利益ともに過去最高を記録しています。

    ・営業利益 1,729億円 前年同期比+574億円(+49.7%)
    ・経常利益 1,869億円 前年同期比+651億円(+53.4%)
    ・純利益 1,042億円 前年同期比+43億円(+4.3%)

    スズキは今回の好調な上半期業績を元に、販売台数・為替前提等を見直し、通期(2018年3月期)の業績予想を以下のように上方修正しました。

    ・売上高 3兆6,000億円 前期比+13.6%、従来予想+2,000億円
    ・営業利益 3,000億円 前期比+12.5%、従来予想+600億円
    ・経常利益 3,200億円 前期比+11.6%、従来予想+650億円
    ・純利益 1,800億円 前期比+12.5%、従来予想+350億円

    4輪の世界販売計画を3万1,000台上乗せして310万2,000台とするなど、インドでの販売を8%増から10%増に引き上げ、利幅の大きい車種を中心に販売拡大を見込むそうで、2輪の世界販売計画についても9万6,000台増の151万5,000台に上方修正。

    これによりスズキは今期、売上高・営業利益・純利益ともに過去最高を記録することになりそうです。

    配信11/6(月) 17:33
    clicccar
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00528734-clicccarz-bus_all


    【スズキ、過去最高の業績を記録 今期予想を上方修正 「ワゴンR」「スイフト」「GSX-R1000」好調 4-9月期 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/02(木) 14:21:51.92 ID:CAP_USER9
     米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。

     売上高は前年同期比29・9%増の29億8467万ドル。新車の納車台数は5・3%増の2万6137台だった。

     メーカーに一定比率の排ガスゼロ車の販売を義務づけるカリフォルニア州の「ZEV規制」に基づいて販売した排出権は57万ドルにとどまり、前年同期の1億3854万ドルから大きく落ち込んだ。

     一方、同社は7月に納車を開始した新型セダン「モデル3」の生産が遅れる見通しも示した。1週間当たりの生産台数が5千台に達する時期を、従来の今年12月から「18年1~3月期の後半」に変更した。(共同)

    配信2017.11.2 11:03更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/economy/news/171102/ecn1711020025-n1.html




    【電気自動車テスラ、過去最大の赤字に 7~9月期、700億円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/02(木) 22:18:58.30 ID:CAP_USER9
    [東京 2日 ロイター] - スズキ(7269.T)の鈴木俊宏社長は2日の中間決算会見で、トヨタ自動車(7203.T)、マツダ(7261.T)、デンソー(6902.T)が設立した電気自動車(EV)の基盤技術を開発する新会社への参画を前向きに検討する意向を明らかにした。

    新会社の中心となるトヨタは設立当初から他社の参画も呼びかけており、SUBARU(スバル)(7270.T)などがすでに参画に前向きな姿勢を示している。EVの基盤技術の早期開発に向けてグループ一体で取り組むことになりそうだ。

    鈴木社長は、トヨタと提携内容の具体化についてまだ議論中だが、新会社への参画については「話があれば、前向きに検討させていただきたい」と述べた。

    EVの競争では「『チーム・ジャパン』としてやっていけるようなことを考えていかないと欧州勢、米国勢、中国勢などと対抗していくには難しい部分もある」とし、「電池の共通化などを含め、協調し合える部分は協調しながら、競争する部分は競争するということでやっていきたい」と語った。

    <インドは好調だが、「非常に不安」>

    スズキは同日、インドでの販売好調などを受け、2018年3月期の連結業績予想を上方修正。今期営業利益は従来から600億円増となる3000億円に引き上げ、3年連続で過去最高の見通し。

    17年4―9月期のインドでの四輪販売は前期比17%増の82万6000台と過去最高を更新。通期の販売見通しを従来の8%増から10%増に引き上げた。

    インド市場について、鈴木社長は「好調の一言に尽きる」と指摘する一方、EV化の波が強まる中で「非常に不安」とも話した。同社にとってインドは「あまりにもボリュームが大きい」ことから、「(EV化が)一気に進むと足元をすくわれるのではと非常に心配」と語り、業績は好調だが、「喜んでいられるような状態ではない」と警戒感を示した。

    *内容を追加しました。 白木真紀 編集:吉瀬邦彦

    配信2017年11月2日
    ロイター
    https://jp.reuters.com/article/suzuki-earnings-results-idJPKBN1D20RZ
    487925




    【スズキ「前向きに参画検討」、トヨタ中心のEV技術開発会社 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/02(木) 07:15:14.45 ID:CAP_USER9
    ホリエモン×ひろゆきが憂う、自動車メーカーの未来 「日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きる」
    [2017年11月02日]
    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/11/02/94074/
    no title

    法律がなかなか変わらない日本人では、新しいモノを作る技術やアイデアがあったとしても難しい

    世界から遅れている感が否めない日本のEVシフト。
    『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が案ずる、「日本の未来にとってヤバい状況」とは?

    * * *

    ホリ 掃除機でおなじみの「ダイソン」がEV(電気自動車)を開発するらしいね。

    ひろ 「家電メーカーが自動車を!?」って思うかもしれないですけど、EVってモーターで動かしているわけで、
    ダイソンみたいなモーター技術を持っている会社は参入するのが容易なんですよね。

    ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加速しつつある。一方、日本は遅れている感が否めない。

    ひろ 今のところ、日本の本格的なEVって、日産の「リーフ」くらいですかね。

    ホリ 日本はリーダーシップをちゃんと取る経営者がいないんだよ。

    ひろ 海外に比べて投資も集まりにくいし、法律も硬直化していますよね。だって、セグウェイすら公道は実験走行しかできないんですよ。
    なので、日本人がEVを開発するとしても、日本以外でやったほうが効率良さそうな気が。

    ホリ 俺もそう思う。わざわざ日本ではやらないよ。

    ひろ ドローンもそうでしたけど、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きると。

    ホリ まあ、日本の企業の多くが、ディスラプション(破壊的イノベーション)に対応できなかったってことだね。
    だってEVはモーターとバッテリーとコンピューターで走るし、ドライブバイワイヤだからギアボックスもデフもドライブシャフトもいらなくなるからね。



    【ホリエモン×ひろゆきが憂う、自動車メーカーの未来 「日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きる」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/27(金) 03:12:25.11 ID:CAP_USER9
    スバルも無資格検査 社内調査で判明
    2017/10/27 2:00

    SUBARU(スバル)の国内工場の完成検査で、社内で認定する資格を持たない従業員が
    携わっていたことが26日わかった。資格を得るための研修中の従業員に検査を担当させていた。
    日産自動車の無資格検査の問題を受けた社内調査で判明した。10月中に国土交通省に報告する。

    日産に続き他社でも検査工程での不正が明らかになったことで、
    日本車の品質管理体制が問われることになりそうだ。

    (後略、全文はソースで)
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22766310W7A021C1MM8000/



    【SUBARU(スバル)も無資格検査、社内調査で判明 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/21(土) 23:32:42.072 ID:NROnF3M6a
    高速道路のサービスエリアもない
    農協の店もない
    60ea920ddda1cc3f20e5d090ccaed250_s


    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1508596362/0-

    【アメリカには道の駅がないってマジ?世界一の車社会なのにどうしてんだよ】の続きを読む

    このページのトップヘ