マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ:自動車ネタ > 国際・メーカー・経済・税金・法律・話題・イベント・ランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/06(水) 00:07:13.36 ID:5Vlmkyn10● BE:324064431-2BP(2000)

    【日本市場】「N-BOX」が首位、トップ4を軽自動車が占める、一部改良した「アクア」が登録車のトップ ほか


    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2018年4月の新車販売台数ランキング。登録車と軽自動車を合わせたランキングで、ホンダ「N-BOX」が首位。前月2位の日産自動車「ノート」は8位に後退し、1~4位まで軽自動車が占めた。トップ20の軽自動車は8車種となった。

     トヨタ自動車「アクア」がノートや「プリウス」を抑え5位。アクアは、4月3日に一部改良し、2017年10月以来6カ月ぶりに登録車トップになった。一部改良で、安全支援システム「Toyota Safety Sense」に歩行者検知機能を加え、アクセルペダルを踏み間違えた時の衝突を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」をオプションで設定し、安全性を向上した。

     市場全体の登録乗用車の販売台数は19万3585台で、前年比1.2%減。軽4輪乗用車は11万1441台で、同9.9%増となった。 

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528211233/0-



    【日本人、軽自動車しか乗らなくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/04(月) 14:23:32.49 ID:QmcN+6vj0 BE:819973909-2BP(2000)

     スズキは4日、インドでの自動車生産が累計2000万台を超えたと発表した。日本を除けば初めての大台到達。
    日本では2000万台生産までに45年9カ月を要したが、インドでは34年5カ月で達成となった。
    経済成長による市場の急拡大と早期の進出が寄与して日本よりも早いペースで実績を積み上げた。

    no title

    インドで累計2000万台目の生産となった小型車「スイフト」

     1983年12月、子会社マルチ・スズキの前身であるマルチ・ウドヨグがインド生産の第1号となる小型車
    「マルチ800」の生産を始めた。スズキは足元ではインド市場でシェア約5割を持ち、
    市場拡大の需要を着実に取り込み、生産も拡大していった。2011年3月には累計生産1000万台を達成していた。

     スズキはマルチ・スズキのグルガオン工場とマネサール工場のほか、スズキ100%出資の生産子会社
    スズキ・モーター・グジャラートのグジャラート工場をインドに持つ。グジャラート工場は能力増強を進めており、
    インドでの需要増にこたえるほか、欧州、日本、アジア、アフリカなどへの輸出で世界の需要にも対応していく。

     インドでは「バレーノ」「アルト」「スイフト」など16車種を生産しており、累計2000万台生産の
    達成車種は「スイフト」だった。これまでの最多生産車種は約317万台の「アルト」。

     17年度の生産実績は約178万台で、うち165万台をインドで販売した。インド以外は日本を含む
    100以上の国・地域に13万台を輸出した。

    そーす
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3132299004062018XA0000/
    スズキがインドで2000万台到達、日本以外では初
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1528089812/0-


    【インドでスズキ車が人気、スイフト2000万台】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/31(木) 22:19:56.46 ID:CAP_USER9
     2017年度に売り出された国産車のうち、安全性能が最も高いのはマツダの「CX―8」。そんな評価を独立行政法人の自動車事故対策機構が31日、発表した。

     この評価には衝突安全と予防安全の両分野がある。マツダの大型SUV(スポーツ用多目的車)「CX―8」は、両分野でともに最高点だった。開発を担当した松岡英樹主査は「マツダがめざす、社会にやさしいクルマづくりが正しかったと実感できた」と話す。

     両分野のうち衝突安全の分野では、三つの性能を評価する。歩行者の頭や足の保護、クルマに乗っている人の衝突時の保護、シートベルトの着用警報装置の三つだ。

     性能ごとの基準を三つとも満たした車種は、「ファイブスター賞」の受賞をアピールできる。

     17年度はトヨタ自動車のタクシー用車「ジャパンタクシー」、ホンダの軽自動車「N―BOX」、日産自動車の電気自動車「リーフ」などが受賞した。

     機構は、安全な車の普及を後押しすることを狙い、この評価を1995年度に始めた。(高橋克典)

    ■衝突安全の評価上位5車種          

    1位 CX―8(マツダ)     193.9点

    2位 CX―5(マツダ)     187.3点

    3位 C―HR(トヨタ)     185.8点

    4位 N―BOX(ホンダ)    184.1点

    5位 ジャパンタクシー(トヨタ) 182.9点

    ※独立行政法人の自動車事故対策機構が評価

    2018年5月31日18時44分
    https://www.asahi.com/articles/ASL5051YJL50ULFA01L.html

    CX-8
    no title

    CX-5
    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527772796/0-



    【マツダCX―8「最も安全」 事故対策機構が性能を評価】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/27(日) 10:41:16.48 ID:56fKLFtQ0 BE:837857943-PLT(16930)

    no title


    米国で売れたSUVトップ12と2017年の総販売台数

    12位 ジープ・チェロキー 17.0 万台(2016年比14.9%減)
    11位 スバル・フォレスター 17.8万台(0.6%減)

    10位 スバル・アウトバック 18.9万台(3.3%増)
    9位 ジープ・ラングラー 19.1万台(0.7%減)
    8位 トヨタ・ハイランダー 21.65万台(12.7%増)
    7位 ジープ・グランドチェロキー 24.1万台(13.4%増)
    6位 フォード・エクスプローラー 27.1万台(9.1%増)
    5位 シボレー・エクイノックス 29.0万台(19.9%増)
    4位 フォード・エスケープ 30.8万台(0.4%増)
    3位 ホンダ・CR-V 37.8万台(5.8%増)
    2位 日産・ローグ 40.3万台(22.3%増)
    1位 トヨタ・RAV4  40.7万台(15.7%増)

    最も売上が伸びた日産ローグ、トヨタRAV4との差はわずか4000台

    https://zuuonline.com/archives/185257
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527385276/0-


    【「米国で最も売れたSUVランキング」 日本勢がトップ3独占!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/25(金) 11:57:40.37 ID:CAP_USER
    【シリコンバレー=白石武志】トヨタ自動車の米国法人は24日、トランプ米政権が検討している自動車の輸入制限に反対すると表明した。同政権は自動車の輸入増が米国の安全保障上の脅威になっている恐れがあるとして関係省庁に調査を指示したが、トヨタは声明の中で「自動車産業のグローバルな性質などを踏まえると、そのような決定は信じがたい」と主張した。

    トランプ大統領は23日にロス商務長官と会談し、通商拡大法232条に基づき乗用車やトラック、自動車部品を対象に安保上の脅威の有無について調査を指示した。同条は輸入増が安保上の脅威になっていると認められた場合、大統領に関税引き上げなどの輸入制限を課す権限を認めている。米メディアは現行2.5%の乗用車関税に最大25%の追加関税を課す案が出ていると報じた。

    トヨタは声明で「これまでの60年間で230億ドル(約2兆5000億円)以上を米国に投資してきた」と説明。「まもなく建設が始まる11カ所目の工場に象徴されるように、米国の雇用と経済の成長に大きく貢献している」と述べ、トランプ政権と目標を共有している姿勢を強調した。

    トランプ政権は輸入車に高い関税を課すことで、自動車メーカーに対し米国生産の拡大と雇用創出を促す狙いがあるとみられる。この点についてはトヨタは「自由で公平な貿易が自動車産業の持続的成長を生み出し、米国の消費者により多くの選択肢や価値を提供する最善の方法だと考えている」と主張した。

    調査開始から追加関税を発動するまでには時間がかかる見通しで、最終的に関税を発動しなかったケースも過去にはある。商務省はトランプ大統領の指示を受けて2017年4月に鉄鋼とアルミについて輸入制限の検討を始め、今年3月にそれぞれ25%と10%の関税を発動した。
    2018/5/25 9:49
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30951410V20C18A5MM0000/
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1527217060/0-

    Toyota_Camry1



    【トヨタ、米の車輸入制限に反対 「決定、信じがたい」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/24(木) 19:51:51.72 ID:Pb722xYB0
    なぜなのか
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1527159111/0-


    IMG_8384



    【車メーカー悲痛な叫び「給料は年々増加しているのに若者は車を買ってくれない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/16(水) 00:29:02.03 ID:E+ZlFadU0
    34500円なんて払えん
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1526398142/0-


    9e131ecdce062e064afb51c658c66938_s



    【自動車税払うのいやや 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/13(日) 13:09:03.89 ID:6HUwkQMC0 BE:194767121-PLT(12001)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    米、輸入車に20%関税提案 トランプ大統領、米紙が報道
    https://www.daily.co.jp/society/main/2018/05/13/0011251326.shtml
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1526184543/0-


    IMG_8361



    【「アメリカで売るから」って理由で日本の自動車全部3ナンバーになるの嫌なんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/11(金) 22:45:48.02 0
    いやー余裕余裕
    勝ち組で良かった
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1526046348/0-

    IMG_8360



    【軽自動車税 7200円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/09(水) 10:18:59.69 ID:CAP_USER9
    ウラジーミル・プーチン大統領の4期目となる就任式が5月7日、ロシア・モスクワで行われた。
    この就任式に先立ってデビューしたのが、大統領専用の新型リムジンだ。

    この新型リムジンは、「コーテージ」(儀式の行列)プロジェクト、
    または「プレジデンシャル・ステート・カラット」として、ロシアが国家的威信をかけて開発した。

    ブランド名はローマ字で「Aurus」、車名は、標準ホイールベース車が「4123セナート・リムジン」、
    ロングホイールベース車が「41231SBセナート・リムジン」。

    プーチン大統領はこの新型リムジンに乗り込み、就任式に臨んだ。
    就任式では、国産車の重要性がアピールされたという。

    https://response.jp/article/2018/05/08/309437.html

    別ソース
    プーチン大統領 新専用車に初めて乗る
    https://jp.rbth.com/science/80150-kortezh

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1525828739/0-


    【プーチン大統領専用の新型リムジン「Aurus」登場…ロシアが国家的威信をかけ開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/08(火) 22:34:25.36 ID:quQDELkg0 BE:232392284-PLT(12000)

    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は5月8日、4月の通称名別新車販売台数(速報)を発表。
    新型モデルが好調のホンダ『N-BOX』が、前年同月比62.1%増の1万9884台で8か月連続トップとなった。

    2位は同64.1%増の1万2240台を販売したスズキ『スペーシア』、3位はダイハツ『ムーヴ』で同1.6%減の1万1809台。
    ともに前月より1つずつ順位を上げた。軽自動車のトップ3独占は6か月ぶり。さらにダイハツ『タント』が4位にランクイン。
    登録車トップのトヨタ『アクア』は1万台に届かず、5位どまりとなった。

    1位:N-BOX(ホンダ)1万9884台(62.1%増・8か月連続増)
    2位:スペーシア(スズキ)1万2240台(64.1%増・18か月連続増)
    3位:ムーヴ(ダイハツ)1万1809台(1.6%減・3か月ぶり減)
    4位:タント(ダイハツ)1万0268台(13.9%減・6か月連続減)
    5位:アクア(トヨタ)9495台(22.3%増・3か月ぶり増)
    6位:ワゴンR(スズキ)8532台(11.6%減・2か月ぶり減)
    7位:プリウス(トヨタ)8382台(15.5%減・17か月連続減)
    8位:ノート(日産)7836台(15.4%減・6か月連続減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7726台(32.0%増・7か月連続増)
    10位:デイズ(日産)7605台(17.3%減・3か月連続減)

    https://response.jp/article/2018/05/08/309415.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1525786465/0-

    IMG_8352



    【2018年4月新車販売数 今月もN-BOXが断然の断トツトップ! プリウス失速とまらず】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/06(日) 08:53:25.423 ID:1DPvq9+E0
    no title


    かっけえ
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1525564405/0-

    【【悲報】中国メーカーの車、デザイン性がドイツ車並みに……日本車終了へwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/05(土) 14:53:53.52 ID:CAP_USER
    2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針の英政府が、
    対象にハイブリッド車(HV)も含める案を検討していることが明らかになった。
    複数の英メディアが4日報じた。トヨタ自動車の「プリウス」など、現行のHVは将来売れなくなる恐れがある。
    現実になれば自動車メーカーの戦略に大きく影響しそうだ。

     英政府は17年7月、内燃機関で走る車の販売を40年までに禁じる方針を打ち出した。
    排ガスによる大気汚染を防ぐ環境政策として「従来型のガソリン車とディーゼル車の販売を全てやめる」とした。
    ただ具体的な対象は説明されていなかった。

     英紙フィナンシャル・タイムズと英自動車専門誌オートカーは関係者の話として、
    英政府が40年以降、少なくとも50マイル(約80キロメートル)は電気だけで走行できる車に限り販売を認める案を検討中だと伝えた。
    電気モーターとエンジンを併用するHVの場合、現状では電気による走行性能が同基準に届かず、
    環境対応車の枠から締め出されることになるという。

     トヨタが17年に全面改良した新型プリウスのプラグインハイブリッド車(PHV)は、
    電気自動車(EV)としての走行距離が68.2キロメートル。
    従来の2倍以上に延びたが、報じられた約80キロメートルの基準には達しない。
    自動車各社は今後、HVについてもバッテリーなど電動性能の大幅な向上を迫られることになりそうだ。

     もっとも、自動車行政を担う英交通省の広報担当者は、HVが規制対象になるとの報道を否定した。
    検討を進めている販売禁止の具体策を巡り、英政府内でも意見が割れているとの観測も出ている。
    自動車業界などの意見を踏まえて緩和される可能性がある。

     自動車の環境規制ではフランス政府も17年、ガソリン車とディーゼル車の仏国内での販売を40年までに禁じる方針を示した。
    世界最大の自動車市場である中国も環境規制の強化に動いており、EV開発の流れが加速しそうだ。

    関連ソース画像
    no title


    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30136680V00C18A5000000/
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1525499633/0-


    【【イギリス】英のガソリン車販売禁止、ハイブリッド車(HV)も対象か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/28(土) 07:13:45.29 ID:CAP_USER
    NHK NEWS WEB 4月28日 4時36分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180428/k10011421281000.html

    世界第4位の自動車市場のインドで、シェアが首位のスズキは、昨年度の新車の販売台数がおよそ178万台と
    過去最高となったと発表しました。

    インドにあるスズキの子会社、マルチ・スズキは27日に記者会見を開き、昨年度の新車の販売台数が
    177万9574台で前の年より13.4%増加し、過去最高となったと発表しました。

    要因として、去年、インド西部に新しい工場を設置し、生産能力が拡大したことや、新たに投入した
    小型セダンの売れ行きが好調だったことなどをあげています。

    インドの自動車市場は去年、2017年の新車の販売台数が初めてドイツを上回って、中国、アメリカ、
    日本に続き世界第4位となり、好調な経済を背景に急成長を続けています。

    マルチ・スズキは、高い人気を誇る低価格の小型車の販売が堅調なことから、シェアが5割とほかのメーカーを
    大きく引き離して首位を走っています。

    一方、インドでは大気汚染が深刻化して環境規制が強まり、電気自動車の導入に注目が集まっており、
    マルチ・スズキは2020年に電気自動車を投入する予定です。

    マルチ・スズキの鮎川堅一社長は「順調に販売台数を伸ばすことができている。今後はインド市場に合う
    電気自動車がどのようなものか調査し、計画を進めていきたい」と話しています。
    引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1524867225/0-

    1024px-Suzuki_SWIFT_Sport_(CBA-ZC33S-VBRM-J)_front



    【インド スズキ新車販売台数が過去最高に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/28(土) 14:59:42.961 ID:ZgF0UeMS0
    変な車がない
    引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1524895182/0-

    Daihatsu_MOVE_CUSTOM_X-Hyper_SA-_(LA150S)_front



    【ダイハツって一番安定してね? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/27(金) 21:22:17.64 ID:NC/NxDjO0
    トヨタ倒産=日本終了
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524831737/0-

    IMG_7905



    【トヨタ自動車とか言う日本経済を支える大黒柱ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/27(金) 22:03:16.49 ID:YE2gYrfi0
    ホンダ、最終利益で初の1兆円超え 2018年3月期決算

    ホンダは4月27日、2018年3月期(2017年4月~2018年3月)の連結決算を発表。初の当期利益1兆円超えを達成した。
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524834196/0-

    IMG_8318




    【ホンダが日本史上4社目の純利益1兆円を達成!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/23(月) 04:49:32.16 ID:mFJGU9aZ0
    セダンの意味が分からない
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1524426572/0-


    IMG_8307





    【車に興味ない奴にありがちな事ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/22(日) 15:59:12.36 0
    お前ら準備はいいか…?
    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1524380352/0-


    9e131ecdce062e064afb51c658c66938_s



    【自動車税がくるぞぉおおおおおおおおおおおおおおおおお 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/18(水) 00:55:41.18 ID:ug5H4M6r0
    ・セドリック←消えた
    ・グロリア←消えた
    ・シルビア←消えた
    ・サニー←日本市場だけ消えた
    ・ブルーバード←消えた
    ・シルフィ←モデルチェンジ無し
    ・ティアナモデルチェンジ無し
    ・GTR←開発中止
    ・スカイラインGT-R←GT-Rと差別化してスカイラインになり、実質インフィニティで日本だけ手抜き仕様
    ・パルサーGTI-R←消えた
    ・マーチ←日本だけモデルチェンジ無しで実質終了
    ・エルグランド←開発中止

    生き残ってるのはノート、セレナ、エクストレイル、三菱製の軽自動車だけ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1523980541/0-

    IMG_8295








    【【悲報】日産の生き残ってる車、4つしか無い】の続きを読む

    このページのトップヘ