マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: ミニバン・1BOX

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/13(月) 22:08:12.99 ID:rQqIyrL80
    流石トヨタ

    シエンタ
    no title


    エスティマ
    no title


    ノア、ヴォクシー、エスクァイア
    no title


    アルファード&ヴェルファイア
    no title


    ハイエース
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1534165692/0-


    【トヨタ自動車さん、ミニバンのデザインを若者向けにして独身層にも売れてしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/06(月) 19:43:56.85 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車は2018年8月6日、「ハイエース」および「レジアスエース」の特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」と、ハイエースの誕生50周年を記念した特別仕様車「スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”」を発売した。このうちスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、2019年7月31日までの期間限定生産となる。

    今回のスーパーGL“DARK PRIME II”は、ハイエースとレジアスエースの最上級グレード「スーパーGL」をベースに内外装の質感を向上させた特別仕様車。エクステリアはダークメッキを施したフロントグリルとバックドアガーニッシュが、インテリアはブラックのルーフ、ピラー、セパレーターバーが特徴となっている。

    そのほか、スライドドアのスカッフプレートには車名ロゴとイルミネーションを装備。SRSエアバッグやプリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も標準で備わる。ボディーカラーは、特別設定色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」(オプション)を含む全5色がラインナップされる。

    価格は、「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の313万9560円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の403万2720円まで。

    もう一台のスーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”は、ハイエースの最上級グレード「スーパーGL」がベース。漆黒メッキのフロントロアグリルや、高輝度塗装を施したフロントフォグランプベゼルおよびフルホイールキャップでドレスアップされている。

    バックドアには「50TH ANNIVERSARY」エンブレムも装備。インテリアについては、ルーフ、ピラー、セパレーターバーをブラックで統一したほか、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施すことで、高級感と上質感を演出した。

    「50TH ANNIVERSARY」エンブレム付きのスマートキーや、車名ロゴ&イルミネーション付きのスカッフプレート(スライドドア)、デュアルパワースライドドア、SRSエアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)も備わる。

    ボディーカラーは特別設定色「グラファイトメタリック」を含む全6色で、価格は「2WD・2000ガソリン・標準ボディー」の324万円から、「4WD・2800ディーゼル・標準ボディー」の413万3160円まで。(webCG)

    2018.08.06
    http://www.webcg.net/articles/-/39246

    ハイエース スーパーGL“DARK PRIME II”
    no title

    no title

    レジアスエース スーパーGL“DARK PRIME II”
    no title

    ハイエース スーパーGL“50TH ANNIVERSARY LIMITED”
    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533552236/0-


    【プレミアム感を高めた特別な「ハイエース」登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/08/01(水) 11:52:17.60 ID:vIs8coKU0
    トヨタ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1533091937/0-


    【全国のパッパ「出来ればミニバン乗りたくないンゴ…」車メーカー「じゃあカッコ良くするわ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/27(金) 08:12:57.27 ID:rS5P88f40
    これで売れるってスゲーわ

    シエンタ
    no title


    エスティマ
    no title


    ノア、ヴォクシー、エスクァイア
    no title


    アルファード
    no title


    ヴェルファイア
    no title


    ハイエース
    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1532646777/0-



    【トヨタ自動車さんのミニバンやば過ぎワロタww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/11(水) 13:37:26.007 ID:PIPqrSgBM
    エスティマなら一個前のアエラス
    ハイエースならカスタム屋に頼んで8人乗りにする
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1531283846/0-

    IMG_8515



    【エスティマ買うかハイエース買うかどっちの車がいいかで悩んでる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/07/04(水) 21:40:43.62 ID:pKAfob030● BE:423476805-2BP(4000)

    シエンタが2018年9月11日にマイナーモデルチェンジを受ける予定となっている。
    斬新なフロントマスクが印象的であったが、フェイスリフトを受けて新たな表情が与えられる。
    現行ハイブリッドモデルのJC08モード燃費は27.2km/Lで、ライバルのフリードと同値であるが、これは27.8km/Lとなりシエンタがアドバンテージを取ることになる。

    座席パターンは、2列シート5人乗りモデルが充実され、フリード+に対抗できる体制となる。
    自動ブレーキは歩行者検知タイプとなり、インテリジェントクリアランスソナーによるブレーキ踏み間違いサポート機能が加わる。

    (写真は現行シエンタ)
    no title

    https://car-research.jp/tag/sienta
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1530708043/0-



    【シエンタ今秋マイナーモデルチェンジでフェイスリフト、燃費性能向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/06/02(土) 08:30:35.30 ID:jM+5EUEH0 BE:837857943-PLT(16930)

    1)トヨタ・ヴィッツ
     
    2001年以降は、販売面でホンダ・フィットに負けている。とくに後席の居住性や荷室の使い勝手が見劣りした。
    現行型は2010年に発売されたが、先代型に比べて内外装の質感、乗り心地、ノイズが悪化して売れ行きを低迷させた。
    no title

    no title


    2)ホンダ・フィット

    ヴィッツを窮地に負い込んだフィットも、現行型は売れ行きが低調だ。初代と2代目からの脱却を図り、シャープなデザインで先進性を表現したが、
    一般ウケがしにくい。コンパクトカーは法人需要も多く、個性的な造形は敬遠される傾向がある。ハイブリッドのリコールが相次いだことも災いした。
    no title


    3)日産マーチ
     
    現行型はタイで生産される輸入車だが、生産国の問題ではなく、基本的な造形や運転感覚を含めた質感に不満があって売れ行きが伸び悩む。
    丸みのある外観は可愛いともいえるが、デザインが大味で、2/3代目(先代型と先々代型)に比べると明らかに造形のレベルが退化した。
    no title


    4)トヨタ・プリウス
     
    2代目と3代目で、ルーフを後方に向けて下降させるプリウス独自の5ドアハッチバック形状を確立させた。4代目の現行型は
    フロントマスクに個性を持たせたが、デザインが不評で売れ行きが伸び悩む。2015年12月に発売され、2017年(1~12月)の登録台数は、
    対前年比が64.8%であった。
    no title


    5)ホンダ・オデッセイ
     
    現行型はフラットフロア構造と低床設計を両立させ、3列目シートの居住性を大幅に高めた。座った時に膝が持ち上がらず、
    3列目を含めて居住性は国産ミニバンのナンバーワンだ。
    no title


    https://www.webcartop.jp/2018/06/242217
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1527895835/0-



    【ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選 1位ヴィッツ 2位フィット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/19(土) 21:40:33.57 ID:NSPAS7LU0 BE:658823198-BRZ(11101)
    sssp://img.5ch.net/ico/ono.gif
    【VW ゴルフ 3700km試乗 後編】Cセグトップ独走もうなずける、ファミリーカーとしての資質…井元康一郎

    https://response.jp/article/2018/05/19/309871.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1526733633/0-

    IMG_8372



    【ファミリーカーといえばエスティマかエルグランドだろ普通】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/05/07(月) 12:04:35.44 9
    トヨタ「ハイエース」の中古車がバカ高い理由
    「日本のユーザーのため」が世界で評価される

    渡辺 陽一郎 : カーライフ・ジャーナリスト 2018年05月07日
    (写真)
    シンプルなデザインながら世界で愛される(写真:トヨタグローバルニュースルーム)


    高値で売却できる「ハイエース」

    トヨタ自動車の「ハイエース」(販売系列はトヨペット店、ネッツトヨタ店が扱う姉妹車の「レジアスエース」もある)は、過酷な使われ方をする商用車でありながら、購入後に高値で売却できるクルマとして有名だ。

    あるトヨペット店のセールスマンによると「ハイエースの買い取り価格は飛び抜けて高い。新車として売られた3年後であれば、買い取り価格が新車価格の65~75%に達する。
    5年後でも55~65%で、10年(走行距離も15万~20万km以上に達する)を経過しても流通価値が十分に残ります」と言う。

    上級ミニバンの人気車とされる「アルファード」「ヴェルファイア」も、3年後なら新車時の60~65%で買い取られるが、ハイエースは荷物を運ぶ商用車だ。3年も使われると荷室にキズが付いたりするが、
    それでも高い金額で買い取られる。「中古車市場を見ると、10年落ちの中古車が、150万円以上で販売されることも多い」(前出のセールスマン)との話も聞かれる。

    買い取り価格が高いことを裏付ける話題として、不名誉なことながら、ハイエースは車両盗難件数も多い。日本損害保険協会がまとめた「2017年度 自動車盗難事故実態調査結果報告/調査期間 2017年11月1日から11月30日」
    によると、盗難の最も多い車種はトヨタ「プリウス」、次いでトヨタ「ランドクルーザー」、3位にハイエースと続く。
    2015年度と2016年度は、プリウスに次いでハイエースが2位に入っている。ハイエースは高い金額で売却できるから、窃盗の被害にも遭いやすいというワケだ。

    ちなみにハイエースは、小型/普通商用車のベストセラーとされ、2017年(通年)には6万1200台が登録された(1カ月平均5100台)。内訳はバンが4万8800台、ワゴンが9600台、コミューターが2800台となる。

    ただしハイエースの登録台数が多いといっても、プリウスの16万0912台に比べると38%にとどまるから、登録台数の割には盗まれる比率がかなり高い。狙われやすいクルマであることを示している。
    https://toyokeizai.net/articles/-/218754


    IMG_8343




    【トヨタ「ハイエース」の中古車がバカ高い理由 「日本のユーザーのため」が世界で評価される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/17(火) 16:02:27.30 ID:CAP_USER9
    国内では未だ人気のミニバン市場、しかし変化も?
     ミニバンは多人数が乗ることのできる乗用車として、現在も国内市場では人気を誇っています。特に最近、ファミリーのパターンが核家族から、
    夫婦どちらかの実家の近所に住むという「近居」が定着し三世代が一緒に移動する手段としても重宝されています。

    トヨタ アルファードや新型クラウンなど写真で見る(13枚)

     国内のミニバン市場の主流派は、スライドドア・7人乗りで、前席から2人、2人、3人の3列シートとなっています。
    サイズ的には車高は180cm前後、全幅は170cm未満、全長は470cm未満という5ナンバー枠いっぱいのものが全国的に売れ筋となっています。

     ここにはトヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアや日産のセレナ、ホンダのステップワゴンなどがしのぎを削っています。

     しかし前述に記したように、「近居」により親ないし祖父母が一緒に乗せてもらうことを理由に、
    購入援助などをする傾向もあるようです。これにより若いファミリーでもノアやヴォクシーよりもさらに上のクラスとなる、
    上級ミニバン(Lサイズミニバン)を購入するユーザーも増えてきているといいます。

     その上級ミニバンの代表格がトヨタのアルファード/ヴェルファイアです。4月12日時点のトヨタHPを確認したところ、
    工場出荷に4~5か月程度という人気ぶりです。また上級ミニバンは当初、ファミリー向けに企画されたミニバンでしたが、
    その空間の広さや上質さから法人利用も増え始めているというのです。

     確かに現行型のアルファードには「エグゼクティブラウンジ」や「ロイヤルラウンジ」といったVIP向けのグレードが用意されるようになりました。

     最近のミニバン動向は実際どうなっているのか、東京トヨペット株式会社営業支援部次長の加藤康友氏にお話を聞いてみました。

    ―――アルファードなど、上級ミニバンの個人/法人の割合はどのくらいですか?

    「東京に限って話をさせていただくと、アルファードに関しては法人や官公庁ユースとファミリーユースはほぼ半々。
    法人ユースは空間の広さを、ファミリーユースは多人数を重視する傾向にあります。
    アルファードの7人乗りは法人のお客様が多く、8人乗りはファミリーの方が多い傾向で、またエスクァイアはファミリーユースの方が多いです」

    ―――最近の傾向では法人ユースがこれまでの乗用車利用からミニバン利用に移行しているとも聞きますが実際どうなのでしょうか?

    「クラウンがモデル末期なので正確な分析はできませんが、クラウンからの代替でアルファードを購入なさる法人様が多いです」

    ―――現行のアルファードは大型なフロントグリルで、特にボディカラーが黒の場合はフォーマル感があるように思えます。
    そのためでしょうか国会の玄関やVIPが登場するニュース映像などでも登場する機会が多い印象を持ちます。

    「その印象は正しいと思います。そういった方々に利用される頻度はかなり増えています」(以下ソースで)


    4/17(火) 11:38配信 くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00010002-kurumans-bus_all
    画像 トヨタ アルファード
    no title



    【クラウンからアルファードへ代替増加 ファミリーだけではなく法人利用も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/04/15(日) 14:29:43.27 ID:a/HdVJFh0 BE:232392284-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
    「趣味使いグルマ・カスタムゾーン」出展車両チェック!

    年に一度の大きなお祭り! “モーターファンフェスタ2018 in 富士スピードウェイ” 4月22日(日)に開催

    https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12235-48315/
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523770183/0-

    IMG_8284




    【軽バンで車中泊って憧れるよね 動く秘密基地って最高だろ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/25(日) 08:55:37.02 ID:+6n1lUqu0
    【ミニバン候補】ヴォクシー(トヨタ)、セレナe-power(日産)、デリカD5(三菱)、低いグレードのエルグランド(日産)

    【SUV候補】C-HR(トヨタ)、エクストレイル(日産)
    IMG_8227


    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1521935737/0-


    【【悲報】ワイ新車検討民、ミニバンを買うかSUVを買うか迷う】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/03/15(木) 08:42:04.069 ID:ulCKjSZ+0
    そら廃れるわ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1521070924/0-

    IMG_8213



    【若者が憧れる車ランキング「第1位ヴェルファイア」「第2位 アルファード」「第3位ヴォクシー」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/22(月) 22:57:24.44 ID:fIBLjfV70
    ポルシェとかベンツとか目じゃないね
    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516629444/0-



    【トヨタのアルファード乗ってるけどぶっちゃけ路上最強だと思ってる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/01/19(金) 21:14:08.012 ID:szstS4aOd
    理由は15年以上乗ってて税金が高いからなのと
    妹が自動車関係の会社に就職してそこで車を買うという理由

    父親の車がグレードダウンするとなんだかしょんぼりする(´・ω・`)
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1516364048/0-

    1024px-Suzuki_Spacia_HYBRID_X_(DAA-MK53S-ZBXB-JP)


    【俺の父親がミニバンから軽自動車に乗り乗り換えようとしてるんだが 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/30(土) 16:18:09.80 ID:HKRk8OPH0 BE:232392284-PLT(12000) 
    sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif


    サーキット走行可能なミニバン!? ステップワゴンスパーダの“超絶”な走り

    no title

    no title

    no title

    no title


    「元々低重心なミニバンがさらにバッテリー重量で安定。超絶速く、安心のコーナリング姿勢!! サーキット走行可能なミニバン・ハンドリングカーのベスト(現状!?)」

    レーサー/モータージャーナリストの桂伸一氏が、新型ホンダ『ステップワゴンスパーダ』でサーキット走行!
    新たに追加された2モーターハイブリッドシステム「スポーツハイブリッド i-MMD」のハイパワーに驚く。
    それもそのはず、モーターのみで184psを発揮、さらに2.0リットルエンジンが145psを叩き出す。
    専用チューニングの足まわりと、パフォーマンスダンパーの効果でコーナリング性能もバッチリだ。

    ステップワゴンスパーダの“超絶”な走りを、VR動画でお届け。

    https://response.jp/article/2017/12/30/304295.html
    https://youtu.be/eqv9ufoqUag

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1514618289/0-

    【ステップワゴンスパーダが超絶凄い これはサーキットを走る車だ!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/12/02(土) 19:41:47.22 ID:LPxNahnD0● BE:645596193-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ミニバンは迫力が大切! トヨタ・ヴォクシー&ノアにゴージャスな特別仕様車が登場

    https://mainichi.jp/articles/20171202/ctp/00m/020/000000c

    no title


    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1512211307/0-

    【「ミニバンは迫力が大切!」ヴォクシー、ノアに跳ね飛ばす気迫に満ちた特別仕様車 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/27(月) 05:41:45.33 ID:CAP_USER9
    ハイエースの歴史がここに!トヨタが50周年の特別展示を開催
    財経新聞:2017年11月27日 00:20
    http://www.zaikei.co.jp/article/20171127/413313.html

    no title

    12月に発売されるマイナーチェンジされた「ハイエース」。(写真: トヨタ自動車の発表資料より)


     日本を代表し、世界でも活躍する便利なワンボックスは今年で50周年を迎えた。
    トヨタ自動車は同社を代表するワンボックスである「ハイエース」が50周年を迎えた特別展示を開催し、50年の歴史を歴代のハイエースと共に紹介する。
    開催場所は11月23日~12月3日にメガウェブ(東京都江東区)、12月5日~14日にトヨタ博物館(愛知県長久手市)となる。

     ハイエースが誕生したのは1967年。トヨタの小型トラック「トヨエース」の小型モデルとして誕生した。
    名前の由来はより優れた、高級という意味の「High」に、エース、最も優れたという意味の「Ace」から。
    初代ハイエースは「新時代の商用車」として開発されたが、2代目以降は「商用車でありながら、後ろに乗りたくなる車を」という考えをベースに、リアサスペンションにコイルスプリングの採用、パワースライドドア、ソファーのようなシートなどを装備。商用車でもありファミリーカーという二面性を兼ね備えた。
    これをきっかけにタクシーや福祉車両、バス、キャンピングカーなど様々な方面で活躍し、「何でも屋さん」のような存在として世界で活躍している。

     今回の特別展示は初代ハイエースバンに初代ハイエースコミューター、2代目ハイエースワゴン、3代目ハイエースワゴン、3代目ハイエースロングバン、4代目ハイエースワゴンの6台をレストアして展示。
    ハイエースの歴史を辿っていくパネル、歴代ハイエースのカタログも紹介する。ハイエース好きやハイエースにお世話になっていた人にはたまらない企画といえる。

     また、ハイエースが"楽しい車"であることを教えてくれる「ハイエースフィールド」を44店舗で設置。
    商用としてではなくアウトドアという新しい角度でハイエースの魅力を知ることが出来るコーナーだ。



    【歴代ハイエースがここに集合 トヨタ自動車が50周年の特別展示を開催 東京・愛知 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/11/21(火) 20:07:40.839 ID:TrLc19nn0
    17年前期アルファード3L9.3万km車検2年
    タイミングベルトは交換済みで乗り出し50万

    16年ステップワゴン9万km車検半年残しで乗り出し30万
    どちらも事故無し整備履歴あり

    2~3年で乗り潰す予定
    長距離走行前提
    どう思う?


    【急ぎで中古車買うつもりなんだがおまえらならどっちにする? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/26(火) 22:55:25.97 ID:fsWwSemh0
    なんか強そうや

    【ベルファイアって車買おうと思うんやけどどうなんや?】の続きを読む

    このページのトップヘ