マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    カテゴリ: セダン・クーペ・ワゴン

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/15(土) 21:58:28.97 ID:L+zdlBDf0 BE:232392284-PLT(12000)

    ホンダ、ダーククロームメッキや15インチホイールでスポーティさを与えた「グレイス」特別仕様車「ブラックスタイル」

     本田技研工業は、5ナンバーセダン「グレイス」の特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」を12月14日に発売する。価格は229万6080円~260万1720円。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1158203.html
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1544878708/0-


    【ホンダグレイスが隠れた名車すぎる 5ナンバーでDCTでHVで安い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/13(木) 10:35:47.16 ID:GETe02SZ0
    ほしい
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1544664947/0-

    IMG_8917

    【セルシオとかいう車がかっこよすぎて草】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/10(月) 10:28:13.94 ID:h7wCjYwH0 BE:837857943-PLT(16930)

    噂されている、スバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州エージェントから入手した。

    キーワードは、「VIZIVシリーズのフロントマスク」、「専用のスポーツグリル」そして「アウディR8を彷彿させる攻めたボディスタイル」だ。
    Spyder7スクープ班では、早速その情報を元に予想CGを制作した。

    期待するのは、ロー&ワイド感たっぷりのシルエットをまとった本格的ミッドシップスポーツだ。最大の特徴はサイドからリヤまで大胆にえぐった
    キャラクターラインで、リヤ周りにも立体感を持たせると共に、リヤのワイド感に効果を持たせる。フロントもシャープなイメージを待たせたグリル&吸気口。
    また、ヘッドライトライトも最新のVIZIVデザインの流れをより進化させた。

    もちろん、最大の注目はこのミッドシップスポーツが実現するかだ。スバルには、新型ホットハッチの開発情報もあり、独自にいくつもの新型車を
    開発するのはコスト的に無理があるだろう。そこで予想されるのが、トヨタとのタッグだ。北米トヨタは2021年までに19車種の新型車を市場へ
    投入すると発言しており、その中で『MR2』復活も有力とされている。タイミング的にはミッドシップ・プラットフォームを共有する可能性があるかも知れない。

    パワートレインは、『レヴォーグ』と共有する1.6リットル水平対向4気筒ターボエンジン+電気モーターのハイブリッドモデルで、
    最高出力は300psを超えると予想される。スバルは、今後ハイブリッドモデルを強化していくと見られており、有力な情報と言える。

    開発が順調に進めば、2020年から2021年が初公開のタイミングとなりそうだ。

    https://response.jp/article/2018/12/10/317016.html#cxrecs_s
    no title
    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544405293/

    【またスバル&トヨタがタッグ それが伝説の「MR2」【予想画像】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/07(金) 08:19:07.57 ID:zs39xcAX0 BE:423476805-2BP(3000)

    次期型レヴォーグの発売時期は2020年になってからが見込まれる。
    ジュネーブモーターショー2018で初公開されたSUBARU VIZIV TOURER CONCEPTがデザインスタディモデルとなる。
    初期型が発売されるタイミングでは、1.8L DIT搭載モデルのみのエンジンラインアップが予想される。
    先行開発車両の情報によればボディサイズは拡大することが確定的である。
    現行型より一回りほど大きくなれば、北米市場を主要ターゲットとした販売も視野に入り、2.4L DIT搭載モデルが用意される可能性もあるだろう。
    トランスミッションについてはリニアトロニックCVTが継続採用される見込み。

    https://car-research.jp/tag/levorg
    no title
    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544138347/

    【スバル 次期型レヴォーグはボディサイズ拡大、新開発1.8L DIT搭載 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 14:53:17.16 ID:E1nx58T90
    いけるやん!

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543989197/0-


    【【朗報】新型カローラセダン。3ナンバーで 5ナンバー並みの取り回し、若者を意識したデザイン】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/05(水) 15:47:32.92 ID:E9Lm4ErA0 BE:501636691-BRZ(11001)

    独メルセデス・ベンツは12月3日、新型「Bクラス」の価格を発表し、欧州で受注を開始した。
    新型Bクラスは10月に開催されたパリモーターショーで、3代目となる新型が初公開された。
    先に登場したAクラス同様にスタイリングはスポーティさを増し、空力性能の目安となるCd値は0.24と、プリウスと同水準の優れた数値を達成している。

    「ハイ!メルセデス」の掛け声で起動し、音声で車内のさまざまな機能を操作できるマルチメディアシステム「MBUX」も搭載する。
    Aクラス同様に安全装備の充実ぶりは、同クラスの水準を引き上げることになりそう。
    車間距離を自動で維持して走行する機能をはじめ、車線からはみ出しそうになった時に警告に加えてステアリング制御を行う機能、
    後方からの衝突の危険性を検知して警告を行う機能など、上級クラスに匹敵する充実した安全装備を持つ。

    パワートレインは、1.3リッターガソリンターボの「B180」(136hp)および「B200」(163hp)、
    2リッターディーゼルターボの「B200d」(150hp)、「B220d」(190hp)の4グレードを設定する。

    ドイツ現地での車両価格(19%の付加価値税を含む)は、「B180」の31.874,15ユーロ(約408万円)から。発売は2019年2月が予定されている。
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/1/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1543992452/0-


    【新型メルセデスBクラスがドイツで受注開始!どうして日本はこういうCOOLな車を作れないんだい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/12/03(月) 12:22:40.02 ID:/aXxKYrN0
    雪国やから四駆で頼むで
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1543807360/0-

    Honda_Legend001s



    【付き合いの関係でホンダ車にしか乗れないんやがええセダンあるか? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/16(金) 21:14:03.152 ID:K3goQgDe0
    なんであんなハンバーガーみたいでダサいSUVが流行ってんの?
    美的センスある奴はみんなステーションワゴン乗ってるわ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1542370443/0-

    IMG_8857


    【車で一番カッコいいのってステーションワゴンだよな?SUVとか(笑)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/11/07(水) 23:49:41.17 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車九州の宮田工場で量産が始まった「レクサス ES」=7日午後、福岡県宮若市
    no title


    トヨタ自動車は7日、福岡県宮若市の生産工場で、高級車ブランド「レクサス」の基幹モデルで10月24日から国内向けに発売した新型セダン「ES」の量産を始めた。サイドミラーに替わる後方確認カメラを、世界で初めて量産車に搭載できるようにした。世界的にスポーツタイプ多目的車(SUV)の人気が高い中、苦戦が続く高級セダン復権への期待をかけている。

    ESはレクサスブランドが誕生した1989年からあり、これまでは海外のみで販売されていた。トヨタによると、新型の国内受注は発売から約2週間で3千台を超え、月350台の販売目標の8倍強となっている。

    2018/11/7 18:46
    共同通信
    https://this.kiji.is/432834961390093409?c=39546741839462401
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1541602181/0-

    【【トヨタ】レクサス新型「ES」の量産開始 セダン復権に期待 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/30(火) 22:27:24.28 ID:cQ5YxXF90 BE:232392284-PLT(12000)

    【ホンダ・ジェイドRS 試乗】追加された2列シート仕様をチェック。あらためてわかるデザインの独自性

    https://clicccar.com/2018/10/30/645848/
    https://youtu.be/vJSKVcaF5AQ


    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1540906044/0-


    【ホンダジェイドってかっこよくない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/17(水) 07:53:56.52 ID:EyEE9r7Ld
    キモオタに人気でるわけだわ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1539730436/0-


    subaruinpu01s


    【インプレッサとかいう安い速いカッコいいの三拍子揃った車 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/11(木) 10:32:51.41 0
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1539221571/0-



    【ポルシェがワゴン車を発売wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/10/08(月) 22:52:12.142 ID:q0Pbuzzx0
    レクサスと悩んだけどアクシオもありだよね?
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1539006732/0-

    IMG_8790



    【カローラのAXIO(アクシオ)って車を20万円値引きしてもらって100万円で買っちゃいました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/29(土) 20:31:06.632 ID:uex6ehPN0NIKU
    欲しい
    no title
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1538220666/0-


    【この車うつくしいよね… 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/26(水) 20:47:43.08 ID:DZ51ffz6a
    なんでやねん
    セダンだからじじいとかいう短絡的な思考はやめろ
    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1537962463/0-

    IMG_8752



    【ワイ「車欲しいな~アテンザいいな~」敵「セダンとかじじいかよw」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/23(日) 08:42:10.792 ID:gSefGQ6Ld
    ステーションワゴンのがいいぞ
    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1537659730/0-

    IMG_8736



    【なんで前らエセSUVは買うくせにステーションワゴンは買わないの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/10(月) 23:08:15.66 0
    かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、
    10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

    シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。
    1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。
    惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。

    no title

    https://response.jp/article/2017/09/25/300180.html
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1536588495/0-



    【【速報】日産シルビア復活。カッコ良すぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/09(日) 19:41:39.29 ID:igAy21vY0● BE:423476805-2BP(4000)

    トヨタの商用モデル、プロボックスとサクシードにハイブリッドモデルが追加されることになった。
    2002年の発売から基本構造を変えることなく、現在は4ナンバー車のみの販売が継続されている。
    今回のハイブリッド化は特にモデルチェンジということではない。1.5LのTHSⅡハイブリッドシステムが導入され、大幅に燃費性能が向上することになる。
    1.5Lハイブリッドは、アクア、カローラシリーズで先行導入されてきており、トヨタはこれまでに多くの信頼性についてのデータを得てきた。
    より多くの走行距離が求められる商用モデルでの使用においても問題ないという判断だろう。

    https://car-research.jp/toyota
    no title
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536489699/0-


    【プロボックス/サクシードにハイブリッド、1.5L THS搭載で11月発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/07(金) 20:39:57.03 ID:A4PWLpAJ0 BE:194767121-PLT(12001)
    登場から40年! 今はなきホンダ プレリュードを振り返る
    https://gqjapan.jp/car/news/20180907/honda-prelude
    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1536320397/0-

    Honda_prelude2.0si01s


    【ホンダプレリュードよりU,Sアコードクーペの方が好きだったな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2018/09/07(金) 15:15:15.78 ID:CAP_USER9
    ■原作者の永井 豪さんも発表会に来場

     光岡Orochi(オロチ)が生き返った。さすが「ヤマタノオロチ」の濃い血のなせる業だろうか。蘇ったオロチは、漫画界の巨匠であのデビルマン、ハレンチ学園などで有名な永井 豪さんとのコラボレーションだから、興味深い。

     光岡自動車製のオリジナルスーパーカー「オロチ」。この思い切りぶっ飛んだデザインの国産スポーツカーを覚えているだろうか。2001年、富山県の小さな自動車メーカー「光岡自動車」が、純オリジナルのスーパーカー・コンセプトを作って東京モーターショーに出展した。誰もが正式な認可を受けたスポーツカーとして正式発売されるとは思わなかったが、当時の運輸省と激しく交渉、苦節5年、ついに市販にこぎつけた。エンジンこそトヨタの3.3リッターV6DOHCを採用しているが、プラットフォームからデザインまで、完全なオリジナルモデルとして制作した。

     販売はすでにに終了しているモデルだが、このオロチをベースに永井 豪原作のデビルマンを現代に蘇らせた「DEVILMAN crybaby」(湯浅政明監督)との合作で、世界にたった1台だけ作られたワンオフモデルだ。デビルマン・クライベイビーは原作者の永井豪さんの画業50周年を記念して、湯浅正明監督が現代版リメイクを施したもので、オリジナル・アニメーション作品として2018年から配信されている。今回、永井 豪画業50周年と同時に、創業50周年を迎える光岡自動車がコラボして出来上がったのがデビルマン・オロチというわけ。

     この蘇ったオロチはデビルマン・クライベイビーのメインキャラクター『飛鳥 了』が乗るクルマとしてアニメに登場する。カラーデザインは、『デビルマン クライベイビー』のアートディレクター阿閉高尚さんと、オロチのデザイナー青木孝憲さんが一緒に制作した。

     1968万円(税込み)という価格設定は、原価をはじいて決めたものだが「本当に偶然ですが、光岡の創業の年と同じなんです」という。さすが伝説のオロチだけのことがある。高いか安いかは基準がないだけに難しいが、もともとのオロチが1000万円クラス。それをベースに手作りしたレアモデルであることを考えると「安い」のかもしれない。

     オロチは2014年に販売を終了しているので、新車が存在しない。そこで社内にあった程度のいい中古車をベースにしたというが、見た目はバリバリの新車の光沢を放っている。ヤマタノオロチの妖艶さが十分に見てとれた。

     世界にたった1台だから、極めて価値の高い希少モデルとなるが、果たして何人が「買います」と手を上げるのだろうか。9月8日から11月15日まで光岡自動車の専用サイトで受け付ける。もちろん買える人は抽選当選者となる。

     オロチにつてもう少し触れると、スーパーカーの形はしているが、運転の楽なクルマにしたいと、形から見ると非力な3.3リッターV6エンジンを選んでいる。

     ファッションスーパーカーとも言われたが、ミッドシップで、極めて低いボディは、まさに「スーパーカー」スタイル。全長4560mm、全幅2035mm、全高1180mm。素直なハンドリングで「普通に楽しむには、このくらいのパワーで十分だね」とクルマ好きをうならせた。さらにキャッチコピーが面白くて印象的だった。

     「このクルマは、いかなる獲物も、食い破る。異端系、最上位クラス」

    2018年9月6日
    https://www.webcartop.jp/2018/09/273245

    デビルマン・オロチ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title
    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1536300915/0-


    【あの光岡オロチがコラボで復活! デビルマン仕様は1968万円なり 】の続きを読む

    このページのトップヘ