マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    タグ:アウトバック

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/04/30(日) 21:55:36.05 ID:nJdj5jkN0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    マツダがシェア2%でも存在感を放つ理由

    台数や売上高を最重視しないから復活できた

    バブル時のマツダは大幅値引きで安かろう悪かろうというクルマを売っている印象が強くあったようですが、
    このスタンスを明確に決めることで、「値引きしないと買ってくれない顧客を無理して追いかけない」という方針が明確になり、
    「高くても欲しいと思われる車」作りという方針が明確になり、
    営業現場も「正価販売」という、無理な値引きに頼らない戦略が選択可能になるわけです。

    当然、このマツダの戦略転換においては、部外者が想像できないレベルで激しい社内の議論があったことは容易に想像できます。
    自信を失っている社員が新しい方針になじむには時間も必要だったはずで、マツダの復活に時間がかかっていることもうなずけます。

    ただ、マツダの経営陣は、この価値観をトップから現場まで徹底的にやりきったそうです。

    http://toyokeizai.net/articles/-/168651?page=3


    matsuda350



    【マツダの車っていいよな。今は家庭の事情でアウトバック乗ってるけど。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    subar350


    1: 2017/04/28(金) 16:33:17.92 ID:QjflJvyg0 
    SUBARU(スバル)は4月27日、2017年3月および2016年度(2016年4月~2017年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

    3月の世界生産台数は前年同月比17.1%増の10万5204台、単月の過去最高記録で8か月連続プラスとなった。

    国内生産は同0.7%増の6万7606台と2月新記録を達成し、3か月ぶりのプラス。
    『レガシィ/アウトバック』などの減少を『フォレスター』などの増加がカバーした。
    海外生産は旧カムリ製造ラインでのスバル車の生産開始に加え、新型『インプレッサ』の生産開始が寄与し、同65.8%増の3万3084台。
    すべての月を通じて過去最高を記録し10か月連続のプラスとなった。

    国内販売は同23.4%増の2万3273台で、6か月連続のプラス。
    登録車は同27.7%増の1万8496台で3か月連続のプラス。
    インプレッサなどが好調だった。
    軽自動車は『ステラ』『プレオ』などが前年割れとなったが、新型車『シフォン』が好調で、同9.2%増の4777台で3か月ぶりのプラスとなった。

    輸出は同8.7%減の4万9480台で、3か月連続のマイナス。
    北米や中国向けが減少した。

    (後略)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000016-rps-bus_all

    【アウトバック20万キロ超えたんで買い換えようと思う! おすすめ教えて!】の続きを読む

    このページのトップヘ