マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    タグ:スバル

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/28(土) 21:29:50.08 ID:/oC6l0a10
    可哀想
    subar350



    引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1509193790/0-

    【スバルとか言うスゲー車造ってるのにエンブレムとCMで損してる自動車メーカーwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/27(金) 17:25:36.99 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011200311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    SUBARU 無資格検査を正式発表
    10月27日 17時09分

    自動車メーカーのSUBARUは、群馬県にある工場で、資格のない従業員に車の出荷前の検査をさせていたことを正式に発表しました。
    この問題を受けて、SUBARUは、出荷した車のリコールを検討するとしています。
    日産自動車に続いてSUBARUでも不適切な検査が明らかになったことで、日本の自動車メーカーの品質管理が厳しく問われています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171027/k10011200321000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    SUBARU無資格検査 吉永社長が陳謝
    10月27日 17時10分

    自動車メーカー「SUBARU」の吉永泰之社長は27日、記者会見し、資格のない従業員に車の出荷前の検査をさせていたことについて「当社製の自動車の完成検査について多大なご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません。心からおわびします」と述べ、陳謝しました。

    スバル会見LIVE
    【LIVE】SUBARU(スバル)無資格検査で会見
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509092571/
    subar350


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509092736/0-

    【SUBARU (スバル)無資格検査を正式発表 吉永社長が陳謝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/27(金) 21:37:36.91 ID:CAP_USER9
    スバルは2017年10月25日、スバルテクニカインターナショナルと共同開発した「S208」を発表した。

    ■目指したのは“究極のドライビングカー”

    S208は、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」として開発された、「スバルWRX STI」をベースとした高性能スポーツモデルである。2015年に発売した「S207」に対して、加速性能の向上や、カーボンルーフの採用による低重心化などの改良がされている。

    エンジンは独自のチューニングが施された2リッター水平対向4気筒ターボで、最高出力329psを発生。足まわりについてはギア比を11:1とクイックにしたステアリング機構や、フレキシブルタワーバーをはじめとしたSTIのパーツ類、可変減衰力サスペンション「DampMatic II」(フロント)、前後輪のアクティブトルクベクタリング機構の採用などにより、強靱(きょうじん)でしなやかな乗り味とシャープなコーナリング特性を実現したという。

    また、BBS 19インチ鍛造アルミホイールや、255/35R19サイズの高性能タイヤ「ダンロップ SPORT MAXX RT」、ドライカーボントランクリップスポイラーの装着により、動力性能も強化。大型フロントアンダースポイラーやRECAROバケットタイプフロントシート、専用スポーツメーターなども装備している。

    さらに、WRX STIが参戦し続けているニュルブルクリンク24時間レースを想起させるモデルとして、ドライカーボンルーフや「S208」のロゴ入りドライカーボンリアスポイラーを採用した、「NBR CHALLENGE PACKAGE」も設定。ボディーカラーは「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」の2色とし、NBR CHALLENGE PACKAGEには「クールグレー・カーキ」も用意している。

    販売台数はS208全体で450台。このうち、NBR CHALLENGE PACKAGEは350台までの限定となっている。購入に際しては、受け付け期間中(2017年10月26日から11月12日まで)に販売店での商談エントリーが必要で、販売台数を上回るエントリーがあった場合は抽選が行われる。

    価格は以下の通り。

    ・標準仕様:626万4000円
    ・NBR CHALLENGE PACKAGEカーボントランクリップ:689万0400円
    ・NBR CHALLENGE PACKAGEカーボンリアウイング:710万6400円

    (webCG)

    2017.10.27
    http://www.webcg.net/articles/-/37462

    S208
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509107856/0- 【スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/17(木) 09:33:57.24 ID:CAP_USER9
    「今は米国を中心にブランド力を磨くことを大切にしたい」(吉永社長)  

    SUBARU(スバル)が主力の米国で快走を続けている。主力のスポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」や新型主力車「インプレッサ」が好調で7月まで68カ月連続で前年の販売実績を上回っている。
    ただ米国は自動車需要の減速が鮮明になり、メーカー間の販売競争はますます激しくなる。事業環境が変化する中、世界販売の6割を占める主戦場でブランド力をさらに高めていけるのか。正念場を迎えている。

    スバルの米国販売会社が公表した7月の販売台数は5万5703台と同月として過去最高を記録した。主力SUV「フォレスター」や「アウトバック」に加え、5年ぶりに全面改良し米国では1月から本格的な販売を始めた新型インプレッサがけん引している。

    ■けん引する新型「インプレッサ」

    新型インプレッサは新車台「スバルグローバルプラットフォーム」を採用した第一弾モデルで走行性能と安全性能を両方高めた。

    「主戦場の米国で確実に成功し、日本でも受け入れられるモデルを目指した」(開発責任者の阿部一博氏)。その狙い通りインプレッサは米国でも受け入れられ、7月は前年同月比5割増の7777台と大幅な伸びを示し、販売増に貢献した。

    夏以降はインプレッサの兄弟車にあたる新型SUV「クロストレック(日本名XV)」の販売が本格化してくるため、さらなる販売増が期待できる。

    17年の米国販売10年連続前年超えも視野に入った。商品力と販売、マーケティング戦略がうまくかみ合い、全米にスバルブランドが浸透しつつある現状が数字に表れている。

    ただ懸念もある。米国の自動車需要は今年に入り7カ月連続で減少し、需要のピークアウトが鮮明になっているからだ。スバルは米国市場の頭打ちに反して好調を維持しているが、競合も米国で人気を集めるSUVやピックアップトラックなどの投入を強化してきており、今後スバルが得意とするSUV領域での販売競争は避けられない。

    車の値引きに相当する販売奨励金も各社積み増しており、スバルは業界の3分の1に抑えられているものの例年比では増加。17年度の利益を圧迫する要因の一つになっている。

    ■在庫過剰、懸念も

    当然、スバルも米国事業を楽観視しているわけではない。特にこれまで以上に注意深くみているのがスバル車の在庫状況だ。スバル車はここ数年の急激な販売拡大で在庫が極端に少ない状況が続いた。中古車の下取り価格が高くスバル車の需要を喚起し、高い利益率を生む好循環を生んでいる。

    今販売が好調とはいえ車を作りすぎて供給過剰になれば在庫が増え、ディーラーが価格を下げてでも売りさばくようになる。スバル車の価値が下がり、従来のビジネスモデルが崩れる恐れがある。

    実際、昨年米国でセダン「レガシィ」の販売が鈍化し、在庫が計画より5000台ほど増えた際に生産調整をした。「極論を言えば販売台数は未達でかまわない。在庫が膨らみ車の価値が下がってしまうほうが大問題だ」と吉永泰之社長は強調する。

    スバルは今後も主戦場の米国を重視した事業戦略を進める。世界販売の6割を占める米国への依存度にリスクがないとはいえないが、かつて工場建設など本格進出を検討した世界最大市場の中国は車の供給量が過剰で価格競争が激しい状況が続いている。

    「販売が伸びたとはいえ世界販売は100万台で、スバルは台数の規模拡大を追っているメーカーでもない。今は米国を中心にブランド力を磨くことを大切にしたい」(吉永社長)。 (文=下氏香菜子)

    米国ユーザーへのつながりを深める(スバルUSサイトより)
    no title


    配信2017年8月15日
    日刊工業新聞 ニュースイッチ
    http://newswitch.jp/p/10070

    【やっぱり、それでも、絶対に米国中心で突き進むSUBARU(スバル)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/23(日) 10:46:39.33
    SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは7月21日、『WRX STI』の「タイプRA NBRスペシャル」が、
    ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、6分57秒5と4ドアセダンの最速記録を打ち立てた、と発表した。

    WRX STIのタイプRA NBRスペシャルは、プロドライブがチューニングしたタイムアタック仕様。ラリースペックの2.0リット
    ル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、専用の吸気システムとターボチャージャーのブーストアップにより、最大出力600hp以上を引き出す。

    トランスミッションはWRC仕様のパドルシフトで、瞬時のシフトチェンジが可能。エアロダイナミクス性能も引き上げられており、
    リアウイングにはF1技術のアクティブエアロ、「ドラッグ・リダクション・システム」を採用。最高速到達時に強力なダウンフォースを生む。
    なお、室内にはロールケージが組み込まれ、タイヤはスリックを装着。

    このWRX STIのタイプRA NBRスペシャルが、ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、7分を切る6分57秒5を計測。
    スバルオブアメリカによると、このタイムは4ドアセダンの最速記録になるという。

    https://response.jp/article/2017/07/23/297729.html
    no title

    no title

    【今、箱根で一番速いのはこいつ スバル WRX STI、ニュル最速4ドアセダンに…6分57秒】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/29(木) 20:12:30.04 ID:bfdWGK+j0● 
    スバル新型「XV」発売1カ月で受注台数1万台 - スバル車以外から乗換え約6割
    http://news.mynavi.jp/news/2017/06/29/273/
    0i-S_EyeSight_(DBA-GT7)_rear

    【スバルも市場に媚びた車の作り方するようになりやがって・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/24(土) 17:11:49.77 ID:CAP_USER9
    2017年夏の商品改良によって、スバルWRX S4とレヴォーグの両車には、0~120km/hの速度域において、先行車への追従と車線中央維持を行なう「アシスト・ツーリングアシスト」を搭載することが明らかとなっていますが、進化するのはもちろんそれだけではありません。

    「アイサイト・ツーリングアシスト」以外の商品改良について詳細は未発表ですが、プロトタイプによる「アイサイト・ツーリングアシスト」体験試乗の会場に展示されていた車両を見ると、バンパー形状の変更などによりブラッシュアップしていることが見て取れます。
    先進安全性能だけでなく、全体として磨き上げられていると予想されます。

    とはいえ、アイサイトがステレオカメラというハードウェアはそのままに制御の領域で性能をアップさせたように、見た目でパフォーマンスがわかるという時代ではないのかもしれません。
    ですが、新型WRX S4をじっくり眺めていると、これまでになかった新しいカメラを見つけたのです。

    フロントグリル中央、スバル六連星エンブレムの下に、そのカメラはありました。
    そして、インパネの中央にあるマルチファンクションディスプレイの表示を切り替えていると、その役割が判明しました。

    no title


    アイサイトに使うステレオカメラ、ハイビームアシストに使う単眼カメラに続く、フロント第4のカメラは「フロントビューモニター」用だったのです。

    no title


    なんでもかんでも機械に頼ってしまうのとドライバーのスキルが下がるといった精神論的な指摘もありますが、見えない部分をカバーしてくれるカメラが安全につながるのは間違いないところ。
    左右を建物に挟まれた狭い路地から本通りに合流するときなど、フロントビューモニターは役に立つことでしょう。
    夜間であればヘッドの光、昼間でも迫ってくるエンジン音などで接近車の気配は感じられるかもしれませんが、どんなに経験を積んでも見えないものは見えませんから。

    no title

    no title


    no title

    https://clicccar.com/2017/06/24/484609/
    https://clicccar.com/2017/06/24/484609/2/

    【【スバル】フロントに第4の眼が追加 スバルWRX S4とレヴォーグの安全性能がレベルアップ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 01:36:11.47 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08HW5_Y7A600C1EA1000/

    2017/6/9 1:10日本経済新聞 電子版

     クルマが自らアクセルを踏んだりハンドルを切ったりする自動運転の普及が近づいてきた。SUBARU(スバル)は8月に発売する主力ワゴン車で高速道路の単一車線を自動で走れるようにする。現行車との価格差は10万円以下の見通し。日産自動車は新型の多目的スポーツ車(SUV)で同様の機能を約14万円で追加できるようにした。浸透してきた自動ブレーキに続く動きで、運転の自動化が段階的に進むロードマップが見えてきた…
    6GT_EyeSight_(VM4)_front

    【【スバル】自動運転技術が身近に スバル、2~10万円で】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/02(金) 08:29:51.66 ID:CAP_USER9
     スバルが4年半ぶりに全面改良したSUV(スポーツ用多目的車)「XV」の報道陣向けの試乗会が31日、静岡県熱海市で開かれた。競争が激化しているSUV市場で、スバルが国内の主力と位置づける「切り札」だ。

     自動車専用道「伊豆スカイライン」の往復60キロのコースで、価格が比較的安く設定された排気量1・6リットル仕様の車を試乗した。今回の全面改良で初めて投入されたグレードだ。

     急な上り坂ではアクセルを踏み込む必要があるものの、それ以外では乗り心地は良好。地上から車体までの高さが20センチあるが、SUV特有のカーブでのふらつきもそれほど感じなかった。自動ブレーキなどの運転支援システム「アイサイト」を全グレードに標準装備しており、車線をはみ出しそうになると「ピピッ」と音が鳴る。あらためて運転に集中できた。

     24日に発売され、価格は198万円(税抜き)から。29日時点の受注は計7732台で目標の約1・2倍で、このうち8割がグレードの高い排気量2・0リットルを選んでいるという。開発責任者の井上正彦氏は「やっと店頭に並びだしたので、このまま好調を維持していきたい」と話した。(木村聡史)

    2017年6月2日8時18分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK50462PK50ULFA00P.html

    試乗コースを走るスバル「XV」=静岡県の伊豆スカイライン、木村聡史撮影
    no title

    no title

    no title

    【【スバル】SUVでもカーブは安定 スバル「XV」受注も好発進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/31(水) 13:58:27.36 ID:CAP_USER
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17082040Q7A530C1000000/

    2017/5/31 6:00日本経済新聞 電子版


     SUBARU(スバル)社長の吉永泰之氏は、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車(PHV)技術を使った車両を2018年に米国で発売することを明らかにした。2017年5月30日に開催された「Advertising Week Asia 2017」のインタビューで語った。2018年から米国のZEV(Zero Emission Vehicle)規制の対象車種からハイブリッド車(HV)が外れることに対応す…
    subar350

    【【スバル】「トヨタの技術でPHV車を18年に発売」スバル社長】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/25(木) 05:47:46.66 ID:CAP_USER9

     スバルは24日、国産車で初めて採用した「歩行者を保護するエアバッグ」の効果を報道陣向けに披露した。 

     群馬県太田市の群馬製作所であった実験で、インプレッサに搭載された歩行者向けエアバッグが、合図とともにフロントガラスを囲うようにU字形に開いた。 

     前方に搭載したセンサー付きのシリコン製チューブが衝突時の圧力などを測り、人間がぶつかったと判断すると約0・1秒で作動。フロントガラスの両脇にある硬い柱部分が歩行者に衝突しないようにして、致命傷を与えにくくする。 

     車両研究実験第2部の古川寿也部長は「さらに安全性を高めて、新型車種に投入していきたい」と話した。 

     この日は、全面改良して売り出したばかりのSUV(スポーツ用多目的車)「XV」を使った衝突実験も公開した。時速64キロで衝突させると、ドーンという音とともに運転席や助手席、側面のエアバッグが瞬時に作動。直接ぶつかった部分はぐしゃぐしゃにつぶれたが、運転席や後部座席は無事で、車内のダミー人形も壊れなかった。(木村聡史) 




    2017年5月25日0時6分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK5S3WBTK5SULFA00M.html

    no title

    no title

    no title

    【【スバル】歩行者守るエアバッグ実験公開 スバル、国産車で初採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/24(水) 20:46:05.11 ID:CAP_USER9
    スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。

    今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDを採用し、車両のハンドリング性能を向上。さらに、新開発のブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキや19インチアルミホイール&タイヤでコーナリングの限界性能を高めつつ、サスペンションの設定を最適化させ、操縦安定性とフラットな乗り心地を両立させたという。

    ステアリング連動ヘッドランプや、前方視界の確認をサポートするフロントビューモニター、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットも搭載。安全性能と実用性も強化した。内外装のデザイン刷新もセリングポイントとなっている。

    具体的な変更点は、以下の通り。

    ・新デザインのフロントバンパー
    ・19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ
    ・インストゥルメントパネル部の加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
    ・運転席&助手席8ウェイパワーシート付きレカロ製フロントシート(レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
    ・レッドカラーシートベルト
    ・マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
    ・ディーラー装着オプションとして、8インチモニターのナビゲーションシステムを設定
    ・新電子制御マルチモードDCCD
    ・ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ピストン/2ピストン式キャリパー<イエロー塗装、STIロゴ入り>)
    ・サスペンション設定の最適化
    ・LED2灯ハイビーム&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
    ・フロントビューモニター
    ・ルーフキャリアブラケット

    エンジンのアウトプット(最高出力308ps、最大トルク422Nm)や燃費値(JC08モードで9.4km/リッター)については、変更はない。

    価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、WRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。(webCG)

    2017.05.24
    http://www.webcg.net/articles/-/36451

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【スバル】走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/24(水) 15:24:13.68 ID:NjxR9ct20
    SUBARU(スバル)は、スポーツセダン『WRX STI』の大幅改良モデルを6月20日に発売すると発表した。

    今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDの採用によるハンドリング性能向上や、
    新開発ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤの採用によるコーナリングの
    限界性能向上によって、走行性能を高めながら、サスペンション設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。
    また、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニター、ルーフキャリアブラケットを採用することで、
    安全性能や実用性も強化した。

    エクステリアでは、新デザインのフロントバンパーを採用。インテリアでは、インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)や
    運転席&助手席8ウェイパワーシート付レカロフロントシートを備え質感を向上させたほか、9インチ大型カラー液晶のマルチファンクションディスプレイを装備する。

    価格はWRX STIが386万6400円、同タイプSが406万0800円。

    https://response.jp/article/2017/05/24/295156.html
    no title

    no title

    【【スバル WRX STI 改良新型】新電子制御マルチモードDCCDを搭載、ハンドリング向上】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/22(月) 13:00:23.77 ID:CAP_USER
    SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は21日までにインタビューに応じ、2021年の発売を計画している電気自動車(EV)について、「既存車種にEVバージョンを追加する方が良いと思う」と述べた。
    EV専用車を新規開発するのではなく、既存のスポーツ用多目的車(SUV)などにEVモデルを加え、「スバルらしいエコカーを目指す」と語った。

     世界的な環境規制の高まりを受け、スバルは18年にプラグインハイブリッド車(PHV)、21年にEVを発売する準備を進めている。
    吉永社長は「例えば(SUVの)『XV』が好きだが、EVでないと買わない人もいる」と説明。開発は初期段階のため最終決定は先になるが、既存の主力車種を全面改良するタイミングで、EVを追加するとみられる。

     自動車メーカー各社はエコカーや自動運転技術などの開発競争の激化で、研究開発費が経営の重しになっている。
    スバルも例外ではなく、17年度に過去最高となる1340億円を研究開発に投じるため、同年度の営業利益は前年度比0.2%減となる見通しだ。

     吉永社長は減益予想について「足元の業績を取り繕うのではなく、必要なことはやる」と強調。先進的な技術開発の一方、4月に社名とした「スバル」ブランドに関し、「これからも他社より数万円高くても買ってもらえるよう磨きをかけていく」と話した。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000005-jij-bus_all
    1024px-Subaru_Plug-in_Stella_Concept

    【【スバル】既存車種でEV開発=スバルの吉永社長インタビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ