マイカー速報

自動車・乗り物に関する情報を紹介しています。

    タグ:日産

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/27(金) 17:33:52.25 ID:hjgs0ey20
    謝罪で始まった日産のプレスカンファレンス

     深々と折れた腰。きっちりと伸ばされた指先は行儀よく、体の側面に添わされています。陳謝に十分みあう、見事なまでの日本式のお辞儀でした。

     檀上のその姿は日産自動車の副社長であるダニエレ・スキラッチ氏。グローバルマーケティング&セールス、EV本部、
    日本・アジア・オセアニア事業担当者です。2017年10月25日(水)、「東京モーターショー」における日産のプレスカンファレンスは、
    まさに取り沙汰されているさなかの不正検査問題に対する謝罪で始まりました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00010006-norimono-bus_all&p=1

    深々と日本式お辞儀をするダニエレ・スキラッチ副社長
    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509093232/0-

    【【許した!】東京モーターショー2017渦中の日産ブース、白人の副社長が登壇し見事な「日本式」お辞儀へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/10/13(金) 14:38:20.52 0
    電話しといて
    2012_Nissan_GT-R_Egoist

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1507873100/0-

    【GT-Rってスーパーカーみたいな外見じゃなくポルシェみたいなスポーツカータイプの方がいいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/29(金) 13:46:54.86 ID:2egEKaDm0NIKU
    デイズルークスやで
    Nissan_DAYZ_ROOX_X_(DBA-B21A)

    【【朗報】ワイ、100万円フルローンで軽自動車を買ってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/21(木) 22:24:36.30 ID:CAP
    9月6日、日産自動車はフルモデルチェンジした電気自動車(EV)「リーフ」を発表した。新型リーフの航続距離は400kmで、初代の2倍。西川廣人CEOは「航続距離を競う時代は終わる」として、EVのさらなる普及に自信をみせた。「自動運転」などでも先行する日産の勢いはどこまで続くか――。
    EVで航続距離を争う時代は終わる?
    「電気自動車(EV)はもう特別な存在ではなくなった。航続距離を競う時代は終わる。これからはどれだけ魅力的な車をつくることができるかが競争で勝つための大きなカギになる」

    日産自動車は9月6日、新型「リーフ」を発表。その後に開いた記者懇談会で西川廣人CEOはこう強調した。2010年12月の初代を発売して以来、6年10カ月ぶりとなる2代目で、価格は315万円からだ。

    日産の新車発表会といえば、これまで横浜の本社ビルで開くことが多かったが、この日は違った。幕張メッセの2ホールを貸し切り、「ワールドプレミアムイベント」という名前まで付けた。午前中には報道関係者向け、午後には販売店など取引関連向けの説明会を開き、約5000人を招待した。演出も派手で、ステージの床や壁面にグラフィックが投影され、青色のライトが飛び交う中を新型リーフが登場。まるでロックコンサートのようだった。これほど大規模な新車発表会は他社も含めてほとんど記憶にない。

    2代目リーフの最大のポイントは、大容量電池を搭載したことで初代に比べて航続距離が約2倍となり、1回の充電で400km走れるようになったこと。西川CEOは「日本では400kmというのは実用的に全く問題ない。EVと意識しないで使っていただけるレベルになった」と胸を張り、航続距離の課題は克服できたとの見方を示した。

    また、製品開発担当の坂本秀行副社長は「バッテリーについては、政府や大学の研究機関と長い間基礎研究をしてきたので、そのメカニズムについて相当理解することができた。その結果、バッテリーが保持できるエネルギーの密度を飛躍的に上げることができた」と話した。

    しかし、日産は8月8日、そのバッテリー事業を中国の投資ファンドに売却すると発表している。苦労して開発し、他社よりも優位に立っているというバッテリー事業を、なぜ売るのか。その理由は、日産がEV向けのバッテリーが「虎の子の技術」ではなくなると見ているからだ。

    「バッテリーの容量は今度、どのメーカーもほぼ同じになるため、バッテリーで競争力を出す時代は終わるだろう。したがって、バッテリーの製造はパートナーと組んでやればいい。それよりも今、重要なのは制御やソフトの技術力を高めてどう自社の特徴を出すか。新型リーフでもその部分の開発の陣容を厚くしたし、今後もさらに厚くしていく」(西川CEO)

    中略
    初代リーフは累計販売台数が28万台で、当初目標を大きく下回ったものの、日本メーカーの中では「EVは日産」という存在感を示すことに成功した。しかも今年に入って、欧米の自動車メーカーがこぞってEV開発に力を入れ、次々にEVを発売。米テスラは今年7月に量産型EV「モデル3」を発売し、受注はなんと50万台にのぼった。まさに「EV時代」が到来しつつあるように思える。

    日産はこうした動きを捉えて、2代目リーフでEVのリーダーとしての地位を確固たるものにしようというわけだ。しかし、販売台数目標について、西川CEOは具体的な数字を明らかにしなかった。

    「われわれがあまり台数を言ってもしょうがない。これまでの経験から信頼の土壌ができており、目算としてグローバルで2倍は間違いなく、日本は3倍ぐらい行けると思っている」(西川CEO)

    2016年度の販売実績は国内約1万2000台、グローバルでは約4万7500台だった。果たして、西川CEOの目論見通り、新型リーフがユーザーに受け入れられるかどうか、今後の動向に目が離せない。
    http://president.jp/articles/-/23128

    no title

    【EVシフトをド派手に宣言 日産CEOの真意】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/09/01(金) 22:19:19.25 ID:CAP_USER9
    日産、SUVテイストの「ノート」派生モデル「クロスギア」を今秋発売 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078762.html
    ダークメタリックのスタイリングガードやアーチガーニッシュを装着
    編集部:佐久間 秀2017年9月1日 18:17
    no title

    no title


     日産自動車は9月1日、コンパクト5ドアハッチバック車「ノート」に存在感のある内外装を与えてアクティブ感を強調したSUVテイストの派生モデル「クロスギア」を今秋に発売すると発表した。

     ノート クロスギアではダークメタリックのスタイリングガードをフロント、サイド、リアに追加するほか、ルーフ上にルーフモールを装備。足まわりにもダークメタリックホイールアーチガーニッシュやグロスブラック15インチアルミホイールなどを装着し、インテリアでは専用シートクロスを採用。内外装のイメージを大きく変更するモデルとなっている。

    【日産、SUVテイストの「ノート」派生モデル「クロスギア」を今秋発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/08/04(金) 21:41:41.99 ID:ha54IXq20
    日産自動車が9月6日に発売を予定している新型「リーフ」。新型リーフについては、これまでに予告映像がいくつか公開されていて、高度な運転支援システム「
    プロパイロット」や、アクセルペダルのオン/オフだけで加速のみならず減速感も調整できる「e-ペダル」を搭載することなどが明らかにされている。

    このたび公開された映像は、空力性能の高さを示すもの。形状の工夫などにより車体の周囲を流れる空気をコントロールする技術を採り入れているようだ。

    ダットサン、スカイラインスポーツ、シルビア……日産デザインにときめく

    空力性能は、1充電あたりの航続可能距離や走行時の静粛性に影響を与える要素だけに、EVのリーフにとっては特に重要。
    こうした様々な技術により、高効率が追求された次期リーフ。デビューがますます楽しみになってきhttps://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170804-10270172-carview/?mode=full

    次期リーフの超滑らかなルーフライン
    no title

    【【ダサいデザインも克服?】次期日産リーフ、超高性能な空力動画公開 超流線形なルーフラインで登場へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/20(木) 14:21:00.99 ID:kCueR7CB0 
    日産自動車は7月20日、9月に発表予定の電気自動車(EV)「リーフ」の新型に、アクセルペダルだけで
    発進から停止保持まで行えるワンペダル操作システム「e-Pedal」を搭載すると発表した。
    l_sk_nissan_05

    http://image.itmedia.co.jp/l/im/business/articles/1707/20/l_sk_nissan_05.jpg

    詳細は明らかにしていないが、アクセルペダルを踏むことで発進と加速を、ペダルを離すことで減速、
    停止保持ができるという。停止保持は坂道でも可能という。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/20/news068.html

    【 日産リーフ、ペダルが「1個」に アクセルとブレーキの区別なし】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/08(土) 13:12:55.78 ID:CAP_USER9
     日産自動車は、スポーツカー「フェアレディZ」を一部改良して売り出した。より伸びのある加速感を感じられるよう、走行性能を高めたほか、前後のランプ周辺のデザインを変えて力強い印象を強調。見る角度によって色彩が変わる新色「カーマインレッド」も加えた。消費税込み390万7440円から。

    2017年7月8日11時28分朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK773FZ5K77ULFA00C.html
    no title

    【日産、フェアレディZ一部改良 走行性能アップ、顔つき力強く…新色「カーマインレッド」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/07/05(水) 20:14:52.19 ID:CAP_USER
    日産自動車は2017年7月5日、同年9月6日に公開する新型電気自動車(EV)「リーフ」に、“自動”駐車システムを搭載すると発表した(図)。

     新型リーフに搭載するシステム「プロパイロットパーキング」は、駐車に必要な全ての操作を“自動”で制御する。国産車では初めての搭載という。

    駐車場で空きスペースを見つけて運転者が専用ボタンを押すと、シフトレバーが「後退」に自動で切り替わる。その後、システムが加減速と操舵を制御し、目的のスペースに駐車する。駐車が終わると、“自動”でパーキングブレーキがかかる仕組みである。

     なお新型リーフには、同社の運転支援システム「プロパイロット」も搭載する。高速道路の単一車線において、車速0~100km/hの範囲内で加減速と操舵を“自動”で制御するものである(関連記事:日産、新型リーフに「プロパイロット」を搭載)。
    http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/070508244/
    Nissan_Leaf_001

    【日産、新型「リーフ」に“自動”駐車システムを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/15(木) 14:48:02.297 ID:sR4FamNj0
    no title

    発売から7年
    DQNの憧れ度でもアルファ-ドヴェルファイアに取られてしまって
    ただのファミリーミニバンみたいになってきたな…
    しかも売れてないとか

    【(悲報)日産エルグランドって車がもう息してない件…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/09(金) 22:37:26.22 ID:D4ufZYif0 
    日産自、200万円台の自動運転で攻勢-電動技術とで国内販売拡大
    2017年6月9日 10:16 JST

    (途中略)
    プロパイロットは画像処理ソフトウェアを搭載した単眼カメラで前方車両や
    白線を認識し車両を制御して高速道路の同一車線内での自動運転を可能にするもので、
    8日には主力SUVの「エクストレイル」にも対応すると発表。
    今年度中に投入予定の電気自動車の新型「リーフ」にも搭載することも明らかにしている。
    (略)
    独メルセデス・ベンツや米テスラも同種の技術を実用化しているが、日産自によると、
    300万円を切る価格帯の量販車への搭載は例がない。


    30年ぶりの首位奪還

    日産自では昨年市場投入した新型電動パワートレーン「eーPOWER」を搭載した
    小型車「ノート」の販売も好調だ。ガソリンエンジンで発電した電気でモーターを動かす駆動方式で、
    約177万円からの価格帯で2.0リッターターボ車並みの加速が得られる一方、最高燃費は
    1リットル37.2キロメートルに達する。昨年11月の国内新車販売ランキングでトヨタのプリウスを抜いて
    日産自のモデルとして約30年ぶりにトップに立ち、年明け以降も1月と3月に登録車首位となり勢いを維持している。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-08/OR1YV26KLVR501
    NISSAN_NOTE_HE12_e-POWER_X_20161106_01

    【日産の時代がキター!!! EVやe-Powerで勢い 200万円台の自動運転車投入で更に攻勢に 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/06/08(木) 13:42:20.50 ID:CAP_USER
    no title

    日産自動車は8日、高速道路の1車線内で自動運転する「プロパイロット」機能を搭載したスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」を発売した。価格は219万7800円~。プロパイロットの搭載は昨年8月に改良したミニバン「セレナ」に続き2車種目となる。今夏以降に改良を予定する電気自動車(EV)「リーフ」にも搭載する方針で、自動運転の普及を加速させる。

     プロパイロットはアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動的に制御。ハンドルのボタンを押して起動すると、アクセルを踏まなくても、設定した車速(時速約30~100キロ)を上限に先行車との距離を保ちながら運転し、ハンドルを操作しなくても車線中央を走行し続けることができる。

     このほか、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアのロック解除や開閉ができる「リモコンオートバックドア」機能を搭載。ステアリングの自動操作による駐車支援システムの性能も高めた。

     発表会には、スケボーが趣味で、サーフィンにも挑戦したいという俳優の渡部豪太さんが登場。「行き先で遊んで疲れ果てても、帰りの運転をアシストしてくれるので、心強い」と笑顔を見せた。
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170608/bsa1706081256006-n1.htm

    【日産、エクストレイルに自動運転機能を搭載 セレナに続き2車種目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/10(水) 15:09:13.44 ID:CAP_USER9
    運転中のスマホ操作は、人々を危険にさらす愚かな行為だ。スマホを使いたいのであれば車を停止し、運転中は日産が開発した特殊なボックスに収納しておくべきだ。通称「シグナルシールド」と呼ばれるこのデバイスは、スマホの電波を完全に遮断する。

    米運輸省道路交通安全局によると、米国での運転中の「ながらスマホ」による死者数は約4000人、負傷者数は39万1000人に達したという。スマホの使用は、視線が道路から完全に外れるため「ながら運転」の中でも最も悪質だと言える。
    音声入力機能を利用したとしても、画面を確認するときに事故が発生しやすい。米国では、大半の州で運転中の「ながらスマホ」を禁止しているが、それでも事故は後を絶たない。

    シグナルシールドにスマホを入れると、緊急の電話に出られなかったり、Bluetoothで車とスマホを接続して音楽を聴くことができなくなるが、交通事故のリスクは大幅に低減する。
    メッセージのやり取りに熱中するドライバーが多いため、シグナルシールドのようにスマホを強制的に使用できなくするデバイスを車に装備することは、車メーカーとして重要な取組みだ。

    「我々は、ドライバーの安全性を高める方法を常に模索しています。運転中の〝ながらスマホ″は、自動車業界のみならず、社会全体にとって大きな問題となっています。アプリの通知音が鳴ると、ついついスマホに手が伸びてしまうドライバーが大勢います。
    日産のシグナルシールドは、運転中のながらスマホを撲滅するための簡単で有効なソリューションです」と日産のマネージングディレクター、Alex Smith は公式声明の中で述べている。

    シグナルシールドはまだ開発中で、今後日産ジュークに搭載される予定だ。シグナルシールドにスマホを入れていても、USBケーブルなどを使って車と接続し、音楽を聴くことができるという。
    また、センターコンソールを開ければ、再び電波を受信することができる。シグナルシールドの開発は難しくないため、他メーカーの車でも導入されることが期待される。

    日産ジュークは、英国のサンダーランド工場で生産されていることもあり、イギリス王立自動車クラブ(RAC)が公式サイトでシグナルシールドについていち早く紹介した。
    RAC の広報担当であるPete Williamsによると、英国では2003年から運転中の「ながらスマホ」が法律で禁止されているにも関わらず、スマホを片手に持ちながら運転をするドライバーの数が急増しているという。

    「日産のシグナルシールドは、車内をモバイルフリーにするための簡単で賢い解決策だ。我々は、ながらスマホを撲滅するために、www.bephonesmart.ukというサイトを立ち上げた。
    このサイトでは、ドライバーが家族や友人に対して〝ながらスマホ″をしないと宣言することができる」とWilliamsは述べている。

    AT&Tも「It Can Wait」キャンペーンを展開しており、ドライバーが「ながらスマホ」をしないと誓約するサイトを立ち上げている。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/16183

    navigation-1048294_500


    【【シグナルシールド】日産、急増する運転中の「ながらスマホ」を撲滅へ…電波を完全に遮断するBOXを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/13(土) 00:21:55.41 ID:ymYIqv9e0 
    no title


    日本が世界に誇る自動車メーカー、日産自動車。同社が生み出してきた数々の名車の中でも、
    国内外で根強い支持を得ているのが「日産シルビア」だ。2002年に販売終了となったにもかかわらず、
    いまだに復活を望む声は後を絶たない。

    今回は、超大胆なカスタムを施したシルビアを動画とともにご紹介したい。フェラーリやランボルギーニなどの
    生産地で知られるイタリアで改造されたスーパーマシンは、カーマニアならずとも一見の価値ありだ。

    ・945馬力にパワーアップした日産シルビア

    動画を再生すると、異常にゴツゴツした改造車が映し出される。海外メディア「SPEED HUNTERS」の情報によると、
    これはイタリアのカスタムショップ『Brill Steel Motorsport』が作り上げたものだという。

    いかにも速そうなこのマシンは、シルビア “S14” のシャーシーにカーボンで作られた “S15” のボディーをのせて、
    GM製のV8エンジンを搭載。さらにはニトロを装備しており、出力は945馬力にもなるとのことだ。

    ・強烈なエンジン音

    また、驚愕のスペックと合わせて注目すべきは、強烈なエンジン音である。その音量は、近隣住民が警察に
    通報してしまうほどだそうで、動画内でも「ブロロロォォォオオオーーーン!!!」と、想像を絶するサウンドが聞き取れる。

    ボディーからエンジン音まで、何もかもがブッ飛んでいるこのマシン。さすがイタリア生まれというだけあって、
    スーパーカーに勝るとも劣らない仕上がりだ。気になる方は、ぜひ映像だけでなく音声も一緒にご確認あれ。

    http://rocketnews24.com/2017/05/12/898743/

    【【魔改造】945馬力の日産シルビア GM製のV8エンジン搭載ってエンジン違ったらシルビアじゃなくね?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2017/05/09(火) 20:31:10.25 ID:EYB9LDO80 
    【マジかよ!】R34型のスカイライン GT-Rのホワイトボディがヤフオクに出品される! これがあれば新車のスカイラインGT-Rも作ることが可能!
    http://vehiclenavi.com/archives/14860

    no title

    Yahooオークションへとんでもないものが出品されています。それはなんと、R34型 スカイラン GT-Rのホワイトボディ。こんなものがヤフオクに出品されているとはかなり衝撃的です。そのリンクはこちらです。

    【【衝撃】R34スカイライン GT-Rのホワイトボディがヤフオクに出品される! 新車のGTRを作ることも可能 】の続きを読む

    このページのトップヘ